巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2017年05月25日

千波湖情報凍結


今更ながら・・・

 やっと気がついた愚かな私・・・・。
ここ2週間、とにかく現在・過去を含め、遠方/近隣含む色んなへら師や巨べら狙いの仲間と仕事の合間、昼夜を問わず悩み語り合いました。結果、一番悪いのは『最初に情報発信した私』であって、撒いた種は自分で刈り取らないと・・・と言う結論です。


 現在、皆さんが知る通りに各地の野池、沼、ダムで『釣り場の巨べら化』が進んでいる一方、外来魚や環境含む様々なプレッシャー(場荒れまで含め)から、尺半級は多数存在していても『口を使いません』ね。で、言葉は悪いですが、「にわかの巨べら狙い」の一部が、『スレ』た『掬った』か何かは別として、実は喰ったのかも知れませんが、昨今のプチ巨べらブームに乗っかって過剰な情報発信で『釣り場を破壊』しているという現状があります。これは、千波湖に限らず様々なローカル釣り場に当てはまります。


バカ.jpg

 たかが20年前後の巨べら狙いの私も、昨今のSNSの便利さと怖さ、色んな意味で思い知りました。このままなら、若いへら師(20代〜40代)が我々の年代や、もっと言えば定年を迎えた頃には「釣り場が消滅」しているかも・・・と危惧します。
 何度も書きますが、茨城なら県央地区に限らず、野池の殆どが釣り禁止(立ち入り禁止)の現状。巨べらで言えば笠間の飯田ダムのような、本当の意味において難攻不落の釣り場は別として(実際釣れませんし、ヘラブナのアタリを見るのもほぼ奇跡的)、アクセスが比較的簡単で釣り座確保も簡単な釣り場、そこに尺半やら50上やら・・・と情報を出したらすぐにパンクするのは当たり前。

よって、今後の千波湖情報は凍結致します。


 誤解無きよう表現すれば、専門誌「へら専科」に掲載されたからではありません。例え、掲載されても大きな影響なく(とにかく浅いし、まず汚いし、ハクチョウやコクチョウは邪魔だし、春しか釣れないし、接岸しても尺半はスレが9割だし、何よりギャラリーが多すぎるし)、実際に1度か2度でも竿を出せば「人によりけり」も、もっと良い釣り場はあると言う結論になりますね。

 20年以上前に『週間へらニュース』に掲載され、確か野○宮APCと記憶しますが、全面釣り可能な(現在は湖面の半分が禁止)時代、都内の有名ヘラブナ釣り研究会?の例会が入るほど賑わいましたが、見ての通り現在は面影はありません。


 最近ならあの阿左美沼の一件、そしてちょっと古い話で言えば亀山湖の長崎、茨城で言えば「不動谷津」「上野沼」、そこをホーム釣り場として通った 面々、そして知る人ぞ知る・・・のローカルエリアは巨べら釣り師にとっては、あっという間に全国区?とまで言わずとも話題を呼び・人を呼び、そして魚もスレてハタキ中に常識外れの極太仕掛けで引っかき回されて大変なことになりました。

 こんなことを書いていますが、所詮は個人のブログですし。更に言えば見るのも去るのも自由です。共感できる出来ないは別として、情報発信する側のへら師(釣り師?)にはご一考いただきたいと節に思います。

 画像は、今期看板が変わったので掲載しますが、水戸市と管理協会が『ご協力を・・・』と目に付く場所に設置するも、一日釣りをしていると解りますが、相も変わらず20〜30人以上が毎日セッセとエサ(食パンを買ってきて与えているようです)をまき散らしています。鳥類に人間用の加工食品(食パンなど塩分を添加した小麦粉からの加工品は実は危険なエサ)を、我が物顔で与えている現状・・・。愚かとしか言い様がないのですが、危険性や看板設置の本当の意味に気がつかない面々は、今後もそのような行動を止めないでしょう。民度が低いと言うか、平和ぼけというか、バカなだけなのか、はたまた『日本語や漢字が読めないのか』は置いておき、マナーとかモラルとかそういう類いの最低限のことが理解できないようです。

 猛威をふるった鳥インフルエンザで、今年の3月10日前後まで「立ち入りの自粛・そして100%釣り禁止」だったあの『千波湖』。
のど元過ぎればなんとやらで、一般市民はルールを守らず餌捲き・・・。そして、一部のへら師(へら師という表現自体が怪しくも)も禁止期間に竿を出したり、情報を流したりと『愚民ぶり全開』でした。禁止釣り場や禁止区域・釣り禁止期間に尺半を何枚釣ろうが、例え50上を釣っても意味は無く、スレた尺半を喰っていたことにするような輩・へらと何かの合の子を巨べらと主張しちゃうような輩と何ら変わりません。

 愚痴が過ぎるのでこの辺にしますが、壊れれば二度と再び戻らない貴重な釣り場を自ら『荒廃させるような』情報発信は一切無しとすることに致しました。千波湖に限らず、その地元の長老含め、四半世紀ここで毎年春が来るのを楽しみにしていた常連の面々、地元の真面目な若手へら師(今や珍しい存在)の怒り・悲しみが手に取るように解りました。愚かな私をどうかお許し下さい・・・。

 とは言っても、過去記事を削除したりブログを止めるようなことは致しません。何故かと言えば、自信を持って真実を書きましたし、何より思い出だし、そして釣ったへらの型も数もデタラメ(口に掛かっていますし、平日の一人釣行や、一人離れて見えないところで釣ったわけでもありませんし、現認者無しの記録ではありませんから)では無いので、現時点ではそこは絶対に引けません。当然有名になりたいとか、人より目立ちたいとか、そんなことは毛頭無いし、ただただ無意味な情報発信は慎もうという事です。

 もしかしたら全て削除するかも知れませんが、本音を言えば五里霧中・暗中模索と言ったところでしょうか・・・。




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 21:12| Comment(4) | 第2ホーム釣り場
この記事へのコメント
不動も水が抜かれてしまったからね(涙)

近所の農家の人と釣り人のトラブルが多いからね!

ゴミ問題も有りますしね!

釣り禁止が増えてますね!

本で、紹介されてしまって来年が不安ですね!

本の影響力は大変ですからね!

Posted by ケン at 2017年05月26日 08:12
ちなみに〜あそこ!雨で少し良くなるかもですね!

土日〜釣っちゃって下さい!

オイラは〜暫く〜ヘラブナ見てないです(笑)
Posted by ケン at 2017年05月26日 09:21
忘れられない1枚【美形/尺半上/自己最高記録】を追い求め、今日も釣れない・明日も釣れないと・・・その積み重ねが『地元釣り場』ですね。誰の釣り場でも無いのは確かですが、ピンポイント情報含む特定可能な情報発信は慎みます。巨べら釣りが出来ない時代が来ると思います。確かに来年が不安です。今年も・・・。
Posted by big51 at 2017年05月26日 11:16
あそこは梅雨時期以降でしょうね。土日はどこかでナイターか、はたまた仕事になるのか、お付き合いで「海」とか先が見えません。私も暫くヘラブナを見てませんよ! 巨べら釣りってそんなものですよね。

歩くこと、探すこと、粘ること、全て人の後を追うのでは無く自ら・・・。専門誌や新聞やSNSからの情報は後追いですからね。(湖の件)

では!
Posted by big51 at 2017年05月26日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: