巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2017年01月22日

真冬の連釣も


今日こそ尺半と意気込むも・・・。004

 昨日に引き続き、ホーム釣り場最下流部へ・・・。
今日は相棒羽さんと二人。10時30分に現地着も、Tさん弟とOさんがすでに準備中。今日は、入りたいところに入れるも、昨日釣れたポイントに二人入っていてこれまた複雑・・・。まさか知り合いとはいえ、隣に入るのも悪いので、今日は上流50mで13尺を振る。お話を聞けば、この釣り場、昨日は全員オデコとのこと。アタリも無かったと・・・。私は39p級でも型を見ただけ幸運だったとつくづく・・・。


2017.01.22.000.jpg

昨日のポイントより5p位深くて、流れが緩いイメージ。

 程よい風と濁り、水温は10度と温かい。気温は8度程度でも汲み置きした水は冷気に晒されて8度以下・・・。竿も仕掛けもエサも昨日と同様。羽さんも13尺で外通しのドボン。

 10時40分からの餌打ちで、水深3本強を片キンで攻める。
餌打ち開始直後から羽さんにアタリ・・・。30分で2回ウキが動き、好スタートかと・・・。そして、11時25分に私にも初当たり。

2017.01.22.001.jpg

竿がヤバイ・・・早く止まってくれ!!(clickで拡大)

 穂先が引き込まれる強い引きも、どうやらコイの感じ・・・。30秒から40秒のやりとりの後に0.6号のブラックハリスを切っていった。随分と持ちました。その気になれば取り込めましたが、60p以上のコイなので好き勝手に泳いでもらって、ついでに切ってもらうことに・・・。

 その後は鳴かず飛ばずの状況で、12時50分過ぎに先釣者のお二人も撤退。ノーアタリでの撤退とのこと。羽さんもその後はアタリが無くて、この時間13尺から15尺に変更。

 水温は10.5度になっていて、気温も10.5度超えと風が無ければそこそこ温かい。水温は高水温であり、理由は上流の汚水処理場からの流水で高いのだと推測。こんな時期にも10度もあり、普通に考えて不自然な感じ・・・。で、相変わらず汲み置いた水は風に晒され約7〜8℃と冷たい。

2017.01.22003.jpg

竿が満月に!!/待望のへら鮒か・・・?

 15時23分のこと。満を持して遂に羽さんが絞る!! 
竿を絞りながら『食い上げだよ』『食い上げ!』とやや興奮気味・・・。一気に沖に伸されるも、何とか止まって竿が立った。そしてしばらくして両手で溜める・・・。遂に巨べらか? いやいや・・・そんなに甘くない。どうやら70p級の大ゴイの模様。ヘラ竿で取り込むのにはちょっと大きすぎて、一人で手に負えないので手伝って、コイには気の毒だが道糸を掴んでハリスを切った。


 そんな中、16時15分のこと、ハリスを這わせた中通しのドボン釣りに変更後、私にも久々のアタリ。2節しっかりと入って確実に乗せたが、何か『引き込みが強引すぎ・・・』と。

 40p級なのでハリスは持ったが、これまた「コイ」であった。


2017.01.22.004jpg.jpg

40p級とあってやたらに元気がいい・・・

 なかなか上手く行かないもので、今更移動も出来ないので夕まずめ勝負でエサを作り直す。この際今日も尺半は諦めて、情けないが40p級狙いだ・・・。配合はマッシュを抜いてわたグル+野釣りグルテンの柔らかめを少々。

 そして、16時33分のこと。日の入り間近で太陽が大きく西に傾き、気温も8度に低下・・・。そんなときにツツッと入ったアタリに、今度こその引き込み・・・。しかし、ブルブルした竿を伝わる魚の動きに『本命以外』を予感。案の定マブナで、昨日と一緒でいや、少し小さい「36p級」のやや色黒のマブちゃん。


2017.01.22.005.jpg

 ナイスファイトもマブちゃんでは納得行かない・・・。

 まいった・まいった・・・。これでキブアップ。
結局16時45分でタイムアウト。二人揃って『オデコ』の洗礼。今は真冬ですし、まぁこんなものでしょう。




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:47| Comment(0) | 釣行記2017年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: