巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2011年08月14日

今日も55cmポイントへ

◆粘って腹パン巨べら1枚◆

 昨日の朝と夕方、そして今朝もホーム釣り場最下流域にて竿を出した。
へら師は私を含め延べ4人と少ない。流石に3週連続でオデコ続きだと人も来ない。昨日は常連が6人入って全員オデコ(ちなみに私が3枚)、釣り仲間の羽さんは仕事で竿は出さなかった様子。
 
 午前4時40分にやっと明るくなり、エサ打ち開始。
流れが凄いしゴミもアオコもある。沖で暗いうちに巨べらがモジる。対岸にはNさんが私より一足先に到着して準備中。2人ほぼ同時にエサ打ちを開始した。
 
 5時50分頃に羽さんが現れ、一週間ぶりに並んで竿を振る。(少し離れているが)

【本日の仕掛け】

◆竿:シマノ 朱紋峰 先ぬけ 15尺 → 競 16尺
◆道糸:1.5号
◆ハリス:1.0号(40p−47p)
◆タナ:2本の底(バランス)
◆エサ:マッシュ(マッシュポテトを赤へらで締めたもの)

今朝も流れが強く非常に釣り辛い。そして、根掛かりが酷く何度もハリスを消耗した。
1.0号なのでなかなか切れず、10回も掛かると嫌になってくる。
そこで、16尺を出すことにした。時間の経過は早いもので既に8時を回る。昨日と違って、なかなかへらの感触が無く、オデコが見えてくる。

 対岸のNさんが遂に納竿。17尺で夜明けと同時にエサ打ちして、コイが1回絞っただけ。
その頃、やっと「へら」らしいアタリが出た。
 食い上げに合わせると、ガツンと止まって沖に走り、最後は手前に走る。大型外道と思ったが、なんと「巨べら」だ。8時16分の出来事・・・。今日も最初の1枚がスレ。

2011_0814sakura0017-sure.jpg

キズ一つ無い美べら(41p級)

その後は鳴かず飛ばずで、相変わらず流れが強くてまともな釣りが出来ない。時間も押しせまり、とっくに予定していた納竿時間を過ぎてしまう。

 それでも11時39分、お昼までと決めていたこの時間に会心の1枚。
明確な『ツン』アタリに乗ってきた。
やっと食ってくれた。「腹パンパン」の42p!


2011_0814sakura0027-41.5.jpg

これまた形も良くてキズもない。  −素晴らしい魚体−

羽さんの釣った(スレた)巨べらは、腹パンパンの春の乗っ込み時と変わらないタイプ。これの前にも、何度か「鱗」が掛かったり、へら独特のアタリがあったと聞く。この時期にして、大型が相手なので、やはりなかなか食ってくれない。

2011_0814sakura0034-羽兼さ.jpg

43pの抱卵した巨べら(悲しいかなスレだった) 


 納竿し、片付けを終えて荷物をまとめた12時半前、3時まで粘るという羽さんが絞る。
竿は13尺、ドボンで、エサは一貫して新べらグルテン単品。
 今日も他のヘラ師は全員オデコ。羽さんのその後はわからないが、結局マッシュ系で通している場合以外は、誰一人、スレですら「へら」は見ていない現状から、麩系のダンゴやスイミー系の底釣り用では巨べらが興味を持たないようだ。

 と言うことで、この釣り場での猛烈な暑さと高水温も、マッシュなら「巨べら」と渡り合えると自信を持った。







posted by big51 at 14:36| Comment(0) | 釣行記2012年まで