巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2019年02月28日

修理

2019年2月28日 平成最後の2月

 今日は2月28日(木)です。
乾蒸餅(ビスケットと読むそうです)の日・バカヤローの日だそうです。
昨年のこの日は最悪の日でした。仕事の失敗で偉い目に遭った日・・・。まさしくバカヤローの日でした。
そして、バカヤローとい言えば・・・。

お気に入りのウエアが・・・。

 先日、春になったら防寒と言うより、風よけに着ようと思っていた「ブルゾン」ですが、クリーニングに出したら『ロゴ』が見事に消えてしまいました(泣)
  お店からはドライじゃなくても、ロゴがとれるかも・・・と言われていましたが、仕上がりは画像の通り。



2019.02.28.000..jpg

◇背中のSHIMANOブルーが消えました◇

 胸のロゴも見事にクリーニング・・・。
うっすらと「残像」が残るのみです。シルク印刷で復活できますが、外注のため版だけで7,000円〜15,000円は確実。(2版・2カ所なので)
 そんだけ掛ける価値も無いし、予算もありません。


2019.02.28.001..jpg

生地は全く傷んでませんが、ちょっとみっともない・・・。

 クリーニング屋のオヤジさんに文句を言っても始まりませんから、こうなったら自前で何とかするしかありません。そのうち何か工夫するとしましょう。シマノのロゴをトレースして印刷して、文字を切り抜いて・・・と言う行程になります。
 もう一つは、昨年か一昨年に入手した最新の『軽量型防寒ウエア』。まだ3回〜4回程度しか着ていませんでしたが、先日の釣行時に暑くて脱いでキャリーに掛けておいたものの、横着して手持ちせずに引っかけたまま「キャリーを引いている」ときズレ落ちて「タイヤ」に絡んで、アスファルト上で引きずってしまい腕の部分に致命的な『穴』が・・・。


2019.02.28.002.jpg

肘の下ですからこのままだと破れます・・・。

2019.02.28.003.jpg

 魚は釣れないし、アタリも見られませんし、ウエアは破るし・・・と、ロクな事がありません。生地が生地なので掛けはぎも出来ませんし、どうせ釣り用具(ウエア)だし、野釣りでの防寒対策だけなので、アイロンプリントでも施そうかと早速準備を。

2019.02.28.005.jpg

 最近話題だった「フクロウ」だか「ミミズク」のデザインで、生地の色や全体のバランスからコレを選んでアイロンを当ててみます。


2019.02.28..006.jpg

まぁ、それなりになりました(笑)


 明日は金曜日、そして3月です。土日は天候が崩れるようですが、雨が降ろうと風が吹こうと「湖」にチャレンジ予定です。今期初べらを狙うべく、お気に入りポイントにて竿を出す予定です。
 昨日は、当ブログに書き込み頂いている「ケンさん」が、大変悲しい思いをされましたので、聞き込みをかねて・・・。もしくは、犯人が再び現れるかも知れないので、心して釣行したいと考えています。何かと物騒だし、世知辛い世の中になってしまっていますし、国民の7〜8割が好景気(マスコミが煽っているだけ・極一部の富裕層のみ実感?)を全く感じられないような世の中なので、せめて遊びくらいは何事もなく楽しみたいものです。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 20:51| Comment(6) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2019年02月26日

湖が始動!!

2019年2月24日 第2ホーム釣り場

 今日は2月26日(火)です。今月は既に2日を残すのみ・・・。時が経つのが何と早いこと。週末はもう3月ですから「春」ですね。そんな中、2月21日(木)のこと、釣り仲間の羽さんから興奮状態で連絡があります。すぐにピンと来ました。で、24日の日曜日、迎えに来てくれるとのことでした。

006 初挑戦で、またオデコ!


釣行記(2019.02.24)006

 9時過ぎに「羽さん」と東岸へ。先日スレながらも石岡Tさんがヘラブナを確認したというそのポイントを勧められ、その気になって竿を出します。で、羽さんは本命ポイントにて。釣り方はドボン。私は何時ものようにバランスです。

餌打ちは10時30分



2019.02.24.000..jpg

◇エサは工夫したつもり(笑)のグルテン◇
来月上旬に発売予定らしいです・・・。【野釣りグルテンダントツ】

 羽さん十三尺、私も十三尺、先日釣れたというポイントには何時ものTさん弟が、そして秋冬の本命ポイントにはSさん親子が既に竿を振っています。
2月だというのに6人も入る大盛況?ぶりです。


2019.02.24.001.jpg

ほんのりピンク色の奇妙なエサ・・・。

 エサは、工夫したつもりのグルテン類、鈎はヘラ鮒スレの8号を結び、真冬の釣りより気持ち強めに。巣離れして居るであろう「大型のへら鮒」に備えます。
 ニンニク臭とエビせんべい臭、それにさなぎ粉、いも・・・奇妙な色で有り、手触りにしても独特。この時点で、エサメーカーさんの配合は理にかなっていると改めて気がつきます。そう、結局エサのタッチにしても時間経過の変化にしても、違和感ありあり。
 餌打ちから一時間経過も、コイやマブナの攻撃を受けるどころか、何もアタリません。サワリません。


2019.02.24.002.jpg

お隣は昔からの知り合いのAさん 早速コイを釣っています。

 なんせ大好きなマッシュベースを今回も封印で、奇妙な両グルテンの釣りです。
13尺だと約1本弱(水深95p)を、共づらしのバランスで釣り。流れもないし、天気も良くて釣り日より。根掛かりも無いし釣りやすいのですが、こんな時に限ってウキが動くことはありません。
 まぁ、焦っても仕方ありませんから、気持ちに余裕を持ってのんびり・・・。水温を測れば「10℃」もあります。コレなら『巣離れ』は確実だろうと、初アタリをひたすらに待ちますが、エサ落ち目盛りが出てくるだけで、2時間経過もトップは魚の気配を伝えてくれません・・・。


2019.02.24003.jpg

打ち始め〜前半戦の風景(無風+ベタ凪)

 お隣もコイだけ、Aさんは9尺スタートで早々14尺に替えています。羽さんは得意のドボン(何時でも何処でもドボンですが)もノーアタリとのこと。

 この日、当ブログを見て下さっている方からお声がけ頂きます。途中、話が盛り上がって(30代・40代のへら師の方とは話す機会が無いので新鮮です)床休めです。2時間打って何もありませんから、良い床休め・・・。運転手付きなので、そしてこんな陽気なので、気分も良いのでついついアレを呑んでしまいます。最近なかなか見ない好青年で、業界のこともよく知っておられ、管理釣り場の話や、昨今の釣り師の現状など拝聴できて非常に楽しい一時でした。
(温かいコーヒーご馳走様でした。仲間の分まで恐縮です)

 そんな時、13時25分過ぎに『羽さん』が44p級を持って登場です。
雄であり、重量感もなく、カタチも何時ものここのヘラじゃありませんが、今期初のここのへら。そして、ここで過去45年初めて2月中に40上を釣ったと、思わず口元が緩んでます。

 羽さんおめでとうございます。

 尺半じゃなくても、抱卵した美人さんであれ何であれ、ヘラ鮒釣りなのでヘラ鮒を釣らないと・・・。


2019.02.j24.004.pg.jpg

尺半のハードルは高いです・・・。


 この日、結局バランス組みのAさんと私は「オデコ」、ドボンの羽さんと長老親子にT兄弟がドボンで型を見ています。で、ポイントも東はNGで北が良かったようです。地合いは14時迄で、小型を2枚追加した羽さんがダントツでした。
 スコープを持ち出して17時過ぎ迄頑張りますが、残念ながらアタリ1回(バラシ)、今回も釣果に恵まれることはありませんでした。結果マブすら釣れませんでした。
 改めて、野釣りは『ポイント』だな!っと痛感します。
魚の通り道なら、鈍感なウキで少々華奢な仕掛けでも、そして餌さえついていれば『型』位は見られるとの結論でした。35〜44p程度のヘラ鮒の釣り方として。

 強いグルテンエサ&小エサで小鈎で「細い仕掛け」に、じっくりドボンの釣りが正解のようです。私のようなポイント選定&釣り方ではなるべくしてなってしまった『オ・デ・コ』の3文字・・・。

 思い切り負け惜しみですが(笑)

−反省点−
1.魚が居ない・回遊ポイントじゃないのに粘る愚かさ。
2.自信の持てない変なエサよりマッシュを打てば良かった。
3.思ったポイントに自らの意志で入らなかった事。

【今期の釣果】
1月・・・4回・・・オデコ
2月・・・2回・・・オデコ

 2019年初べらは「3月2日か3日」に期待です。尺半じゃなくてもとりあえずは1枚欲しいところです。コレで6連敗ですし、何より3月になるのに未だヘラ鮒を釣っていない寂しさが・・・。
 まぁ、そうは言ってもあと10日もすれば、仙台のおんちゃん氏とも一緒に竿を振る予定があり、今から楽しみでなりません。この日出会った好青年へら師の方からも、とある『巨べら棲息地』のお話を頂きましたので、その雰囲気最高の『巨べら池』へでも出掛けようかと・・・。
 過去に笠間湖(飯田ダム)通いと、第2ホーム釣り場で春限定でご一緒する、S氏がその釣場で48pまで確認しているし、第3ホーム釣り場の猛者T田さんも昨年、その釣場で50上の記録を持っておられるので、今後は少し情報集めを・・・と。仙台のおんちゃん氏に怒鳴りつけられないように(笑)


※延べ26時間(釣行日数6日)でヘラ「0」マブナ「6枚」


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 12:29| Comment(12) | TrackBack(0) | -2019年-最新釣行記

2019年02月16日

ダントツ?

今週も竿出せず・・・


 もう2019年2月16日(土)です。

 今日は寒天の日・天気図の日だそうですが、この土日もまたまた釣りが出来ない2日間・・・。色々とあって今日も明日も釣りどころではありません・・・。そんな中、出掛けた先で偶然釣り仲間のO氏とすれ違います。昭和13年生まれなので、氏は良くも悪くも毎日が日曜日。早く第2ホーム釣り場で釣りをしたいと言い残し、元気にグルテンを買って帰りました。市内の「助川釣り具店」でのことですが、先々週グルテン系は調達したので、買う予定はありませんでしたが、女将さんがマルキューの『よせアミ』をくれると言い出します。売れ残りだが、真空パックなので問題無いとか・・・。折角のご厚意なので頂きました。
 で、野釣りグルテンダントツ?のお話をすると、全く知らない様子。ですが、早速発注してくれるとのことです。で、当然O氏も知らないのですが、想像するに「コイ」や「マブ」が寄って釣りにならないのでは・・・のコメントでした。

 野釣りグルテン・ダントツの事を知ったのは、正直ついつい最近・・・。当ブログにコメント下さる岩手の佐々木さんのフィッシングショーでの「試供品」の話題や、とある釣り仲間からの「エビ粉入り+にんにく+タンパク質?」配合のグルテンエサの話題、そして、マルキューインストラクターの伊藤さんのブログで画像を見ただけで、正直何が何だか解りません(笑)



2019.02.15.000.ダントツ.jpg

さなぎ粉を久々(25年ぶり以上?)に購入!


発売まで待ちきれないので!

 最近はネットも新聞も専門誌からも情報を仕入れておらず、本当に浦島太郎状態です(笑) また、情報通の「仙台のおんちゃん氏」とも訳あって連絡しておらず(体調不良含む諸般の事情)、人が多く集まる釣場にも出掛けないので、情報弱者になっています。
 しかし、いつかは出るのかと頭の片隅にあった「エビ粉」入りのグルテン・・・。しかもニンニクや動物タンパクも・・・。色は怪しい『ピンク』色とかで、なかなか独創的なエサかと。昨今、埼玉界隈では、エビ粉入りの食わせが話題だったと聞きますが、個人的には四半世紀前に存在していた、ピンク色の『浅麩』と言うエサを思い出します。ずっとマッシュばかりで、ダンゴ・バラケとは無縁でしたし、ダンゴエサの何たるかは全くの無知。しかし、思い起こせば亀山ダムでダンゴ釣りをしていたときは、浅麩で締めたエサで巨べら(と言っても44p迄)が出て居たように思います。当時はマッシュなど作り方すら解っていませんから、セットか両ダンゴで、バラケに鯉用の0909とか、日本一とか、上記の「エビ粉」入りバラケを使っていました。

 今はエビ粉入りはカルネバだったかガッテンだったか(両方使ったことはありません)で、存在すら良く解りませんが、今度のエサ(ダントツ)低活性時には特効薬みたいな印象なのでしょうか。早く試してみたくなりましたので、近いうちにオリジナルの「エビ粉入り」にんにくグルテンを作ってみます。

2019.02.15.001.浅麩.jpg

−画像左上の重くてバラケ性最強タイプ−(いつの間にか廃版みたいですね)

 平成1桁代の印旛新川では、ふまつげんのマッシュAリポビタンDで練ったり、粉末マッシュに赤ヘラに味の素とか、ベーキングパウダーとか、しまいにはカレー粉とか(笑)。実話ですが、コレで尺半を仕留めたことは当然ありません・・・。
 最近思うのは、個人的に探究心が大幅に減少し、色んな意味でチャレンジしていないこと。水戸に戻ってきた当初、那珂川や涸沼、北浦に霞ヶ浦、ここで巨べら(と言うよりも大型狙い)狙いの猛者達は「尺半上」は鯉と共に行動しているだとか、鯉と変わらない食性があるとか(エビを食べる)そんな話を良くしていたと記憶。
 また、最近では昨年2018年の夏頃、私のお気に入りのブログ(ODIさん)に、怪しいピンクのエサが紹介されているなど、正直昨年の夏頃から気になっていたところです。一昨年も、仙台のおんちゃん氏と「マッシュ」をミキサーに掛けて、α21とニンニク粉に、オキアミの粉なって入れたら面白いよね・・・。なんて話をしていたことを思い出します。次の釣行が楽しみになりました。


