巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2017年02月13日

1日1寸?


コイは釣れたところがポイント

 昨日の釣り、それを振り返り雑感を・・・。
ホーム釣り場、最初のポイントで2時間以上ノーアタリ。そして移動してたった2投で60p級・・・。あえて取り込みませんでしたが(ハリスが0.6号だし、竿が心配だし、玉網も出していなかったので)、まさしく『釣れたところがポイント』であり、鯉釣り師なら喜ぶこと間違いなし。1匹でも釣れたなら、釣れる確率が高いしそこがポイントです。

コイは1日1寸!


DSCF5628.jpg

へら竿が心配になるぐらいに引きます・・・。


 へら鮒釣りにハマる前、よく鯉は1日1寸・・・なんて言葉を書籍や釣り場にて見聞きしました。意味としては、尺級サイズの鯉を釣ろうとするなら、10日通って1日1寸と言うほどの積み重ねが必要で、重みがあってそして他の魚と違って簡単に釣れない(難しい魚?)と言うニュアンスだったと思います。野ゴイは警戒心が強いし、上手く掛かったとしてもその引きはヤバイくらいに強いし・・・。まして、鯉が通るルート(回遊ポイント)を見極められなければ、釣ろうとしても釣れるものではありませんでした。
 私も、近所の川や湖沼での鮒釣りから入って、その後鯉を狙い、釣り堀も通いました。当時は買い取り制で、1時間500円だか半日1,500円だかは忘れましたが、釣り料金を支払って、釣れたら1sあたり幾らで買い取ってもらえました。上手く釣れば1日タダで遊べ、新ゴイ(私の地方ではシンゴイじゃなくアラゴイと呼びました)が入った後なら、当時中高生の私でも儲けまで出ます。

 へら鮒釣りに没頭して四半世紀をとっくに過ぎ、今更好んで「鯉釣り」は致しませんが、こんなに厳しいこの時期でも『鯉』は口を使ってくれます・・・。へら師の端くれとしては実に皮肉なものです。ただし、鯉狙いの釣り人を馬鹿にするとかそういう気持ちは一切ありません。なんの釣りでも何を狙っても釣りは釣り・・・。
たまたま私は『鯉に好かれている』のかも(笑) 

 昔の鯉は、まじめな話、にこんなに簡単にエサに興味を持ってくれなかったはずなのですが、エサメーカーの努力なのか、単に魚の(コイの)学習能力が無くなったのか・・・はたまた、魚影が濃くなりすぎたのか・・・。個人的には『鯉の魚影』は確実に濃くなっていると感じます。時には『ヒゲ』と揶揄され、「鯉太郎」「太郎ちゃん」なんて呼ばれたり・・・。川や湖沼などの淡水域では食物連鎖の頂点に近いし(外来魚を除けば)、食料として考えたとしても、釣りの対象魚として考えても淡水魚の王様なのではありますが・・・。

 また、昨日差し入れに来て下さった、石岡のTさんともお話しした内容で、我々の秘密の釣り場の現状と未来、そして釣りブログにおける『釣り場』・『ポイント公開』の是非と、近いうちに頭の中でまとめ、更新したいと思います。記事、そして内容によってはもしかしての『炎上必至』も、本音を書きたいと・・・。

ではまた。

以後順次古い記事を最新版に更新して行きます。誤字脱字含めて再チェック予定です。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 21:11| Comment(0) | その他・雑感など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: