巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2012年05月01日

北浦(梶山)の46.5cm

おろし立ての竿を折った巨べら

 今から約15年前に遡る、平成9年(1997年)5月18日(日)、釣り仲間のKさんのお誘いで、初めての北浦へ・・・。
 1997年と言えば、サッカー日本代表が、W杯フランス大会に向けたアジア第3代表決定戦に勝利、W杯初出場(ジョホールバルの歓喜)を決めた年でもある。



 午前6時過ぎ、強烈に竿を絞ったのがこの巨べら! 快心の1枚

北浦46.5p.jpg


15年も前の画像ですみません

北浦46.5p2.jpg

◆1997年時点で自己最高記録◆

無惨に折れた朱紋峰 本造り19尺


 新調した竿(19尺)をにぎりの上から折るほどの猛パワーを見せた。
折れた竿を夢中で回収し、何とか取り込みに成功。ここまで引く巨べらはしばらくぶり?いや、多分始めてであろうか。当時のやり取りは、正直興奮して覚えていない。

 確か10万円前後した竿が折れた悲しさより、46.5pを釣った喜びが大きく、そして何よりこの野性味のある形と大きさ、猛烈な引きは今でも忘れない。当然、竿は保証期間中のため無償で交換していただいた。

あさざ.jpg


ここにへらが突っ込んでくる

あさざ02.jpg

アサザの群生地(画像はイメージです)


 ポイントは、今や面影もなくなった梶山地区のアサザ群生地帯。
アサザの切れ目で約1本強のタナで両グルテンの釣り。夜明け前から釣り座を確保し、夜明けと同時にエサ打ち開始。鯉が同時にハタキに入っていて、濁りが凄い中で巨べらが安心して食ったと推測している。

 この後、平成22年迄に年に多くて1〜2回程度竿を出すも満足な釣果は無い。
網(刺し網ほかにて乱獲)が入ったり、湖自体の環境悪化やそれに伴う魚の減少で50〜55p級は存在する一方で、型を見ること自体が極めて困難である。

 何時か再び竿を出す機会が訪れるのか?
現時点では、それ程魅力的な釣り場とは思えず、余程のことがなければ予定は立てない。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。

posted by big51 at 13:45| Comment(0) | 北浦(上流部)