巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2017年02月01日

ナイターについて


過去ログの整理+ナイター記事

 今日から2月です。
そう、あと30日もすればいよいよ巣離れ期待!
カウントダウンが始まったかのような気分であります。今週末も季節外れに温かくなりそうとの予報。今朝も寒くない。明日はさすがに氷点下3℃/日中8℃の予報も、土日は気温が上がるようで、ついつい竿を振りたくなる予感。

 さて、今日も過去ログ整理中。当ブログではナイターの記事が極端に少ないです。殆どナイターをしないから・・・です。ヘラも釣りたいし巨べらも当然、そのうち50上なんて公言しているので、やらない手は無いのですが・・・。

 大きな理由は、ナイターが出来る釣り場が近くに無い(開拓していない)のと、簡単な話『仲間が居ない』こと。ナイター好きな釣り仲間が居たらたっぷりと、どっぷりとハマっているかも知れません。20代〜30代は一人でもナイター挑戦、魚の動きが理解できていない時代は、それこそ無謀な朝までコース。




90S 北方の中沼 night-game.jpg

27年前の1990年・平成2年/北方の中沼での朝(ナイター開け)



過去にナイターを試した釣り場(古い順)


1.北方の中沼・・・・・・ 2回/36p前後1枚
2.印旛新川・・・・・・・・ 3回/40p前後複数枚
3.荒木根ダム・・・・・・ 1回/完全オデコ
4.相模湖・・・・・・・・・ 20回/40p前後複数枚
5.笠間湖(飯田ダム)10回/42p前後複数枚
6.那珂川・・・・・・・・・・ 7回/44p迄複数枚
7.千波湖・・・・・・・・・ 15回/45p級1枚のみ
8.ホーム釣り場・・・・ 16回/46〜44p複数枚
9.弁天池・・・・・・・・・・  1回/完全オデコ


※電気ウキ・ケミホタル使用で、日の入り以降3時間以上の釣り場

  一番通ったのは言うまでも無く『相模湖』で、次が飯田ダムを含む地元。いずれも巨べら釣り場だが自分自身の「尺半実績」が無く、釣れても43pまで・・・。千波湖・ホーム釣り場で尺半を複数釣った以外(千波湖は1枚のみ)はせいぜい42p止まり。
 ナイターデビューから過去27年間(2017.02月現在)で上記の釣り場以外は、印象が無かったか、忘れたか、またまた記録が無いか・・・。いずれにしても、ナイターの思い出は多いが実績が弱すぎます。当時から、いつかは亀山湖でナイターを・・・と思うも、縁がありませんでした。

 幸い、心霊スポット含めて真夜中にやっかいなものと『出くわした』事はほぼ無いが、相模湖で翌朝に土左衛門事件があったり、濃い霧の中でしかも牛水時に「白い着物」を見てしまったり・・・。笠間湖では深夜に狐らしき動物に遭遇したりと言った程度。

 なお、亀山湖はほぼ陸っぱりであり、深夜に着いたり、早朝(夜明け前)に到着して暗くなるまで、ウキが見えるまで粘りますが、ナイターはやっておりません。確か、ナイター禁止だったと・・・。
ただ、亀山湖で知り合った有名な方々の一部は、蚊取り線香を傍らに楽しんで折られたと記憶しますが(^^ゞ

 亀山湖では、猿の群れを何度も目撃し、『キョン』と言う奇妙な動物とも遭遇していますが、夜明け前と日の入り後にヒルとブヨにやられ、まいったまいったと言うぐらいでした。数時間のナイターでもっともっと釣れたとは思いますが・・・。

 ナイターの時は集中しているため、怖いとか寂しいとかはあまり感じない私ですが、『一番嫌なのは』なんと言っても人間でしょう。それも、釣りを目的としていない人。お互い挨拶は無いし(へら師やウナギ釣りなら挨拶しますから)、無言で近寄り無言で去られると本当に気持ち悪いですね。相手が複数だったり、仮に単独でも吞んでいたり、ラリっていたら・・・。そもそも月明かりも無いのに何しにきたのか不明だし・・・。で、それが女の人だったらなお怖いです・・・(笑)

 更に単独釣行だと何事かあったら『対抗手段』がほぼ無い。病気やケガも当然だが、相手が攻撃的だったりすると大変。腕っ節にものを言わせて・・・なんて事になれば、あまりに野蛮で無法であり、万一にも一線を越えたら取り返しが付かない事に・・・。そうは言っても自己防衛のためには・・・って事になりますが、趣味・遊びで事件事故に巻き込まれたり、足を突っ込むのは愚の骨頂。従って、近年は釣り仲間の『羽さん』とタッグを組んでおり、単独行動・釣行は意識的に避けています。体力や気力にも自信が無いし(笑)






2010 night-game.jpg
最近はこんな便利なアイテムが・・・。最後に使ったのが2年前か?


