巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2018年12月31日

様々な刺激


ありがとうございました!


 今日は2018年12月31日(月)大安 [旧暦十一月二十五日]
大晦日、大つごもり、年越し、New Year's Eveです。

※【大晦日,大晦】 1年の終りの日。
年越し蕎麦を食べる習慣は江戸時代中期から始ったらしいです。
元々は月末に蕎麦を食べる習慣があったも、大晦日のみにその習慣が残った。
年越し蕎麦を残すと翌年金運に恵まれないと言われる?


 今月29日〜来年7日に掛けて、やり残した作業(仕事)が複数で、現時点では正月休みも「元旦と2日」しか完全休業とならず、悲しいことに?納竿も釣り始めも全く視野に入りません・・・。
 最近は何か達成感のようなものも無いし、追い詰められて日々を過ごしているようで、苦しいというか何か楽しくない。毎度マイナス発想はダメと解っていても、人間そう簡単に強くはなれないようです。
 そんな中、昨日は取引先の所長(休みなのに感謝です)が私の「我が侭」も年末年始に使う仕事の材料(印刷用紙)を届けてくれ、世間話やら仕事の話含め、勉強にもなり、そして何か楽しい一時でした。私よりもっともっと厳しい環境・立場・忙しさ・・・。で、自分はなんて甘いのだろうと。そして、その後は釣り仲間のY氏から連絡があり、近隣釣り場のお話を聞きました。Y氏も昨日まで仕事で「竿」は出せていないとのこと。その中で氷を割っても釣りが成立する(出れば尺上?)と言う県内では珍しい釣り場の話や、先日亀山ダム含む房総の有名へら鮒釣場へのドライブ等(竿は出せなかったらしいですが)、色んなお話が聞けました。


 さて、それはそれとして今年の思い出として、一度もへらを釣っていなかった某所での釣果、唯一の1枚。非常に印象深いです。型は40pに満たない中型も、過去においてへら鮒自体を釣った事の無い釣場。環境は非常に厳しいですが(へら師は殆ど見かけることが無い位)諦めずに通えばそれなりに結果が出そうな、そんな釣り場。来期は是非とも釣行回数を増やしたいと考えています。50神が微笑むとすれば、もしかしたらここなのかも知れません。

『楽しんでいる』感じも満載?

↓ clickで拡大 ↓

2018.04.28.001..jpg
釣り仲間/地元のY氏 刺激的な釣り場でした。
※某釣り場にて・・・釣り場は秘密の釣り場です(笑)



 そして、今年2018年(平成30年)思い出に残る1枚は・・・。
今期は尺半は1枚も仕留めることが出来ませんでした。年間を通し42.6cm(ホーム釣り場)がMAXでしたので、大変不満が残る1年でした。平成31年(2019年)は5月が無いので、4月までに何としても平成最後の尺半Overを目指したいと・・・。
 ここには確実に相当数の50上は存在しますし(喰わないだけ)、何より近いし、チャンスはあると踏んでますが、釣行回数もそうですが、何よりもタイミングも合わず、そして腕も追いつかずで、今度こそ(今年こそ)と何時も思っています。

『7月の第二ホーム』

サイズはやや細かいのですが・・・。

↓ clickで拡大 ↓
2018.07.07.000.38.0.jpg
38pに届かない?中型のへら鮒ですが、大変美しく感じました。
なかなか「刺激的」な魚体でした! 釣行記No.024・025にて

 残念だったのは、天国釣り場だった「第三ホームの完全オデコ」と、笠間の「飯田ダム」での空振り。そして地元「那珂川」での再チャレンジが果たせなかったこと。特に第三ホームと勝手に名付けた釣り場は、終わってしまったのかの如くで、相棒の羽さんも型を見ませんでした。多分、TさんもHGさんも空振りだったと・・・。そんな中、名手T田さんはしっかりと型を見ていますし、2018年も尺半Overを複数獲っていますから、上には上がいるという現実を見ました。やはり、何よりも釣行機会を増やすこと、通うこと、開拓すること、工夫することが大切ですね。




 最後に、釣りには全く関係ありませんが、今年平成30年(2018年)にもう一つ大変刺激的な出来事として・・・。

身長193pの平成の暴走王
↓ clickで拡大 ↓
小川直也選手2018.12.23.jpg
 
やはりただならぬ「オーラみたいなもの」を感じました・・・。


 格闘技好きの私を招待してくれた、N社長(仕事仲間)には感謝です。仕事の合間に1時間だけ時間を作り、お誘いを受けましたので出掛けてきました。とある大会の会場ですが、主催者の代表者さんの許可のもと「思い出になる」1枚を・・・と言う感じでした。今夜も年末恒例の格闘技が中継されますが、小川直也氏が活躍されていた時代(PRIDE・PRIDE男祭り)が今更ながら「楽しく面白かった」し、大変刺激的でもありました。当時の格闘技において「3試合で1億円」が安いのか高いのかは想像も出来ませんが、1つの時代に柔道+プロレス+格闘技と活躍していた事実は動かしようがありません。


「新しい刺激=はじめての経験」は脳を活性化するらしいです。
来年2019年も巨べら狙いで大いに楽しむ予定です。脳内ホルモン?のドーパミンを沢山分泌できるように(笑)

 人間は、釣りをしようがしまいが、そして巨べらだろうが、普通のへら鮒だろうが、遊びであれ・仕事であれ、もしかしたら「常に刺激を求めてこそ」生きる意味があるのかも知れません。


へら鮒釣り(巨べら)においては、


釣行前夜の、よし『頑張るゾ!』
モジリを見て『期待感』に興奮!
アタリが出て「嬉しいなぁ〜っ」
「本命」を乗せて『やったゾ!』
そして「素晴らしい魚体だっ!」


 いずれも自己満足でしかありませんが、今年も1年間コメントを下さった皆様、釣り場でお会いした皆様、本当にありがとうございました。

よいお年をお迎えください。




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 10:57| Comment(4) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2018年12月24日

ホームにて

あいにくのも何とか型を・・・。
 今日は2018年12月24日(月)クリスマス・イブです。
世間では3連休?のようですが、22日・23日・24日と今日も自由な時間が無く、年末ならではと申しましょうか、いつものことと申しましょうか、身動きが不自由です。そんな中、前回更新の通り『4時間だけ時間を作り』ホーム釣り場へ参上致しました。気温は低くありませんでしたが霧雨・小雨の午後です。風は穏やかで体感気温はやや高め。コレを書いている今日は、北風も強いし日陰は冷蔵庫の中のような印象の一日です。

035 9℃の2ホーム(川)にて・・・


釣行記(2018.12.16)035

 2018.12.23(日)、午前中まで仕事をこなし、12時過ぎからホームに向かいます。当初、湖予定も「午前中一杯」水戸ベジタブルマラソン?とかで、大勢のランナーの方が湖畔を走っているので、川(第1ホーム)に変更です。
 釣り仲間のHGさんと羽さんの車が見えましたが、駐車スペースも未確認でしたし、何より怪我も治っていないので道具を下ろすのも無理と判断。暫く釣果が無かったホームの真冬ポイントへ・・・。


近くには誰もおらず・・・。

 釣り場には誰も居ません。携帯で、HGさんに連絡を入れれば、今日は下見だそうで、羽さんの釣りを見学中とか・・・。お昼過ぎに私の入ったポイントにわざわざおいで下さり、しばし釣り談義。今期は好調との話をお聞きする。色々工夫され、他のへら師よりも成果を上げておられる模様です。
 釣りは今回も準備が悪くて?、そして何時ものようにのんびりと始めます。餌打ちは「12時30分より」。


2018.12.23.000..jpg

思い切って21尺を継いで、1本ちょっとに設定した苦手のドボン釣り。

 この日13時〜16時の間で水温は平均9℃(無風&ベタ凪でした)と、へら鮒釣りとしては十分な水温。時間が時間なのでモジリや泡づけはありません。流れも強めでへら釣りにはちょっと厳しめ。
 そして浅瀬は活性が良いのか鯉がチラホラ・・・。



2018.12.jpg

鏡のような水面ですがウキが見えません・・・

 毎度おなじみの仕掛け(道糸1.2号/ハリス0.6号)、ウキは茅ウキでパイプトップの大きめなものです。鈎は何時ものヘラ鮒スレですが、この時期は流石に8号まで落とします。バランスオモリ+外通し(0.5号)でやや上流めがけて餌打ちします。で、流れでシモり通常のウキでは持ちません。タナが無いのに21尺、流れ+曇り空で、対岸の芝や砂利が映り込んでトップがよく見えません。
 少しでも深い所を探って、ウキ下をいじり回して餌打ち開始。常連のHGさんの的確なアドバイスでポイントを設定し、マッシュ系に強めのグルテンを配合してみた共エサ。「強めの初アタリ」を待ちますが、ウキは簡単に『動きません』・・・。


2018.12.23.001..jpg

ノーピクで約1時間経過です・・・。(水温9℃キープ)

 HGさんの次にはKMさんが下見に来ます。この秋はここで42p前後を仕留めておられ、更にこの釣り場の実質のレコード保持者。数年前に48pOverを手にしています。私自身も、かれこれ四半世紀ここの水域で巨べらを狙っていますが、どうしても47p止まり・・・。釣り場の主の羽さんですら48pは手にしていませんから、ハードルはかなり高めです。



そして13時50分

2018.12.23.002..jpg

◇待望の初アタリは食い上げ!◇

 HGさんとKMさんが帰ってまもなく、13時50分の頃、そろそろ『本気タイム』に突入か(集中が途切れる前という意味において)と言うとき、ボディまでの食い上げで尺上のマブ・・・。

 幸いにコイ等含む外道・ジャミには悩まされることはありませんでしたが、ウキが動きませんし「この日もオデコを覚悟」します。
 そんな中、羽さんがノーアタリで納竿して私のところに様子を見に来てくれました。羽さん曰く昨日はTさんも来ていたとかで、この対岸で竿を振っておられたとか・・・。シーバスのシーズンオフ?で、へら鮒釣りに戻ってきたようです。

 そんな話をしながら(雨の中ご苦労さまです)羽さんは納竿まで付き合ってくれ、片付けの手伝いまでして頂きました。(何時もながら感謝)
 二人での会話中、3回ほど「食い上げ」に近い動きや、明確にウキが動くも、21尺で浅いポイント+道糸もフケていますし、単に下手なだけなのですが、旨くアワセが効きません。良いアタリの空振り3回でもはやコレまで・・・か。

 霧雨は意外と濡れるもので、ノーパラソルだったのでウエアから水がしたたるイメージ・・・。パラソルを持ってこなかったことを後悔も、15時50分を過ぎてきたため諦めムード満載です。

迎えた16時00分
 そして最後の1投/ラスト一投で「明確」な食い上げアタリ!
『沖でゴツン』と止まり、竿が満月です。暫くヘラブナを釣っていないので、半信半疑も、大型外道のような下品な引きではありません(笑)
 マブの独特な絞り込みとも違うと言うことは・・・。


clickで拡大
ウロコ1つ剥がれていませんでした。

2018.12.23.0040..jpg

やりました! オデコ脱出・・・。

 マッシュ系の共エサから、喰わせに「いも+激グルにんにく+α21少々」を別に作り、更に元エサと合体させて丁寧にエサ付けしたのが良かったのか、はたまた単に時間帯が良かったのか、1枚だけなのでなんとも言えません・・・。

clickで拡大

2018.12.23.005..jpg

40pに足りない「へら鮒」です・・・。まぁ、それでも贅沢か?

 何とかへら鮒を釣ることが出来まして、過去に書いていたように、尺半じゃないとヘラじゃ無いとか、つまらないとか、そういう意識が消え去っていることに気がつきます。相棒の羽さんも何時も言っていることですが、尺前後を10枚〜20枚と釣るなら、40p前後を1〜2枚見られれば、その方が楽しい。尺半(45p上)はこの界隈では特にこの時期には偶然性や幸運が無いと無理・・・など、妙に納得するコメントを頂きます。

2018.12.23.006..jpg
解散後、車に戻ってから一人で乾杯!(エナジードリンクね)でした。

 最後の1投で釣れることはたまにありましたが、今回は冷たい雨の中と言うことに加え、真っ暗になるまで粘る気力も無かったため、実釣3.5時間も「この1枚で満足」でした。もう少し大きいのは「次のお楽しみ」と言う事にしておきます。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 18:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣行記2018年

2018年12月22日

ラストチャンスか?

一般的には3連休・・・?
 今日は2018年12月22日(土)です。
友引 [旧暦十一月十六日]◇冬至◇酒風呂の日だとか・・・

 二十四節気のひとつで一年中で最も日が短い日。
冬至は「日短きこと至〔きわま〕る」という意味とのことらしいです。
 日短きこと至る〜
とは一年で一番太陽が出ている時間が短い日ということ?
ゆず湯に入りかぼちゃを食べれば風邪をひかないとか・・・。

 さて、昨夜は忙しい中、友人・知人(同業・馴染みの関係者)と忘年会。今回も午前様にはなりませんでした。バブル時代や好景気の時代の話題含め、昔話もやはり楽しいものです。実質2時間程度でしたが、中生1つに熱燗4合、和食を頂きながらあっという間に時間が過ぎ去りました。超多忙の中で3週連続なので、流石に肝臓が悲鳴を上げているように思えてきたりも致します。

 で、毎度の愚痴ですが有難いことに年内にまだまだ15〜20件以上の仕事(印刷・製本その他データ入力/製版作業)をこなさなければならず、この3連休は当初から全て仕事の予定ですが、正直に言えば「流石に明日は竿を出してみたい」そんな陽気らしいです。
 明後日から年末は『最強寒波』の予報もあって、釣りは100%断念と考えていますから尚更・・・。そして明日23日(日)は、午後から天気が崩れるようですので・・・。

2018.12.22.000..jpg
明日の夜からは北風が強まり、寒気が流れ込むとか・・・。

 冬至を過ぎましたので明日から日照時間が増え、日没も少しづつ遅くなってきますが、寒さが本番に差し掛かります。この冬のチャンスは明日しかありません。
ただ、怪我の回復がままならず、年末で家事もソコソコ忙しいので自家用車の独占も出来ず、今回も女房殿に無理を言って釣り場へは送迎付きの予定です・・・。いつも同行して頂いていた羽さん(釣り仲間)も、私の怪我や仕事絡みの事情を察してか、先日もう「今年は釣行無しで・・・」と。従って、今回も単独釣行となり、もろもろの事情からも、夜明けからとか・朝一番というわけにも行かず、アタリの有無に関係無く、納竿時間も事前に決めなくてはならないような『不自由な釣り』になってしまいそうですが、感覚的には今期の最後の釣行になる感じでしょうか・・・。
 平成最後の冬の巨べらを狙いたいものです。釣り場は難攻不落の第2ホーム釣り場か? もしかしなくても「今期はラストチャンス」かも。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 19:50| Comment(3) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2018年12月19日

気力・体力限界も・・・


腹は立て損?


