巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2017年12月11日

野池にて



霞ヶ浦・涸沼・藤井ダム産も・・・


 昨日、12月10日(日)は、予定通りに近所の野池に釣行です。春に50cm級が死んでいたり、48.5p級が釣れるなど、穴場的存在ですが・・・。

 前回釣行時は、コイのみ・・・。相棒の羽さんは尺3寸弱のスレ(美べら)、地元のY田さんが8枚(尺1〜2寸の小べら中心)、その前日にT田さんが48.5p級と私だけ釣っていない・・・と言うより、羽さんも石岡のTさんも「2回続けてオデコ」の相性が悪いかのような池。霞ヶ浦や北浦の尺半数枚、そして40上や涸沼川の尺2寸上、藤井川ダムの美べらも入って居ると言うが、魚影は濃いとは言えません。

 昨日は、かなり久々に長年の釣り仲間だった「Kさん」と久々に並んで竿を出します。巨べら師だったKさんは、近年は同行しなくなっていて、北浦・霞ヶ浦・恋瀬川・土浦新川・土浦港・横利根・・・と、数とそこそこのサイズ狙いになっていて、特に土浦新川やドッグが絶頂期に『飽きるほど?』釣ったとのこと。あの厳しい『涸沼の本湖』でも40p級を連発していて、那珂川でも今年は46p級頭に、40p前後を随分釣ったと言う。
 羨ましい釣果ですが、それもそのはず、定年退職後は毎日のように竿を出していたとか・・・。
 釣りもうまいので、当然と言えば当然。

 それは置いておき釣りの方ですが、先着組の「Y田」・「T田」さんコンビが防寒着を纏って、釣り台の上で固まっています。ノーアタリとのこと。



好印象で水深は2本15尺にて!


2017.12.11.001.jpg
水の色も良い感じです。いかにも巨べらが・・・ですが。


2017.12.11.000..jpg
エサは珍しく両グルテン!(野釣りグルテン+激グルニンニンク)


 水温は8度で、外気に比べたら思ったよりも高く、風もそよ風で有り「南」なので寒くありません。しかし魚が少なすぎるのか、時間なのか「気配」はほぼありません。お昼近い餌打ちなので過剰な期待はしませんが、モジリは当然のこと、泡づけも無いので不安になりますが、釣りよりもおしゃべりに・・・。


2017.12.11.002..jpg
アタリは「0」・・・。ノーアタリ+1回だけ弱いサワリあり 


 餌打ち第一投の11時過ぎに、石岡のTさん登場で、Kさんとも久々の再会で話が盛り上がります。石岡のTさんは巨べら狙いのベテランで、あちこちを釣り歩く猛者・・・。あの飯田ダムで一人でナイターを仕掛ける度胸も並ではありません。
 昨年の今ごろは、難攻不落の「涸沼川」で43p級ながら、しっかり結果を残していますから心強いも、竿は出さないとのこと・・・。

 あっという間に3時間が過ぎ、Kさんがアタリ6回/ブルーギル2枚で唯一アタリを見て竿を曲げますが、残りの3人(私を含む)は全員アタリオデコの厳しい一日でした。一日と言うより我々後発隊は3時間半程度の釣りでしたが、朝から来ていた地元の猛者も『早上がり』の状態でした。

 納竿まもなく大きなへらが3回モジリまして、毎度の事ながら野釣りの厳しさをまざまざと思い知らされた日曜日でした。久々に明るいうちに道具を仕舞って、明るいうちに自宅に着きました。今年はあと何回釣りに行けるのか・・・。そして2017年の上がりべらは・・・。尺半とは言いませんから、40p〜42.0p級をそろそろ1枚欲しいところです。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年12月09日

修行中です!



苦手なドボン釣り・・・。


 今日、12月9日(土)ホーム釣り場に繰り出しました。

 ホーム釣り場最下流域ですが、濁りがあって流れも程よく、釣れそうなイメージでした。到着は11時半過ぎで、餌打ちは12時少し前。相棒の羽さんと二人、かなり「のんびりな」釣りです。
 平日に、アベレージサイズの尺2寸が3枚程度と聞いていて、私にも1枚くらいは・・・と、薄い期待を込めて。そして、その1枚が尺半級なら・・・と、途方も無い妄想の世界。



不得意なドボンの釣り13尺にて!

2017.12.09.0000.jpg
↑地元ですしやはり「怪しい飲み物」も必要です!

 水温は11度で、思ったよりも高く、魚は宙の印象も、強い流れがありますからドボンになります。羽さんが3投目にアタリが出て、私も1投目にアタリが・・・。今日は行けるか・・・とニンマリ。
 ついつい「男梅サワー」のペースが速まります。開始30分で羽さんがコイとマブナと「怪しいスレ」で6回も竿を絞りますが、流石に本命は無し。丁度、この頃に「石岡のTさん」が登場し、コーヒーを差し入れてくださった。その時に私にも3回目のアタリ・・・。しかし痛恨のバラシ。感じ的には『スレ』ている印象でしたが、本命なのか大型外道なのかは不明。


 その後、石岡のTさんが上流対岸で14尺を振り、13尺の羽さんが尺ちょっとのへら1枚。で、その後に38p級の小型を釣るも、次の1投で巨べらか巨マブに穂先を抜かれ意気消沈。朱紋峰本式穂先はまだまだ売ってはいますが、パーツ購入は痛い出費・・・。と言う話をしていると、まもなく無事にウキが水面に現れ、石岡のTさんのシーバス用仕掛けで無事回収。胸をなで下ろしていますが、その後ノーぴくゴールデンタイムを迎えます。


2017.12.09.0001..jpg

アタリは延べ5回・・・手も足も出ません。 

 しかし、ウキは動かず陽が大きく西に傾く16時を迎えて納竿・・・。私も羽さんも13時以降はマトモにウキが動きませんでした。コイすらエサを追ってくれず、マブナは勿論のこと、ジャミすら・・・。こうして4時間をホーム釣り場で過ごしましたが、消化不良の釣りとなりました。

 ドボン釣りは苦手な私ですが、初心に帰って『ドボン』をマスターせねばと思いつつ帰路につきました。明日は地元の溜め池を予定ですが、現時点で仕事も残っていて、既に9日なのに末締めの請求書も残っている始末・・・。釣りばかりやっていると身上をつぶしかねません。

 ちなみに、ホーム中流域ではHGさんが「中型」の40上と尺1寸程度の小べら2枚とのこと。中流域で竿を出せたら・・・と後悔するも、へら鮒釣りはこんなものですね。明日は頑張ります!



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

痛い仕掛け・・・



痛い釣り方・仕掛け・邪道


 今日は12月9日(土)です。現在朝の8時過ぎ・・・薄氷が張り、寒いですね。当然こんな日にも、早朝から出掛ける熱心なファン(野べら釣り・管理含め)は多いことでしょう。私も仕事を少し片付けてから、ホーム釣り場を覗いてみます。ホーム釣り場と言えば、おなじみの常連「相棒の羽さん」含め、その幼なじみHGさんやTさん兄弟、O氏とSさん親子にKMさん。そして私。そんなメンバーで平均年齢は60歳を超えます。Sさんの息子さんと私を除けば、何と71歳を軽く超えますから、へら鮒釣り師の高齢化はもの凄いことに成りつつあります。痛い仕掛けというタイトルですが、上記メンバー(全員が全員交流が深いとか友人関係というわけではありません)のなかで、話題になったのが下記画像の件です。

これへら釣りの仕掛けと言えませんよ!

へらブログ用 文字スタイル6.jpg
↑これで人より多く釣っていますが・・・

 ホーム釣り場で和気あいあいと釣りをしていまして、私とSさんご子息(昭和35年生まれ)以外はセミリタイヤの羽さん除いて全員リタイヤ組・・・。そのうちのどなた様かが『3本針』で釣っている?という。
 とりあえず聞き流しましたが、それはへら鮒釣りとは言えないかも・・・。微妙と言うより「ちょっと待って!」と・・・。
 個人的にもへら鮒釣りの常識からも「3本目の針」で50pを釣っても自慢になりませんし、そもそも、この仕掛けで釣っても(周りが全員オデコで)賞賛されることは100%ありませんね。趣味・遊び・個人の自由と言いましても、見たくない光景と話題で申し訳ありません。悪い人も嘘をつく人でも無ければ、大袈裟なことや大きな事は言わない温和な人なので複雑ですが、個人の自由って事で・・・。

 ホーム釣り場は魚影は場所により「そこそこ」も、流れも強いし、浅いし、特殊釣り場故、上記以外のメンバーでも(私が知らない方)長竿で90度の角度での流し釣りや、中尺竿のミャク釣り、短竿の斜め打ちのドボン・・・とそれなりに工夫している釣り師もいます。人の釣りをとやかく言う筋合いも無ければ、競技をしているのでも無く釣りの会でも無いので、その道理も無いのですが「残念」な光景でが、竿が抜けるのが嫌だと言う理由なのか、継ぎ目にビニールテープを巻いて竿を振る輩も見て来ましたが、お世辞にも『感心』出来ませんし、ちょっと? 
いえ、いえ、かなり住む世界が違うな・・・・っと。

−2018.03.10更新−


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
続きを読む
posted by big51 at 09:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年11月27日

鯉地獄・・・



第2ホーム釣り場は鯉ばかり



 先日、検査中の「飛天弓閃光P」が戻ってきました。
ときわの山中社長の粋な計らいで、新品と交換していただけまして、その対応を含め大満足の1本です。振るのが楽しみでした。

2017.11.25.0000..jpg
戻ってきた閃光P18尺

2017.11.25.0001.jpg
握りは竿の顔ですから・・・(しっとり握りU)

 11月24日(土)のこと、天候はまずまずで、餌打ちは午前11時11分よりいつものポイントにて。釣り人は皆無です。

2017.11.25.0002..jpg
マッシュベースも今回はグルテン強め!

 風は西風でやや強め。東よりマシですが、長竿の1本はなかなか辛いです。そうは言っても、この竿なら難なく餌打ちできますし、買って良かった1本です。
 12時から13時過ぎまでは、逆光となりウキは酷く見えづらいです・・・。消し込みか、食い上げか、はっきりしたもので無いとアタリは取れません。



2017.11.25.0004..jpg
 そんな中1時間半で初アタリ・・・

これでもか・・・の強い引きも「閃光P」が受け止めます!


 10回くらいアタリが有りましたが、8回乗せて6回ともに鯉です。2回はバラシですが、重さからも「鯉でしょう」か。へら鮒のイメージは一切ありませんでした。

2017.11.25.0005..jpg
55p〜70pの鯉が次々とヒットします。

 道糸1.2号でハリスはお気に入りのブラックハリスで、0.6号です。大ゴイを6匹も上げてビクともしません。道糸もハリスも伸びますから、こまめにチェックは必要ですが・・・。
 こうして5時間鯉と格闘して16時30分過ぎに納竿しました。帰ってきた愛竿は、鯉釣り用の竿みたいな、そんな厳しい洗礼を受けてしまいまして、次回こそ・・・とリベンジを誓いました。

[飛天弓 閃光P]があるという信頼感と安心感を感じました。[飛天弓 閃光]シリーズのパワーアップ版ですが、硬い竿ではなく魚の型に合った曲がり・仕掛けやハリスが切れる衝撃の緩和、『スパイラルX』による竿力が残っているので「伸される」ことなく・・・は本当でした。鯉地獄でしたが、大変有意義な一日でした。


2017.11.25.0006..jpg
厳しすぎる第2ホーム釣り場(16時11分)


明日「従兄弟の結婚式」なので釣りはお休みです!


 ※体調不良からか、薬(風薬ですよ!)が効いていたのか、この記事は11.29(水)11時現在で、誤って削除してしまい、簡単に書き直しています。風邪が長引き今日も辛い一日になりそうです。皆さんも風には気をつけてくださいね。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 11:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年11月19日

回遊せず・・・



アメナマも喰わず!



 記事を削除してしまい、何を書いたか忘れる始末・・・。最近は物忘れが酷いし、釣れないし、疲れが取れないし、風邪は長引くしと、ろくな事が無いようにも・・・


2017.11.18.0001..jpg
今回のエサ・・・

2017.11.19.0001..jpg
朱紋峰 先ぬけ 16尺



 釣り場は第2ホーム釣り場

 竿は16尺をセレクトします。新品同様とまでは行きませんが、比較的時様態が良い竿です。実はあまり使ってません・・・。

2017.11.19.0002..jpg
水は澄みはじめています!



良い曲がりをしますが・・・

2017.11.19.0003..jpg
名物の大ゴイが登場です。

 60pでも0.6号ブラックハリスなら!
 結局、この日は鯉のみで、最終最後まで鮒系無しです。アメリカナマズすらエサを追いません。成果としては、この0.6号のブラックハリスは、この12月で1年間継続して使用していますが、鯉の60pでも70pでも持ちこたえること。そんなところです。それにしても鮒系が釣れないのは寂しい限り・・・。

 原因はわかりませんが、水は随分と澄んでいますし、川鵜も多くなりましたが、先週までは「ジャミ」も多数見受けられましたから、正直訳がわかりません。巨べら狙いだからそれなりの狙い方も、うどんや一発やそんなエサ(クワセ)なら尺級程度なら釣れるのでしょうか・・・。いつ来ても鯉とナマズ。マブナが今年は姿を消していますので、期待が薄い感じでした。

2017.11.19.0004..jpg
毎度毎度の洗礼です。鯉の釣り堀みたいです(笑)


2017.11.19.0005..jpg
期待の時間帯はこんな状況

 当日のへら師は、相棒羽さんと長老O氏でした。釣れないので、O氏と二人でちがう楽しみを・・・。どうせ眩しくて釣りになりませんし・・・・とくだらない言い訳を(笑)


今日も怪しい飲み物!


      弱めのハイボール。


              しっかりつまみも!

 

2017.11.19.0007..jpg
飲まないとやっていられない・・・。

 回遊は手前なのか・・・・はたまた沖目の18尺〜21尺なのか、飲んでしまったのでチンプンカンプンでした。とにかく、今期は本当に釣れる気がしない『第2ホーム釣り場』でした。
 水温・気温・日並み・ポイント・エサ・・・。あらためて思うに、言うまでもありませんが「へら鮒釣りは難しい」ですね。

 3人揃ってオデコでした。



来週は何処へ・・・。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 18:32| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年11月18日

第2ホーム釣り場で!



8.13日から60日ぶりのへら!




