巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2017年02月16日

巨べら釣り場晒しB


湖沼は誰のものでも無い!


 何度も書きますが、川も湖沼も何らかの組織の管理下にあり、絶対的に釣り人のものではありません。誰のものでも無く・・・と言えば違うかも知れませんが、釣りが許されている場所は、誰が入ったって『基本先着順』です。

 今から約20年前、平成9年(1997年)5月18日(日)、その数年前に49.5pを仕留めた釣り仲間のKさんのお誘いで、初めての超大場所であり巨べら釣り場の北浦、当時はこの地域では一番の有望ポイント梶山の藻穴へ。
 この年、サッカー日本代表が「W杯フランス大会に向けたアジア第3代表決定戦」に見事に勝利し、忘れもしないW杯初出場(ジョホールバルの歓喜)を決めた年。

 期待から眠れぬ夜を脱して明け方から入釣も、タナ取りをしている時点で人の気配・・・。朝靄の中、見た目にも敵対心丸出し、危険な雰囲気を身に纏いながら近づく若い二人組。遠くからあ〜っ、くっそーぉ『あの野郎ら』俺のポイントに入ってやがる・・・。もう一人が、んじゃぁ、『どがっしゃぁべょ・・・っ』と大声で向かってきた。(どかしてしまおうかという意味)その威圧的態度は、よそ者がぁ〜っと言う印象でした。夜が明けた後から来たのに・・・。


北浦.jpg

高圧線の直下って、何処も一緒ですが何故か釣れませんか?

 背筋が凍る思いとまで行かないものの、当時30代の私も40代中盤のKさんも、エサを練る手を休めて実質臨戦態勢・・・。思えば若気の至りです・・・。何も無くて良かった(笑)
 実際に、お互いに手足が出るような勢いで迫ってきました。一人は力士並みの体型の若い衆で、その歩き方も言葉使いも『何とか上がり』の風貌で、便所下駄をカランコロンとさせながら、そして威嚇しながら我々の釣り座に迫ります。もう一人は威勢が良いだけの子分という感じか・・・。万一にも2対2なら、空手の有段者/元4回戦のキックボクサーのKさんと、当時は体力自慢の185p/90sの私なら・・・なんて、まじめにその気になったものですが、折角遊びに来ているのに不愉快になるだけと思い(痛い思いも嫌です・過去も今後も誰とも揉めるつもりはありません)、当然Kさん共々お互いそこをわきまえ踏みとどまります。
 で、あろうことかその二人、当然のように挨拶無しで、しかも不機嫌な顔をして、なんと我々の隣、概ね遠くて50p程度の距離で釣りを始める始末・・・これ実話です。

 誰々が口が軽いからこんなことになるんだ・・・のような会話をしていましたが、険悪な雰囲気の中、餌打ちから1時間弱、私が最初のアタリで46.5pを掛け、下ろしたての「朱紋峰 本造り19尺」を折ったのを見て、(折れた竿回収・へらも玉網に確保)皮肉にも場が和みました・・・。

 当時の北浦はポイントにより、ゴールデンウイーク明けに「50p弱」がそこそこ釣れていて、私にも「いきなり初アタリから尺半上」など、地元でもかなり有名でした。同行のKさんは、実際には2つ3つ隣町も、この時期は毎年竿を出していて、私を誘ってくれたのでした。


DSCF5709.jpg

真冬に実績がある巨べら釣り場。場所により真冬に温水まで入ります・・・。

 釣り場は誰のものでも無く、他県とかよそ者も何もありません。そして期待値通りのへらが釣れれば「人の口には戸は立てられない」わけで、本人は釣りたい一心で、紹介者は釣らせてあげたい一心で夜明け前から場所取りをします。当時はブログも無い時代でしたし、多くは携帯すら持っていません。人づてに巨べらポイントを知り、自分で試してチャレンジした時代です。何を言いたいか解らなくなりましたが、詳細ポイントを晒すのは良い悪いと言うことでは無く、今の時代で言うなら、ブログ主のさじ加減なのかと思います。ネットで釣果を見たなら、画像を見たなら『そこに行きたくなるのが人情』。私も同じです。

 と言うことで、今後も『ここぞっ・・・の』ポイント紹介は致しませんし、人づてに聞いて自分で試し、良い結果が得られても、人様に教えて頂いたポイントだけは晒すことは致しません。前回・前々回にも記載した通り、有名釣り場や有名ポイント、既に知られた釣り場は別問題です。有名だからと釣れるかどうかは別です。そして、あのとき釣れたが今度はどうなるかは未知数・・・。言えることは、不特定多数の釣り師が集まることによって、結局はゴミや駐車スペース含めて、釣りをしない『地元の方々』の迷惑・悩みの種が増えるだけかとも思います。なので、情報発信は必要最小限がベターだと考えています。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:01| Comment(0) | その他・雑感など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: