巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2019年05月27日

3日間頑張りました。

2019年5月24日・25日・26日

釣行記 030・031・032
3連釣苦戦!

 先週も週間通して忙しすぎて1日まるまるの竿出し出来ずで、この土日も引き続いて午前中は釣り、午後からは仕事と多忙極まる中、コソコソと釣りをしていますが、何時もの如くにこの時期は結果が付いてまいりません。


2019.05.26..000.jpg
 素晴らしい環境の沼(今期初)

 金土日と立て続けに3時30分起床で4時〜5時には現地入り。金・土の2日間は相棒が仕事なので単独釣行。日曜日は久々にあの沼に出向きます。お気に入りの十五尺を継いで2本半の底釣り・・・。早朝はモジリもソコソコで、魚っ気もソコソコの中テンションをあげて6時間頑張るも、アタリ2回で轟沈です。結果はこの日もマッシュの不法投棄・・・。鯉もマブナもニゴイもギルも反応しませんでした。マッシュ餌の残りは「カニ」が処分してくれるようなイメージでした。(相棒はカニを釣っていました)
 当日は珍しく5人居ますが、全員『型』見ず・・・。という感じ。直近では釣り仲間のYさんが腹パンの美形尺半上を仕留めておられ、期待したのですが(涙)
 それにしても真夏日で、暑いこと暑いこと・・・。パラソル無しなら干からびるほどの暑さです。氷らせたペットボトルは1時間持ちませんから、8月中旬並みの猛暑でした。北海道が39℃とかですから、こんなものでしょう(笑)

 暑すぎて笑うしかありません。
梅雨にかけて又挑戦したい、そんな釣り場ではありますが、マナー違反のバサーが多すぎて残念すぎました。


2019.05.25..000.jpg
土曜日はホームで何と3時間ノーアタリ

 水が変わって期待のホームは、土曜日の早朝より。
日の出の頃は肌寒いも、太陽の角度が徐々に変われば、七月並の暑さです。梅雨明け前後の暑さも、湿度が低いので何とか耐えられる感じか。
 前日と当日は各所で小規模のハタキがあり、常連O氏はホソで5枚とか何とか・・・。尺半こそ出ないものの43p頭とか。現認していませんから良く解りませんが、それなりのポイントに入って餌打ちすれば、それなりに釣れたと言う事らしいです。アタリは数回あるも、乗りませんから『ジャミ』と言う事で自分を納得させて納竿です。
 真に1枚を楽しむ秘蔵の13尺の竿は、結局曲がることはありませんでした・・・。水位も水質も最高なのですが、魚が通りませんので、こんなものでしょうか。次頑張ります。


2019.05.24.000..jpg
−金曜日はで完全ノーアタリの洗礼(アオコ多発でヤバイです)

 と言う事で、3連釣初日の平日出勤前釣行は第2ホーム釣り場です。
しばらくへら師が来ていませんし、あれだけ虐められたこの湖も、閑散としていて釣り人は皆無。解放された新ポイントに入るも、水が悪すぎて躊躇してしまいます。お気に入りの15尺を継ぎますが、穂持ちまでべったりと付着するミドリの物体に釣趣が欠けるのは言うまでもありませんが、マブナやアメナマやカメ等の招かざる客すら無反応な平日の朝・・・。朝5時前から出勤時間まで3時間、漆黒バージョンと睨めっこです。ほぼノーアタリで8時前に納竿します。

 悲しい湖の釣りになりました。近隣の沼・池・川・ダム全て不調でして、水戸界隈はしばらく良くない状態が続きそうな予感でした。今月は1枚で終わりそうなそんな予感が・・・。忙しすぎて平日の出勤前も視野に入りませんから(涙)


【2019年・今期の釣行回数・釣果】
1月・・・4回・・・オデコ
2月・・・2回・・・オデコ
3月・・・11回・・・6枚(MAX44.5p)
4月・・・9回・・・ 15枚(MAX45.2p)
5月・・・7回・・・....1枚(MAX39.5p)

※延べ200時間(釣行日数累計32日)でヘラ「22枚」マブナ「40枚」




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
続きを読む
posted by big51 at 18:03| Comment(13) | TrackBack(0) | -2019年-最新釣行記

2019年05月19日

令和初べら

2019年5月18日・19日(土日)釣行!