 今朝は5℃と若干冷え込みました。
雨は降っておらず、薄日もあって風もそれ程ではありません。7時前に起きていましたが、午前中は仕事と決めていたので、のんびりと準備。

 体調はすぐれませんし、風邪もそんなに簡単には抜けませんから、頭もぼっ〜としていますし、喉も痛いし倦怠感も・・・。
 そんな中、13時前に『第2ホーム釣り場』(北岸)へ出掛けました。5分ほどで到着予定ですが、出発時は今にも降り出しそうで、到着時は予報どおりに小粒の雨・・・。それでも13時52分より餌打ち開始です。(現地調達で仕掛け作りやウキのバランス設定で40分前後タイムロス)

2017.11.18.0001..jpg



2017.11.18.0002.jpg


 竿は16尺、朱紋峰「先ぬけ」をチョイス。
タナは1本ちょっとバランスの底釣り)で、エサはいつもの徳用マッシュB+グルテン系@(α21+いも+野釣りグル+激グルをまとめて@とする)で水が概ねCというイメージです。少しホクホクしていて固めのエサ。ほぐしてから手水で調整します。

 14時37分、餌打ちしてから1時間しないうちに『初アタリ』が来ます。すかさずアワセると、ガクンと竿が止まり「沖にノシノシ」と・・・。へらっぽい気もしますが、なにせお盆からへら鮒を釣っていませんので、へら鮒のアタリも引きも忘れました(笑)

 で、次の瞬間『大ゴイ』を確信・・・。ここの名物60〜70p級の頭の良いコイ。何故頭が良いかと言えば、目一杯逃げようと全力を出すと『痛い』のが解っているかのように「無茶を」しません。時間さえ惜しまなければ、玉網を使うなら0.6号でも確実に取り込めます。尺5寸の新品の玉網で掬う気はありませんから、道糸を掴んでリリース・・・。少し気の毒ですが、スレ鈎だし問題無いでしょう。


2017.11.18.0003.jpg
500円玉を遙かに超える大きな口・・・ 


 体調不良も執念の釣り・・・
 思いの外アタリが早く出ましたが、残念ながらコイのオンパレードで、立て続けに3本のコイ・・・。全て60p級かそれ以上で、肩と腕が痛いです・・・。ニンニク系が効いているようで、悲しいかな「アタリはコイオンリー」です。

2017.11.18.0004..jpg

15時00分〜今度はアメリカナマズに変わります・・・(凄い引きです)

 なんやかんやで15時を迎えます。
14時ちょっと前からの餌打ちなので、1時間経過ですが、日没を考えたら16時迄しか釣りは出来ません。2時間と15分程度の猶予しか無いと言うことに・・・。そんな時に招かざる客です・・・。水温も低く、ジャミも大人しくなりましたが、アメリカナマズはまだまだ食欲旺盛なのか・・・。2匹〜3匹続けてエサがそこについた瞬間に喰ってきます。しかも50pOVERのアメナマ。気持ち悪いので画像は無し。


40p級は次回までお預け!!

 そして迎えた15時32分・・・。
なじみきってから2節チクっと入って『強烈に』沖走り。しかし、重量は今ひとつ・・・。大型外道でも無いし、マブナっぽい横走りも手前に突っ込む気配もありません。もしやもしや・・・と思った瞬間、反射的に『玉網』を滑らしていました。体調不良でもうろうとしながらも、へら鮒の感触は体が覚えていました(笑)


 遂に来ました!

      子べらながら60日ぶり・・・!
 
2017.11.18.0005.jpg
※体高は高めでキズも無い綺麗なへら


clickで拡大


2017.11.18.0006.jpg
ウロコ1つ剥がれていませんし、ヒレピンなので少しだけ嬉しい・・・

clickで拡大

 子べらであり、本来は「画像Up」は恥ずかしいのですが、とりあえず・・・。40p上を目指して、残り30分頑張りますが、結局この1枚のみでした。ウキが見えなくなる迄頑張ったものの、明日に備え潔く納竿と致しました。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年11月13日

ホーム釣り場へ



3時間のストレス解消




 今日は2017.11.13(月)で、現在12時30分過ぎです。
昨日は、仕事の合間に『無理矢理釣行』を試みまして、ホーム釣り場(下流域)で15尺を振ってきました。あくまでも仕事の合間なので、実はお昼過ぎからの餌打ちです・・・。
 先客は羽さんとOさんで、午前中から打っていて「釣果無し」とのこと。平日や雨の後は良型も見込めて、数も3〜5枚は望めると言うことだが、私の目的としている『尺半上』は出て居ない様子です。
 で、土日はいつもの如く何処もここも「へら鮒もお休み」というお寒い状態です。気温は高めで、風も無くて「釣り日和」なのですが、釣り日和は釣る側の言い分なので、へら鮒にとっては「エサを追いたい」とは思わない日並みなのかも・・・(笑)


2017.11.12..jpg
準備完了で、餌打ちは13時31分〜

ダンゴを作ってセット釣り

 個人的にまずやらない両ダンゴ、そしてセットの釣り・・・。
理由は流れが極端に強いこと、マッシュベースのデカエサは、ここではコイと巨マブの餌食だからです。ジャミもまだ動いているようですが、ひとまず「クワセ」のグルテンはいも+α21+野釣りグルテンです。とにかく持ちの良い「両グルテン」か、ダンゴ(バラケ)にしても5分〜10分持つようなイメージのエサがセオリーなのでしょうが、ここでは気が進みません。それ以前に、流れ川で「バラケ」は無力に等しいですが・・・。
 15尺で1本半残しでの釣り、水深の2倍近くウキを上げないと釣りになりません。水量が多いのか、いつもより流れが強く感じます。


2017.11.12.001.jpg
好みませんが、仕方なく斜め打ち・・・

 ノーアタリが続く・・・。

  14時にはOさん撤退。オデコとのこと、羽さんもアタリは1回とか・・・。
私の方も30分何も変化無し、1時間経過・・・何も変化無し・・・2時間経過も、ジャミすらアタリを出しません。そもそも、向こう合わせで「消し込み」「ボディまでの食い上げ」以外はアタリなど取れないようなイメージでした。


小べらのスレのみで終了


 結局16時30分迄粘りますが、16時27分にやっとウキが動き出して、アタリも無いのにスレたのがこの「へら鮒」。尺1寸程度の子べら・・・。

clickで拡大

2017.11.12.002.jpg
スレたし小さいし撮影自体恥ずかしいのですが個人の日記のなので(笑)

 尺半の玉に入れると6〜7寸程度にしか感じません・・・。
羽さんは16時15頃にノーアタリで「33p級」を喰わせましたが、他に「コイ」「マブ」のスレ&ノーアタリで喰っていたパターンで納竿。
 あと30分でも1時間でも時間があって、そしてナイターの覚悟があれば、そこそこの釣りが出来た気がします。しかし、そこまでの気力も体力も無く、時間も無いので断念です。
 日の入り間近からは、あちこちで『巨べら』のモジリがあって、今後に期待が持てるようにも・・・。寒くなっても釣れるここホーム釣り場、思えば2017年の初べらはここだったかと。


今回の反省点など

 流川対策として、ドボン仕掛け、そして「ウキ」のセレクト含めたトータル面を研究しないと、この邸活性な時期は「アタリ」を出せませんし喰わせられません。良い勉強になった一日でした。反省点は、ウキを何本か替えてみる作戦を無視したこと。茅の極太ボディ/極太トップで通したので大失敗でした。

 そうは言っても、たった3時間でも竿を振り、ウキを眺めたのでストレス解消にはなりました。ですが、昨夜は深夜2時過ぎまで仕事でしたから、今朝の辛いこと辛いこと・・・。仕事有っての釣りで、仕事有っての遊び・・・。借金を返す、生活を少しでも豊かにするためにも頑張ります。





にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 13:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年11月08日

デビュー戦は惨敗



3連休・3カ所・3連敗!




 今日は2017.11.08(水)で、現在12時00分過ぎです。午後から本格的に仕事をします。先週も忙しいのに釣りをしたため、今週は現時点で10件以上の作業で、事務所内がまさしく地獄の沙汰です・・・。と言っても、仕事をするのは私が9割(うちPC操作+周辺機器が8割以上活躍)なので、自業自得の極みです。合間にブログを書いたり、遠方の釣り仲間、仙台のおんちゃん氏と会話するくらいしか楽しみがありません(笑)

 さて、個人の記録・ひとりごと・釣行記なので一応画像と記事を・・・。
最近あまりにも釣れなすぎて、色々な意味でモチベーションが保てません。3日「文化の日」は第2ホーム釣り場にて12時45分より15尺で底釣り・・・。

千波003.jpg
アオコも取れて水は綺麗ですが・・・


千波002.jpg
普天元独歩・第2ホーム釣り場デビュー戦! ※12:45〜
clickで拡大

 のんびりと用意して、1本程度の底釣り・・・。エサはいつものマッシュ系統です。先週は、対岸で閃光Pのデビュー戦、2尺近いコイの洗礼で終わりました。今度こそで、今週は独歩の使用感を確かめるべく南岸で・・・。


 そして、いきなり・・・


千波000.00.000.jpg
ヤバイくらいに竿が曲がりますが・・・

  13時20分、3節ドンっと入って沖走り・・・。
止まるか!  道糸1.2号/ハリス0.6号、無謀な仕掛けと周りは言うが、15尺なら、口に掛かっていたら止められる! が私の持論。
 無理せずに溜めて寄せます。いずれにしてもへらにしては重いし、強いし・・・。ハリストラブルを避けるべく、仕方なく『玉』で掬います。


千波000.-011.jpg
※60p級のコイ(ここの名物?)

 このあと、石岡のTさんと羽さんが登場し、Tさんは東寄りの独自ポイントへ。羽さんはしばし見学で、竿は出さず。結局、この日は16時過ぎまで餌打ちするも、コイだけ・・・。
石岡のTさんも『へら鮒』の感触無しで早上がり。


翌日は、朝9時から第2ホーム釣り場(北)へ。

 やる気のなさ・・・・か、夜明けからはやっておりません。春と違って、日中から夕方勝負。と言うより、夜明けから竿を振ってたら体が持ちません。羽さんが9時に来たので、並んで竿を振ります。竿はお互い15尺。



千波000.jpg
竿は、前日に引き続き15尺(タナほぼ変わらず110〜115p)

 9時40分に第一号・・・。
もの凄い引き、へら鮒じゃ無いことはアワセた直後から理解。これまた、60pに迫るコイ。時間は掛かるも、何とか取り込みます。中々本命には出会えません。
 11時にはもくずガニ・・・。そして、ジャミ(モロコ)のオンパレードが続いて、12時過ぎに納竿。

 スッポンとミドリガメ・アメリカナマズが来ないだけでも救いなのか・・・。

千波001.jpg
まだまだ水温が高く、コイやジャミなど外道の活性があります。



午後からは『那珂川』へ
 13時過ぎ現地到着で14時からの餌打ちです。
大潮なので水位が高く、上げなので流れもありません。ポイントは初挑戦の55pポイント。(前回はこの下流域にてオデコ)
先に来ていた石岡のTさん、そして羽さんと3人並びます。



那珂川001..jpg
14時過ぎから(相棒の羽さん・朱紋峰本式15尺)

 アタリは全くありません。
モジリも無いし、今にも泣き出しそうな空で、期待感もあまり無く、15尺(朱紋峰 先ぬけ)でテンテンのドボン。大目にエサ作りするも、まもなく土砂降りで余儀なく撤退・・・。30分くらいしか餌打ちしていません。
 差し入れに来て頂いたKさんによれば、ここ1週間釣れていないとか。情報を早く仕入れておけば・・・と後悔です。
 2回挑戦しましたが、いずれも短時間の釣り・・・。来年はここ以外にも尺半狙いが可能なポイントが点在しますので、是非じっくりと攻めたいなと。



3日は初挑戦の市内「溜め池」


 連休最終日、釣り仲間のY田さんと連絡を取り合い、地元の秘密の小さな溜め池へ・・・。

前日、何とT田さんが40上2枚で、うち1枚が尺半OVERの美べらとのことで、竿は14尺でダンゴエサ、バランスの底釣りという情報。ワクワクします。朝8時集合で、早速羽さんと二人、現地へ・・・。

田島0002.jpg
久々のダンゴエサ(夏+冬+へらスイミー) 9時57分〜

 準備はいつもの如くゆっくりめ。(余裕の持ちすぎか・・・)
慌てる何とかは・・・ではないが、転落しないように「しっかり」と台を設置し、釣り座を構えて、仕掛けからウキのバランスから慎重に。新調した『底釣り』専用ウキで、2本弱の底釣り。当日は穏やかな陽気で、雲・風が無ければ暑い位・・・。

 竿は13尺をセレクトします。あの楽しめる竿です。

田島001.jpg
特作伊吹13尺のデビュー戦です。


 まもなくT田さんY田さんコンビ到着で、4人並んで竿を出します。
左から、Y田さん(14尺)→T田さん(14尺)→羽さん(15尺)→私。結果論ですが、後から思えば「最悪の」ポイントに入りました。魚が回遊しそうに無い角だし、午後の日差しは遮られ気味(寒い・ウキが見づらい)、竿も13尺で一番不利か?
 羽さんスレで尺2寸(美べらでしたが)、私はコイ(30p級・結構良い引きはしましたが・・・)のみ、T田さんマブ、と16時まで餌打ちして3人はオデコです。好調なのは前日オデコだったと言うY田さんで、尺2寸級も一人で5枚前後楽しんだようです。負け惜しみではありませんが、個人的には40〜45p級狙いだし、うまくして尺半Over期待という釣り、尺2寸では寂しい限りも、何も釣れないよりはマシなのかも・・・。40p以下はへらじゃ無い!!との強がりも、そろそろ限界?

 いやいや、2月の氷が張っている時期じゃ無いのだから、諦めずにあくまでも『尺半上』狙いで釣行し続けますよ。結果は、羽さんと私とT田さん、3人がオデコでした。


田島003.jpg

ラスト1投・・・ ウキには何も変化がありません(>_<)


 と言う事で、またも地元で見事にオデコを喰らって参りました。3日でコイ3匹、マブナなど鮒族は0で、ジャミやカニのみ・・・。相棒の羽さんもスレ1枚で完全オデコ。T田さんのみ2日で40上2枚で、うち尺半1枚。Y田さん2日で5枚(初日オデコ・2日目に子べら5枚)長い・長い「修行期間」が続きますが、仕事も忙しいので丁度良いのかも知れません。釣り場が気になって仕方なく、仕事に集中できないのも考え物ですし・・・。

 で、新調した竿の使用感は、閃光P普天元独歩特作伊吹も、『コイ』しか釣ってませんから後日と言う事で。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年10月29日

那珂川新ポイント



釣行記・今回も撃沈



 今日は2017.10.29(日)で、現在16時30分過ぎです。
今週も引き続いて「台風が接近中」で、昨日も今日も空は鉛色・・・。で、雨も今現在で強めです。こんな日にも、へら釣りをする猛者の方々もおられるかと思いますが、私はこの天候でも、暇さえ有れば・・・という感じです。仕事が立て込んでいなければ、恐らく釣行を強行していたと思います。

 ですが、山積みとは言わないまでも、あれもこれも、趣味の部分も家庭の部分も、そして何より商売の部分を含めてやること・やりたいことが多すぎて参っています・・・。気がついたら夕方(目が覚めてから)で、昨日もその前も、起きて仕事をしようと1Fに降りると、気がついたら夜で、多少のアルコールを頂き、そして寝て起きたら朝・・・。時間が欲しいです。以前にも書きましたが、1日24時間じゃ無く『48時間』とか『72時間』あったらどんなに・・・。

 さて、2017.10.22(日)、超大型台風21号で大幅に水が変わりました。各地、水位が上がり何処もここも満水でしょうか。そんな中、昨日28日(土)は仕事の合間に強行釣行致しました。




clickで拡大

第4ホーム釣り場 か.jpg
−地元へら師から情報の確認が取れました−


 今から3年前位に、耳にしていた『驚愕の川べら』

しかも55p級・・・。

 釣ったのは、昭和一桁生まれ・80台後半の老釣り師(へら師)のKさん。画像もそうですが、現認者もおりませんし、100%乗り切り(その情報に)ませんでした。しかし、信憑性は別として那珂川の『巨べら』は56p〜57p迄なら確実に複数の目で確認済みのようですし、私は疑いません。 
※以前の釣行記等参照

 私が那珂川でへら鮒釣りをする切っ掛けになった、その『Kさん』、残念な出来事ですが昨年他界されたようです。(釣り場で聞きました)
 思えば、既に90歳近いので、天寿全うでしょうか。そのKさんが『55p』級を釣ったと言うポイントは気になっていました。Kさんは、多少大きいことを言いますが、絶対『嘘』はつかない人間です。
 年のせいか、今から21年前、いずれにしても平成一桁の時代に、千波湖でいつもお会いしていて、釣果やポイントを何度も何度も繰り返して同じ話をしてくれた方・・・。勿論、私にとっては耳にたこができるほど・・・とまでは言わずとも、全てを詳しく教えてくれた恩人でした。

 ご冥福をお祈りします。

 天国のKさん

平均寿命を超えて頑張ったじゃ無いですか!
巣離れの時期素足でバイクに跨がり、様子を見に来てくれたあの心意気!
自己記録の45pを、一気に10p上回る快挙、素晴らしすぎます!

