巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2011年07月01日

相模湖/上野原地区


期待を込めて天狗岩釣宿から!

 へら鮒釣り(巨べらに限らず)をされていれば、一度は必ず耳にした事があると思います。その釣り場の名は相模湖・・・。間違いなく関東では横綱級で「巨べらの宝庫」であり、その中でも上野原と言えば実は山梨県で、神奈川県相模原市藤野町から曳き舟で山梨県入りと言うことになります。ここは6月〜8月ぐらいに掛けて、浅場で釣れる場合もあったり、日並みによって深場で喰いが立つときもあり、年に数回の釣行ではポイントの選定がかなり難しい。だが、宿のご主人が前日までの釣況と、最新の魚探でのデータをもとに、最も確率の高いと思われるポイントへ舟を曳いてくれる非常にありがたい「巨べら」釣り場です。

sagamiko-2002.jpg

受付でこんなのを見たらたまりません・・・。

 1980年代後半、無謀にも日中の釣り(西湖・河口湖からの帰り道)でオデコとなり、1996年(平成8年)頃から数年間、ナイターにて『50p上を狙った』とても懐かしい釣り場。平成8年と言えば、記事を更新した2017年1月現時点で今から21年も前のこと。野球は詳しくありませんが、メジャーリーグで当時のドジャース所属の野茂英雄投手が日本人初のノーヒットノーランを達成したり、漫画家・藤子・F・不二雄が肝不全のため死去されるなどそんな時代でした。

 せこい話ですが茨城からだと、高速代や燃料代含め、本音は『お気楽』とは行かなかったが、とにかく釣りたい一心でシーズン中は複数回通いました。複数回と言っても数年間でたかが20回・・・。当時も今も、たった20日で尺半上が手にできるわけも無く、40上ですら2枚しか釣っていないのが現実でした。思えば、現時点(更新2017.01/20)でも尺半はそんなに出ていない模様・・・。

 
 甘いものではありません。
(最近の釣果)

         

http://tenguiwa.jp/herabuna.html



相模湖天狗岩.jpg

釣り仲間のK氏の釣果(巨べらは2枚)98年6月末




結局45p以上の巨べらは釣れなかった・・・

 上野原付近では、大曲り・のどっ首あたりが当時の有名ポイントであり、21尺〜13尺までで色々な釣り方にてチャレンジしました。その中でも特に島田沢や第2ワンドが好みでした。
 しかし、結局私には巨べらは釣れなかったのです・・・。当時42p〜が巨べらという個人的な思いもあって、ここへ来たならそれ以上は当たり前で、50p上は別としてもせめて尺半/45p上を・・・と、そしてここでは40pなど小べらである印象を強く持っていた。で、釣行前の淡くも熱い期待は、毎回・毎回打ち崩されていたのでした。


sagamiko-2001.jpg

1998〜2002年迄通いました・・・(初挑戦の釣仲間T氏・中央は相棒K氏)

 1998年(平成10年)時点では、マッシュの練り方も、使い方も解らず、そもそも使おうとすら思っていない自分が居ました。良くてセット釣り、もしくはじっくり両グルテン。思えばこれでは45p上なぞ「釣ろうと思って釣る」ことは出来ないですね。そしてまた偶然釣れたでは納得できない・・・、それが自称『巨べら師』の悲しい性なのかも知れません。

 何時かまた再び挑戦したい釣り場であることに変わり有りません。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 09:30| Comment(0) | 過去の釣行【pickup】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: