巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2014年03月12日

亀山湖に行きたい!

 関東で巨べらといえば、今や押しも押されぬ亀山湖。関東屈指の巨べら釣り場
君津市の公式サイトなどでは「1971年(昭和46年)着工、1981年(昭和56年)3月完成」とされている。すでに37年前に完成していた・・・。ということは、完成後10年してからその地を訪れたということになる。
感慨深いです。(1991年初釣行)


 ひょんなことから、私が亀山にて初めて竿を出した記録(日記)が出てきた・・・。
平成2年(1990年)に山中湖・河口湖・相模湖デビュー、そして平成3年7月24日(1991年)に印旛新川で初ナイターを経験後(43p1枚のみ)、その翌月8月4週目だった・・・。


・亀山湖、三島湖へ初の遠征!!
 初日と二日目は亀山湖で竿を出した。松下ボートから舟を出して、通称竹薮下へ入って尺上の半ベラ(マブナとへらの中間に見える魚)を釣りまくった。純粋なヘラ鮒は6〜7枚程度釣れたが、いずれも尺二寸止まりで、待望の40pオーバーにはお目にかかれなかったのが残念だった。しかし、その引きはヘラ、半ベラ、マブナと全ての魚が想像を絶する強い引きをみせてくれ、0.8号のハリスではほとんど対応出来ない状況だった。釣り仲間の吉田君は40p級マブナの入れパクで、腕の筋肉が痛いとうれしい?悲鳴を上げていた。次の日は不調で35pクラス1枚のみ。

・三島湖初釣行
 国民宿舎清和に宿泊して、三日間の釣りの旅も最終日となった。二日間遊び半分でまともに釣りをしていなかった妻が、ここで爆釣を演じた。なんと、フラシ2つ分釣ってしまい、女の細腕ではとても持ち上げることが出来ないぐらい釣った。50〜60枚は釣っただろう。この日を境に妻は三島湖ファンになってしまい、不調だった吉田君は「一昨日の強烈なマブナの引き」に、すぐさま亀山湖ファンになった。

 
 思い起こせば、無意識のうちに『巨べら』を狙っていたのかもしれません。現時点(平成30年/2018年)27年も前でした。そして山中湖・河口湖・相模湖は今から28年前の平成2年がデビューでした。

 亀山湖に関しては、それ以来ほぼ毎年(2年か3年前に未挑戦の年が1回だけ)春もしくは夏に泊まりがけで竿を出すのが恒例でした。その間、夢は果たせておらず47pの壁を越えられずにおり、このまま夢を叶えることなく「亀山湖釣行は四半世紀」を迎えました。自身ではスレで51.2pを玉網に収めただけで、喰わせられたのは尺半がせいぜい・・・。何とも悲しい限りです。



 約15年前、2003年の8月のこと、野村ボート店内で見た衝撃50p

 飾ってあった「阪神タイガースの帽子の巨べら師」Hさんの持つ巨べらを見て、正直唖然としました。これを釣りたい・・・。絶対に!


東谷さん.jpg


13尺で9尺のタナ?/3年2組でマッシュとか・・・。凄いですね。


 当時、陸っぱり専門でベテランの常連さん、石原さんや星さんと知り合い、会う度にアドバイス等を頂き、さらにネットでも有名な?M井さんや、その相棒のMさんなどと知り合ってさらなる深みに・・・。当然全員が50pは普通に釣っている猛者なわけで、やはりにおいを感じました(笑)

 ということで、今年も当然夢を追いに「亀山湖」へ行きたい。
昨年は、9月14日から3日間の遠征も、超大型台風18号の関東直撃で初日のみの釣り。ちなみにこの台風によって、特別警報が運用開始後初めて適用されたもよう。

 同行者は私と羽さんと高橋君のいつもの3人組。20年来の釣り仲間「菊さん」は定年後別行動となり、遠征はもっぱらこの3人。台風恐怖症の高橋君とマイペースの羽さん。私は強行を申し出たが無言の却下。実際房総半島はかすった程度で、釣りは可能だった模様も、被害に遭われた方々にはお悔やみを申し上げたい。結果オーライだったかもしれない。