 そして、昨日そのKさんとは別の『Kさん』との再会がありました。偶然では無く、必然的な再会だと信じています。画像の釣り場にて地元メンバーに混ざって釣りをしていました。平成5年の厳しい時期(巨べら自体を釣るのが難しく生息数も極めて少ない時代)北浦で49.5p迄釣ったレジェンド・・・。一度、へら鮒釣りを引退しかけましたが、延べ40年からへら鮒釣りをしていて、そんなに簡単に止められるはずがありませんね。

 釣行記の続きは次回・・・。

−追記−

第3ホーム釣り場情報

 結局昨年もの凄い思いをした完全非公開の『第3ホーム釣り場』、そこの主のY田さんから連絡が入り、満水でポイントも無く(バサーが独占・へら師皆無のためやる気も皆無とか)半日やっても「気配無し」とのこと。完全終了の様子です。私は結局1枚も型を見ませんでした。
相棒の羽さんが22回で2枚、石岡のTさんが8回で?1枚、羽さんの同級生のHGさんが5回で1枚、100%確実な情報源の私の知り合いではこんなものでした。
 釣り禁止の情報(地元の管理組合・農家の方など)は、ゴミやマナー問題で大激怒しているようですから、このままなら立ち入り禁止は確定かも・・・。今年は20回程度しかボランティア活動(空き缶含むゴミ拾い・草刈り・焼き払いなど)はしませんでしたが、前回の釣行時には私一人では対応できないほどの廃棄物(ウエーダーの廃棄・フローターの廃棄・足ヒレの廃棄)もあってがっかりしました。

 今後、私自身が第3ホーム釣り場に行く気になるのか、そして竿を出すのかは極めて難しそうです。47センチの壁を越えるのは大変ですが、何故か近いうちにいきなりそんな時が来るように前向きに考えます。

と言う事で、昨日は第4ホーム釣り場化しそうな釣り場でオデコを喰らって参りました。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年10月22日

台風接近も!



ほろ苦デビュー




 2017.10.21(土)、超大型台風21号が接近中にもかかわらず、日曜日の大荒れ予想+選挙があるということで強行しました。

 起きたのは5時で、その気になれば夜明け直後からも、テンションが上がらず8時過ぎに現地到着です。釣り場は、第2ホーム釣り場で、南から入って東と北と見て回り、北東の強風と雨なので、春のポイントで櫻の木の生えていない場所にて。今年は春先に常連のTさん兄弟が大当たりしたポイント。

 釣りの準備を・・・と道具を車から降ろす時に、勇んで出掛けたつもりは無くとも、まずは『玉網』を忘れてきたことに気がつきます。15分で往復できますが、貴重な朝の時間帯をロス・・・。そして、今度は釣り座を構えて気がつけば『クッションが無い』・・・。ぼけ老人じゃ有りませんが、参った参った・・・。ここまでやる気が無いのも久しぶりだが、もしかして、心の奥底に『少しでも早くあの竿を・・・』の思いがあったからかも知れません。

これ



clickで拡大


2017.10.21.0001.jpg

clickで拡大


2017.10.21.0002.jpg

握りも最高です(しっとり綾織り握りU)で、竿の「顔」も最高かも・・・


 2回も家に戻るわけに行かず、お尻にレジャーシート(200円程度の安物も柔らか素材)をひいてスタートです。仕掛けも現地調達という段取りの悪さ・・・。時間は既に9時を過ぎます・・・。で、この時点で雨も風も気になるほどではありません。


2017.10.210003.jpg
握りも良い感じですし見た目もまずまず(思ったより美しいし扱いやすい)


 水深はスケールでトンボまでの距離を測れば約115p程度か、上鈎トントンでのバランスの釣り。パイプトップの太めバージョン茅ウキ。道糸は1.2号でハリスはブラック0.6号です。左に流れるので、共ズラシからややベタ気味にして。エサはいつものマッシュで、外道を嫌って締めの『麩系』はパス。マッシュBに対してヘラグルテンLL@におまじないの『野釣りグルテン』を・・・。手もみを加えて持たせるイメージ。

 竿は飛天弓閃光P18尺。新調してから初の使用ですが、1本チョイの浅いタナで大きいマッシュを軽く運んでくれます。水切れも最高だし、何より軽いし右手に伝わる筋肉の質(竿の筋肉?・スパイラルX?の良さという印象で)はGともRともレインボーとも違います。初代とXは持っていませんし、Lまでは買えないしまずは、この「P」で我慢ですが、フレーズの通りに「素晴らしい竿」だと感じます。ニューバージョンの『閃光P』、巨べら対応の長竿・・・このシリーズでは16.5尺に続く最短竿。本命が来るのが楽しみです。

 で、1時間ほどでアタリが出ます!

clickで拡大

2017.10.004.jpg

今期初の「超巨べら」を掛けたつもりでしたが・・・

 10時13分、モヤモヤから1節しっかりと強めに入って『初アタリ』・・・。
ビシッ・・・とアワセが決まり、沖で魚が止まります。掛けた感じは『尺半OVER』の感触も、竿はビクともしませんし、粘りも強い・・・。

しかし何かが

 寄せて、掬うまで(尺5寸玉初使用)に1分程度も最初の3秒でへらじゃ無いことが・・・。
初動でへらを確信できないのはなんともやるせない・・・。竿もお初、玉もお初、アタリもお初・・・。60pに迫る元気なコイ。竿はなんともないし、あの引きで0.6号でも持ちます。80pとか100pじゃ無ければ、喰っていたら止められますし、取り込めますね。


2017.10...0005jpg.jpg
最後にコレがきて終了です。

 で、11時30分に納竿です。
女房から帰ってこいとの指令・・・・。娘の用事で車を使うとかで、後ろ髪を引かれながら帰路につくも、途中でキャンセル指令が。具合が悪くて予定取りやめ。



午後は久々の那珂川・・・


 午後は大潮の上げ・・・。
那珂川で釣りをすることにしました。昨年秋に42p級を仕留めて以来、へら鮒は見ていません。と言うより、6月か5月に羽さんとT松さんと3人で攻めて以来。濁りも入って期待していますが、到着後感じたのは『泡づけ無し』『モジリ』無しで魚っ気も無しと最悪な出足。

2017.10..0006.jpg
エサは14時41分に仕上げましたが、実際釣りをはじめたのは15時〜

 程よい雨と程よい風・・・しかし、流れが強いしバランスの釣りが成立しません。
竿は『朱紋峰先ぬけ12尺』で、3年ぶりの使用になります。最近は13尺以下はほぼ使いませんし、使うところも無いというのが実情です。ここで使わずして何処で・・・と言う事で




2017.10.0007..jpg
−2本のドボン釣り−


2017.10.0008.jpg

流れが強すぎて・・・

 2時間の釣りで3回のアタリ・・・。
乗ったのは全て『大物』も、0.8号をぶった切り水中に消えてます。巨べらなのか、コイなのか止まりませんでしたから不明も、恐らくは『コイ』かと・・・。

  結局は2箇所で2時間、台風が迫る中、そして雨風の中結果を出すことが出来ませんでした。で、先ほど選挙に行ってきて今はボクシングを見ながら書いてます・・・。8時の時点、しかも8時00分06秒で自民党が公明党と合わせ233議席獲得の勢いとか・・・。
 投票所も19時45分現在で賑わってましたし、投票率は凄いと思うし、18歳以上の有権者も(高校・大学)期日前も大幅アップなのに自公が勝つ・・・。投票率は6割に満たない可能性も・・・。
 自公圧勝・・・不祥事を繰り返しても懲りない連中をまた、国会に送り込んで後悔しませんか? 私たちは国会議員1人当たり毎年、2億円のカネを税金からつぎ込んでいるのです。そんな価値が彼らにありますか? いやはや有権者(主権者)は本当に馬鹿なのか・・・。(言葉が悪くてすいません・自公支持者には申し訳ないけど)
 私の周りでは、取引先・お得意様・友人知人・釣り仲間・親兄弟から親戚まで、かなり少なく見積もっても、真面目な話「20人中20人が自公はNO」でした。政治・宗教は自由だし日常会話では御法度ですが、釣り仲間も含め親しい人たちは揃って『野党応援団』でした・・・。

 それから、本当にNHKが公共放送という自覚があるなら、棄権せず「必ず選挙に行こうと国民に呼びかけ」するぐらいは最低でも・・・。それなのに選挙戦も始まらないうちから自民圧勝と言うニュースばかりを流し、国民を「さも投票してもしなくても変わらない様な印象操作」をしている気がしました。こうなると、言われている通り「完全に自民党の安倍御用放送局」になり下がっているのかも知れません。

 今はボクシング見てますが、村田は勝って欲しいですね。野党共闘は失敗し、自公大勝で気分が滅入りますが是非ともKOを見たいです。衆議院選挙も釣りの方も完敗(デビュー戦KO負けのイメージ)でしたから・・・。

 5ラウンドKO勝ちを予想します!

ボクシング(WBA世界ミドル級)は今夜完全決着ですよ!!
今までの13戦で一番面白いかも知れません。しかし、チャンピオンエンダムは強そうです・・・。5ヵ月前の因縁からしても、今夜の両国国技館が熱いです。

 まもなく試合開始・・・それでは!


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年10月16日

何かの罰ゲーム?


気候急変・一転して真冬


 9月13日(金)は軒並み夏日で、茨城県も28度超え・・・。都内は30度とか。3つのホーム釣り場は『アオコ』大復活の様相です。案の定、14日(土)は第2ホーム釣り場にて竿を出すも、うっすらとアオコが漂います。風に乗って南岸へ集結中・・・。


2017.10.14.0000.jpg
−17尺を継いで約1本の底釣り−

 実釣時間は、13時15分〜17時と3時間45分。
釣り場は第2ホーム釣り場、そろそろ水温も下がって『本命』が望めるシーズンですが、昨日の暑さとは一転して小雨交じりの寒い一日。防寒着が欲しいレベルでした。
  前回の教訓から、麩エサやグルテンを遠慮がちとして配合し、黙々と餌打ち・・・。今日は天候も悪く相棒もいないので、黙って一人で寂しく釣り場で沈黙するウキを眺めます。
 2時間経過で『コイっ子』が来て、その後ラスト一投で『尺上のコイ』で終了でした。


2017.10.14.0001.jpg
−9号を咥えた『小鯉』−

 先週のように、スッポンやアメリカナマズが来ませんから、水温が随分下がったのでしょう。モジリはもちろんのこと、泡づけも無く釣れる気配は皆無でした。いくら何でも気温差が激しすぎます・・・。




日曜日は第3ホーム



 相棒の羽さんと7時過ぎに出かけ、現地には8時前に到着も、S島さんとY田さんのみ。まだ着たばかりとのことで、防寒着を纏って寒々しい感じ。水は相変わらずミドリの『ペンキ色』でした。で、雨なのに『モジリ』は皆無。泡づけも鯉のものが少々で、悪いことに水位も上がっていないし、そもそもバサーすら居ません・・・。

f-4.2017.10.18.0001.jpg
−マッシュ+もじり+藻べら+粘麩のベースエサ−


2017.10.002jpg.jpg
風に押され、雨に叩かれてもこんな感じです・・・・。釣れる気がしません。

  餌打ちは10時〜です。
竿、17尺で道糸1.2号/ハリス0.6号に太いボディーに太いパイプトップ。エサは大きめとして、鈎はいつもの9号をセレクト。水深は前回15尺で2本でしたが、17尺でも変わらず2本。ブルーギルすらウキを動かしません。

 空には戦闘機(F-4ファントム)が行ったり来たりで、まるで霞ヶ浦水系か園部川で釣りをしているような雰囲気でした。 来週、10月22日(日)、10月29日(日)の両日は、百里基地において航空観閲式(10月22日は事前公開)が開催されるため、その練習でしょう。休日にファントムが低空飛行することはほぼありません。この界隈では・・・。機体は、勝手な想像ですが百里基地/第302飛行隊のF-4EJ改じゃないかと・・・。

f-4.2017.10.18.003.jpg

6往復以上12回以上、釣り場上空に爆音が・・・

 打てども打てどもウキが動かず、午前中は戦闘機の爆音、お昼頃には本降りの雨。風が無いだけ救いですが、まるで何かの罰ゲーム。寒いし、動かないし、腰は痛い・・・。常連の二人はなんと早上がりを決意・・・。来る度に悪くなっていると言い、今日はブルーギルすらアタリが無く、笠間の飯田ダムで釣っているかのような半日です。13時過ぎに脱落者2名で、残るは私と羽さん二人。午後は21尺を持ち出して沖を狙うも2本強しか無い水深・・・。もっと深い所に「へら」はいるのでしょうが、水位が中途半端で深いポイントには入れません。


2017.10..jpg
−何もしないよりマシかと21尺を継ぎます!−


f-4.2017.10.18.334.jpg
ウキはエサ落ちしか出しません・・・。



釣り場完全終了か・・・

 と言う事で、4人全員が『マブナ』はもちろんのこと、『鯉』すら釣れずに見事に散って参りました。17時迄粘りましたが、いつも出て居る日の入り直前の『モジリ』すら見る事が出来ません。想像以上の気温の変化、そして不活性の鮒族。腰痛とむなしさだけが残る二日間でした・・・。これで21連敗であり、もうこの記録を更に更新するのは確実でしょう。今日は12月並みに冷え込んでいて、来週も雨だとか・・・。昨年は天国だったここも今年は10月中旬を過ぎても変化無し。11月は第2ホーム釣り場にて頑張るしかなさそうです。浅くても鯉が多くても『50上』は確実に存在し、尺半の型モノもそれなりに期待できるので、そろそろシフトチェンジでしょうか・・・。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年10月10日

記録達成?


連休は第2・3ホーム釣り場で!!


 10月2週目は遂に連休。8日(日)は相棒の羽さんが町内会の役員のため、市民運動会へ参加・・・。で、お昼に早上がりして合流し、昨日へらの存在を確認した第2ホームへ。餌打ちは、13時21分よりいつものエサにて。竿は朱紋峰攻15尺を継いで、約1本の水深を底でスタート。昨日と一転して、日が陰ると寒いくらいの陽気で風も強め。昨日は13尺→17尺で失敗したので、同じポイントで15尺を試すこととした。

2017.10.08.001.jpg
マッシュ+藻べら+もじり+へらグルテンLLを少々・・・

 羽さんは昨日に引き続いて15尺。そして、得意のドボン釣り。打ち始めから風の影響で思い切り「左に」流され、ドボンでもウキが斜め・・・。私は共ズラシなので、なじんでから30秒で30pから50pも流される始末。非常に釣りづらい。

 餌打ち1時間と少し、まずはスッポンのお出まし。そしてアメリカナマズ、コイ(中型)、鮒族は気配無し・・・。羽さんもミドリガメに始まり、巨大スッポンに大ゴイ。羽さんの愛竿 朱紋峰 本式が見事な満月を描くも、全て外道という最悪パターン。エサは両グルテンなのですが・・・。

2017.10.08.002.jpg
−こんなのが沢山釣れました−(スレも多数)

 アメリカナマズの稚魚がもの凄く、最後は親玉の60p級が・・・。
日の入りまで粘りましたが、二人揃って「本命には出会えず」で、マブナすらも回遊してきませんでした。何が悪いのか、泡づけもモジリも無くて、外道のオンパレード。水温が下がってこないと厳しいかも知れません。



そして10月9日(体育の日)

 只今19連敗中の第三ホーム釣り場。
6時過ぎに相棒迎えに来てもらい、事務所の1Fで差し入れの朝食(朝から牛丼)を摂り、コンビニでカップ麺を調達して釣り場へ向かう。9月の連休は2週共に竿を出していないので、実に28日ぶり(9月10日以来)の第3ホーム釣り場。

 話を聞けば、常連3人組のY田さん、S島さん、T田さん共に不調とのことで、一昨年・昨年とはまるで状況が違うとのこと。確かにモジリは無いし、泡づけも竿が届かない沖にのみ。風が無く、水の状態も明日変わらず最悪でした。

 餌打ちは8時45分過ぎから。
釣り場には7時前に着いていましたが、おしゃべり&釣り場作り&いつものボランティア(ゴミ拾い)で午後から勝負と余裕の構え(?)


2017.10.09.000..jpg
外道対策で集魚材ゼロ+麩系ゼロでのスタートです。

  エサは徳用マッシュBにへらグルテンLL@のイメージで、手水を打って柔らかめに仕上げて打ち返す。仕掛けは、前年に比べ減水が酷いので竿が15尺(ここで15尺を出すのは初めてでした)とし、道糸1.2号/ハリス0.8号/鈎はヘラ鮒スレ9号をセレクト。そして2本の底釣りです。

2017.10.09.002.jpg
地元の釣具店で取り寄せてもらった巨べら対応の鈎(上州屋・キャスティングは品揃えとして存在しません)

 期待のへらの大きさからも10号を使いたいところですが、何せ中尺竿の底だし、この時期だし、ハリスは1号以上の太ハリスじゃないので8〜9号がバランス的には好みに合います。
 ハリスは40p×50pで共ズラシ。底の状態が心配も、満水じゃないのでそんなに気にならない印象。(満水だと高確率で底釣りは根掛かり多発)
 仙台のおんちゃん氏から薦められ新調した竿掛け+玉の柄で、玉網も尺5寸をおろして巨べらに備えます。竿もお気に入りを振って、釣れても釣れなくても「デビュー戦」の意気込みで楽しむことにします。しかし、目を疑うようなこんな水です。それより、今日オデコなら、この「第3ホーム釣り場」では怒濤の20連敗です。危機感たっぷり・・・。

2017.10.09.001.jpg
この水色は最低最悪です。第2ホーム釣り場より数倍酷い状態で水を汲むのも躊躇います・・・。





5人入って 誰も絞らず・・・



 時間だけが過ぎ去り、結局気がつけば16時を過ぎます。その間、アタリは1回かあっても2回か・・・。左隣の羽さんもほぼノーアタリで、右隣のS島さんも最初の30分で小マブを釣っただけ。19尺のY田さんも21尺のT田さんも「本命」には見放されています。
 午後から石岡のTさんが見に来ましたが、あまりの不調に足早に自宅に戻り、次の休みは別の場所で竿を出そうかと言い出す始末。

 Tさんによれば、平日は護岸工事が始まり、採石や蛇かごが搬入されたとのこと。
様子を見に行けば、小型のパワーショベルがスタンバイしていて、基礎の材料(資材)が積んであります。Y田さんの情報からは、ここ第3ホーム釣り場も護岸工事後は釣り禁止の流れとのこと・・・。実に寂しいお話です。ゴミ問題(ルアーのライン・廃棄されたワーム・空き缶)とバサーの不法なボート搬入、フローターの使用含め地元の管理組合が相当怒っているとのことでした。当然です。田畑に使用する水源ですし、その設備です。


2017.10.09.003..jpg
陽が落ちると山の陰にウキが入って全く見えません。  ゴールデンタイムなのですが・・・。

 釣りの方は、結局17時15分まで粘りましたが、マブナすら釣れず、ブルーギルのアタリを見た程度となり、遂に20連敗の大記録を達成する羽目に・・・。
 17尺を振り続けた羽さんもオデコで、16尺を振り続けたS島さんもオデコ。19尺と21尺のY田さん&T田さんもマブナを見た程度と、益々厳しく釣れない「第三ホーム釣り場」と成り下がる結果となりました。去年の9月は天国でしたのに・・・。

 不本意な「大記録達成」ですが、記録と言えばT田さんが難攻不落の「笠間」でへらを仕留めたとのこと。交通事故みたいなものだと仰いますが、常連でも20連敗は覚悟だし、人により30連敗とか、1週間通い詰めてノーアタリという恐ろしい釣り場。50p越では無くても、それはそれは貴重なへら・・・。そして、もう一つの「超」難攻不落な釣り場(丸秘巨べら釣り場)で快挙を達成されたようです。

 尺半前後が数釣りなど、本人はラッキーとか運が良かったと謙遜するも、我々地元民からしたら偉大な記録。運も実力のうち!

 で、残念ながらこの釣り場も来期は釣り禁止濃厚だそうで、既に資材が搬入され、一部埋め立て準備も進んでいるようです。
来期、50p上が狙える釣り場が2つ無くなる模様です・・・。巨べら狙いの私にとって、釣れない釣りも釣りのうち・・・なんて悠長なことは言っていられなくなりつつあります。2つの巨べら釣り場が現実に消滅したらお先真っ暗・・・。ここ第3ホーム釣り場も釣り場として終わってしまったようです。




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 22:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年10月07日

久々の釣行


第2ホーム釣り場へ!!


 10月の初釣行は、第2ホーム釣り場。この時期はほぼ記憶無しのポイント&釣り場で、午前10時50分からの釣りでした。で、いつもの相棒、羽さんも途中合流で、釣れない釣りを楽しんできました。
 前日の雨で水位は若干上昇、水温も程よく気温もまずまず・・・。

2017.10.07.01.jpg

−シマノ朱紋峰 攻 13尺にて−

 何故か13尺をセレクトし、道糸1.2号/ハリス0.6号の軽い仕掛けでスタート。
エサは、いつものマッシュベースで、共ズラシの底釣り。強風が予想されましたが、予報の通りとはならず良い感じの東北東の風。東は勘弁ですが、北寄りなら背から風を受けるしアタリも多いのがここ第2ホーム釣り場の特長。西の大風と東はいつも釣れませんが、北か南ならへら鮒に限らず「活発にエサを追います」から、悪くありません。


2017.10.07.00.jpg

 で、結果はクチボソ→スッポン→コイ→ウナギ→アメナマ→マブと外道のオンパレードで、本命はお預けでした。

またもオデコであり、お盆の「藤井川ダム」釣行以来1枚のへら鮒も見ていないという不本意な結果・・・。


相棒にへら・・・も


 13時過ぎに隣に入った羽さん、15尺(お得意のドボン)を振ってテナガエビ→アメナマ子ども→コイ多数→小マブ→へら鮒(尺1寸程度の小べら)のスレ2回と、二人揃って見事にオデコでした。

2017.10.07.jpg

形はまずまず(美形ヒレピン)も喰っていません・・・(僅かに口の外に鈎掛かり)

 17時まで粘りましたが、本命は喰いませんし、気配がありません。もう少し水温が下がり、外道が少なくなれば期待できるかも知れませんが、いかんせんウキの周りの「へら」は小型のみ・・・。来月はサイズアップして欲しいところです。贅沢ですが、最低でも40p〜でないと釣った気分にもなりませんし、複数枚手にしたところで満足できません。あくまでも尺半級を・・・と、エサであったり仕掛けであったり、餌打ちパターンであったりと工夫していますが、完全野釣り場故に難しいです。それが面白いのですが、こうもオデコ続きだと気が滅入ります(笑)

 今日は第三ホーム釣り場の主、Y田さんからコーヒーと肉まんの差し入れを頂き、3人で楽しく釣り談義をしながらの巨べら狙いも、前記した通りに外道だらけでした。明日も竿を出す予定ですが、何処にしようかと模索中です。




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年10月05日

傑作と駄作


は越えましたが・・・


 2週続けて竿を出しておらず、今度の連休こそは・・・と楽しみにしていますが、悪いことがあって意気消沈なbig51です。
 相変わらず、名刺や封筒、ポスター類・横断幕/懸垂幕などの小物から、冊子やパンフレット、建築・建設図面などで忙しくさせてもらっています。しかし、今回は『某大手損保』のパンフレットで大失敗・・・。
全40P/1,500部の冊子がキャンセルというより刷り直し。急ぐ分だけ修正シールを作成して納めましたが。当初、20万円の見積で蓋を開けたら何故か14万で受ける羽目(原価が12万なのに)になり、結果40P分の製版は実質無料・・・。

 で、それが刷り直しが+500冊(原価70,000円〜)+修正シール2種/3,000枚(30,000円〜)と手間・・・。当然その費用は全額こちら持ちです。最終的に合計2,000部+修正費用で大赤字でした。
 これが、この10月中旬に納入のため、全く気を抜けない状況が続いています。



傑作と駄作

 不完全データを預かり、全部修正し初校を提出。で、客先からの修正依頼の後、第2校正時に、より綺麗にと良かれと思って「余分なオブジェクトを消す作業中」、私が初歩的なミス(部分的な消し忘れで、文字が見えない部分が出てしまう結果)を犯してしまいました。それを客先の担当二人と私も気づかず校了となり、納入後に発覚・・・。一度OKになった部分まで『余計な親切心』で修正したのが原因でした。
 デザイン含め、久々の傑作?の仕上がりでしたが、ミスにより思い切り『駄作』となり、弁償する羽目に・・・。頼まれていないことはしないのが鉄則ですが良かれと思ってついつい・・・。他の部分では相手方の不備もあったものの、全て作り直しと言うことで、納得行く行かないの問題では無く、今後のためにも涙をのみました。

 と言う事で、「駄作」な冊子を作ってしまい最悪な気分になりました・・・。

 しかし、一方では「最高傑作」とは行かないものの、『趣味の葡萄つくり』では傑作の出来、そして味が表現できました。近所にも配り喜ばれましたが、先ほど仕事中に顔を出した弟にも味見してもらい、合格点をもらいました。
 実は、忙しいのであまり手を加えず、なんと農薬(殺菌剤&殺虫剤)も1回のみ。摘粒もせずジベ処理もせず放置していたのに・・・。


2017.10..jpg
−プロからしたら見た目は悪いですが「味」「香り」は良好でした。−
シャインマスカット!! 傑作かも?

 仕事での今回の失敗では、シマノの最高傑作シリーズ、普天元独歩の15尺か16尺が買えるレベルの損失・・・。欲しかったあの特作 天道でも特作 伊吹でも、どうやら竿1本分は損した気分です。
 そうは言っても、趣味・遊びの部分では傑作が仕上がりまして、来年が楽しみです。葡萄はこれから施肥して、落葉後は休眠させて『節分の頃』に剪定です。3月後半から少しずつ世話をしますが1年掛かりなので、手間が掛かります。スーパーなどで1房1,000円〜1,500円で販売されてはいますが、生産者は500円とかそんなものでしょうから大変さは解ります。女房と娘が大のシャインマスカット好きの為、シーズンで15〜20房以上消費するので、思いつき(数年前に購入した苗から既存の16年ものの黒系ブドウに接ぎ木)ではじめた青系ブドウ作りですが、手間(土作り・剪定・病害虫駆除と防除・摘粒・袋掛け)が掛かります。釣り道具・ウキと同じく、実際は買った方が安いかも・・・。また、消毒(実質収穫までに1シーズンで6回以上消毒します)も近所の目もあり中々大変なのです。よって、少しでも良いものが収穫できるとうれしさも倍増と言うことになります。
と言う事で、かなり無理矢理ですが傑作と駄作のお話でした・・・。
 ちなみに今回作業中の「玉の柄」「竿掛け」「万力」のリニューアルも私のスキルでは駄作決定ですが、自分で手がけたという意味合いにおいて、見てくれは別として楽しみます。コブラの皮や鮫皮や羽を物色中ですので、来春迄には完成させるべく気長に・・・。

 完全に自己満足の世界でありますが、自分なりの最高の竿と自前塗装の竿掛けで、最高の釣りをしたいと思っています。

リニューアルと言えば、駄作なこのブログも若干手直ししました。こうでもしないと、モチベーションが保てません・・・。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年09月19日

尺半の手応え


尺半の手応えを忘れました。

2017.09.18(祭)−釣行記−【第三ホーム釣り場】

 台風一過で風が強く、そして気温も33度超えの予報も、水が変われば・・・ということで、釣り仲間の羽さんと「第三ホーム釣り場」へ懲りずに出掛けました。
 テレビの騒ぎ(天気予報・マスコミ報道)とは裏腹に、今回も全くたいしたことは無く、雨もお湿り程度でした。ミサイル騒ぎ(実際には宇宙空間に入るような弾頭に火薬すら入っていないロケットでしょうね)や、避難訓練騒ぎもそうですが、メディアの流す情報に信憑性が無くて、多くの国民が混乱します。そして今度は解散風だとか、やっぱり解散とか・・・。

 少しでも希望が持てる(私を含め一般庶民のように富裕層では無いへら師が)世の中になってほしいものです。悪政が1日でも早く終わることのみが望みです。こんなことを書くと、恐らくブログ順位がまた35位とか急下降でしょうが別段順位には拘りません・・・(笑)

 さて、釣りの方はと言えば、朝6時に相棒羽さんに迎えに来てもらい、コーヒーを飲みながら、事務所内(私の会社の1F)で釣り関連の動画を見て、差し入れの牛丼(朝から気合いが入ってます!)をほおばりながら釣り談義。新しいへらバック・新しい竿、特作天道のプロモーションビデオ、あこがれの特作伊吹のもの・・・とシマノ関係の動画を見てお互いにモチベーションアップ。近いうちに必ず50p上を達成し、そして何時かは「伊吹」「天道」級の竿で贅沢な釣りを楽しみたいと・・・。

 釣り場に着いたのは8時前も、へら師は皆無。バサーも2人のみと意外な展開。水は相変わらず『アオコ』状態で水位も上昇は僅か・・・。で、モジリは殆どありません。それでも、今から別の場所というわけにも行かず、常連のT田さん(偶然同時に釣り場に到着)と3人で『一級ポイント』で釣り座を準備。当日は、稲刈りでここの主のY田さんは不在、その友人のS島さんも来ていません。

 へら師は3人のみで寂しく?スタート。

2017.09.18.000.jpg
−8時30分からエサ作り・タナを計って浮子の調整をして9時の開始です−

 竿は17尺(朱紋峰 攻)、風が相当に強く7メートルはありそうなので21尺は断念。それでもT田さんは21尺(ダイワの青い竿)を・・・。そしてエサは両ダンゴとか。羽さんは17尺(朱紋峰本式)を継いでいつものエサ。得意の尺上+巨べらというパターンか。
 私は、マッシュ+もじり+藻べら+粘麩というパターンで、大鈎・大エサというイメージで、過日新調した「クルージャン」の羽/2枚合わせ全長55pのロングのムクトップで深宙からはじめ、最後は底狙い。


2017.09.18.001..jpg
60pのコイでも余裕で引ける「攻」


 風がヤバイくらいに吹き荒れ、北風なのに西から強風が回ってきてもの凄い水流・・・。宙釣りは不可能な状態で、皆さん大ベタでの釣り。3人で昼迄にブルーギルと鯉のスレのみ。石岡のTさんが差し入れに来てくれた時間帯は全員休憩タイム。ノーアタリが続いて3人全てがやる気無し。あまりに強い風で泡づけもモジリも解りません。それより何より、私など、解ってながらパラソルを閉じずに釣り台から降りたため、釣り台ごと全ての道具が水の中へ・・・。幸いにも、手の届く範囲だったので、完全水没(失ったのは)したのはハサミとハリス(1巻き)のみで、竿も竿掛けも折れずに済みました。エサもタオルもへらカバンも竿ケースも小物入れ全ても「びしょ濡れ」でしたが、35度に迫る猛暑と風速7メートルの強風で30分か1時間で原状回復。


釣れたのはまたもやマブナ


で、釣れたのは今回も3時半以降からで『マブナ』のみ、期待したへら鮒の勇姿は拝めませんでした。17時30分の納竿時に60p級のコイを掛けて予定終了。ちなみに竿が折れるかと言うほど伸されましたが、一旦止まれば「0.6号」でも余裕で持ちました。余裕かどうかは別として、ハリスを切るくらいの『巨べら』『巨ゴイ』は来ませんでした。


2017.09.18.002.jpg
尺半のへらかと思いきや40p級のマブ・・・ 凄いファイトでしたが(笑)

 結局、この日マブ3匹+コイ1匹と、想定内の20連敗目を喫してしまいました。羽さんはマブ1匹+コイのバラシのみで、ここで一番実績を作っている「T田さん」もマブ1〜2匹+コイ。第三ホーム釣り場なんてたいそうな釣り場名を命名しましたが、昨年の10月頭から30回以上竿を出して1枚のへら鮒も見ておりません。

 尺半のアタリも、そして引き具合も、マジメに「既に完全に」忘れてしまいました(笑)
 と言う事で、尺半の手応えは過去のものとなり、いよいよ「釣り場を変えないことには」巨べらとの出会いは無いかも知れません。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 18:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年09月12日

ちがう楽しみ?


第三ホーム釣り場19連敗中も


 9月8日(土)/9日(日)と今週も重役出勤?社長出勤?で、出掛けたのは「第三ホーム釣り場」・・・。土曜日は、よりによって昼から飲み過ぎてしまい、なんと午後4時45分(16時45分)からの釣りでした。
 翌日は8時過ぎからやはり相棒「羽さん」とともに、またまた日の入りまで2日間『我慢大会&荒修行』的な釣りを楽しんで?きました。

 8月下旬時点では、まるで戻り梅雨のような陽気、そして8月末から9月上旬は一転し、猛暑が戻ってきて、残暑言うよりまるで様相。


2017.09.09.000..jpg
釣り場には10時前に入るも「まずはハイボールを駆けつけ2本」・・・
※10時51分

 2日共に「超巨べら師」の皆さん(遠征含む)は釣り場放棄?と言うより、流石にモチベーションダウン? バスのお兄さん達も、食いが悪過ぎと次々に早上がり。今週も水が悪いし、相変わらず水位も低くモジリも見られず・・・。

 30分も餌打ちしたら既に諦めモード・・・。



2017.09.09.001..jpg
 沖ではコイの泡付け・・・

 お昼前に石岡のTさんが、またまたアルコール飲料を差し入れてくれたので、追加で飲み始め釣り談義。餌打ちは昼寝(寝過ぎて気がついたら16時45分)のあと17頃からと言うやる気のなさ・・・。 こんなので『50上』狙い! なんて笑われそうです・・・。

2017.09.09.002.jpg
9%の缶チューハイ(中央のレモン味)があっという間に・・・ 
(12時52分)


誰も絞りません。

メンバーは、朝から常連組のT田さんとY田さん。S島さんは仕事で登場せず。T田さんは稲刈り準備で早上がり。いつも何かしら絞るY田さんもマブナすら・・・。
 羽さんもコイだけと言う事で、鮒系すら浮子を動かしません。と言うよりブルーギルも動かないという有様。無風で蒸し暑く、皆さん(へら師も魚も)やる気が起こりません。

2017.09.09.003..jpg
水がこれでは・・・。(もの凄いアオコの量です)17時時点


2017.09.09.004..jpg
17時〜18時の1時間限定で「やっと」マブちゃんが・・・。


で、またもオデコ・・・。

  遂に18連敗を喫しました。





9/10(日)は本気モード!


 新調した「クルージャン・STORAGEV 深宙9号」のPCムク、竿は21尺で仕掛けも新品に交換して『新たな気持ち』でスタートします。

2017.09.10.001.jpg
55p前後のロングな浮子(久々のムクトップ)深宙で

 安くて(お手頃価格で)、そこそこ高級感があって、そして丁寧で綺麗な造り、トップも見やすいしデザインもちょっとオシャレで気に入りました。(以前から、友人の仙台のおんちゃんから薦められていた浮子です)


2017.09.10.002.jpg
ハリスは70p×50pで気合い十分で9時前から餌打ち!

 エサはいつものマッシュ系です。
徳用マッシュAにもじり@+藻べら@+グルテン系丸秘エサ少々に水C弱と、いい加減ながらも、その後手水で調整して好みのイメージに仕上げます。
 エサ持ちもバラケ具合も臭いも、そして手触りも最高なんですが・・・(笑)


2017.09.10.003.jpg
本当は口に合わないのか・・・。 今日も美味しいはずの?これを喰いません。

日曜日は、T田さんが仕事で不参加、S島さん・Y田さんと我々2人組み(私と羽さん)の4人。当日も石岡Tさん登場も竿出さず・・・。喰い気があるのは釣り人だけで、朝飯・昼飯、冷たい飲み物・・・と。


2017.09.10.004.jpg
相変わらず水がこんな状態でした・・・。


 結局、個人的には土日共に18時まで頑張りましたが、マブナのみしか竿を曲げてくれませんでした。日曜は、14枚の40p級マブのみで腕が痛いですが、1枚もへら鮒が混じりませんから『想像以上』に魚影が薄いという判断です。毎週4人〜6人入って居ますが、尺半どころか『へら鮒』は釣れていない模様で、釣り場を変えないと『へら鮒』自体を見る機会が無いかも知れません。(土日で15枚のマブ、へらは1枚も混じりません)

 結局二日間、誰一人として『へら』を見る事はありませんでした。


2日での釣果(参考)

 Tさん・・・マブ×2匹 コイ×1匹(1日のみ・3時間のみ)
 Yさん・・・マブ×8匹 コイ×2匹(2日間)
 Sさん・・・マブ×2匹 コイ×1匹(1日のみ)
 羽さん・・・マブ×1匹 コイ×1匹(2日間)
 私・・・・・・マブ×15匹 (1日+1時間) コイ 0匹

このところ全員が「匹」であり→○枚になりません・・・。

※へらはゼロ、へら→枚/マブとコイは→匹
※マブナ釣り名人になりました(笑)


 19連敗であり、いよいよ飯田ダムの23連敗に肉薄します(笑)

 しかし、ここは『違う意味』で楽しみな釣り場であり、個人的にはへら鮒釣りだけが目的ではなくなりつつ有り、50上狙いとか尺半狙いとか以前に『別の楽しみ』的に釣行している一面もあります。まぁ、ほぼ負け惜しみですが(笑)

 こうして連敗しても、飲みに行くより圧倒的に楽しいここの釣り。自由で気楽に楽しめる釣り・・・。枚数や重量を競った釣り、50上を熱望した釣りを否定しませんが、ちがう価値があり、まずは今後の水位の回復」を祈りたいです。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 11:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年09月04日

またも記録更新


第三ホーム釣り場17連敗


 9月の初釣行は、土日共に重役出勤で第三ホーム釣り場。午後からの釣りでした。いつもの相棒、羽さんとともに2日間『何かの罰ゲーム』的な釣りを楽しんできました。8月末時点で15連敗中で、今日こそ・・・今度こそ・・・と気ばかりは本気も、とにかく「マブ」ちゃんとコイばかりで、へら鮒の『へ』の字も見られぬ2日間で、今回も楽しんだというか「疲れた」2日間でした。

2017.09.03.003.jpg
日の入り前にしか浮子が(活発に)動きません・・・

 対岸に入った「超巨べら師」の皆さん(遠征&日曜のみ)も、拍子抜けして早上がり・・・。バスのお兄さん達も、食いが悪いとぼやきが入る。水も悪いし、水位も低いし、モジリも無いしと悪いことずくめ。

 日曜日は、石岡のTさんがアルコール飲料を差し入れてくれたので、一杯やりながら釣り談義で、餌打ちは2時頃からと言うやる気のなさ・・・。これでは『尺半上』なんてな悠長なことは言っていられませんね(笑)


 またもオデコで、

    遂に17連敗を喫してしまいました。




マッシュの不法投棄も・・・


 で、今回気になったのは、昨年秋に完璧に掃除した駐車場・・・。1年ぶりに見に行くと(我々が駐めない駐車スペース)ゴミだらけ・・・。へら鮒ポイントも相変わらず(毎週掃除していますが何でこんなに・・・)の空き缶散乱・不法投棄・・・。

2017.09.03.002..jpg
@土曜日の回収分(自宅に持ち帰って撮影)


2017.09.03.001..jpg
A日曜日の回収分(自宅に持ち帰って撮影)


 土日共に、別々のポイントで自己啓発作業をしましたが、上の画像の通りA日でコンテナがほぼ満杯でした。昨日の日曜は、二日間共に竿を出さなかった「石岡のTさん」は、自ら準備してきた大きな回収袋で持ち帰りましたが(当然他人の出したゴミ)、それを合わせると、相当数の『空き缶』です。餌打ちポイント付近に関して、気がついたものは毎週回収していてもご覧の通り『減る』事がありません・・・。このままなら、釣り禁止は近いかも知れません。この水域の管理者と話し合ってみようかと本気で考えています。(禁止にならずに良い方向に前向きな意見交換)バサーの捨てたルアーやラインも相当数拾いましたが、残念ながら証拠画像無しです・・・。ワームなども入れたら100やそこらじゃききません。無数にあるラインは、以外に足に引っ掛かったり、素手で引っ張るとケガをしそうなイメージ。水に溶けるはずも無く、劣化して変色して目立たないだけ。増水して長竿の底をやると、毎度この不法投機的なラインに悩まされていました。

 釣果以前に悲しすぎる現状でした。
我々も、毎週土日にマッシュの不法投棄をしているようなものであり、偉そうなことは言えませんが、釣り場で飲み食いしたゴミ(最低限自分のゴミだけでも)は、最低限持ち帰って欲しいし、平日組の皆さん(へら師もバサーも)においては、特に心得ていただきたいと切望しています。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年08月28日

新記録か!


好転せず・・・(2017.8.26/27)


 まとまった雨の後の第三ホーム釣り場。土曜日の26日の餌打ちは、のんびり11時00分より・・・。水は予想に反して酷い状態で、アオコ+浮遊物でバサーも逃げ出す環境。無風で蒸し暑く、気温は30度超と『うんざり』するような陽気。へら師は2人のみ。私と羽さんでやっと4人・・・。勿論、16時頃迄誰も絞りません。日の出から餌打ちしていたら、マジメに気がどうにかなりそうなイメージ。

 竿は17尺、エサはダンゴ(ダンゴの底釣り夏メイン)やら、両グルテンやら、グルテンセットやらと色々試すも、釣れるのは良くて『マブ』・・・。いつものように『釣り場掃除』や「雑談」に花を咲かせる始末・・・。

2017.08.26.27.001..jpg

道糸が中々沈みません・・・ 

 常連の二人もブルーギルと鯉で、宙から底まで反応が悪いと嘆き、相棒の羽さんもアタリが少なすぎると嘆く・・・。そんな中、子べらながら羽さんが何とか型を見た程度。今期14回通って2枚目。寂しすぎ・・・。


2017.08.26.27.002..jpg
42pと小型のへら鮒・・・。

私の竿には招かざるお客様・・・。やたらと『引きが強い』コイ系の合の子でした。最近はがりがりの痩せたマブナとこのコイ系の血の入った「マブ」「ヘラ」が目立つ気がしますが、産卵場所の減少と、ハタキの時期の明確な差が無いなど、環境は悪い方向になっているかも知れません。


2017.08.26.27.003..jpg
鮒と鯉の合の子? ヒゲは1対のみ、鱗はマブナ・・・。



 27日/日曜日は揃ってオデコ・・・(常連T氏にジャンボ?)

 昨日の第三ホームのへら師はMAXの8人、対岸に3人(到着所要時間15分〜20分、全てがタフな凄い人たち)と、いつものポイントに我々を含め5人。近況(ここ2週間)は相変わらず常連の皆さんも空振り続きらしく、引き続いて昨年・一昨年とは状況が違うようで、モジリ自体が極端に少ないし、ブルーギルのアタリが圧倒的。私も羽さんも、結局釣れたのは『マブ』のみです。

 この日も見学に来た石岡のTさんは、とある釣り場で85pのシーバスを釣ったそうで、やっとやる気が起きた様子。増水を心待ちにしていることでしょう。ただ、増水すればポイントは消滅して、丘っぱりはへら師5〜6人で目一杯・・・。バサーも多い釣り場なので、警戒心の強い『超・大型』は難しいかも知れません。



15連敗の新記録達成!

これでなんと0勝−15敗です(笑)
※羽さんは2勝(MAX42p)-13敗


【反省点】

・17尺の底で通す(夕まづめは宙で鮒系のサワリ有り)
・エサの準備不足(締め用とグルテン両方)
・アタリの取り方(大きな動きばかりに反応)


 今回も『完全オデコ』で、スレはおろかウロコすら見られませんでした・・・。釣れない釣行記・お気楽釣行記と言っても、流石に同一釣り場15連敗は笑えません。一方の羽さんは、悔しすぎて平日釣行も睨んで望むようですが、今度の2日/3日(土日)は午前中にいずれの日も用事があると言うことなので、私も合わせてのんびり釣行としようかと・・・。遊びなので、肩の力を抜いて・・・と言い聞かせています(笑)

 と言う事で、今回不名誉な、記憶に無いような15連敗(飯田ダムを除く)で8月を締めくくってしまいました。笠間湖の23連敗に続く記録で有りますが、もしかして今後も続くのでしょうか。50上狙いとは途方も無く遠く大きなものと身にしみています。飯田ダムを除いては連続オデコ記録が15と『新記録』達成でした。常連T田さんは、なにやら凄いのを・・・のようで、流石としか言い様がありません。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 16:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年08月21日

水が変わるも・・・


また4人共に惨敗・・・(2017.8.20)


 前日の通り雨・雷雨・そして深夜の降雨で水変わりしたと思われる第三ホーム釣り場へ。餌打ちはのんびり8時00分より。ポイント付近では、まずバサーの人たちと会話し、ゴミ拾いをしてからのスタート。声を掛けたバサーの人は、話し込むと共通の知り合いや、共通の取引業者、実は同業者・・・。しかも住まいは地元中の地元で、釣り場からは3分のところ。最近は、情報収集もバス狙いの人たちからが多いです。この日は3人(いずれも初対面)としか話しませんでしたが、強面のお兄ちゃんでも、ハデハデのヤンキー上がり?でも、実は話してみると結構『いい人?』が多いようです。皆さん粘らずに(小バスすら釣れないので)早上がりなのですが、最後も気持ちよく挨拶し合って・・・という感じ。趣味・遊びだからこそ腹は立て損・喧嘩はし損(時折見かけるルアーを近くに投げる行為・挨拶無しに後ろをドカドカ歩く行為に)ですね。

 さて、釣りの方は竿が21尺で道糸1.2号にハリス0.8号、鈎がヘラ鮒スレ10号で、マッシュ主体でグルテンを混ぜた持ちの良い白エサ。同行の釣り仲間「羽さん」は(今日もやる気満々)右となりで16尺で既に餌打ち開始。今日の天候は曇りながら無風であり、「かなりの蒸し暑さ」・・・。迎え酒の朝からの缶チューハイ2本で13連敗を阻止すべく・・・も、余計に暑くなって自分自身の環境(釣行コンディション)は最悪・・・。当日の釣りは、常連Sさん・YさんのみでTさんは仕事とのこと。マブナや怪しい魚だけで終わったようです。

