巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2017年10月29日

50上が出たと言うポイントへ!



那珂川・本流某所にて



 先週の土曜日(21日)は、第2ホーム釣り場にて雨の中(午前)20日に届いた、飛天弓閃光Pの18尺の調子を楽しんできましたが、コイ2匹でへら鮒の気配無し。
 思えば、長尺竿の100%新品(18尺以上の長竿)って、もしかして朱紋峰本造り以来か。いや、翌年に発表された飛天弓閃光の2代目(チタンコーティングのレインボー)21尺以来かもしれません。

 1996年/平成8年って言えば自分で自分をほめたい」(有森裕子)、「友愛 / 排除の論理鳩山由紀夫)、「メークドラマ」(長嶋茂雄が新語・流行語大賞の年間大賞を受賞した年。もう、今現在で21年も前になります。
 そして、今から20年前は景気もそれ程は悪くなくて、私を含め周りでもそれなりの「竿やウキ」なども買っていたようにも・・・。
 で、当時は、行きたい釣り場にも「その気になれば」行けたかも・・・。


釣行記から少々脱線しますが・・・



行ってみたい釣り場.jpg
有名すぎて某所とすることも無いですが・・・

 当時から行きたかったのがここでして、結局は今も行けておりません・・・。
暇も資金も気力(遠征するという)も無いのですが、そうは言ってもいずれ・・・。と考えてはいます。「三無い」では有りませんが、時間・資金・やる気・・・。そう、釣りたければ、行きたければ、行くしか無いのもよく理解しています(笑)
20年くらい前で、当時コンビを組んでいたKさんとなら・・・。しかし、ここはあまりに時間が掛かりすぎますかね・・・。

 そんなことを考えていた時、この時期で面白そうなのが、北部手賀沼湖上園)オダ。もう既に10年はご無沙汰中の釣り場。ここでは46.5pまでしか釣れませんでしたが、シーズンを通してもオデコ連発と言うことも無く、楽しめた気がします。1時間半で行けるし、久々の一人旅も悪くないかな・・・と。


テガヌマ.jpg

clickで拡大

で、ここも「最後に行ったのは10年前」で、思えばKさんと一緒でした・・・。


 そして、ネットで検索すると、

              ここも面白そう・・・。


 今年の1月号の『へら専科』に掲載されている、我が地元の『涸沼川』へ取材に来られ、その足で新川(土浦)「夢を追いかけている」あのBigな方が良型を仕留めた水域・・・。昨年の年末なので、そろそろ良い時期かな・・・と。

 ここなら1時間圏内だし、一人旅でも全く問題無い。誰か、一緒に行ける人がいれば良いのですが・・・。(第3釣り場の主・Y田さん推奨の釣り場)相棒は多分乗り気じゃ無いし、T松さんも忙しそうだし・・・。あ〜っ、Kさんなら張り切って付き合ってくれそうだが・・・。まぁ、付き合いが無くなってしまったし・・・。

土浦方面.jpg
1時間圏内でこんな良い釣り場があるとは幸せ者かも・・・

 ヨットが係留してあり、バサーも多いようですし、色んな意味で難しそうですが、友人のY田さんの情報では『とにかく面白い』とのこと。ドックに限らず、新川も晩秋〜初冬までかなり楽しめると聞いていました。で、何よりもホボ底釣りさん(私の数少ないお気に入りブログ)のホーム釣り場です。と言う事で何時かは・・・と思っていた釣り場です。


昨年・一昨年 爆釣釣り場.jpg
−駐車場含めあまりに事前情報が無くて今回は断念しました−


で、ここに決めたのです!


第4ホーム釣り場 か.jpg

 気になっていた上記のポイント、知っては居ても「未体験のポイント」でした。近くでなら竿を出したことがありましたが、ここへの行き方すら忘れていて、実際にもあまりに開発が進んでいてほぼ『浦島太郎』状態。
 第2ホーム釣り場を予定していましたが、思い切って『Kさん』に電話・・・。携帯の電話帳から「ぽちっ」と・・・。そして電話は繋がりました。相変わらずの声と雰囲気・・・。気まずいとか、不満とか何も無いのですが、自然と付き合いが無くなり、お互いにかなりのご無沙汰です。

 那珂川で釣りをしていると聞き、積もる話もあるし・・・ということで即決で那珂川へ・・・。
あまりに「久々なポイント」なので、道に迷いつつ某所へ到着。55p級の噂を聞いていた場所より少し下に4人のへら師。ギャラリーが1人・・・。
 何の違和感も無くKさんと再会でき「しばし雑談」。話の流れで、もう一人のKさんが亡くなったこと、55p級を釣った話を聞いて「竿を出さずに」はいられません。

2017.10.28(土)12時過ぎから・・・

2017.10.28.0001.jpg
−地元へら師から情報の確認が取れました−

 地元はやはり狭いもので、釣り場には園部川や霞ヶ浦や笠間湖でもお会いしていた、野のスペシャリスト「Hさん」が・・・。その他、2〜3人はどこかでお見かけした顔・・・。
へら師・大型狙い・野釣り師は横のつながりが凄いです。

 今更ながら・・・。

 で、潮は上げから下げに入っていて、先週の雨の影響からもガンガン流れ・・・。皆さん16尺の竿で水深より深くして「テンテン」にして止めています。水深は3本〜4本弱も、ちょうちんのようなセッティングでのドボン釣り。下手をするとミャク釣り・・・。錘は2号でも持ちませんから、私が最近好まない釣り・・・。しかし、お盆に「仙台のおんちゃん」氏と藤井川ダムで型を見た程度で、それ以来は1枚のへらも釣っていません。釣り方はこの際「郷には入れば郷に従う」と言う事で・・・。

 仕掛けは18尺に道糸1.2号/ハリスは0.6号のブラックを結び、ウキはクルージャンのPCムクで9号(CHO<深宙> STRIDE3)、50pOVERのロングなウキ。両ダンゴ、セット釣りなどのチョウチン釣りを想定したウキらしく、PCムクトップを使用しているので、なじませ釣りだけでなく落ち込みのアタリも狙えるワイドな使い心地が・・・と言うウキ。こんなに水深があるのでドボンでも良いアタリが味わえます。多分・・・。1.5号相当の錘(外通し)で、頑張ります。

 ウキですが、実質3,000円強なので、「野で酷使する」のもそんなに気が引けませんし、十分に役立ってくれそうです。根掛かりや『大型外道との格闘』でロストしても、痛くないでしょうし、それより見た目や機能性も私好みかも・・・。「茅」全盛の今も、こうした羽2枚合わせで万一のトラブルに心配ないウキは嬉しいですね。なお、トップ交換は1,500円で出来るようですし、安心です。


2017.10.28.0002.jpg
得意のマッシュに強めにグルテンを添加!(野釣りグル+LLにα21)

 今から3年前位に、耳にしていた『驚愕の川べら』。釣れるのか・・・。

朝から来ているという4人組(Kさん含め)はノーアタリ。誰も絞りません。私も早速準備を終え、18尺テンテンで餌打ち開始。実際は水深約4本ですが、流れが強すぎてテンテンにしないと50pのウキが持ちません。

 結局30分程度で、ウキでは無く私自身が「あっちに行ったりこっちに行ったり」して、釣りにならず2時過ぎまでの2時間弱をノーアタリで終えました。Kさんも孫から電話があり、納竿とのこと。そして、それを合図のように『鉛のような雲』から大粒の雨粒が・・・。

 こうなると全員納竿です。積もる話は次回と言うことで、再会を誓って釣り場を離れました。実際は二人とも『昔話に花を咲かせ』過ぎて、ちょうろくにウキなど見ていません(笑)そして、他の人たちも釣れるのは「ゴミ」です。鮭網漁船が行ったり来たりで釣りになりませんし、流れも酷いしモジリも何も無いのでギブアップと言うところ。

 個人的には雨の中でも粘りたかったのですが・・・。

真相は次回に!

※2017.10.31(火)更新



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
続きを読む
posted by big51 at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 那珂川

那珂川新ポイント



釣行記・今回も撃沈



 今日は2017.10.29(日)で、現在16時30分過ぎです。
今週も引き続いて「台風が接近中」で、昨日も今日も空は鉛色・・・。で、雨も今現在で強めです。こんな日にも、へら釣りをする猛者の方々もおられるかと思いますが、私はこの天候でも、暇さえ有れば・・・という感じです。仕事が立て込んでいなければ、恐らく釣行を強行していたと思います。

 ですが、山積みとは言わないまでも、あれもこれも、趣味の部分も家庭の部分も、そして何より商売の部分を含めてやること・やりたいことが多すぎて参っています・・・。気がついたら夕方(目が覚めてから)で、昨日もその前も、起きて仕事をしようと1Fに降りると、気がついたら夜で、多少のアルコールを頂き、そして寝て起きたら朝・・・。時間が欲しいです。以前にも書きましたが、1日24時間じゃ無く『48時間』とか『72時間』あったらどんなに・・・。

 さて、2017.10.22(日)、超大型台風21号で大幅に水が変わりました。各地、水位が上がり何処もここも満水でしょうか。そんな中、昨日28日(土)は仕事の合間に強行釣行致しました。




clickで拡大

第4ホーム釣り場 か.jpg
−地元へら師から情報の確認が取れました−


 今から3年前位に、耳にしていた『驚愕の川べら』

しかも55p級・・・。

 釣ったのは、昭和一桁生まれ・80台後半の老釣り師(へら師)のKさん。画像もそうですが、現認者もおりませんし、100%乗り切り(その情報に)ませんでした。しかし、信憑性は別として那珂川の『巨べら』は56p〜57p迄なら確実に複数の目で確認済みのようですし、私は疑いません。 
※以前の釣行記等参照

 私が那珂川でへら鮒釣りをする切っ掛けになった、その『Kさん』、残念な出来事ですが昨年他界されたようです。(釣り場で聞きました)
 思えば、既に90歳近いので、天寿全うでしょうか。そのKさんが『55p』級を釣ったと言うポイントは気になっていました。Kさんは、多少大きいことを言いますが、絶対『嘘』はつかない人間です。
 年のせいか、今から21年前、いずれにしても平成一桁の時代に、千波湖でいつもお会いしていて、釣果やポイントを何度も何度も繰り返して同じ話をしてくれた方・・・。勿論、私にとっては耳にたこができるほど・・・とまでは言わずとも、全てを詳しく教えてくれた恩人でした。

 ご冥福をお祈りします。

 天国のKさん

平均寿命を超えて頑張ったじゃ無いですか!
巣離れの時期素足でバイクに跨がり、様子を見に来てくれたあの心意気!
自己記録の45pを、一気に10p上回る快挙、素晴らしすぎます!

 そして、昨日そのKさんとは別の『Kさん』との再会がありました。偶然では無く、必然的な再会だと信じています。画像の釣り場にて地元メンバーに混ざって釣りをしていました。平成5年の厳しい時期(巨べら自体を釣るのが難しく生息数も極めて少ない時代)北浦で49.5p迄釣ったレジェンド・・・。一度、へら鮒釣りを引退しかけましたが、延べ40年からへら鮒釣りをしていて、そんなに簡単に止められるはずがありませんね。

 釣行記の続きは次回・・・。

−追記−

第3ホーム釣り場情報

 結局昨年もの凄い思いをした完全非公開の『第3ホーム釣り場』、そこの主のY田さんから連絡が入り、満水でポイントも無く(バサーが独占・へら師皆無のためやる気も皆無とか)半日やっても「気配無し」とのこと。完全終了の様子です。私は結局1枚も型を見ませんでした。
相棒の羽さんが22回で2枚、石岡のTさんが8回で?1枚、羽さんの同級生のHGさんが5回で1枚、100%確実な情報源の私の知り合いではこんなものでした。
 釣り禁止の情報(地元の管理組合・農家の方など)は、ゴミやマナー問題で大激怒しているようですから、このままなら立ち入り禁止は確定かも・・・。今年は20回程度しかボランティア活動(空き缶含むゴミ拾い・草刈り・焼き払いなど)はしませんでしたが、前回の釣行時には私一人では対応できないほどの廃棄物(ウエーダーの廃棄・フローターの廃棄・足ヒレの廃棄)もあってがっかりしました。

 今後、私自身が第3ホーム釣り場に行く気になるのか、そして竿を出すのかは極めて難しそうです。47センチの壁を越えるのは大変ですが、何故か近いうちにいきなりそんな時が来るように前向きに考えます。

と言う事で、昨日は第4ホーム釣り場化しそうな釣り場でオデコを喰らって参りました。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年10月25日

残念な出来事2



今度の土日も雨で





 先日は台風で釣りにならず、期待する今週末もまたもや台風・・・?
予報では雨のようです。各湖沼は水が替わり、落ち着きを取り戻し、ジャミも収まっていよいよシーズンインかな・・・と、期待していましたが、荒れるかも知れません。残念です。



そんなことを

    考えていた最中、

             外で爆音が・・・。


 航空自衛隊の、F-15戦闘機です!!
恐らく、今週末に実施予定の自衛隊記念日行事「観閲式」の絡みでしょう。水戸上空をイーグル(以前なら第305飛行隊所属 F-15Jが飛ぶのは希で、今朝は2回我が家の上空で爆音を響かせました。

clickで拡大

2017.10.25.00001..jpg
 F-15J 航空自衛隊 第7航空団 第305飛行隊 百里基地所属?

 多分少し前まで百里基地に配備されていた「首都圏唯一のイーグル飛行隊」305飛行隊所属でしょうか。今は移動したか?尾翼のマーク(この画像では解りませんが)は基地に近い茨城県水戸市の「梅」をモチーフとしたもので、F-4ファントムIIの時代からの伝統を受け継いでいることを示していたようです。

イメージです・・・。


2017.10.25.0002..jpg
ただならぬ爆音・・・内臓まで響きますよ!
第6航空団/小松基地の303飛行隊かな・・・?

 画像は、2012年の今ごろ、私が撮影した百里の通称「くのいち」で撮影しました。ここを管理していた「川○のおばさん」と知り合いでしたし、大変良くしていただきました。ただただご健在をお祈りします。高齢なので管理が出来なくなったのかも知れません・・・・。過去5回程度お世話になりましたが、思えばとても懐かしいです。

 残念ですが、もうくのいちには入れません・・・

2012 航空祭-028.jpg
 茨城県の県の花である(水戸の)梅と日の丸をモチーフにしたデザインです。
赤いマークと水戸の梅から第305飛行隊は通称「梅組」と呼ばれていました。
くのいちにてbig51撮影)



clickで拡大

梅組の戦闘機です!

2012 航空祭-033.jpg
新田原基地へ栄転? 今は本当の意味で「梅組」は無いと思います。
(くのいちにてbig51撮影)




もしかして八方ふさがり・・・


 と言う事で、暫く航空祭も観閲式にも出掛けておらず、自衛隊関連のサイトもブログも見ていないので、今がどうなっているかは全く解りません・・・。

 釣行関連ですが、小美玉市界隈・石岡方面や土浦方面や涸沼川・園部川・霞ヶ浦・恋瀬川での釣りは(そちら方面を視野に入れていましたから)ちょっと厳しそうです。交通渋滞含め、爆音でへらが驚くでしょうし・・・。

 で、もう一つは、私の地元「水戸市」で行われる予定の、水戸漫遊マラソン・・・。日曜日は交通規制で那珂川へのアクセスは難しく、当然ホーム釣り場の「3カ所」共に竿を出すことは無理だと思われます。


2017.10.25.006.jpg
clickで拡大



残念・・・。完全に八方ふさがり・・・。

 従って、土曜日のみ「湖」で竿を出して、日曜日は手賀沼か土浦方面か考え中です。もしくは大郷戸にでも初挑戦しましょうか?はたまた、尺半狙いでFダム・・・。いずれにしても「足の確保」をしないといけませんね。 



 と言う事で、今日も引き続いて「ちょっと残念」な話・・・。


 とは言っても、亀山湖・高滝湖(当然陸っぱりで難易度の高い釣りを)も視野に入れましょうか(笑) それとも久々の印旛新川か、冬の風物詩の手賀沼・・・。遠い遠いと言っていたら、人生楽しくないですしね。言い訳しないで、釣りたければ(巨べらですよ)行くしか無いでしょう!




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 11:43| Comment(9) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2017年10月24日

残念な出来事



使用2時間のみも・・・





 2017.10.20(金)遂に待ちに待った? 新「閃光」Pが到着し、超大型台風21号が接近中にもかかわらず、釣り場へ・・・。既に釣行記にて公開済みも、濡れた竿を即日陰干ししグリップを洗浄し、乾かしてから仕舞おうと手入れ中のこと・・・



clickで拡大

2017.10.24.0001.jpg
何かが変だ・・・

 強いグルテンは勿論、べたつくエサや薬剤は使用しておりませんが、グリップが何か違和感・・・。毎度の通りエサはマッシュベースですから、ぬるま湯で落とせば簡単・・・。それ以前に、前回の釣行記の通り、右利きの私は右で竿を持ちますし、左手以外ではエサを練りませんし、グリップを汚したくないのでまず使いません。まぁ、新品の竿だと言うことでは無く、いつも気に掛けている部分。で、汚れが1回目で落ちないなら、2回目・・・そして歯ブラシで再度洗浄して乾かします。

 翌日・・・


2017.10.24.j0004pg.jpg
濡らした状態だと目立ちません・・・

 保護されているべき塗装がはげたイメージ・・・。と言うか、ウレタンを塗って乾かないうちに触ったような印象のグリップ。勿論、薬品・薬剤は一切使用していません。歯磨き粉で軽く磨いてみても、濡れているうちは目立ちませんが、乾くと・・・。

2017.10.24.0002.jpg
−僅かに2時間使用でまるで50回・100回使った竿かのように−

 爪で軽く擦るとオレンジの部分、黒の部分の糸状の滑り止めから『白い』カスのような物質が目立って来ます。100%断言して「エサの類い」ではありません。
 クレ55?をスプレーすれば目立ちませんが、濡れタオルで拭いて再び乾燥気味にするとまた白い物質が浮き出てきます・・・。

  どう見ても・・・。

釣行記の画像より↓


clickで拡大

2017.10.24.0003.jpg
使用に問題なしも、ほんの2時間使用でコレだと凹みますね・・・。

 現時点では購入店に連絡してませんが、素晴らしい対応と素晴らしい価格帯で販売していただきましたし、何か申し訳ない気がするも、納得できませんからいずれ・・・。
 この状況で本業が忙しいとか言っていられませんから、1週間以内には連絡しようかと思います。

2017.10.24.0005pg.jpg
clickで拡大

 シマノの竿が好きなので、クレームを付けたり不満をぶつけることはなるべくしたくないものの、昨日「たまたま」ですが、へら釣りを始めたいという、友人(海のルアー釣りのスペシャリスト&某メーカーのテスター)のW君が遊びに来て、見てもらうと・・・。

完全にクレーム対象の欠陥と・・・

 で、新車で買った自転車(シマノは自転車で有名ですよね?)でも、単車であろうと、勿論車であろうと初期不良(例えば凹みや塗装の不具合)が見つかって黙っているのか!と、ごもっともな助言をもらいました。

 彼は、山鹿ブランクスにかなり詳しいのですが、例えば「がまかつ」・「オリムピック」・「山鹿ブランクス日本」その他2社の計5社のみが完全自社工場生産となり(国産製品と言う事)、これら以外は全てOEMだと・・・。

 で、シマノインドネシアダイワ→韓国・中国製だそうです。

 私の少ない知識でも、カーボンロッドはダイワでもシマノでも、日本製や東南アジア製がほとんどですが、友人の仙台のおんちゃん氏からも、シマノならカタログの※印(特作天道・伊吹・普天元独歩)無い竿は『ベトナム製』で、そこそこの竿なら「組み立てが日本」のような話を聞きました。

 大幅値引きが無い伊吹と独歩は安心できますが、その他の竿(定価から2割・3割とか引いてくれる竿)は、個人的にはちょっとだけ不安かも・・・。
 いずれ天道も予定していますが、長竿は無いし今後も『閃光P』を使用したいので、正直複雑でした。現物を送るなり、直接電話するなりで交換してもらえるのかと思いますが、皆さんの最新型(しっとり綾織り握りU)は如何でしょうか?

 偉そうに聞こえてしまうかも知れませんが、個人的にも、へら竿の「握り」 は製品の顔だと思います。何かのカタログに、シマノへら竿」における「グリップ」は「一品一様」を基本としています・・・。とか書いてあったので、製品の顔にキズを付けるような記事で大変恐縮ですが、真面目な話、今後も発展して欲しい業界だし、そしてメーカーだし、あえて記事にしました。また、販売店の落ち度は一切ありませんので批判は無しで・・・。それどころか、素晴らしい対応(電話応対・感じの良さ・価格・発送までの手際の良さ)で久々に感動したくらいですから・・・。




 と言う事で、今日は「ちょっと残念」な話・・・。




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 16:04| Comment(4) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2017年10月23日

状況は変わるのか?



氾濫寸前



 2017.10.22(日)、超大型台風21号で大幅に水が変わりました。
流石に釣りはパス。しかし、気になってホーム釣り場を見に行きました。水位はとんでもないことになっています。いつもの水位に比べ軽く2倍以上も・・・。氾濫寸前でした。




clickで拡大


2017.10.22.00001..jpg





 満水時の水位より多いという状況。この時期は公式なデータは約1.3メートル程度も(現実には埋まってしまったので70p程度)、3.0メートル超え・・・。過去に記憶が無いレベル・・・。多くのへらは流されているかも知れません。


2017.10.23.002.jpg
−増水しはじめ−


 で、土曜日に竿を出した「那珂川」を見に行くと、それはもの凄い水量で、危険を感じたので即撤退。川辺のサッカー場まで水位が上がり氾濫寸前・・・。治水事業が功を奏し、決壊や氾濫はありませんが、平成13年の災害に匹敵するくらいのイメージ。そうは言っても、気象庁の発表や情報ほどではありませんでした。

 確かに深夜の風は結構強かったですが・・・。


clickで拡大

2017.10.23.000.jpg

もう少しで決壊・・・。通行止め寸前です。

 今日23日は大雨で学校は休み・・・。
テレビは選挙結果一色で、台風被害はあまり報道されてませんが、被害に遭った皆様にはお見舞い申しあげたいと思います。
 幸い、ここ茨城はそれ程でもありませんでしたが、川に流された人もおられたようです。ご冥福をお祈りします。

 で、選挙ですが、自公で2/3確定です。(正直残念)
自民圧勝ですが、今後の政権運営が気になります。謙虚に・・・と言う事ですが、問題は国会(第4次の新しい内閣)でどんな流れになるのか・・・。選挙前、安倍政権の信任のはずも実際はどうなるのか。支持・不支持の行方は・・・。現時点では、1年近くある総裁という地位がどうなるか。民進党は実質解体、自由党も然り、野党第一党は立憲ですので、まずは見守りますね。余計なことを書くと色んな意味で大変なのでこの辺に致します。

 週末、各釣り場は水も変わり、水位も上がり、状況は変化しそうです。
秋の長雨もやっと終わり、今後は木枯らしの季節。朝の冷え込みも厳しくなりますし、状況は一転するかも知れません。

 次回はちょっと残念な話・・・。




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 18:47| Comment(2) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2017年10月22日

台風接近も!