 お客様の気分を害してしまったこと・不便をおかけしてしまった事は、深く反省しなければなりませんが、今から4ヵ月前に納入した物件で「大クレーム?」で正直凹んでおります。
 複数回の校正とご説明+ご提案、お客様の指示に従い、色やサイズや含め本番前にGoサインを頂いてからの作業と納入。しかし、今になって『どう責任を取るのか』的な電話が・・・。
大恥をかいた・国の仕事なのにどうしてくれるのか・・・。
 打ち合わせ+メールでのやりとり、そして了解を得てから作業しました。結果こちらの非も「0」では無いにせよ、1週間後・1月後でしたら対応のしようもありますが、3ヵ月以上経過でこんな事になるとは、よほど日頃の行いが悪い(私)のか、色んな意味で「気力が失せ果てて」しまいました。腹は立て損・喧嘩はし損といつも心に留め置いているのですが・・・。

 仕事も年内無休としても、残り20件OVERで、体力含め限界を超えてきておりますが、そんな中こういうのを眺めますと多少でも気が紛れるというものです。

2018.12.19.001..jpg
シマノからの郵便物!


2018-2019のカタログ!

目玉商品は、スパイラルX-core-のようですが、デザインも握りも設計も強度も大きく心を揺らすものでした。今すぐには購入できませんが・・・(笑)

 いずれ・・・と言うのも、こんな状況の今時点では「正直」少し微妙な感じではあります。


2018.12.19.002.jpg
朱紋峰が次の世代へ・・・。


 さて、朱紋峰蘭水・蘭馬の後継のようですが、全ての面でこの竿が勝っていると勝手に思っております。私のような貧乏人には結構な値段ですが、開発費用・生産コスト・流通量からしても仕方ないのかも知れませんね。そうは言っても、それなりのショップでの実売価格はもしかしたら、2割5分引き前後なのかも知れませんね・・・。

2018.12.19.003..jpg
独歩テイストの握りと紋竹の段巻きが渋いです。

 また駄文を書きましたが、硬式先調子のとらえ方は十人十色ですし、私自身が竿を評価できるだけのスキルも知識も無いので、あくまでも見た目の印象でした。そして、朱紋峰シリーズは暫くご無沙汰(記憶では攻の11〜17尺のあとに蘭水15尺と本造り19尺のみ)でしたのでカタログ到着で非常に気になりました。

 出るか解りませんが、個人的には「普天元」の3代目が非常に興味があったりします。早く借金を返して、その時のために貯蓄も視野に入れねば・・・なんて思っておりますが、コレばかりはどうなりますことやら。

 冒頭の件、金額の問題では勿論ありませんが、蘭月の7尺も買えない程度の額です。数百万〜ならいざ知れず、商売替え出来るのならそうしたい位に悔しく悲しい出来事でした。対応や事の流れに対し「自分に腹が立ちます」が、30年以上も商売をしていれば、年に1回や2回は危機的状況ってのもあります。乗り越えなければならない壁の前で、気力と体力を温存すべく今夜は早めに寝ることに致します。

 また、先の大怪我?の回復もまだまだで、思うように指も動きません。運転も女房に頼むような状態です。釣りも満足に出来ませんし、今やれることをしっかりやり遂げるしか無いと言い聞かせます。

 平成最後の年末、色んな事がまだまだ控えています。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 19:06| Comment(4) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2018年12月17日

12月初釣行&失態

気温7℃で3時間頑張るも・・・。
 今日は2018年12月17日(月)先負 [旧十一月十一日]で、ライ
ト兄弟の日、飛行機の日、安全の日
だそうです・・・


 激務と言うより荒修行というか、何か前世で悪いことでもしたのか、金曜日から月曜日に掛けて37件もの作業(生産性の無い作業+雑用含む)で何もかもが一段落せず、頭がどうにかなりそうな中、何とか竿を出せました。(笑)
 前回の釣行からかれこれ3週間ぶりで、釣り場は再び「苦戦必至の」第2ホーム釣り場。