2018.08.20.002.jpg
水色も良好! 増水中なのですが・・・。



 その後、8時間沈黙で、4人並んで誰もへら鮒を絞りません。

 当日はへら師はMAX6人、近況(ここ1週間)は常連の皆さんも空振り続きらしく、やはり昨年・一昨年とは全く状況が違うようです。モジリが極端に少ないし、コイとマブナしか喰いません・・・。ブルーギルがやや多いものの、一日を通してそれ程五月蠅くないのですが・・・。結果、18時過ぎまで2本半の底釣りで通すも、結局釣れたのは『マブ』のみです。

 見学に来た石岡のTさんも、やる気が起きない様子で、釣り場作り(秋冬用)と水深確認のみ。2日前に増水時の一級ポイントのゴロタ石撤去と地ならし・・・。流石です。通称保険屋さん(羽さんの幼なじみのHGさん)も、先週は草刈りをしたりゴミ集めをしたりと、秋冬に備えたものの、実は昨日(土曜日)地元のボランティアの皆さんが土手の草刈り(この時期恒例)をして下さった模様。藪はかなり綺麗になりました。


2018.08.20.001.jpg
やはりここは「終わったのか・・・」

これでなんと13連敗でした(笑)
※羽さんは1勝(41p)-12敗


【反省点】

・21尺で通してしまったこと(15〜16尺に鮒系多し)
・集中力の欠如(フラフラ歩いてばかり)
・のんきに朝酒(度数9%のすっきり系も)・・・。


 今回も『熱意』・『やる気』・『本気度』みたいなものが足りませんでした・・・。釣れない釣行記・お気楽釣行記なので、表向き一向に気にもしませんが、『巨べら狙い』なのに情けない程のモチベーション。そうは言っても、今後は釣れないと決めつけず、第三ホーム釣り場とした程の思い入れ、釣り場の環境美化ボランティア含めて、今後も楽しみ攻め続けたいとは思います。(今日もへら師のゴミが気になりました)


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 16:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年08月16日

盆休み・三連釣


絶不調の第三ホーム釣り場(2017.8.11)


 午後から羽さんと釣行・・・。
夜明けから餌打ちした面々も、『へらの気配』は感じても、喰わせられない様子。先週に引き続いて減水気味で水も悪い感じ。ポイントは前々回に入った付近で、一級ポイントの上流にあたるところ。羽さん16尺で私は思いきって21尺。
道糸1.2号にハリス0.6号、鈎がヘラ鮒スレ(コイ用)9号で、フレークマッシュ主体のいつものエサ。天候はやや寒いぐらいか・・・・。

 
2017.08.11.jpg
まず、釣れたのはコイツ(数時間後に別のへら師の鈎も咥えました)


2017.08.12..jpg
納竿間際にマブ(この日全体で唯一のフナ系)

 厳しいことこの上なく、7人程度入って全員コイかブルーギル・・・。泡は吹いても喰い出す気配の無いまま納竿時間。珍しく、羽さんは『外道すら』無し。

 


 絶望の第三ホーム釣り場(2017.8.12)


 懲りずに通うこの釣り場・・・。今期は11連敗中と相性最悪。毎回ゴミ拾い(ルアーやライン・煙草の吸い殻、そしてへら師の出したゴミ)しても一向に綺麗にならない悲しい釣り場(釣れないし)と化してしまった。状況次第で50上も狙えるが、最近はそんな気もやや失せ気味・・・。顔見知りや釣り仲間が居るから通っているようなものか? そんなつもりは無いのですが、流石に『釣れなさすぎ』て挫けそう(笑)

 そうは言っても、夢は諦められず、他も厳しいのは一緒なので、この日も羽さんと釣行。
固定メンバーになっていますが、この日も『へら』は顔を出さず、私も朝からバサーの皆さんと情報交換。若い頃(15〜25年前)は、釣り場で10回出会えば5回は揉めてました(何故かウキの近くに投げたりボートで近寄ったりで)が、流石に最近はお互いに腰が低くめ・・・と(笑) 対象魚は違えど、釣りたい気持ちは誰も一緒。そして、何より楽しみに来ているのだから、お互いに気持ちよくやりたいもの。ここ5年位でバサー含むへら鮒釣り以外の釣り人にフレンドリーな人が多く、敵意?(こちらも高圧的目線・毛嫌いするようなそぶり) を見せないのもあってか、流れから色々と聞いたり答えたりと。

 虫の居所とは関係無く、釣り場での無用なトラブルだけは絶対に避けないと、釣り場が消滅しますから気を遣います。タダでさえ釣り場が少なく(禁止釣り場が多すぎて)、これ以上竿を出せる湖沼が減るのは、趣味とは言えある意味死活問題。

 釣りの方は前日と同じポイントに同じ仕掛けで、上から下まで、ダンゴからグルテンのセット、マッシュ、やれることはやってみたものの今回も結果は出ず・・・。
これで遂に12連敗目でした。
 去年の9月末〜釣っていないので、何が第三ホーム釣り場か・・・と(笑)




仙台のおんちゃんと・・・(2017.8.13)


 夜明け前から水戸インター近くで待ち合わせ、1年ぶりの藤井川ダムへ向かう。二日酔いなのに旧友との釣りなら体は反応するものです(笑) 釣りは解禁になったものの、駐車場は無いし情報は無いし、水も無いしモジリも少ない・・・。目的は、馬鹿話をしながらのんびりやろうという趣旨だし、焦ることはありません。

 暗いうちに現地について、早速釣り座確保。
休みとは言え、13日なのでへら師は誰も居ません。(午前中は)
 バサーもかなり少なく、概ね3人くらいしか見かけません。で、仙台のおんちゃんとは初めて並んで竿を出しました。既に孫は8人、流石に老けましたが『活き活きとした風貌』は変わらず、口調も雰囲気も昔のまま・・・。釣り台は勿論、竿から道具まで上級者向け、エサ遣いも巨べら用・・・。竿捌きも手際の良さも含め、思った以上の猛者でした。

 夜明けと同時に餌打ちし、おんちゃんはなんと3投目に『へら』を釣りました。竿は中尺で、タナは深宙と言ったところ。感度抜群のウキは、激しく動いている模様です。隣の私は、新調したシマノのバッグ一式に、ちょっと古い『飛天弓閃光R21尺』で底から・・・。3連釣の疲れから、8時30分から1時間と少し車に戻って仮眠。日の入りまで語り合う(おんちゃん+へらと)には、体力が持ちそうにありません。(釣り場はかなり急な斜面だし入るのにも時間が掛かります)

 昔話に花を咲かせてマッシュを打ち続けるも、結局釣れたのはお互いに『へら鮒』とは呼ばないサイズ・・・。形が綺麗だし、引きも強いので、巨べらに拘らなければ楽しめるのでしょうが、当日は他に3〜4人入って『両ダンゴ』・『トロコン』・『グルテンのセット』も厳しく、オデコ続出とか・・・。我々二人が『マッシュ』系で4枚という結果でした。(第三ホーム釣り場の主Yさんが遊びに来て教えてくれました)



2017.08.13.jpg
ダンディーな出で立ちの仙台のおんちゃん! 【clickで拡大】

仲良く「尺級2枚づつ」

小べらですが美しい形でした・・・。

2017.08.13.000.jpg
私が釣った最初の1枚・・・ 【clickで拡大】

  結局二人とも暗くなる寸前まで竿を出し、巨べらこそ出ませんでしたが、非常に心に残る1日であり、再会を約束して帰路につきました。お互い実家に帰るので、懐かしい裏通りを通って実家へ・・・。
 心地よい疲れは、翌日かなりの『筋肉痛』に変わっていて、ダムの釣りの厳しさは体が覚えていました(笑) まぁ、暑くなかったのが救いでしょうか。またいずれ機会を作りたく思いました。

 仙台からの遠征は3時間半以上、逆なら私にはマネが出来るか解りませんが、仕事柄3時間は苦にしないようで、仙台のおんちゃんの力強さは健在でした。



花の慶次(2017.8.15)


 1年半ぶりかそれ以上自粛していた『パチンコ』。あまりに疲れ、お昼過ぎに第二ホーム釣り場へ向かった後に、結局釣り道具を下ろさず(誰も竿を出していませんし)に久々にホールへ直行。財布の中のなけなしの45K超(実は返済用資金)があっという間に・・・。まぁ、竿は買えないが、欲しかったシャム柿の万力や、へらウキのセットが買えちゃうな・・・なんて遊んでいる途中で既に後悔(笑)

 大当たり1回で200回転で捨ててあった台と、大当たり8回で110回転前後で玉を流したばかりの台と迷ったが、前者に座り40Kで単発2回のみで出玉は全て消化。で、隣の台が15時時点で大当たり0で「赤系演出」連発後、400回転で捨てられたので移動。たった3Kであっさり当たり、延べ大当たり回数13回も5箱「33Kのみ」回収で結局赤字・・・。


2017.08.15.jpg

CR花の慶次X 「雲のかなたに」初めて打ってみたものの・・・。

 キセル予告も見たし、復活演出も見たし、まぁこんなものでしょう・・・。迷ったら負けるのはいつものパターンで、最初に狙った台は34回目の大当たり中で、延べ3人がそれぞれ6箱程度お持ち帰り・・・。
最初から座っていたら・・・なんて馬鹿馬鹿しい後悔も(笑)
 結果論ですが、負けは負けで、第二ホーム釣り場で「釣り道具」を下ろしていた方が良かったですね。改めて、私にとってはストレス解消よりも何よりも、当たり前ですが時間とお金の無駄遣いだと再確認・・・。


 さて、東京は40年ぶりの16日連続の降雨、異常気象で10月並、季節外れの長雨、東京に限らず関東甲信越とも天候が不順すぎて果物も野菜もピンチです。一方で、釣りの方は水も変わって、そろそろ爆釣モード(秋の荒食いイメージ)か・・・。そう期待して週末に望みます。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 16:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年08月10日

第三ホーム釣り場


4人並んで惨敗・・・(2017.8.06)


 夜明けから随分と時間を経過してしまった6時30分より餌打ちしたのは、只今大盛況の『第3ホーム釣り場』。思い切り出遅れたので、当然ポイントは空いている場所にて。
 竿は17尺で道糸1.2号にハリス0.8号、鈎がヘラ鮒スレ10号で、マッシュ主体のいつものエサ。同行の羽さんは(到着時点でかなりやる気満々?)左となりで16尺をセット。天候は曇りも「かなりの蒸し暑さ」で、べっとり・ねっとりした空気に気分は最悪・・・。暫く来ないうちに、釣り人の出すゴミが散乱し(100%へら師の出したゴミ)、あろう事か煙草の吸い殻が散乱し、雑巾まで捨ててあるという環境で、釣り以前に鬱陶しいことこの上なく・・・。いつもよりは手抜きでゴミ拾いと掃除も、暑すぎるし何より釣れる気はしないし、全く気合いが入らない。今期は何故か、へら鮒釣り(巨べら・尺半)のモチベーションをMAX100としたら、多分50もありません・・・。



第三ホーム釣り場.jpg
ブルーギルすら活性が悪い? マブナやコイもウキを動かしません!


 その後、10時間魚が回ってこないのか居ないのか、4人並んで誰も絞りません。


 当日はMAX8人、近況(ここ2週間)は常連のTさんが最大で47.0p級程度。1桁しか釣れないようだ。我々2人はここ2ヵ月でたったの2回しか竿を出していないので、結果も勿論何もかもがスタート地点に戻った印象・・・。まさしく手探りの釣り・・・。底はマブ・コイで宙はブル、水面近くにもマブやコイやブルが沸くも『へら』は極めて薄い印象。毎週、金・土・日、下手したら毎日のように攻められているので、流石にあんなに素直であんなに簡単に尺半が出て居た昨年一昨年とは勝手が違うようです。

 いつもここでは一番多く竿を絞る『羽さん』も、この日ばかりは沈黙でした。


「終わったか・・・」

これでなんと10敗でした(笑)


【反省点】

・18尺以上を振らなかったこと
・マッシュの締めのバリエーション
・迷い/狙うタナの激しい上下
・完全に妥協したポイントでの釣り
・正確なタナ取り及び、地形(底)の把握。


 まとめたら、やはり『熱意』・『やる気』・『本気度』みたいなものが、全くと言って良いほどに足りませんでした・・・。日頃の疲労や加齢による意識の低下?、天候含めそして釣り場選定を含めて『辛い一日』でしたが、今週末もしくは週明け早々、「幼なじみ?」の仙台のおんちゃん氏が馳せ参じるとのことで、全てを新鮮に、そしてポジティブに・・・と。
 幸い、水戸地方は今日から暫く涼しい日が続きます。夏べらを楽しむのももう少ししか時間は残されていませんから、ここは「冷めてばかり居ないで」大いに楽しみたいと思います。本当の意味で「気の知れた」おんちゃんと並んで竿を出せる日なんてほぼ皆無なわけで・・・。

 来る日に備え、竿を新調して・・・と行きたいところですが、公私共に時間が無いので「エサ」「小物」だけでも仕入れに行こうかと思っています。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 10:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年07月31日

奇跡的に・・・


釣れたのにもかかわらず。


 この土日は色々あって、仕事をする気が失せてしまい、土曜は福島にお出かけ、日曜は女房をパート先に送って行き、その後にホーム釣り場へ・・・。真冬や春先ならいざ知れず、この時期9時頃からだと「まるっきり」やる気が起きません。

7.31 ホーム釣り場01.jpg
水がとんでもない色になっています・・・(第1ホーム釣り場)

 9時30分より餌打ちしたのは、ダメ元の『第2ホーム釣り場』。ポイントは内緒(笑) 第1ホーム釣り場は見ての通りの『入浴剤の様な色』でパス。時間的にも、また潮回りからも別の選択肢(那珂川本流)が無く仕方なく・・・。

 竿は17尺で道糸1.2号にハリス0.6号、鈎がヘラ鮒スレ9号で、マッシュ主体のいつものエサ。ウキケースを忘れるハプニング(本気で釣りをする気があるのか?)も、1本だけ竿ケースに残っていたのをセット。思いつきで買った安い(2,000〜3,000円)もの。今風?のトップがついたオールマイティなパイプトップ。

 で、餌打ちから約1時間30分経過で竿を曲げたのはコイツ・・・。


7.31.スッポン.jpg
やたらにデカイ・・・。とにかくデカイ・・・。エサボールの1.5倍以上の甲羅です!


 その後、1時間して(餌打ちより2時間30分)モヤモヤの後の2節のドン!で見事に?マブナ・・・。42pの玉枠からしてもそこそこの大きさか・・・。と言っても尺2寸級(笑)
 ヘラブナは絶望的か? 釣れるのはマブはこれ1枚だし、コイの子どもとジャミとカメ・・・。フナ系の気配が無いままお昼に突入。

7.31マブ.jpg
やたらに引きが強いマブちゃん・・・


7.31アメナマ.jpg
正午過ぎにアメリカナマズが3匹続きます・・・。



 ここで、ホーム釣り場の涼しいポイントに居たという、相棒の『羽さん』登場でしばし釣り談義・・・。3連釣も「型」が悪くて今日も6時間打って「9寸」1枚とか・・・。この時期、やはり何処へ行ってもマトモな釣りは厳しい・・・。

 私の隣で岡ジャミしていた羽さんも、それ程暑い日でも無く、ウキは動くのでこのまま帰っても仕方ないと言い、13時過ぎから一緒に竿を振る。そんな中、羽さんも巨大スッポンとアメリカナマズの洗礼・・・。久々に、私の竿も大きく曲がるが、水も青い(魚が見えません)しハナから外道と思い込んでいた(巨大アメリカナマズと思い込んだ)ためかなり『手荒に』寄せて玉網を使わず道糸を掴む・・・。と、その瞬間『尺半上』の巨べらだったと判明・・・・。慌てて手を離すも、0.6号のハリスは簡単に飛んでしまい「後の祭り」に・・・。唖然呆然とはこのこと。隣の羽さんも、見た感じ少なくとも『46〜47pはあったゾ!』と追い打ちを掛ける(笑)

 逃した魚はデカイものだが、久々に見た推定45p以上の「ヘラブナ」・・・。なんと言うことをしたのかと反省しても、気持ちが入っていない釣りで、気持ちの入らない釣り場、まさか・・・の結果。自業自得である。結局その後に0.8号を結び、鈎もヘラ鮒スレ10号を・・・。

 で、16時過ぎに女房を迎えに行き、ここで1時間の床休め。
その間、羽さんは、マブとアメナマとスッポン・・・。モエビやクチボソも引っかけて五目釣り・・・。

 17時38分、遂に本命『尺べら』・・・。

 この時期に釣れたのだから、嬉しくない事は無いが・・・。この他にもへらは2枚「スレ」まして、こんな陽気でもこんな場所でも、こんな仕掛けでも釣れたのでヨシとすべきか・・・。


7.31.へら30.0ホーム釣り場02.jpg
ウロコ1枚剥がれていない美しいへらも・・・(推定30p)

 結局、18時30分過ぎまでの正味7時間(途中退場有りの為)で、満足な結果は出せずもへら鮒だけは釣れたので、本音はオデコと一緒も有意義な一日でした。油断してパラソルを始めからは使用せず、しかも当日は半袖だったので『腕が日焼け』で痛いです・・・(笑) 暑くても釣りは長袖シャツが必須ですね。



来週はどうするか・・・

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 17:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年07月27日

何か悪いことをしたか?


出勤前釣行も・・・。


 今朝は、夜明けくらいに『蚊』の猛攻を浴びて4時過ぎに目覚めてしまう。手足を中心に10カ所刺されて『猛烈に』気分が悪い・・・。昨夜も連日連夜の深夜まで仕事で、その後やけ酒を飲んでいた(殺人的スケジュールでマジメに昇天寸前です)し、疲れ果てて『シャワー』も浴びずに即熟睡という有様。多分『臭かった』のかも・・・(笑) そうは言っても、一応室内のみの仕事であり、冷房が効いている環境のため、脳みそには汗をかきますが『体は快適?』で、汗をかくようなことは少ないです。それが、健康に悪いのは重々承知も・・・。

 と言う事で、5時前に自宅を出て『第一ホーム釣り場』へ。


しかし今朝は水が無い・・・。

↓clickで拡大

【最近の恵みの雨も・・・なぜ?】

2017.07.27.001..jpg

石垣が丸見えで水深は30pか・・・
−コイは沢山居ましたよ−

2017.07.23.001.jpg

先日(23日/日曜)の様子。(モジリ多発・・・)

 日頃の行いが悪いのか、折角竿を出せる機会があったのに、水が無くて釣りになりません・・・。

やはり日頃の行いが悪いのかと・・・(笑)

 泣くに泣けず、しばし様子を見て回る。下の画像は先日23日(日)のもので、この日も結局仕事(3連休も休み無し・先日の土日も休み無し)で撮影のみ。

↓clickで拡大

2017.07.23.002.jpg

第1ホーム釣り場(23日/日曜)の『超』巨べらたち・・・

2017.07.23.003.jpg.jpg

▲23日の日曜(水があった時)はヨダレもののヘラブナも・・・。

2017.07.27.002.jpg

今朝(27日)の状況・・・(生体反応はコイのみ)

 今朝は、底が丸見えで釣りにならず、第2ホーム釣り場へ移動するも、こちらはアオコ地獄で『竿』を出す気にもなれず・・・。それにしても酷い有様です。

2017.07.27.003.jpg
2017.07.27.004..jpg
 第2ホーム釣り場はアオコだらけ・・・(竿を出す気になれず)

 第3ホーム釣り場は、遠いのでスルー・・・。最近全く出掛けてませんが、かなり賑わっているような情報があります。未だ、釣り仲間のT松さんとは同行が果たせず、また、羽さん以外とは竿を出したことがありませんが、3人以上並ぶと高確率で『パンク』状態でしたので、賑わっている内はスルーしかありません。昨年も、概ね5人以上入ったら『オデコ率9割』と言うイメージでしたので、魚は素直でも釣るのは中々難しい・・・。で、魚は大きくても『薄い』ので仕方ありません。今度こそ『竿を』出したく、ウズウズしていますがどうなることか・・・。

 最近は『戻り梅雨』なのか、それ程暑くありません。そして、連日の曇りと『そこそこの雨』です。巨べらが「エサを摂取する」スイッチが入るかも・・・と、僅かながら期待していたりします。海にも行きたいし、へら釣りにも行きたいし、体も休めたいしと「欲求」が多くそろそろカラッとした夏らしい陽気に戻ってもらいたいものです。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 08:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年07月17日

一般的には3連休?


が、竿を出す時間が無い・・・。


 今日も猛暑で仕事も猛暑、竿が出せません・・・。世の中は3連休で、連休最終日の今日は「海の日」。今日は、海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日らしいです。そして、今日は「東京の日」?とか・・・。明治天皇の詔勅天皇の意志を伝える詔書, 勅書,勅語の総称)により「江戸」が「東京」に改称されたらしいです。さて、それは置いておき・・・。


今朝はこんなもじり・・・。

↓clickで拡大

【早朝の雨が恵みの雨か】

2017.07.17.001.00.jpg

2尺は楽々ですね(笑)
−魚の気配・生命反応はいつもより多いかも−


2017.07.17.001.02.jpg

へら玉はないものの、100%『へら!』のもじり。

 中沖にへらの群れを確認・・・。モジリがそこそこあって「竿」を出したい気分も、今日も1日仕事の為、後ろ髪を引かれる思いで釣り場を後にしました。画像は、女房を職場に送り届けた後に『第1ホーム釣り場にて』撮影しました。

↓clickで拡大

2017.07.17.001.01.jpg
第1ホーム釣り場にて尺半確定の巨べらにみとれる・・・。


 到着時、相棒の羽さんが、まさしく「舐め回すように」釣り場を見ていました(笑)。その後、常連のHGさんが道具を担いで上流に。 で、20分程度釣り談義した後に帰ってきました。3連休なのに1日も竿を出さず・・・。悲しい限り・寂しい限りですが、その分竿を出した時が楽しみだし、期待で一杯だし・・・と前向きに考えています。どうせ、暑いし釣れないし・・・と言うのもありますが、所詮は遊びなので(笑)

 第3ホーム釣り場は賑わっているような情報がありますが、現時点でT松さんからも連絡無しなので尺半は出て居ないのかも・・・。若干増水気味とのことで、そろそろスイッチが入るかも知れません。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 11:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年07月15日

巨べらが・・・


巨べらがウヨウヨ! しかし・・・。


 今朝は釣行予定も、6時過ぎまで寝てしまい『早朝のチャンスタイム』に間に合いそうに無いので断念。そうは言っても、釣り場が気になりホーム釣り場と第2ホーム釣り場へ繰り出しました。早速歓迎してくれるのが、


こんなへら玉・・・。

↓clickで拡大

2017.07.15.0001.01.jpg

【50枚や100枚ではききません・・・】 殆どが尺4寸級?



2017.07.15.0001002..jpg
尺半は楽々です。
−尺2〜3寸はもっともっと居ますが未撮影−


2017.07.15.0001003.jpg

5年前に48〜49pが連発したポイントも、魚の気配が感じられません・・・。


  中には、逆さまに(頭を下にして逆立ち状態)なって給餌中のへらもおり、喰いがあるかのような個体も・・・。しかし、到着が7時なので『もじり』はありません。日が高くなれば日陰か深い所に潜りますが、この時間帯はけっこう毎回「へら玉」に遭遇。画像の一級ポイントも気配を感じられず、今後も期待できそうにありません。



2017.07.15.0001004.jpg
第2ホーム釣り場にて

2017.07.15.0001.005jpg.jpg

アオコ除去装置が遂に稼働・・・

 その後、第2ホーム釣り場を周り、先週釣れていたという第1ホーム釣り場中流付近へ・・・。へら師は皆無でした。悲しいことに、駐車スペースは立ち入り禁止になっていました。秋冬と来春、『黙認されていた』駐車スペースは今後一切使用不可のようです。心配していたことが現実となり悲しくなります。釣り場晒しと地元民ぶって? 駐車スペースを広めた輩がいるそうです。ヤレヤレ・・・です。


2017.07.150005.006.jpg

※50p級をバラした思い出のポイント(実は48〜49pだったかも・・・)

 誰も居ないので情報はありませんが、来ていないと言うことは釣れていない証拠。第3ホーム釣り場は壊滅状態(へらが全く釣れなくなっている)のようなので、見に行くまでも無く、今日は午後から仕事に励みます。まるで梅雨明けしてしまったような、そして梅雨などは無かったかのような今期の7月ですが、へら鮒釣りもかなり厳しい状況です。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 11:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年07月10日

第3ホーム釣り場


全員オデコ・・・!

 7月に入って2回目釣行となりました。
昨日7月9日と今日10日は猛暑と言うより酷暑であり、海の日を前にしてまるで真夏の様相。昨日も今日も水戸は34〜35℃の猛暑確定・・・。笠間や大子は気象庁の言う猛暑日で36℃確定でしょう。群馬や埼玉の、例えば館林とか熊谷とかはヤバイ暑さじゃ無いでしょうか?

 さて、釣りは6時に羽さんに迎えに来ていただき、7時過ぎから現地にて準備。餌打ちは8時15分頃からでした。一方、常連でここの主の「Yさん」と「Sさん」が既に一級ポイントに。指定席じゃないですが、この「Yさん」がここの開拓者だし、釣り場の第一人者だし、自宅からも近いと言うことで毎日来ているような方なので全く異論無し。我々がのんびりと釣り場に着いたのだから、それは当たり前ですが・・・。

2017.0709.0000.00.png

全く釣れません

第3ホーム釣り場に決定!

 結果から言えば18時50分過ぎまで粘って、21尺の1本から底まで、15尺で1本から底まで約10時間やって「マブ」のみでした。これで今期はここで9連敗・・・。昨年からのトータルでは確実に20連敗以上喫しています。(如何せん下手くそすぎます・・・)
 相棒の羽さんは前回41p確保なので今季は1勝-8敗か。ここに来るのは、昨年から昨日まで「毎度」羽さんと二人きり。そして、いつも隣か近くに入れていただくのが画像の「Y」さんコンビ。二人とも強面で年寄りにも見えるが実は若い(笑) と言っても40代では無いし、勿論私よりも年上である。県内の釣り場情報には詳しく、懐かしい釣り場やびっくりな釣り場の話は本当に勉強になるし、何より釣れなくても楽しい。昨日は来ていなかったが、『地元のTさん』(私もよく知る近所の池で50上を2枚釣る凄い人)も含め、ここの常連とは何故か気が合い楽しくやっています。

 今年はへらに会いに来ると言うより、ここの常連に会いに来るようなものか・・・。


よって、「正式に」第3ホーム釣り場とします。



2017.07.090003.jpg
午前中は21尺の宙/午後は15尺にて楽しむ

2017.07.09.0002.jpg
clickで拡大/もしや40〜45p級が泡づけを・・・

 全員オデコとはいえ、期待値が高くて実績も十分で、時折こんなのが釣れるので粘れるのです。毎度ブルーギルしか釣れなければ通わないでしょう・・・。

2017.07.090001.01.jpg
一瞬へらに見えますが・・・(乗せた瞬間、いや竿を立てた直後にマブと解りますが)

 他の釣り場、例えば野釣りしかしないご老人が多いローカル釣り場なら、へら鮒として認定されていると思われます。その位「へら鮒」に近い偽物です(笑) 半べらとか合べらとかの呼称もありますが、個人的にマブナ(ギン鮒)と思っています。フナ族は個体差が大きいので、地域によって体高があったり、その逆だったり・・・。餌打ちを繰り返すと、1本〜1本半まで上がってきますから、魚影(と言ってもマブナ)もかなり濃いのでは・・・と?

 喰いも良かったのに、へら鮒が来ることはありませんでした。

2017.07.09.0001.jpg
一瞬迷いますが・・・(clickで拡大!!)100%マブです!
−迷ったらへらじゃない! は揺るがない私の心情です

 で、この第3ホーム釣り場は、へら鮒の魚影はかなり薄いのですが、完全非公開で今後も100%公開致しません。約束とか、何かの圧力等は一切ありません。勿論、平日など近隣地域のへら師・つり師が竿を出しているようですから、釣れれば(よほどの高活性時以外、普通の釣り方ではへら鮒は釣れませんので無理と思いますが)いずれ広まるとは思います。ですが、情報独り占めとか、そんな低レベルな話じゃ無く、多くに知れ渡り沢山のつりびとが竿を出せば、望まない多くの『トラブル』の元になります。必ずや釣り禁止に一直線です。

 昨日も1時間くらいは『ゴミ拾い』など清掃作業をしましたが、バサーのゴミもさることながら、明らかにへら師と判断できる、マルキューの「軽麩」の袋の端切れ、グルテンα21、もじり、藻べら、GTS、そしてダイワのいもニンニクなどのエサ袋(開封時の端切れで判断できます)の破片が捨ててありました。他、当然へらの仕掛けも何本か回収しています。毎回来る度に集めてますが、我々(常連三人組含め)が一切使わないエサまで有り、煙草の吸い殻から空き缶やペットボトルの放置と、酷いへら釣り師が確実に存在しています。

 常連のYさんとも熱く語りましたが、まともな挨拶も会話も出来ない輩、へら釣り場にゴミを放置する輩、そういう輩と同じ水域で釣りをしたくないだけです。折角の娯楽、趣味なのに楽しくなくなります!

 常連の一人、地元のTさんは、ここの常連のYさんにこっそり教えてもらった釣り場であり、初年度は相当な体験をしたのに一番の釣り仲間にも言わないそうである。(実は口が軽いへら師だから広まっちゃうから・・・とTさん談)
 そうは言っても、今時SNS含め良くも悪くも「超」情報社会なので、やる気がある人・本気の人なら自力で到達しますし、鼻のきく人なら尚更・・・です。Yさんとも同意見ですが、来るな・やるなとは思わないし言えません。せめて釣り場を大切にする気持ちを持って欲しいと言うだけですね。現に、一級ポイントでも5人以上並べばいつもパンクだし、魚が移動してくる魚道的ポイントで長竿を振られれば完全OUTは昨年秋に立証済み。何処でもソレは一緒だと推測(過去の経験上もそんな傾向)しますが・・・。


 話は変わって、昨日の釣り開始早々、友人の「仙台のおんちゃん」から電話があって、彼のホーム釣り場で8時過ぎの時点で40上オンリー15枚以上とか・・・。(翌日、実は20枚で切りが良いところで帰ったそうである)まさしく夢の釣り場。50上にしか興味が無い彼は、尺半でも喜ばずひたすらに50上を狙います。幸か不幸かは人それぞれ。50上を釣っちゃったら、もう45〜49pなどどうでも良いのかも知れません。

2017.0709.0005.jpg
(こんな所だから50上も多数存在する?)