ほろ苦デビュー




 2017.10.21(土)、超大型台風21号が接近中にもかかわらず、日曜日の大荒れ予想+選挙があるということで強行しました。

 起きたのは5時で、その気になれば夜明け直後からも、テンションが上がらず8時過ぎに現地到着です。釣り場は、第2ホーム釣り場で、南から入って東と北と見て回り、北東の強風と雨なので、春のポイントで櫻の木の生えていない場所にて。今年は春先に常連のTさん兄弟が大当たりしたポイント。

 釣りの準備を・・・と道具を車から降ろす時に、勇んで出掛けたつもりは無くとも、まずは『玉網』を忘れてきたことに気がつきます。15分で往復できますが、貴重な朝の時間帯をロス・・・。そして、今度は釣り座を構えて気がつけば『クッションが無い』・・・。ぼけ老人じゃ有りませんが、参った参った・・・。ここまでやる気が無いのも久しぶりだが、もしかして、心の奥底に『少しでも早くあの竿を・・・』の思いがあったからかも知れません。

これ



clickで拡大


2017.10.21.0001.jpg

clickで拡大


2017.10.21.0002.jpg

握りも最高です(しっとり綾織り握りU)で、竿の「顔」も最高かも・・・


 2回も家に戻るわけに行かず、お尻にレジャーシート(200円程度の安物も柔らか素材)をひいてスタートです。仕掛けも現地調達という段取りの悪さ・・・。時間は既に9時を過ぎます・・・。で、この時点で雨も風も気になるほどではありません。


2017.10.210003.jpg
握りも良い感じですし見た目もまずまず(思ったより美しいし扱いやすい)


 水深はスケールでトンボまでの距離を測れば約115p程度か、上鈎トントンでのバランスの釣り。パイプトップの太めバージョン茅ウキ。道糸は1.2号でハリスはブラック0.6号です。左に流れるので、共ズラシからややベタ気味にして。エサはいつものマッシュで、外道を嫌って締めの『麩系』はパス。マッシュBに対してヘラグルテンLL@におまじないの『野釣りグルテン』を・・・。手もみを加えて持たせるイメージ。

 竿は飛天弓閃光P18尺。新調してから初の使用ですが、1本チョイの浅いタナで大きいマッシュを軽く運んでくれます。水切れも最高だし、何より軽いし右手に伝わる筋肉の質(竿の筋肉?・スパイラルX?の良さという印象で)はGともRともレインボーとも違います。初代とXは持っていませんし、Lまでは買えないしまずは、この「P」で我慢ですが、フレーズの通りに「素晴らしい竿」だと感じます。ニューバージョンの『閃光P』、巨べら対応の長竿・・・このシリーズでは16.5尺に続く最短竿。本命が来るのが楽しみです。

 で、1時間ほどでアタリが出ます!

clickで拡大

2017.10.004.jpg

今期初の「超巨べら」を掛けたつもりでしたが・・・

 10時13分、モヤモヤから1節しっかりと強めに入って『初アタリ』・・・。
ビシッ・・・とアワセが決まり、沖で魚が止まります。掛けた感じは『尺半OVER』の感触も、竿はビクともしませんし、粘りも強い・・・。

しかし何かが

 寄せて、掬うまで(尺5寸玉初使用)に1分程度も最初の3秒でへらじゃ無いことが・・・。
初動でへらを確信できないのはなんともやるせない・・・。竿もお初、玉もお初、アタリもお初・・・。60pに迫る元気なコイ。竿はなんともないし、あの引きで0.6号でも持ちます。80pとか100pじゃ無ければ、喰っていたら止められますし、取り込めますね。


2017.10...0005jpg.jpg
最後にコレがきて終了です。

 で、11時30分に納竿です。
女房から帰ってこいとの指令・・・・。娘の用事で車を使うとかで、後ろ髪を引かれながら帰路につくも、途中でキャンセル指令が。具合が悪くて予定取りやめ。



午後は久々の那珂川・・・


 午後は大潮の上げ・・・。
那珂川で釣りをすることにしました。昨年秋に42p級を仕留めて以来、へら鮒は見ていません。と言うより、6月か5月に羽さんとT松さんと3人で攻めて以来。濁りも入って期待していますが、到着後感じたのは『泡づけ無し』『モジリ』無しで魚っ気も無しと最悪な出足。

2017.10..0006.jpg
エサは14時41分に仕上げましたが、実際釣りをはじめたのは15時〜

 程よい雨と程よい風・・・しかし、流れが強いしバランスの釣りが成立しません。
竿は『朱紋峰先ぬけ12尺』で、3年ぶりの使用になります。最近は13尺以下はほぼ使いませんし、使うところも無いというのが実情です。ここで使わずして何処で・・・と言う事で




2017.10.0007..jpg
−2本のドボン釣り−


2017.10.0008.jpg

流れが強すぎて・・・

 2時間の釣りで3回のアタリ・・・。
乗ったのは全て『大物』も、0.8号をぶった切り水中に消えてます。巨べらなのか、コイなのか止まりませんでしたから不明も、恐らくは『コイ』かと・・・。

  結局は2箇所で2時間、台風が迫る中、そして雨風の中結果を出すことが出来ませんでした。で、先ほど選挙に行ってきて今はボクシングを見ながら書いてます・・・。8時の時点、しかも8時00分06秒で自民党が公明党と合わせ233議席獲得の勢いとか・・・。
 投票所も19時45分現在で賑わってましたし、投票率は凄いと思うし、18歳以上の有権者も(高校・大学)期日前も大幅アップなのに自公が勝つ・・・。投票率は6割に満たない可能性も・・・。
 自公圧勝・・・不祥事を繰り返しても懲りない連中をまた、国会に送り込んで後悔しませんか? 私たちは国会議員1人当たり毎年、2億円のカネを税金からつぎ込んでいるのです。そんな価値が彼らにありますか? いやはや有権者(主権者)は本当に馬鹿なのか・・・。(言葉が悪くてすいません・自公支持者には申し訳ないけど)
 私の周りでは、取引先・お得意様・友人知人・釣り仲間・親兄弟から親戚まで、かなり少なく見積もっても、真面目な話「20人中20人が自公はNO」でした。政治・宗教は自由だし日常会話では御法度ですが、釣り仲間も含め親しい人たちは揃って『野党応援団』でした・・・。

 それから、本当にNHKが公共放送という自覚があるなら、棄権せず「必ず選挙に行こうと国民に呼びかけ」するぐらいは最低でも・・・。それなのに選挙戦も始まらないうちから自民圧勝と言うニュースばかりを流し、国民を「さも投票してもしなくても変わらない様な印象操作」をしている気がしました。こうなると、言われている通り「完全に自民党の安倍御用放送局」になり下がっているのかも知れません。

 今はボクシング見てますが、村田は勝って欲しいですね。野党共闘は失敗し、自公大勝で気分が滅入りますが是非ともKOを見たいです。衆議院選挙も釣りの方も完敗(デビュー戦KO負けのイメージ)でしたから・・・。

 5ラウンドKO勝ちを予想します!

ボクシング(WBA世界ミドル級)は今夜完全決着ですよ!!
今までの13戦で一番面白いかも知れません。しかし、チャンピオンエンダムは強そうです・・・。5ヵ月前の因縁からしても、今夜の両国国技館が熱いです。

 まもなく試合開始・・・それでは!


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年10月20日

この土日の釣行計画



今期最後台風か?



 仕事は一段落して、少しだけ暇が出来ました。暇なら暇で悲しいと言いましょうか、寂しいと言いましょうか、不安と言いましょうか、人間ワガママなものです。都合良く仕事もお金も回りませんし、都合良く秋の釣りも楽しめません・・・。

 そんな中、先週から騒がれていた『大型台風?』ですが、遂にこの日曜と月曜に掛けて関東直撃とか・・・。関係無いですが、何故か安倍政権下で選挙(有っても無くてもここ数年は多すぎますよ)があると100年ぶりとか80年ぶりとか50年ぶりとか・・・多すぎます(笑)
 3.11以前はそんなに気にならなかった気象関連。春夏なら異常渇水とかゲリラ豪雨やとんでもない雷、そして猛暑とか・・・。秋冬は大型台風や水害や大雪や異常低温やら。
 3.11以降、民主党政権(2009年の政権交代劇)終了後の「参院選も衆院選」も、気のせいか私の「記憶だと」当日か前日はいつも異常気象が目に付いたり・・・(笑)

 で、ミサイル騒ぎは収まっていますが、何故か政権がやばくなると『北』のほうから飛翔体が・・・。核実験やらロケット騒ぎ・・・。また、最近では危険運転とか、追いかけられたとか、引き釣りおろされてとか・・・煽った煽らない等がいきなり増えちゃっています。
 色んな意味で「そろそろ勘弁」して欲しいですね。休日に釣りを楽しむ私としては、常に『天候』『自然』『世の中の情勢』を気にしながら生活しているわけですが、政治にしてもその他(政治・経済・世の中の流れ・マスコミ関連)にしても、以外と興味があったりします。無関心は心(精神・脳・魂)の停止?なんてことまでは言いませんが、結構それなりに気にして生きています。何を書いているか解らなくなりました・・・。暇だと余計なことまで考えてしまいがちかも。


2017.10.20.0001..jpg
連日騒がれている台風進路(940まで勢力拡大です)


2017.10.20.0002..jpg

予想は変わるものですからどうなることか?(935ですって?)

 と言う事で、この土日は釣りが出来るかどうか・・・。当然、全国のへら師の皆さんにおいても、この土日は竿を出すか迷う陽気でしょうか。で、何よりも22日の日曜日は『衆院選』もありますし、釣りどころでは無いかも知れませんね。私は自宅から投票所が近いため、ここ16年くらいは毎回釣りの帰りに立ち寄ります。シャツにグルテンを付けて・・・とか、ほんのりニンニク臭で・・・とか、ズボンにマッシュのカスを付けてとか・・・(笑)
 そして、結果は毎回のように投票した『政党』が負けてますが・・・。国民の義務なので選挙には何が何んでも・・・です。極めて非力ではありますが、少しでも投票率をUpさせたいです。(何故かこんなに景気が悪化しているのに毎回戦後最低レベルの投票率というアナウンスが多すぎますから!)

 それは置いておき、この台風が最後になるかと勝手に予想しますが、台風一過で晴天→放射冷却→朝晩の急な冷え込み→最低気温7度とか5度とか・・・。11月になれば晩秋、冬の足音も聞こえてきます。その一方、地元のホーム釣り場(第1・第2共に)もシーズンINとなります。
 特に、昨年から乗っ込み以外で楽しめることが判明した『第2』は、持っている男・名手ホボ底釣りさんが既に40上を早々と・・・なので、益々気合いが入ります。浅い上に色んな意味で釣趣に欠けますし、かなり難易度の高い(40p上とか尺半を釣るのに)釣り場故、公開しても差し支えは無いのですが、ここでは大人の事情で?『第2ホーム釣り場』とさせていただいています。

 そんな訳で、この土日は悩んだ挙げ句に、第2ホーム釣り場に決定です。天気予報だけにとらわれず、野生の勘も働かせ、この日曜日は大雨ならお休み? で、竿の整理でもしようかと。で、明日の土曜日は「多少の雨なら」デビュー戦の18尺か、ちょっと古い19尺でも振ってきますよ!


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 13:30| Comment(4) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2017年10月18日

竿の整理



約30年間で集めた竿



 昭和62年頃から(現在が昭和なら92年?)集め出したへら竿。
本格的にへら鮒釣りをスタートした、昭和60年〜61年は正興ロット系統でしたが、翌年からは『シマノ』系・シマノの創設期の竿をコツコツと? 買いそろえました。約30年で失った竿、中古で出した竿を入れると少ないのか多いのか解りませんが、概ね50本くらいでしょうか。
 シマノは「ぬけさく」〜「独歩」まで約40本程度、ダイワは「二天粋月光」、「二天粋おぼろ」、「伯天弓」、三代目「枯法師」などを併せて約10本程度・・・。所有した比率は80%と圧倒的に『シマノ』が占めています。

2017.10.18.0001..jpg
−かなり古すぎる竿ばかりでお恥ずかしい限りです−

 現時点でも現役で活躍中なのが、上記画像の朱紋峰「攻」ですが、11尺から奇数で17尺まで同じ竿を2本づつ・・・。何故か、19尺だけ本造りで、21尺は閃光G・・・。こちらも2本づつ・・・。1本だとトラブルがあった時に困るので、追加で購入していました。流石に普天元(ほぼ活躍した記憶無し)は2本買えませんでした。勿論1セット目は新品ですが、同銘柄の2本目は金欠病の為『中古』です。今後、独歩や伊吹や閃光Pなど、いくら何でも2本づつと言うわけにも行きませんから、歯を食いしばって検討しますが、必要最低限のレベルで。

 整理していて気がついたのが、15尺(攻)が1本足りません・・・。無くしたのかしまい忘れたのかはたまた・・・・。で、この朱紋峰 攻は、この春『第2ホーム釣り場にて』シマノの某インストラクターなBigな方に「攻は巨べら対応の竿なので大切にした方が良いですよ!」と、有難いお言葉を頂戴した経緯から、処分しようか迷うところで現在考案中です。購入時のキャッチフレーズは、確か「熟れ調子」だったかと。もう忘れましたが、中尺から長尺になればなるほど先調子/短尺になればなるほど胴に入るよう設計していたようで、ふところの広さは絶大な威力を発揮。で、少々強引に竿を引いてもしっかり応えてくれるとか・・・。巨べらに穂先を取られる心配軽減の特殊加工のコミ、操作性を確保する芯に適度な柔らかさのある「ハイパロン製?」の握りを採用し、実釣機能を重視した竿だったかと・・・。
 確かに、穂先を抜かれたり折られたことは1度も無いです。と言うか、未だに毎年47p迄しか喰わせてませんから(笑)

 朱紋峰攻は、尺@3,600円程度と記憶しますが、お財布に優しい価格設定だったと思います。現行モデルの通常の竿(独歩及び特作シリーズに比較し中の上とかそういう意味合い)である朱紋峰シリーズだと、「神威や煉や本式」がメーカー希望小売価格が尺@5,400円〜6,000円ですし、贅沢品の天道・伊吹・独歩は尺@7,700円〜6,700円ですから・・・。


2017.10.18.0002.jpg
過去の釣行で一番使った年代物の竿・13尺と15尺&16尺の各1本は廃棄しました

 最近めっきり活躍していないのが、この朱紋峰 先ぬけ。
大好きな竿で、色んな意味で思い出深いし、そして何より『亀山湖』通いをする切っ掛けの、巨べら狙いの切っ掛けの竿・・・。
 今はお元気か解りませんが、当時亀山湖の主とも言われていた大型専門の野釣り師『石原氏』が愛用していたのが12尺。これで50pを何枚か喰わせていました。しかも陸っぱりで・・・。
(私にマッシュを教えてくれた恩人)
 12尺〜18尺まで7本所有も、最近は出番が無くて竿ケースの肥やしです。先ぬけ調子?スカッと抜ける先調子?当時ではかなり斬新な紋竹塗装の竿です。昭和の竿では無くて平成の竿だったかと・・・。平成2年頃だったので、今では(平成29年10月時点で)27年前の竿と言うことになります。この前に発売されていた、竹の釣り味を楽しむ?「飛天弓わびすけ」が欲しかったのですが、貧乏人には叶わぬ夢でした。

 30年掛けて集めた竿、ぬけさくや競や飛ぬけ、先ぬけに攻、そして嵐水(廃棄)や本造り・・・閃光シリーズ(レインボー・G・R)も全て古くなり、この辺で一旦整理しようかと考案中です。




塗り直し・修理必至



 自分に合った、気に入った竿(価格や価値では無く思い入れや使う人・場所に見合うもの)も当然必需品で、ほか三種の神器ではありませんが『竿掛けと玉の柄』も大切なへら用品。画像の品も25年以上経過して相当に痛んでいます。各種万力の補修中なので、ついでに塗り直したいところですが、何せ時間が無くて困っています。最近は軽いカーボーン系で間に合わせていますが、やはり天然の『竹』が一番へら鮒釣りには似合うのかな・・・なんて思っています。そして思い出深く、こちらも中々手放せません。

2017.10.18.0003.jpg
−作者の職人さんは他界されているようで残念です−

 賛否両論ありますが、へら釣りを初めて以来、個人的に釣具は使って「なんぼ」だと思っていますから、竿であれ竿掛けであれ、持っているのに出番を控える(野釣りだからとか大型外道が居るとか)というのは好みませんから、自分の体力の続く限り、健康な限り、今後どんどん使い込みたいと思います。

 大半はオークションか中古買い取り店で処分でしょうか・・・?
最近釣れないくせに、また「欲しい欲しい病」が再発してますから(笑)


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 16:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 小物・仕掛け・拘り

2017年10月16日

何かの罰ゲーム?


気候急変・一転して真冬


 9月13日(金)は軒並み夏日で、茨城県も28度超え・・・。都内は30度とか。3つのホーム釣り場は『アオコ』大復活の様相です。案の定、14日(土)は第2ホーム釣り場にて竿を出すも、うっすらとアオコが漂います。風に乗って南岸へ集結中・・・。


2017.10.14.0000.jpg
−17尺を継いで約1本の底釣り−

 実釣時間は、13時15分〜17時と3時間45分。
釣り場は第2ホーム釣り場、そろそろ水温も下がって『本命』が望めるシーズンですが、昨日の暑さとは一転して小雨交じりの寒い一日。防寒着が欲しいレベルでした。
  前回の教訓から、麩エサやグルテンを遠慮がちとして配合し、黙々と餌打ち・・・。今日は天候も悪く相棒もいないので、黙って一人で寂しく釣り場で沈黙するウキを眺めます。
 2時間経過で『コイっ子』が来て、その後ラスト一投で『尺上のコイ』で終了でした。


2017.10.14.0001.jpg
−9号を咥えた『小鯉』−

 先週のように、スッポンやアメリカナマズが来ませんから、水温が随分下がったのでしょう。モジリはもちろんのこと、泡づけも無く釣れる気配は皆無でした。いくら何でも気温差が激しすぎます・・・。




日曜日は第3ホーム



 相棒の羽さんと7時過ぎに出かけ、現地には8時前に到着も、S島さんとY田さんのみ。まだ着たばかりとのことで、防寒着を纏って寒々しい感じ。水は相変わらずミドリの『ペンキ色』でした。で、雨なのに『モジリ』は皆無。泡づけも鯉のものが少々で、悪いことに水位も上がっていないし、そもそもバサーすら居ません・・・。

f-4.2017.10.18.0001.jpg
−マッシュ+もじり+藻べら+粘麩のベースエサ−


2017.10.002jpg.jpg
風に押され、雨に叩かれてもこんな感じです・・・・。釣れる気がしません。

  餌打ちは10時〜です。
竿、17尺で道糸1.2号/ハリス0.6号に太いボディーに太いパイプトップ。エサは大きめとして、鈎はいつもの9号をセレクト。水深は前回15尺で2本でしたが、17尺でも変わらず2本。ブルーギルすらウキを動かしません。

 空には戦闘機(F-4ファントム)が行ったり来たりで、まるで霞ヶ浦水系か園部川で釣りをしているような雰囲気でした。 来週、10月22日(日)、10月29日(日)の両日は、百里基地において航空観閲式(10月22日は事前公開)が開催されるため、その練習でしょう。休日にファントムが低空飛行することはほぼありません。この界隈では・・・。機体は、勝手な想像ですが百里基地/第302飛行隊のF-4EJ改じゃないかと・・・。

f-4.2017.10.18.003.jpg

6往復以上12回以上、釣り場上空に爆音が・・・

 打てども打てどもウキが動かず、午前中は戦闘機の爆音、お昼頃には本降りの雨。風が無いだけ救いですが、まるで何かの罰ゲーム。寒いし、動かないし、腰は痛い・・・。常連の二人はなんと早上がりを決意・・・。来る度に悪くなっていると言い、今日はブルーギルすらアタリが無く、笠間の飯田ダムで釣っているかのような半日です。13時過ぎに脱落者2名で、残るは私と羽さん二人。午後は21尺を持ち出して沖を狙うも2本強しか無い水深・・・。もっと深い所に「へら」はいるのでしょうが、水位が中途半端で深いポイントには入れません。


2017.10..jpg
−何もしないよりマシかと21尺を継ぎます!−


f-4.2017.10.18.334.jpg
ウキはエサ落ちしか出しません・・・。



釣り場完全終了か・・・

 と言う事で、4人全員が『マブナ』はもちろんのこと、『鯉』すら釣れずに見事に散って参りました。17時迄粘りましたが、いつも出て居る日の入り直前の『モジリ』すら見る事が出来ません。想像以上の気温の変化、そして不活性の鮒族。腰痛とむなしさだけが残る二日間でした・・・。これで21連敗であり、もうこの記録を更に更新するのは確実でしょう。今日は12月並みに冷え込んでいて、来週も雨だとか・・・。昨年は天国だったここも今年は10月中旬を過ぎても変化無し。11月は第2ホーム釣り場にて頑張るしかなさそうです。浅くても鯉が多くても『50上』は確実に存在し、尺半の型モノもそれなりに期待できるので、そろそろシフトチェンジでしょうか・・・。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 17:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年10月12日

飛天弓閃光P


歯を食いしばって!


 来月に向け、遂に長竿の新調を検討中でしたが、例の赤字を出す仕事が解決しておらず「竿のチョイス」にも気合いが入りません。候補の本命は個人的にはダントツトップの『飛天弓 閃光P』です。長い間18尺を振っていません(19尺か17尺で間に合っていたためと18尺の先ぬけが重いため)で、手持ちの「朱紋峰 本造り」は柔らかすぎのイメージ+やや重い+腰抜け気味。また、朱紋峰 攻は巨べら対応の素晴らしい竿ですが、流石にちょっと飽きてきました。来月から第2ホーム釣り場にて、18尺を振りたいと考えていたところです。

 閃光Pは発売から既に1年経過、別段悪い噂も聞かず、オークションや中古で出回ることも無いと言うことで、新品を探すべく何店舗か在庫確認するも「12月末生産分」まで待つようです。来年1月の予定とかで『歯を食いしばって』購入意思を固めるも・・・。という感じです。

2017.10.12.002.jpg
実売価格は30〜33%値引きで70,000円前後のようです。




詐欺サイト?



 流石にこんなサイトは信じませんが、価格はメーカー希望小売価格の50%引き・・・たった1年前に発売された「シマノ」の長竿フラッグシップモデルが、普通に考えて半額で手に入るはずはありません。

 53,436円で税込み・送料込み・即日発送・・・・。

そして、販売店はなんと茨城県内。

2017.10.12.001.jpg
怪しいです・・・  −clickで拡大−

 試しにGoogleで所在地を調べれば「案の定」です。
住宅街のど真ん中で、個人の住宅です。サイトのイメージも怪しいし、銀行振り込みしか対応していないようで、電話番号も無いという有様。こういう所は、決まって『カスタマーセンター』等という表記をしていてメール対応のみ。危なすぎますね。


2017.10.12.000..jpg
ここで飛天弓閃光P他、釣具を大量に販売しているとでも・・・

  以前もフィッングウエアを買おうとして、似たようなサイトにたどり着きましたが、振込先が韓国人とか中国人とか、また説明文章が日本の商売人のイメージとはかけ離れていたり、句読点がおかしいなど「国語」をよく勉強しなかったかのような運営者でした。こんなのに騙される日本人がそれなりに存在するのでしょうか。存在するからこそ、こういうサイトが残っているのかも知れません。劣化してます・・・ 一部の日本人・・・。


一寸先は闇なのか・・・

 劣化と言えば、選挙戦3日目。マスメディアによれば、自民党が圧勝らしいです(笑)
戦後最悪の投票率を演出するつもりなのか(選挙に行っても変わらないと思わせる作戦?)知りませんが、いずれにしてもこの悪政を何とかして欲しいし、何とかしたい・・・。
 自民党ファンには申し訳ありませんが、安倍政権下で現実に起こっているのは、大企業の内部留保(空前の大もうけ)400兆円OVER。
※国民一人あたりに還元したら、なんと320万円超です。

そして、超富裕層の上位40人の資産が2倍に膨れたくらいでしょうか。で、我々一般庶民の生活は一向に良くなりません。働く人の実質賃金は、安倍政権下で約10万円も減ったのです。閃光Pが定価で買えちゃいます。そして、なんと言っても家計消費。概ね1世帯当たりで22万円減った模様です。
 賃金と消費と言う「経済の一番大事なところが」とんでもなくやせ細ってしまったわけです。政治に興味が無い・選挙に行かない・あきらめの境地、そうした部分は間違いなく劣化と言えると思います。こんなに楽じゃ無い世の中なのに、戦前よりも選挙に行かない国民(投票率低下)って何なのかと思います。基礎票・固定票のある自公が有利になるのは、投票率が低いからでしょう。今回の衆院選は18歳から投票できるので、2009年並の投票率になれば、自公だけでの政権運営とならず、公明党を含む希望の党・維新と連立政権誕生でしょうか。で、改憲・・・。最悪改憲勢力が8割になります。戦争が出来る国になったら最悪です。何が起こるか解りませんが、政治及び国力の劣化(国民の劣化)は我々へら師にとっても大きな問題かと思います。好きな竿も買えず、遠征もためらい、ケチケチ釣行がやっと・・・。3,000円のウキが高いと感じてしまう・・・。1袋560円の徳用マッシュを節約して使う・・・。そんなのは本当にゴメンですね。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 18:51| Comment(2) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2017年10月10日

記録達成?


連休は第2・3ホーム釣り場で!!


 10月2週目は遂に連休。8日(日)は相棒の羽さんが町内会の役員のため、市民運動会へ参加・・・。で、お昼に早上がりして合流し、昨日へらの存在を確認した第2ホームへ。餌打ちは、13時21分よりいつものエサにて。竿は朱紋峰攻15尺を継いで、約1本の水深を底でスタート。昨日と一転して、日が陰ると寒いくらいの陽気で風も強め。昨日は13尺→17尺で失敗したので、同じポイントで15尺を試すこととした。

2017.10.08.001.jpg
マッシュ+藻べら+もじり+へらグルテンLLを少々・・・

 羽さんは昨日に引き続いて15尺。そして、得意のドボン釣り。打ち始めから風の影響で思い切り「左に」流され、ドボンでもウキが斜め・・・。私は共ズラシなので、なじんでから30秒で30pから50pも流される始末。非常に釣りづらい。

 餌打ち1時間と少し、まずはスッポンのお出まし。そしてアメリカナマズ、コイ(中型)、鮒族は気配無し・・・。羽さんもミドリガメに始まり、巨大スッポンに大ゴイ。羽さんの愛竿 朱紋峰 本式が見事な満月を描くも、全て外道という最悪パターン。エサは両グルテンなのですが・・・。

2017.10.08.002.jpg
−こんなのが沢山釣れました−(スレも多数)

 アメリカナマズの稚魚がもの凄く、最後は親玉の60p級が・・・。
日の入りまで粘りましたが、二人揃って「本命には出会えず」で、マブナすらも回遊してきませんでした。何が悪いのか、泡づけもモジリも無くて、外道のオンパレード。水温が下がってこないと厳しいかも知れません。



そして10月9日(体育の日)

 只今19連敗中の第三ホーム釣り場。
6時過ぎに相棒迎えに来てもらい、事務所の1Fで差し入れの朝食(朝から牛丼)を摂り、コンビニでカップ麺を調達して釣り場へ向かう。9月の連休は2週共に竿を出していないので、実に28日ぶり(9月10日以来)の第3ホーム釣り場。

 話を聞けば、常連3人組のY田さん、S島さん、T田さん共に不調とのことで、一昨年・昨年とはまるで状況が違うとのこと。確かにモジリは無いし、泡づけも竿が届かない沖にのみ。風が無く、水の状態も明日変わらず最悪でした。

 餌打ちは8時45分過ぎから。
釣り場には7時前に着いていましたが、おしゃべり&釣り場作り&いつものボランティア(ゴミ拾い)で午後から勝負と余裕の構え(?)