 さて、釣りの方は水戸を24時に出て、取手経由で寝ずに亀山湖到着。残暑が残るこの時期、ポイントは午前中日陰に入る鳥居島にて。減水が進んでいて、良い感じも、もじりは少ない。バスボートが出始めると魚っ気は消え、アタリも無い。

 早朝5時からの釣りも、一睡もせずに竿を出し動かないウキを見ているので、辛抱とか我慢の言葉が生易しい。おまけに暑いし、台風も気になるし・・・。


2013-9.14亀山遠征.jpg

元気な時間帯の高橋君


 3時間もエサ打ちすると全員ダレ気味。
突端の高橋君18尺、中央の私が16尺、奥の羽さんも16尺で全員マッシュベースの宙。19尺一杯の水深でタナは1本半〜4本まで探り、黙々と打つも「ジャミ」アタリしかない。羽さん以外は猛暑とノーアタリと睡魔で戦意喪失。昼寝を決め込む。


2013-9.14亀山遠征02.jpg

雰囲気は最高なのですが・・・


 泡付けもあり、サワリもあり、何よりへらの気配もあるが、さすがに辛抱強いと自負する私も、遂に15時過ぎからは、運転の疲れ、眠気、動かないウキを10時間も見れば心が折れかかる。15時になると公園のベンチで熟睡。

 そして2時間ほど仮眠して再開。
エサを作り直し、2本半のタナでアタリを待つも、寝付けなかったのでウイスキーをストレートで2杯以上飲んだので、酔いが覚めない・・・。
 そんな中、17時30分を迎えいよいよマズメ時。相棒2人はその前に心が折れてギブアップ。日の入り前に納竿していたのでした。結果は、本人曰く当然のように『オデコ』でした。


2013-9.14亀山遠征03.jpg

やっと釣れた1枚(玉網は42.0p枠です)


 17時40分過ぎから「ウキ」に変化が現れ始め、ついに「明確な」アタリを!
だが乗らない・・・。乗せられない・・・。
 やがて頻繁に動くようになるも、それと同時に日も沈み薄暗くなる。で、エサはもう無い・・・。諦めるか・・・と、最後の1投。その時、なにやら後ろで人の気配。道具を仕舞った相棒二人ではない。

 最後の1投で来たのがこの「小べら」の部類でした。


2013-9.14亀山遠征04.jpg

ここ亀山でこのサイズでは・・・


 後ろのその人はなんと常連のM井さんでした・・・。

 聞けば、後ろからもアタリがわかるほど明確なものでした。私は酔っていて、目も疲れていて、半ば心が折れかかっていたので微妙なアタリにも見えましたが、直前の見逃し含め明らかにへららしいウキの動きではあったと・・・。オデコを免れただけ良かったかもしれません。

459px-Man-yi_Sep_16_2013_0140Z.jpg

翌日の雲の状態

 宿泊先のホテル亀山城では、女将さんが明日の宿泊はキャンセル(無償にて)で良いですよ。との言葉を頂くも、後ろ髪を引かれる思いで翌朝早く帰路につきました。

 冒頭の15年前に野村ボート店内で見た衝撃の50pのへら師、実は一昨年「偶然にも」私の秘密のホーム釣り場でお会いしました。(2012年7月23日の釣行期参照)
 このほか、亀山湖でお会いしてから上野沼(茨城)でお会いしたへら師や、某インストラクターな方、千葉の北部手賀沼・印旛新川や、茨城なら笠間湖の話題含め、世の中は(巨べら釣りの世界)本当に狭いものです。今も昔も当然ですが、それだけヘラブナ釣りの世界、特に巨べら限定だとこのジャンルは『あまりにも狭い』のかも知れません。

 そして、やっぱり毎年でも行きたい亀山湖。

−2018.06.08(木)更新−


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 21:54| Comment(0) | 番外編/亀山湖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。