 仙台のおんちゃんは、尺半年間50枚とか30枚とかの目標があるようなので、実際には50上オンリーでは無いようですが、私も50上を目指しつつ尺半級を月一くらいで年間10枚も釣れれば・・・なんて思っています。色々あって本当の釣果(尺半〜50弱情報)は書けませんが、個人的には今期47p1枚と絶不調も、昨年は10枚以上尺半は喰わせてます。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 17:37| Comment(14) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年07月08日

7月初釣行


ホーム釣り場で

 14日ぶりに竿を出しました。で、7月の初釣行となりました。
7月8日というのに、まるで梅雨明けの様相。関東では35℃の猛暑日の地域もあるとか無いとか。水戸も33℃越えであり、まるで真夏と変わりなし。風は南風で川縁でも涼しさは感じません。
6時前に何とか起きて、急いで支度をして、早速「ホーム釣り場」へ・・・。
 所要時間はたったの5分も、珍しく1時間半も「あちこちを見て回り」ポイント選定。何とか1枚だけでも・・・とセコい発想(笑)
 そして、餌打ちは7時30分〜。


その前に、最初に見たポイントでは

こんな「歓迎」が・・・。


2017.07.8.0001.jpg
第1ポイントには久々にみる「へら玉」が・・・

2017.07.8.0002.jpg
clickで拡大/40〜45p級が・・・

500円玉のような『口』の巨べらも多数でしたが、見える魚は『喰いません』から、目の保養と言うことで・・・。別のポイントや橋の下は尺2寸〜3寸のへらが45枚〜50枚以上の群れで泳いでいます。尺半級もしかしてそれ以上のは概ね5〜6枚の群れで、撮影しようとすれば「どこかに消えて」しまいます。流石に警戒心は強いですね。

2017.07.8.0003..jpg
ゴミの下には尺半超えもウヨウヨ・・・(見えにくい画像ですが)

 見た目に43p級が多いのですが、別の小さい群れは45p以上ばかり。50p級のコイと遜色なく、平を打つと巾はコイ以上です。画像では解りませんが腹パンも見えました。
 第2ポイントは魚っ気無しでモジリも無し。第3ポイントは泡づけがあるも、モジリが無く期待が薄い・・・。しかし、先週はそこそこ釣れていたと聞いていたので、第3ポイントで15尺を継いでバランスの底釣り。当初13尺を継いだつもりが(あまりに疲れていて13尺と15尺の区別が付いてませんでした)、15尺だったと納竿時に竿袋を見て気がつくほどに「頭も体も」壊れてました(笑)

2017.07.8.00055.jpg
雰囲気だけは最高ですが・・・(clickで拡大!!)
−土曜なのにへら師は皆無。常連も来てません−

2017.07.8.00036.jpg
(1本ちょっとの底・エサはマッシュ系)

 7時45分、相棒の羽さんが登場。配達の途中で差し入れに来てくれた。聞けば先日の雨で水を落として今週は絶不調とのこと。それ以前は毎日のように夕方のみ竿を出し、釣果は3枚程度(40p以下の小型)で、とりあえず型だけは見ていたとのこと。
 1時間程度釣り談義をして配達に戻り、そこから1時間半・・・アタリは皆無。2節入ったのが1回だけで、あとはモヤモヤで終わりました。エサを変えたりハリスを変えたり、タナをいじっても『マブちゃん』すら喰ってきません。コイにも無視され、日差しがMAXになる前の10時半頃には納竿としました。気分も『モヤモヤ』で終わりました。

 約3時間の釣りも、空振りに終わり「午後からは今日も深夜まで」仕事・・・。目鼻が付けば、明日は長竿が振れるところにでも行こうか迷っています。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 17:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年06月25日

結果は惨敗も・・・


雰囲気最高もアメナマのみ

 行ってきました、あの釣り場・・・。
へら師は皆無、マナー違反・ルール違反のバサー数名、同行者も「型」見ず・・・でした。釣れたのは「チャンネルキャットフィッシュ」?のみでした。モジリの正体は、ヘラでもマブでも無くアイツっぽいですね。

 釣り仲間のT松氏に送り迎えまでしていただき、お互い成果無しでも、帰路では新たな秘密釣り場探しで楽しみました。また、釣り場のメンバーも、神的な釣果を残す本物の巨べら師、そしてためらいなく猛者と言える方と貴重な時間を過ごさせていただいたり、釣れなくても良い1日でした。セットしてくれた? Zさん(仮称)有り難う御座いました。

2017.06.24.jpg
ここで竿を出しましたがナマズのみ・・・


複雑な気持ち・・・

 土曜午後、日曜と今時点、とんでもないことになっていて、釣りどころではありません。(ブログは息抜き&ストレス発散+記録です)幸か不幸か「あり得ない」仕事が舞い込み、見積と試し印刷で既に17時間四苦八苦。このご時世、仕事があるのは嬉しいも、殺人的スケジュール確定です。暖めていた仕事の他に、先日のPとまたたきのフルセットじゃありませんが、確実にそんな仕事ですから、未回収になったりクレームになったり、それよりも納期が心配です。何よりも外資系の企業であり、カ○ダ人の担当者と通訳の方・・・。数億〜数十億規模の工事竣工図で、しかも何故か西日本の物件・・・。正直複雑というか、不安にも成ってきます・・・。

 仕事あっての釣りと言うことで、期待の地元釣り場も、最高の陽気+釣れ始まる時期なのに完璧にお預け状態でした。

2017.06.26更新 画像追加


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 21:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年06月12日

夢を諦めず


続・地獄の釣り場

 この土日も遊びに(巨べら狙い)・仕事に忙しく、土曜はいつもの午前様で、日曜は今週も5時から出け、18時過ぎまで釣り場に・・・。20時に帰宅し、友人の仙台のおんちゃんと釣り談義、そこから22時過ぎ迄仕事。で、ブログ更新はお預けでした。

 昨日は今期8回目のとある「湖沼」の釣りで、なんと今期ここだけで9連敗・・・。8時前から餌打ち開始も、6時間ノーアタリで残り4時間は、明確なアタリ4回で1回は見逃し、2回はコイ、1回はマブ(半べら・合べら)というこの時期なのに・・・という過酷さ。ノーサワリ・ノーアタリの6時間のうち、2時間はゴミ拾いで時間をつぶしました。空き缶やペットボトルや吸い殻がありすぎて毎週掃除してもキリがありません。バサーの残したラインは星の数ほど・・・は無いにせよ、コンビニのレジ袋に収まるほど・・・。ルアーもワーム類を含めて相当数拾いました。ルール・エチケット・常識などの言葉がありますが、『つりびと』にはそうしたモノが欠落した面々が多々だと痛感します。へら師は限られた面々のみも、このままなら釣り禁止は近いと思いました。


地獄と言えば笠間湖
 昨日は雨上がりなので、飯田ダムに出陣しました。5時に出掛けたため、現地で6時前から偵察してましたが、モジリは殆どありません。と言うか、4時半とか5時頃じゃないとそもそも見られないのですが・・・。各ポイントを見て回るも、へら師は皆無。バサーも2〜3人で県外から来ているコイ師が2人のみ。水戸ナンバーの車がありません(笑)

 有望ポイントに降りて状況を見ましたが、水が澄みすぎていて、そして減水しすぎていて、生命反応が皆無に等しく断念しました。
 昨年2016年は23連敗、それ以前から計算すれば、既に30連敗しているので、いまさら何も感じませんが、釣れるとすれば今は50上らしく、夢を諦めず私もいずれは・・・と。


2017.06.1000.0001.jpg
一級ポイントにつりびと無し(減水しすぎ・・・)


本当にへら鮒なのか?

 先週書いたように、ここは3K釣り場。新しい3Kとして、新3Kという言葉が使われるようになっていると書きましたが、きつい・帰れない・厳しい」で、結果はまたしてもオデコでした。唯一相棒の羽さんが9ヵ月ぶりに本命も41pの長手のへら・・・。当然うれしさは伝わってきません。私も撮影する気持ちになりません。別のポイントに入った常連さん2人は3枚とか5枚とか両目が開いた・・・と仰います。型を聞けば尺〜尺2寸・・・。私が納竿間際に釣った尺2寸級の怪しい魚を『これがへらじゃなければへら鮒は居なくなるよ!』と、心強いお言葉も、個人的にやっぱり「違う魚と結論づけました」。撮影直前に玉あみから逃げられましたが、8割へらで2割がマブって感じでしょうか。ウロコが今一、目の可愛さが今一、体高とボリューム、尾の付け根も鰭も「へら」そのもの・・・。まして、宙の釣りだったので普通にへら鮒と思ってしまう人が圧倒的かと思いました。

 さて、流れとしてはお昼まで釣りにならず、2時迄は釣り場掃除、2時過ぎから餌打ち再開です。泡づけはコイが多いも、巨ベらのそれもあって、雰囲気だけは最高・・・。先週に引き続いて21尺で底狙い・・・。14時15分を回る頃、餌打ち点周辺に魚の気配。そして、ウキから出る気配として、底付近に水流を感じます。

 そして、エサ落ち付近から目が覚めるような、力強い『ドンっ』と言うアタリ・・・。

2017.06.11.002.jpg
コイの泡づけが近づき、まもなくドスンと落としました・・・

2017.06.11.001..jpg
色付きは何故か引きが強いです!

2017.06.11.000.jpg
ハリス0.6号でも21尺なので切れません!/60pに少し足りない緋鯉・・・。

 しかし、本命ではありません・・・。
その直後、今度は70pに迫る本物の『コイ』と10分格闘・・・。この時間、2回アタリがあって2回連続コイで、この2回で15分以上の格闘なので『腕』はパンパン、道糸は伸びるし、タナは変わるしで17尺の宙に変更します。エサは朝から『マッシュベースの麩系もしくはグルテン配合』のパターン。マブナも釣れず、ブルーギルのアタリがあるレベル。参りました・・・。
 へら鮒を釣った話は聞きますが、私は見てませんから「合べら」の可能性も否定できません・・・。ですが、本人がへらと思って釣っていたのなら、それはそれで否定しませんし、競技じゃ無いし勝負しているわけでも無いので、余計なことは口を出しませんでした。私が納竿間際に釣った『ぽい魚』は、断じてへら鮒では無かったのは確か。また竿を出す機会があれば『その魚』を撮影して公開します。


県内3つの地獄釣り場

 そして日中はT松さんから連絡を頂き、完全非公開のもう一つの釣り場で遂に尺半に迫る1枚を仕留めたようで、正直こんなに早く仕留めるとは思いもよらず、聞いただけでただただ感動でした。噂レベルも55pとか57p・・・春限定でそれ以外は地元の常連、本当の意味の猛者達がこのシーズン手も足も出ない釣り場・・・。
 現地の環境からしても、地元へら師に聞いた感触も含め1回竿を出せば2度と来たくなくなる釣り場で、超巨べら師のZ氏とのコンビで夢に向かっています。笠間にしてもここにしても、有名な心霊スポットであり、へら師はほぼ皆無だし、まず釣れないので敬遠される水域。とはいえ尺半、いや50上を喰わせれば、釣った本人にとってそれは天国ですが(笑)

 来週は所用で釣りが出来そうに無いので、再来週は合流しようかと・・・。夢は諦めたら終わりですから、今後も『諦めず』に頑張ります!
と言う事で、またまた今回も完敗でしたが、明日の勝利(次回こそ尺半を釣る!)の為にはそれを認め精進します。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:23| Comment(3) | 釣行記2017年

2017年06月05日

連敗止まらず!


天国釣り場改め地獄釣り場

 昨日は遊びに(へら鮒釣り・巨べら狙い)・仕事に忙しく、土曜も午前様で日曜は5時から出掛けるも、18時過ぎまで釣り場におり帰宅は20時過ぎ。そこから24時迄仕事でブログ更新もままならず・・・。

 今期7回目のとある「湖沼」の釣り。昨年10月は8連敗であり、あれから通算で15連敗の釣り場。釣れるのは「良くてマブナ」、外道は何処の釣り場も一緒で「ブルーギルとコイ」がほんの時折・・・。その他は4時間ノーサワリ、6時間ノーアタリ当たり前という過酷さ。

 3K等という言葉を思い出しますが、3Kといえば汚い、きつい、危険)昨年の一時期を除いて、まさしく3K釣り場に成り下がりました。と言う事で、以前ブログにも書いてしまった『夢の釣り場』・『天国釣り場』は、たまたま運良く釣れただけで取り下げます(笑)

 いずれにしても、完全非公開であり、親しい釣り仲間でさえもお知らせしていない内緒の釣り場・・・。釣行も毎度例外なく相棒の羽さんとのみ。ほか、羽さんの友人の石岡のTさん位しか釣り場に来ませんし、また釣れません。で、今後も100%公開しませんし(釣れないし、4人入ればパンク、そもそも釣り人自体が嫌われる場所)、不要な場荒れを心配しています。


2017.06.04.002.jpg
飛天弓 閃光G21尺(折れたり壊したりで3本目の21尺)


新3Kという言葉・・・


 3K釣り場と言っても、私個人は釣れない時間に空き缶拾い、ゴミ拾い、釣り糸や倒木を焼くなどして、ちょっとボランティア的なことをしているので気が紛れるのも事実。まぁ巨べらに限らず、地合いがあるので、それまではのんびり・・・。
 昔ほどガツガツとはやりません。

 そういえば、現代では新しい3Kとして、新3Kという言葉が使われるようになっているようです。きつい、帰れない、厳しい」や、「きつい、給料が安い、帰れない」等、いくつかバリエーションが有るとか無いとか・・・。


2017.06.jpg
朝から日の入り近くまでやってマブ1枚/ブルーギル+コイが数回

 ここは、釣り場に行くのがキツイ(自宅から遠いし、道路も酷い)、釣果が望めない、釣れるまで帰りたくない・・・。そんなのがぴったりなのです。オオスズメバチやマムシ、ヤマカガシ・・・。イノシシにカエルに、ダニやらケムシやらブヨ・・・。不気味だし藪も多いし駐車スペースも限られ、どおりで我々と常連さん2人以外は誰も居ないのが今更ながらに理解できます。

 さて、釣りの方はのんびりと7時〜でした。先釣者のYさんと2週間ぶりに会って、状況を聞くも思わしい結果は無し。Yさんの友人と我々2人(羽さんの車に同乗)の4人。4人程入ると何故か『釣れず』で、このメンバーでかれこれ15回以上誰も釣りません。
 マッシュポテトベースでのエサは、私が徳用マッシュにグルテン配合(へらグルテンLL)で、羽さんは尺上に巨べらで麩系で仕上げる。麩系だと『ブルーギル』も『コイ』も賑やかに・・・。私はコイも来ないしギルも来ない。二人とも大鈎+大エサなのでコイ以外は鈎を咥えてくることはないものの、『タラ』『レバ』の釣りはなんとも厳しい・・・。

 照り返しが暑いし、長竿なのでキツイし、でも50上を釣りたいので帰れない(笑) 
そんなこんなで、日の入り直後の19時近くまで粘り、オデコで15連敗という記録をお土産に帰路につきました。

 まさしく地獄のような釣り場・・・。そして連敗も止まりません。ここ、とある湖沼は止めにして、来週は「川」か「湖」かあの「沼」にでも行こうかと考えています。大雨ならあの『ダム』と言う選択肢もありますが・・・。

 50上を早く釣りたいです!



 前回更新の記事・・・。
2017.06.05(月) 21:03分 再更新


 くだらない内容にもかかわらず、コメント頂いた「岩手の佐々木さん」や、毎度おなじみの「ケン」さん、ありがとうございました。今からコメント入れます(^^ゞ

 今夜も残業です・・・。日付が変わる前に仕上げます。





にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:12| Comment(6) | 釣行記2017年