 今日は2019年5月19日(日)赤口 [旧暦四月十五日] ボクシングの日、チャンピオンの日だとか・・・。と言う事で、WOWOWで日の出から「生放送」の井上尚哉の試合は録画で、ついつい竿を出しに行きました。帰宅後、じっくり観戦しましたが、井上劇場はやっぱり毎度凄すぎて・・・とあらためて。

釣行記 028・029
ハタキホーム連釣!

 先週は土日共に忙しすぎて竿は出さず。この土日も午前中は釣り、午後は仕事となかなか骨休めが出来ません。しばらく仕事はしたくないと思ってしまう程追い詰められていて、そろそろ野の尺半Overを拝みたいとホームで連戦です。

2019.05.19.002..jpg
 小規模ながらハタキ中(5回目か?)

 3時30分起床で4時00分には現地入り。1時間かけて釣り座を物色します。
相棒は仕事なので単独釣行です。モジリもソコソコで、明るくなってからは『ハタキ』が始まります。また、浅いところで水が澄んでいる場所には、5枚前後の巨べらの群れ・・・。先頭は50p級ですが、残りは45p前後か・・・。その他45〜55pのコイと遜色ないへら鮒も多数見受けられ、テンションが上がります。


2019.05.19.003..jpg

◇この日は十三尺で手前を狙います(約二本の底釣り)

 昨年6月は、このポイントで尺半超えの大型は出ずも、美形の40p級は複数枚釣っているため、欲ばらずに1.2号-0.6号で鈎はヘラ鮒スレ8号で勝負です。


2019.05.19.0002..jpg


−お気に入りの漆黒バージョンで!−

 餌は何時ものマッシュですが、フレークマッシュ徳用+1:1マッシュで、繋ぎに野釣りグルテン+野釣りグルテンダントツです。うっすらとピンクのマッシュエサです。エサ打ちは5時30分〜で2時間何も無し・・・。サワリもありませんし、気配も感じません。対岸で時折激しくハタキの音が・・・。

 そんな中餌打ちから2時間半経過の8時00分丁度、やっと「らしいアタリ」でヘラ鮒が喰ってきます。沖に走った後は大きな抵抗もなく重いだけ・・・ですが、玉網に入れるまでは油断できません。

(clickで拡大)
2019.05.19..0004jpg.jpg

令和初の『ヘラ鮒』です!


2019.05.19.006.jpg

カタチもサイズも今ひとつ・・・

 8時半には納竿しようと考えていましたが、こうなるとまたエサを作りたくなり、結局9時30分迄餌打ちしてしまいました。マブ2つ、スッポン1つ、コイが最後に掛かりましたが取り込めず・・・でした。
 その間、3回ほどのバラシ(完全にヘラ鮒と解っているだけで)で、腕の悪さを今更ながら思い知ります。仕掛けをチェックすれば、ハリスの巻き方が今ひとつであり、原因はわかりました。また、魚に対しての鈎の大きさも小さいと感じました。何しろ、エサがマッシュ餌ですし大きめのエサ付けですから、ヘラ鮒スレなら9号〜10号、去年使っていた鯉スレ10号でも良かったような・・・。
 9時過ぎには大風が吹いて、しかも東寄りのため潔く撤退しました。



 2連釣の2日目である今日「2019.05.19」は、早朝4時に出発して5時00分からの餌打ちです。前日よりもやや魚っ気無しです。ハタキも大人しくなります。昨日のような大風が吹く前に勝負を決めたいと気合いが入ります。
 竿も仕掛けもエサもウキも、そしてポイントも昨日と一緒。しかし、時間になってもヘラ鮒が顔を出しません・・・。
 昨日はウキの前や竿掛けの頭付近でモジリが出るなど、ヘラ鮒はここに居るよ!状態もあったのですが・・・。


2019.05.19.0005.jpg
強烈に引きこむのは『40上』のマブちゃん・・・。


 6時過ぎに相棒の羽さん登場で、右隣で十五尺を出しますが9時迄ノーアタリの洗礼です。竿が長いのか、オモリの大きな完全ドボンだからなのかは解りませんが、無反応で3時間経過とのこと。結果、私がマブ3連発+バラシ2回とさえない結果となり2日連続での早朝釣行でヘラ鮒は「泣き40p」1枚のみ。マブナは35〜40p級が5枚。羽さんは私が納竿した時点ではオデコ?(マブ1+鯉1のみ)別の場所で夕方から竿を出すとのことで、9時過ぎには解散しました。

 水位が安定して居らず、ハタキ後の回復もまだ先の様子で、今月末位からいよいよシーズンインという感じです。第2ホーム釣り場はへら師皆無。お気に入りポイントがようやく解放されたので、雨でも降った土日は是非とも・・・と。近隣の沼も池も川も状況は今ひとつで、ダムにしても相変わらず。不調はしばらく続きそうな予感でした。


【2019年・今期の釣行回数・釣果】
1月・・・4回・・・オデコ
2月・・・2回・・・オデコ
3月・・・11回・・・6枚(MAX44.5p)
4月・・・9回・・・ 15枚(MAX45.2p)
5月・・・4回・・・....1枚(MAX39.5p)

※延べ187時間(釣行日数累計29日)でヘラ「22枚」マブナ「40枚」




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 18:48| Comment(15) | TrackBack(0) | -2019年-最新釣行記

2019年05月07日

茨城のダムにて

2019年5月2日・3日(連休中)令和初釣行!

 今日は2019年5月7日(火)赤口 [旧暦四月三日] コナモンの日、粉の日、博士の日だとか・・・。
あっという間に10連休が終わり、今日から久々に平常営業です。暇でも無く・忙しくも無く・・・と言う感じでした。
と言う事で、忘れないうちに最新釣行記をUp致します。

釣行記(2019.05.02・03)026・027
減水ダム連釣!

 平成のラスト釣行はホームで1.5時間。亀に終わって帰路に着きましたが、今回は5月初釣行及び、新元号初釣行で『アタリ』が見られたなら儲けもののダムへ出掛けました。

 この連休中は当初、仙台のおんちゃん氏ももしかして・・・ではありましたが、確信も無く、おすすめできない(希に見る減水で状況は今ひとつ)ので、とりあえず単身でチャレンジ。と思うも、前夜にこの釣場をよく知るSさんに電話すれば、一緒に付き合ってくれるとのこと。Sさんは夜明け前から現地着。
 5時過ぎに私も到着するも、濁りが有りながらもへら鮒の気配が薄い。昨夜の大雨でも水位は回復には至らず、何も無いよりはマシ・・・って感じでしょうか。へら師もそんなに多く入って居ません。10名前後か・・・。
 Sさんと二人、無難なポイントにて餌打ち開始。竿は私が15尺、Sさんは16尺です。そして、水深は『ホーム釣り場・湖』と同レベルからやや浅いイメージ。水深が60p〜70pしかありません。濁りが無ければ『エサは丸見え』ですが、強めの濁りとゴミで辛うじて・・・って感じか。
 で、初日は10時頃にゴミが風で集まり、そこへ巨べらが突っかけるイメージも、ポイントまで30尺を振っても届かないって感じです。
 お昼に止めようと、Sさんと共に納竿。当然ながら『ノーアタリ』です(笑)
途中参戦のお隣『千葉県からいらした』シマノの白い高級バッグに赤い竿の方にポイント移動をオススメして帰宅です。

 翌日、5月3日(金)は3時45分起床で4時30分には現地入り。
相棒は仕事なので、当日もSさんと約束も、Sさんは対岸で私は昨日小規模のハタキが見られた付近にて15尺。
 濁りもまだ残っていて、少し期待できるかも・・・のような朝ですが、モジリは少なく、50pOverが出た日と違って『泡』もありません。厳しいというのは何時ものこと。


2019.05.03.002.jpg

久々の大減水です。今後記録的大雨があれば一気に好転か?

 ここでの挨拶は、釣れましたか?とか、何枚出ました?とか、そんなものはありません。毎度毎度、アタリ見られましたか?とか、何年ぶりにアタリを見たとかそんな感じ(笑)
 画像中央は、友人のSさんだが、とても年金生活者とは思えない容姿、そして充実した竿とウキと・・・。最近は中・小べらを楽しむ釣行がメインで、ここでは4年ぐらいは型を見ていないと言いつつ、黙々と餌打ちですが、すぐに飽きてしまい得意のおしゃべりモードです。お気持ちは良く解ります(笑) ここで、黙って12時間とか、6時間とか、流石にちょっと難しいですから・・・。


2019.05.03.003.jpg

話題の霞ヶ浦にも精通する水戸からいらしたへら師さん(右)

 餌打ち4時間何も無し・・・。サワリもありませんし、気配どころか周囲に魚の臭いが一切しないそんな午前中。11時30分過ぎ遂にSさんが降参です。しかし、この頃に我々3人全員にアタリが有ります。Sさんは消し込みだから『どうせスレ』と竿を仕舞いますが、私はこうなったら最終兵器の巨べら竿『9尺』で手前・ヘチ狙いと、「作戦変更」で16時迄には結果を出そうと目論み、当初の予定を無視して延長戦です。

 途中連絡から朝から参戦中の友人T田さん、そしてそのご友人の埼玉方面の方々含め、ウキの動きはかなり厳しいとか・・・。霞ヶ浦をよく知っている水戸の方が粘りに粘って竿を曲げますが、その他全員が『本アタリ』を見ずに納竿のようです。ナイター組みも思わしくないようで、こんな時期なのに『期待度』は口にも出来ないほど。巨ゴイは水面のゴミや岸の障害物にハタキ中・・・。しかし、産卵場所も無くハタキに入れないヘラがうろちょろ。水位は上昇中で、悪くないが・・・。それでも16時過ぎには画像のように土埃を巻き上げる『50上』が竿掛けの下を次々に回遊してます。陽の角度が変わった頃(お昼過ぎ)、は腹パンパンの50pOverが数匹とは言え行ったり来たり・・・。コレでは否応にも釣場に止まるしかありませんね。


2019.05.03.0040.jpg

少しずつ水位も上昇しています。もう少し粘るか・・・っと。

 こうなると、帰るに帰れませんから3回目・4回目の『追加』でマッシュを練ります。今回は笠間でお初『エビ入り』マッシュですから、マブでも半ベラでもオイカワでも何でも来いという強い気持ちで、やや『大餌』を打ちます。

 その後、アタリ複数回で心臓がバクバクも、やっと出た会心の・最強のアタリで(お手本通り・イメージ通り・教科書通り)まさかのオイカワ・・・。
 15時過ぎに釣り仲間のT松さん兄弟参上時は、何とアタリ4回/バラシ2回で、いよいよ帰れなくなります。T松さん兄にも残業を勧められ、16時過ぎに一度コンビニでニコチンと水分補給調達で床休めし、18時過ぎのラスト1投にモヤモヤからドカンっと2節「本日6回目のアタリ」を見るもエサ切れ・時間切れ・モチベーション切れ(気力も体力も)で、12時間の餌打ちに身も心もボロボロで竿を仕舞いました。


2019.05.03.005..jpg
意地を立て通し、蛍を付ければ良かったのか・・・?

 結果、2日連続でのオデコ。但し、手応えがあったバラシ2回と、現実に目の前を巨べら・超巨べらが彷徨いていた現実から、次回の荒れた天気の翌日か、梅雨時期の長雨の後、もしくは台風一過で・・・って時を狙って再挑戦を目論んでいます。記憶では38連敗?も、ここ直近4回の釣行で「アタリを8回も」見る事が出来ましたから、いずれにしても大きく前進ですね(笑)


【2019年・今期の釣行回数・釣果】
1月・・・4回・・・オデコ
2月・・・2回・・・オデコ
3月・・・11回・・・6枚(MAX44.5p)
4月・・・9回・・・ 15枚(MAX45.2p)
5月・・・2回・・・....0枚

※延べ178時間(釣行日数累計27日)でヘラ「21枚」マブナ「35枚」




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。