034 気温7℃の第2ホーム(湖)・・・


釣行記(2018.12.16)034

 釣れても釣れなくても、アタリがあっても無くてもと決めていた湖。仕事を切り上げて12時15分過ぎに自宅を出ます。コンビニでおにぎり2つとハイボール濃いめを1本に、つまみを仕入れ(安いプロセスチーズ)、暗くなるまで粘る意気込みで現地到着。駐車場で道具をおろします。しかし、ここでカメラを忘れたと思い込み、何故か一度おろした道具をしまったはずが、玉網だけ車の屋根に置きっぱなし・・・。駐車場を出たときに異音を感じるも(落下音)、釣れもしないのに『カメラ』を気にして自宅へ・・・。往復僅かに10分前後も、大切な玉網は跡形もありません・・・(涙)

 お気に入りだった、45p・尺5寸の黒の網・・・。今では入手困難な尺5寸玉はどこかへ消えました。金額の問題ではありません。大切な恋人?を失ったような、大袈裟に言えばそんな気分。まぁ、手足を取られたわけでも無く、家族に危害を加えられたわけでも無いので、そこまでガッカリすることでは無いにせよ、自分自身のふがいなさで傷心でした。

大失態と言う感じですね。

 釣りをする前からこんなのでは、モチベーションも思い切り下がりますが、まぁ、久々の餌打ちだしと気を取り直して、予備の尺5寸玉を取りに帰ってから「13時より」スタートです。


2018.12.16.000..jpg

手お気に入りの15尺で、タナは1本あるかないかの底釣り。

 この日、気温は低いものの13時〜16時の間で水温は平均8℃(無風&ベタ凪)と、へら鮒釣りでは何とかなりそうな水温です。時間帯も含め、魚っ気はありません。当然モジリも何もありませんし、泡づけ等の目安や生命感がまるでありません。強いて言えば『アオコ』が皆無になった程度でしょうか・・・。



2018.12.16.001..jpg

−鏡のような水面です−

 毎度おなじみの仕掛けとエサ、ウキはクルージャンの底でボディ11とかそういうウキです。タナが無いのに15尺だし、近眼+老眼+曇り空でトップがよく見えませんが、しっかりと底立てしてエサ落ちやらタナを納得行くまでいじり回しての50分、餌打ちから1時間弱でしっかりとした「強めの初アタリ」をとれて掛かったのが『毎度のコレ』・・・。


2018.12.16.002..jpg

指さしは可愛い小学生低学年の陸ジャミ君です。

 その後も愛竿が大きく弧を描きますが、鮒族は一切ありません。黒帯一つでもコイだし、1節のツンもコイです。で、食い上げもコイですし、サワリもスレっぽいのもコイのようです。60p級の鯉の後に尺半が・・・なんていう「希望」を見事に消し去る『冷たい北西の風』と、曇り空にドンドンやる気が失せてきてしまいますが、折角のこの時間帯だし、時間を作って玉まで無くしているので粘ります。
 指の怪我は回復せず、力も入らず更に冷たい水は堪えます。相棒の羽さんは一緒では無いので迎えが来るまでは我慢・・・。ゴールデンタイム間近だしと。



そして鯉ばかり4本

2018.12.16.002..jpg

◇唯一の収穫はこのお子さんの笑顔です◇


 こ寒い中でもウキは6〜7回以上は動き、アタリも5回はあったのですが、そろそろ『本命タイム』かと言う16時に最後の1本(枚なら良いのですが)が上鈎を咥えてきただけでした。この日も仕掛けは1.2号の0.6号で鈎がヘラ鮒スレ8号です。エサはいつものマッシュ系統でした。特段臭いエサやグルテンを多く入れることも無く・・・でしたが、反応するのが【コイ】だけと言う事で、へら鮒自体の魚影があまりに薄いことを再確認した次第です。

 ちなみに、画像のお子様は面識も何もありませんが、近くで水遊び?(落ちていた木で水面を叩いたりと言う程度)していた子で、魚に興味があるとのこと。
最近は、こういう元気な子どもを見る機会も、接する機会も無かったので、何となく気が和みました。と言う事で年末も近いですし、そろそろ1枚見てみたいものですね。

 この日もオデコで納竿でした。大切な物を無くし(誰かに持ち去られてしまった模様です)見たいもの(巨べらどころかへら鮒すら)も見ずに、自宅へ戻り釣り道具の手入れ後は18時過ぎから再び仕事でした。今度の連休こそ朝から餌打ちしたいと強く思っていますが、どうなることか・・・。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 20:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣行記2018年

2018年12月14日

今度の土日・・・。

何とか時間を作りたい・・・。
 今日は2018年12月14日(金)です。明日は私の誕生日・・・。
何歳になるかは内緒ですが、全く嬉しくもありません
(笑)

 さて、最近はブログ更新出来るような記事も釣行も無く、寂しい限りではありますが、昨夜は同級生(幼なじみ)と忘年会。午前様にはなりませんでしたが、やはり気の合う友人と呑むのは最高に楽しいものです。たったの4時間でしたが、現況を確認し合ったり、昔話に華を咲かせたり、趣味や遊び等含めあっという間に時間が過ぎ去ってしまいました。へら鮒釣り・巨べら狙いと殆ど一緒の楽しさ・・・。
 年内に20件以上の仕事(印刷・製本その他データ入力/製版作業)をこなさなければならず、今度の土日は微妙ではありますが、何とか時間を作って『大自然と?』戯れたい気分です。

 さて、何処で竿を出そうか・・・。



2018.12.14.000..jpg

巨べら狙いには時期も天候も厳しいもので、気温が一桁です。

 これからは日照時間も更に減少しますし、日没も早いし、北風も冷たい・・・。東北地方よりはマシとは言え、例年のとおり厳しい寒さが身にしみる時期。放流の無いほぼ完全野釣り場故、アタリが出ればラッキーかも知れませんし、マブナでも嬉しいかも知れません(笑)

 その位に釣りに飢えてしまって居ます。


2018.12.14.001..jpg

−ホーム釣り場(川)は水位低下+透明度Upで絶望かも−

 毎度・毎度の状態で、午前中はウキは動かないでしょうし、激浅+クリアな水質故にオデコ覚悟・・・。ジャミや外道が落ち着いたと想像できる「第2ホーム」釣り場(湖)でウキを眺めるのも悪くありません。


 釣りとは全く関係ありませんが、昨日内閣府が「日本は好景気」だと発表しました。個人的には、こんな事は言うまでも無くフェイクニュース=大嘘でしょうと。
 大嘘を批判しないマスコミも酷いものですが、「実感無き好景気論」に騙されて、多くの国民は、来年の秋に『消費増税』を押し付けられる予定のようです。
 いよいよ国家衰亡の坂道を転がり落ちるイメージしか湧きません。フランス国民のような勇気や行動力も必要なのかも知れませんね・・・。

2018.12.14.002..jpg

 今の景気回復が高度経済成長期まっただ中の昭和40年11月から昭和45年7月まで4年9か月続いた「いざなぎ景気」を超えたことが確認されました。これにより、今の景気回復の期間は戦後2番目の長さに達したことになります。

とのこと・・・。
いざなぎ景気と言うより、大本営発表のイカサマ景気と言ったら、誰かに叱られるのでしょうか? 個人的に言えば、休みも無く働いて(今年は今現在で11日しか完全休業はありませんでした)ボーナスどころか、リースの支払いと、諸々の返済と生活費で目一杯。好景気を感じたことは1度すら有りません。愚痴をこぼしても何かが変わるわけではありませんから、この土日は前向きに『へら鮒釣り』を存分に楽しみたい気分です。




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 20:08| Comment(2) | TrackBack(0) | その他・雑感など