巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2018年01月23日

王座の修理


昨日の『大雪も』・・・


 先日20日(土)からは1年で最も寒い時期とされる『大寒』を迎えましたが、昨日23日(月)は関東も久々の大雪に見舞われました。
東京で20pOver、水戸も公式には19pとか・・・。
 昨日の夜は、水戸市内も乗り捨ててある車が複数台見られたり、立ち往生したり滑って軽い事故を起こす光景に遭遇するなど、皆さん慣れない雪に大慌ての1日でした。


2018.1.23.007.jpg
前日の17時に雪かきしておいた軒下の愛車もこの通り・・・

 本格的な寒さはまだまだこれからで、明日から朝は軒並み氷点下3℃・・・。2月3日の節分の頃が一番寒いのがこちらの陽気ではありますが、我が家も私の周辺も何事もなくヤレヤレ・・・です。

2018.1.23.008.jpg
庭の片隅、まともに雪が被らない位置でも概ね15pの積雪!!

 19時現在、今夜は既に残雪が凍り始めており、冷たい夜になりそうです。こんなのでは、週末が思いやられます。冷たい雪シロが入って、例え流川であっても「へら」は口を使わないかも知れませんね。



王座の釣り台・クランプ交換

 大雪で交通麻痺、運送関係が特に大打撃で、関西方面からの荷物は予定を大幅に遅らせての到着らしく、今朝届く荷物は今夜か明日の午前とか・・・。そんな中、注文していた(修理依頼)王座の釣り台が無事に予定通り届きました。
 栃木県佐野市の須永工業様が企画・製造・販売している『逸品』です。


2018.1.23.001.jpg
−20年以上は使った四代目に当たる王座釣り台−

 過去丸足を2台買って1台は使い古して廃棄、そしてもう1台はほぼ新品で後輩の「Y」君にプレゼント、その後標準タイプの角足を買って、その次にまた買ったのが「スライド足4本付き」のこの台でした。

2018.1.23.002..jpg
クランプが壊れてしまい使用不可だった「王座」 錆も凄い・・・!

 足の入り口の四角形の穴の部分がしっかり溶接(盛られています)されているタイプで、かなり堅牢です。推定92s〜97s前後もある私の体重を見事に支え続けてくれた台・・・。捨てるに捨てられない思い入れ・思い出があります。


2018.1.23.003.jpg
こっそり「ピラミッドマット」も購入しておきました。

2018.1.23.004..jpg
足のキャップも2本だけ付け替えました。(2個しか売っていなかったため)

その他の部品も疲れてきているので、自分で出来ることは自分で・・・ということで、今月一杯で修理&調整をしたいと考えています。ある意味、竿や万力や竿掛けより大切なのが釣り台であると・・・。なんせ、野釣り1本だと朝から晩まで四六時中、雨でも雪でも大風でも野釣り師はへら『台』に乗っているわけですから。

↓ clickで拡大 ↓

2018.1.23.005..jpg
交換していただき復活を果たした「王座釣り台」クランプ4つ全て交換!

 こうして良くみると年季が入ってますね・・・。
何社かのメーカーがある中、一番安定感があって堅牢な作りで、少し重い(アルミなので軽いと言えば軽いはずも他の道具も重いせいで)のは難点も、安心して使い続けられそうです。

2018.1.23.006..jpg
蝶番は何と無償にて位置を変えて付け直していただけました。

 5台目には「SUIZA」などのワイドバージョンのフルセット・・・か、王座シリーズでも950タイプ950×680o スライド前足2本(87cm〜140cmまで伸縮可)のサイドテーブル&竿ケース受けを検討しましたが、サイズと重さ含めて既存の台を直して使用することに決めました。安全性・安定性はもちろんのこと、持ち運びを考えたり、セッティングの時間や手間を考えた結果です。いずれはSUIZAのフルセットか、850×580oスライド足4本(75cm〜128cmまで伸縮可のフルセットを買おうと思います。とは言っても「体力と気力」と経済的な余裕が出たら・・・ということですが(笑)

 堅苦しいお話ですが、釣り台は安全第一ですし、セットが簡単が一番ですし、全てに安定感がないと私の場合は不安です。丸足は釣りの最中にズレたりズッコケたりの可能性が高く(何度かズッコケました)、やや不安。角足なら水底・地面にしっかり食いつきますし、良いことずくめ・・・。私にはサイズも丁度良く、補助テーブルと竿ケース受けに小型テーブルがあれば十分です。人それぞれ・賛否両論色々と事情はありますが、思うに、竿や竿掛け含む仕掛け以外の道具に1揃え10万円〜20万円、いやそれ以上を掛けられても、野釣り専門なのに「釣り台」にお金を掛けられない(節約すると言う意味)発想が個人的にはちょっと疑問・・・。へら台・釣り台はその位に大切な『道具』だと感じますし、そういう存在かなっ・・・と。今期は復活したこの王座のレギュラータイプ+オプションを導入して「フルセットで楽しむ」予定です。

 なお、修理の提案をしていただいた栃木の「Kちゃん」氏には、この場を借りて御礼申し上げます。2017年の春、第2ホーム釣り場に突然現れた「真」の巨べら師であるKちゃん氏。何と、王座の生みの親「須永工業」さんとは懇意な方でした。話も経験も全て筋の通った方でした。この春、第2ホーム釣り場で一緒に竿を出したい巨べら釣り人です。

 で、拘りのまとめですが、中古で買うより勿論新品で買うより、自分で使い続けていて思い入れのあるこの台、「型は古いが・・・」「シケには強い?」じゃ有りませんが、安定・堅牢・安全であってそこそこ軽いし値段も高くないし、オプションや部品も豊富で安心して使い続けられる台だと再確認した次第です。

 須永様、Kちゃん様、ありがとうございました。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 小物・仕掛け・拘り
この記事へのコメント
 私も王座20年目ですので、そろそろオーバーホールです。昨年、ネジは電話で注文して自分で交換しました。

 昨日は別なダムでワカサギで氷上解禁で行ってきましたが、帰りがホワイトアウトになり、運転が怖かったです。(汗)
Posted by 佐々木 at 2018年01月24日 10:55
なんか20年なんてあっという間というか・・・。
で、佐々木さんも随分年季が入ってますね(^^)
20年も使えると言うことで、本当に王道たるへら台だと思います。日本経済を活性化する意味では本来「新品購入」が望ましいのでしょうけれど、物を大切にする心意気も必要ですし、使うにしても買うにしても楽しみたいものですね。雪国の方が怖いというなら、私などフリーズしてしまいそうです(^^ゞ
Posted by big51 at 2018年01月24日 11:10
釣り台 高いよね(笑)

本当は〜もう少し安くしても儲け出るのですがね!

釣り台も高いけどパラソルも高いね(笑)


2月中旬〜釣りですかね!

オイラは3月1日〜ですね(笑)ギャハハハ

Posted by ケン at 2018年01月27日 08:31
今月は竿が出せるか解りません。初釣行は2月が濃厚かと・・・。ケンさんと同じく3月〜でも良いのですが、我慢できるかどうか(笑)

台もパラソルも機能性を求めたり、見た目(見栄を含む)やブランド?を無視すれば、いくらでも代用品はありますね。へらははまればはまるほど「深かく狭い」ジャンルなのである意味仕方が無いのかも知れませんね。
Posted by big51 at 2018年01月27日 08:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182221005

この記事へのトラックバック