 巨べらに限らず、ナイター有利は良く理解しているつもりです。1月や2月でもナイターを楽しむ猛者の方も実在し、聞くところによれば霞ヶ浦水系でも話題です。大きさ云々は別としても『昼間』エサを追わないので、それはそれで有りです。

 私の場合、言い訳になりますが、最近ナイターをしていない一番の理由として、へら鮒との一連のやりとりが楽しめないから。ナイターは集中できるし、チャンスはあるし、アタリは取れるし、乗せられるのですが明るい時間帯でこそ、乗せてからのやりとり(魚の口が見えるまで)がたまらなく好きだからです。計測して撮影までの流れも然りで、例え満月の夜でも暗いだけで半減します。(それ以前に満月の夜は釣れたためしがないですが・・・)
 さらには、折角釣った魚が綺麗に撮せない。目が赤くなったり、ウロコが光ってしまったり、夜の撮影なので当たり前は当たり前も、釣った魚が綺麗に見えないのが一番辛いですね。まぁ、しかるべき時期にしかるべき場所で、そして50上狙いならそんなことは言っておられませんが・・・。

 以上、少し無理のある屁理屈でした・・・・。

 生兵法は大怪我のもと・・・。
浅い知識やうろ覚えの技術は、かえって危険なものである例え、戒めですがナイター釣りとはそんなものかも知れませんね。



※只今過去記事を更新中です※

↓ click ↓




↓ 更新箇所 ↓

・カテゴリ名 50pOver目指しA
・記事名  ナイターも視野にいれて・・・。


@画像を追加しました。
A記事内容を追記・変更・最新版にしました。

以後順次古い記事を最新版に更新して行きます。誤字脱字含めて再チェック予定です。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 11:30| Comment(2) | 更新した過去記事
この記事へのコメント
 初めまして
関西で大きいへらぶなを釣りたいと願ってる叡峰と申します。

 若い頃は、夕方から明け方までのナイターは昼間に使っている浮子で、当たり前にやっていました。
 トコロがいつの間にか、電気浮子やケミ蛍の浮子に代わってしまい、我々の照らし浮子での釣りは
大変迷惑がられてしまうようになりました。

 真っ暗の中、手元にランタンを置き
懐中電灯で浮子を照らして、昼間と同じ様に釣りができる。

 私達がナイターを始めた頃は、皆こう言う釣り方でした。

 釣果も、昼間とあまり変わりませんでした。

 でも今、この釣り方をしたら、大概の所でトラブルに為ります。
 たとえ此方が先着し、照らしで始めていたとしても、魚が散るから止めてくれって言われます。

 だから、遠出をして人の来ない所でしかできませんが、なんでこんなに遠慮しなければいけないのでしょうか。
 それに今まで釣ってきた中で、大きいへら(尺半〜50up)は、殆ど昼間に釣り上げています。

 わざわざ周りの見えない、釣れた時楽しみの口から水を吐きながらの見えない、つまらないトラブルの無い昼間にです。

 でも時々、夕まずめの続きで少しナイターしたい時が有るのですが、周りが電気浮子で始められると、仕方なしに帰ってきます。

 私は、自分の浮子は自分で作るんですが
ナイター用の電気浮子や、ケミを使っている人から、浮子の感度や微妙なバランス云々を聞かされる度に、笑ってしまいます。
 昼間に使う浮子に、あれだけ繊細な気を使っている人が、真っ暗の中ほぼ作者の気持ちを無視してのナイター浮子で釣りをしている。

 ごめんなさい、何が言いたいのか分からん様に為ってしまいました。

 ナイターより昼間の釣りの方が、大きいのが釣れて景色も楽しめてエエんとちゃいますかネェ^^
Posted by 叡峰 at 2017年02月01日 12:22
叡峰さんこんばんは。はじめまして。コメント頂きましてありがとう御座います。大変貴重な情報、感謝です。おっしゃる通りに「ナイターより昼」の方が個人的には大きいのが釣れています。そして、何よりも景色を楽しみ、小鳥のさえずりを楽しみ、口から水・・・のあの瞬間が至福の時ですね。

コメント頂いているのを知らずに、若干記事を書き直してしまいましたが、関東では(私の行く釣り場では)照らしは少ないのかと思います。唯一、千葉の荒木根ダムは50上feverのせいか『発電機』&投光器という凄い現場に出くわしてます・・・。勿論ダムの湖面はもの凄いことになっていて、我々はジャミすら釣れず・・・でした。当時、迷惑とか特に嫌悪感は無く、逆に心強かったと記憶しています。
ウキの件は、私としては電気ウキはどんなに良いものでもスルーです。ケミも最近は使っていませんでした。昼間繊細な・・・夜はナイターウキ・・・解るようで解りませんし奥が深いですね。只今勉強中です。またよろしくお願い致します。

追伸
関西は、あこがれの室生ダムや高山ダムなどもの凄い釣り場があって羨ましいです。競争率(場所取り)も激しいのでしょうけど・・・。

Posted by big51 at 2017年02月01日 17:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: