巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2018年10月14日

10月初釣行!

やっと釣りに行けました・・・
 今日は2018年10月14日(日)です。
先月の9.11以来の釣行記、そう、釣りに出掛ける時間を作れず、
くすぶっていました・・・。
8.11から9.11、そして10.13と3ヵ月で3回〜4回しか野に繰り
出せず、悶々とする日々が続いていました。
 貧乏暇無しもここまで来れば怖いものなし(笑)
自業自得も、仕事がありすぎて処理できません・・・。
 で、ほぼ極端な薄利とあって、コンビニでバイトでもしてい
た方が「精神面で楽か」という状況です。
ウダウダ言っても仕方ないので、とホーム釣り場でストレス解消の
はずが・・・。

031/32 久々のホーム!


釣行記(2018.10.13)031

 湖(第2ホーム釣り場)を予定していましたが、アオコが相変わらずで、しかも風が強めなので『川』にて竿を出しました。で、釣り仲間の羽さんは、姿を見せず・・・。他、常連さんも竿を出している姿が見えません。
「ホーム釣り場」ですが、画像の通り異常気象か天変地異か、環境崩壊かは別として、すさまじい程のアオコが・・・。

 これでは竿を出す気にはなれないかも知れません。


2018.10.13.001..jpg

8時15分から餌打ち準備・・・。

 15尺を継いで2本半とちょっとの底にて、いつもの仕掛けにいつものエサ、いつものウキでスタートです。コイがモジリ?を見せたり、泡付けを見せています。へら鮒の気配はありませんが、いずれ回遊してくるかも・・・とお気楽に。


2018.10.13.002..jpg

−マッシュ+モジリ+藻べら+秘密のエサ(笑)の定番ダンゴエサ−

 流れが強めなので、ベタ底で打つことにします。
久々の餌打ち・・・。胸が高鳴ります。月一の釣行だと新鮮さが感じられたりもしますが、良いのやら・悪いのやら良くわかりません・。

2018.10.13.003..jpg

僅か4投目に強いアタリで乗ったのがコレ・・・。


  50p級のコイが4投目に来ます。
これでもか!と言うほどに『愛竿』を絞りますが、何とか持ちこたえて取り込みます。で、その後が「鳴かず飛ばず」でジャミと子鯉に遊んで貰う羽目に・・・。
へらっ気があまりにも感じられず、2時間しないうちに既に戦意喪失
 寒いし、午後からは仕事も残っているし、まさか「昼前から」酒盛りするわけにも行かず、エナジードリンクで喉を潤すことにします。


2018.10.13.004..jpg

 10時を迎えて納竿を決意・・・。
冷たい西風に、どんよりと曇った空。水は汚いし、アタリはジャミオンリー。1ボウル餌打ちして納竿としました。結果は「オデコ」。



釣行記(2018.10.14)032

◇ホーム真冬ポイントにて◇


2018.10.14.001..jpg
 clickで拡大

 釣り仲間の羽さんと1ヵ月振りに並んで竿を出します。
釣り場は、真冬限定の下流域区で、大した実績も無いのですが、巨べらも狙えるしアタリがもらえる貴重なポイント。厳寒期もアタリ程度は見られる貴重な釣り場(ポイント)で、常に流れを伴うものの、良型が出る可能性がソコソコの場所。

 竿は前日と一緒、エサのみグルテンを多めに入れて、仕掛けは苦手な『ドボン』というパターンです。餌打ちは9時50分からで、のんびりとした釣行となります。水深は約3本、水温が20度と高めだし、ジャミの活性もまだまだ高く一抹の不安も・・・。

 しかし、思いの外早いアタリで30分で羽さんと私で2枚(尺1寸超級)ずつと、悪くないで出しです。お天気雨やら、冷たい北風やら、条件は良くありませんが、ウキは動きます。羽さんはマブを連発して1時間で5回以上絞ります。
 2時間せずに、画像のようなへらを追加して3枚。その他、バラシやスレやらでそれなりに楽しみますが、3回しか使っていないお気に入りの『クルージャンCHO8号』を道糸の高切れでロスト・・・。
 昨日、仕掛けをしまうときに「ロッドケース」のファスナーに絡んだことを思い出し、ロストするべくしてしたと言う印象・・・。狭い流域ながら、ウキは回収できません・・・。
 そうは言っても、穂先を持って行かれたり、折ったりしたわけでもないので、潔く諦めて仕掛けを作り直しますが、今度は『流れ』が極端に強くなって釣りになりません。

clickで拡大


2018.10.14.002..jpg

なかなかのカタチも、小さすぎて悲しくなります・・・。

 結果、その後大型外道(恐らく鯉)に仕掛けをもう一度持って行かれ、16時少し前に納竿とします。相棒の羽さんは尺2寸頭に9寸〜尺1寸中心で6枚+マブナ複数で楽しんでいました。私は実質へら鮒2枚(尺1寸強)とへら鮒のバラシ・スレ複数で、マブナや鯉は数えるほども、巨べらのイメージは皆無といった状況でした。
 暫く40p超えを見ていないので、そろそろ拝んでみたいものです。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2018年