 こんな事を書いていると、昔あった「青べら」「黄べら」を思い起こします。黒べらは上級者のエサ、私は毎回「青べら」か、黄べらに日本酒+米ぬか、更にはフスマやニワトリの餌を混ぜたり破天荒な釣りをしていたように思います。当時はお手軽なグルテンエサは存在していないので、色んな意味で試行錯誤したようにも・・・。そんな探究心もないとヘラブナ釣りはより楽しくならないような気がしています。

 前回はグルテン1と5を買ってきたので、どうせ釣れないのだし色んな事を試してみようと(笑)
 そういえば、過去にはグルテン3なんてのもあった気がしますが、ご存じの方はおられるのでしょうか? 黄べらにしても、浅麩にしても、グルテン3にしても需要がないので淘汰されたのでしょうけど、エサメーカーさんも色々と大変な時代かな・・・と。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 17:18| Comment(6) | TrackBack(0) | お気に入りのえさ

2019年02月11日

五連敗!

2019年2月 5回目の釣行

先勝 [旧暦一月七日]建国記念の日、紀元節、文化勲章制定記念日、万歳三唱の日、干支供養の日だそうです。
一般的には三連休も、毎度ながら休めずに仕事をしているので、釣場へは出掛けておりません。
先週の釣行記を忘れないうちにUpしておくことにします。
釣場はまたまた「ホーム釣り場」真冬ポイントです。


005 今度こそも、痛恨のオデコ


釣行記(2019.02.03)005

 10時過ぎに「羽さん」から連絡を貰い、1月に月間15枚出たというあのポイントで竿を出そうとお誘いです。猛者・石岡Tさんも来るとの情報で、久しぶりにお会いできるのを楽しみに・・・。

餌打ちは12時41分



2019.02.03.001..jpg
◇竿は11尺です◇

 羽さん十三尺、私は十一尺、前日釣れたというポイントにはTさん弟が既に竿を振っていました。その対岸にO氏で、我々が打ち始める頃には石岡Tさんもおいでになります。こんな時期に5人も入る大盛況ぶり・・・。


2019.02.03.001.02.jpg

水温は11℃と結構な高温・・・。

 エサは、前日仕事中に買いに行ったグルテン類、鈎も7号を調達して真冬の釣りに備えます。7号(ヘラ鮒スレ)は今、250円ですが、私の買いに行く小売店は200円の定価設定(旧製品なので)で、そこから2割引いてくれます。ここでは、めぼしい商品は毎度在庫を全て大人買い?です。鈎は5年経とうが10年経とうが変化しませんし、どうせ使うので・・・。


2019.02.03.000.jpg

早く野釣りグル・ダントツを使ってみたいですね(笑)

 エサはマッシュベースを今回は封印で、久々の両グルテンの釣りです。
一年中マッシュの釣りですが、流石に四連敗ですし、両グルの羽さんは毎日が日曜日とは言え、15枚以上釣ったとのことですし・・・。意地を立て通してもヘラブナが微笑んでくれませんから、7号の小鈎に何時もより小さいエサ付けにて、11尺3本弱を共づらしのバランスで釣ります。
 底が悪くて根掛かり連発、流れればまた根掛かりと悪戦苦闘も、4〜5回のウキの動きを確認。15時迄にバラシ1回を含め、もしかして・・・・の期待。

2019.02.03.002.jpg

15時50分、羽さんの本式が『満月』を描くも・・・。


 この日もまたまた16時過ぎ迄頑張りますが、残念ながら本命は見られません。この日はマブすら釣れませんでした。羽さんもマブ(40上)のみで、この日は見事に散りました・・・。Tさんも残念ながらオデコですが、5人全員ヘラブナを見る事が出来ませんでした。管理釣り場ですらオデコとか片手とかでしょうし、完全野釣場でこの時期に「型」を見るのは至難の業かも知れません。

 と言う事で、前回に引き続いてまたまた二人揃ってオデコです(笑)


−反省点−
1.沖狙いをすべきも短竿で通してしまった。
2.心の底から「釣ってやるぞっ」の気合いがなかった。

【今期の釣果】
1月・・・4回・・・オデコ
2月・・・1回・・・オデコ

 やはり2019年初べらは「叶いません」でした。
あと10日、いや2週間もすれば今よりは状況がマシになるかも知れませんね。この3連休は随分と冷えましたし、大雪注意報が発令されるなど、多くは流会とか、自宅待機とか、完全休業のへら師の方が大多数と予想しますが、個人的にはこの3連休で随分と仕事も進んだので、月末が楽しみになります。ひな祭りの頃は、湖(第2ホーム釣り場)に繰り出しますね。


※延べ20時間(釣行日数5日)でヘラ「0」マブナ「6枚」


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
続きを読む
posted by big51 at 18:20| Comment(4) | TrackBack(0) | -2019年-最新釣行記