2017.10.09.000..jpg
外道対策で集魚材ゼロ+麩系ゼロでのスタートです。

  エサは徳用マッシュBにへらグルテンLL@のイメージで、手水を打って柔らかめに仕上げて打ち返す。仕掛けは、前年に比べ減水が酷いので竿が15尺(ここで15尺を出すのは初めてでした)とし、道糸1.2号/ハリス0.8号/鈎はヘラ鮒スレ9号をセレクト。そして2本の底釣りです。

2017.10.09.002.jpg
地元の釣具店で取り寄せてもらった巨べら対応の鈎(上州屋・キャスティングは品揃えとして存在しません)

 期待のへらの大きさからも10号を使いたいところですが、何せ中尺竿の底だし、この時期だし、ハリスは1号以上の太ハリスじゃないので8〜9号がバランス的には好みに合います。
 ハリスは40p×50pで共ズラシ。底の状態が心配も、満水じゃないのでそんなに気にならない印象。(満水だと高確率で底釣りは根掛かり多発)
 仙台のおんちゃん氏から薦められ新調した竿掛け+玉の柄で、玉網も尺5寸をおろして巨べらに備えます。竿もお気に入りを振って、釣れても釣れなくても「デビュー戦」の意気込みで楽しむことにします。しかし、目を疑うようなこんな水です。それより、今日オデコなら、この「第3ホーム釣り場」では怒濤の20連敗です。危機感たっぷり・・・。

2017.10.09.001.jpg
この水色は最低最悪です。第2ホーム釣り場より数倍酷い状態で水を汲むのも躊躇います・・・。





5人入って 誰も絞らず・・・



 時間だけが過ぎ去り、結局気がつけば16時を過ぎます。その間、アタリは1回かあっても2回か・・・。左隣の羽さんもほぼノーアタリで、右隣のS島さんも最初の30分で小マブを釣っただけ。19尺のY田さんも21尺のT田さんも「本命」には見放されています。
 午後から石岡のTさんが見に来ましたが、あまりの不調に足早に自宅に戻り、次の休みは別の場所で竿を出そうかと言い出す始末。

 Tさんによれば、平日は護岸工事が始まり、採石や蛇かごが搬入されたとのこと。
様子を見に行けば、小型のパワーショベルがスタンバイしていて、基礎の材料(資材)が積んであります。Y田さんの情報からは、ここ第3ホーム釣り場も護岸工事後は釣り禁止の流れとのこと・・・。実に寂しいお話です。ゴミ問題(ルアーのライン・廃棄されたワーム・空き缶)とバサーの不法なボート搬入、フローターの使用含め地元の管理組合が相当怒っているとのことでした。当然です。田畑に使用する水源ですし、その設備です。


2017.10.09.003..jpg
陽が落ちると山の陰にウキが入って全く見えません。  ゴールデンタイムなのですが・・・。

 釣りの方は、結局17時15分まで粘りましたが、マブナすら釣れず、ブルーギルのアタリを見た程度となり、遂に20連敗の大記録を達成する羽目に・・・。
 17尺を振り続けた羽さんもオデコで、16尺を振り続けたS島さんもオデコ。19尺と21尺のY田さん&T田さんもマブナを見た程度と、益々厳しく釣れない「第三ホーム釣り場」と成り下がる結果となりました。去年の9月は天国でしたのに・・・。

 不本意な「大記録達成」ですが、記録と言えばT田さんが難攻不落の「笠間」でへらを仕留めたとのこと。交通事故みたいなものだと仰いますが、常連でも20連敗は覚悟だし、人により30連敗とか、1週間通い詰めてノーアタリという恐ろしい釣り場。50p越では無くても、それはそれは貴重なへら・・・。そして、もう一つの「超」難攻不落な釣り場(丸秘巨べら釣り場)で快挙を達成されたようです。

 尺半前後が数釣りなど、本人はラッキーとか運が良かったと謙遜するも、我々地元民からしたら偉大な記録。運も実力のうち!

 で、残念ながらこの釣り場も来期は釣り禁止濃厚だそうで、既に資材が搬入され、一部埋め立て準備も進んでいるようです。
来期、50p上が狙える釣り場が2つ無くなる模様です・・・。巨べら狙いの私にとって、釣れない釣りも釣りのうち・・・なんて悠長なことは言っていられなくなりつつあります。2つの巨べら釣り場が現実に消滅したらお先真っ暗・・・。ここ第3ホーム釣り場も釣り場として終わってしまったようです。




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 22:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年10月07日

久々の釣行


第2ホーム釣り場へ!!


 10月の初釣行は、第2ホーム釣り場。この時期はほぼ記憶無しのポイント&釣り場で、午前10時50分からの釣りでした。で、いつもの相棒、羽さんも途中合流で、釣れない釣りを楽しんできました。
 前日の雨で水位は若干上昇、水温も程よく気温もまずまず・・・。

2017.10.07.01.jpg

−シマノ朱紋峰 攻 13尺にて−

 何故か13尺をセレクトし、道糸1.2号/ハリス0.6号の軽い仕掛けでスタート。
エサは、いつものマッシュベースで、共ズラシの底釣り。強風が予想されましたが、予報の通りとはならず良い感じの東北東の風。東は勘弁ですが、北寄りなら背から風を受けるしアタリも多いのがここ第2ホーム釣り場の特長。西の大風と東はいつも釣れませんが、北か南ならへら鮒に限らず「活発にエサを追います」から、悪くありません。


2017.10.07.00.jpg

 で、結果はクチボソ→スッポン→コイ→ウナギ→アメナマ→マブと外道のオンパレードで、本命はお預けでした。

またもオデコであり、お盆の「藤井川ダム」釣行以来1枚のへら鮒も見ていないという不本意な結果・・・。


相棒にへら・・・も


 13時過ぎに隣に入った羽さん、15尺(お得意のドボン)を振ってテナガエビ→アメナマ子ども→コイ多数→小マブ→へら鮒(尺1寸程度の小べら)のスレ2回と、二人揃って見事にオデコでした。

2017.10.07.jpg

形はまずまず(美形ヒレピン)も喰っていません・・・(僅かに口の外に鈎掛かり)

 17時まで粘りましたが、本命は喰いませんし、気配がありません。もう少し水温が下がり、外道が少なくなれば期待できるかも知れませんが、いかんせんウキの周りの「へら」は小型のみ・・・。来月はサイズアップして欲しいところです。贅沢ですが、最低でも40p〜でないと釣った気分にもなりませんし、複数枚手にしたところで満足できません。あくまでも尺半級を・・・と、エサであったり仕掛けであったり、餌打ちパターンであったりと工夫していますが、完全野釣り場故に難しいです。それが面白いのですが、こうもオデコ続きだと気が滅入ります(笑)

 今日は第三ホーム釣り場の主、Y田さんからコーヒーと肉まんの差し入れを頂き、3人で楽しく釣り談義をしながらの巨べら狙いも、前記した通りに外道だらけでした。明日も竿を出す予定ですが、何処にしようかと模索中です。




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年10月05日

傑作と駄作


は越えましたが・・・


 2週続けて竿を出しておらず、今度の連休こそは・・・と楽しみにしていますが、悪いことがあって意気消沈なbig51です。
 相変わらず、名刺や封筒、ポスター類・横断幕/懸垂幕などの小物から、冊子やパンフレット、建築・建設図面などで忙しくさせてもらっています。しかし、今回は『某大手損保』のパンフレットで大失敗・・・。
全40P/1,500部の冊子がキャンセルというより刷り直し。急ぐ分だけ修正シールを作成して納めましたが。当初、20万円の見積で蓋を開けたら何故か14万で受ける羽目(原価が12万なのに)になり、結果40P分の製版は実質無料・・・。

 で、それが刷り直しが+500冊(原価70,000円〜)+修正シール2種/3,000枚(30,000円〜)と手間・・・。当然その費用は全額こちら持ちです。最終的に合計2,000部+修正費用で大赤字でした。
 これが、この10月中旬に納入のため、全く気を抜けない状況が続いています。



傑作と駄作

 不完全データを預かり、全部修正し初校を提出。で、客先からの修正依頼の後、第2校正時に、より綺麗にと良かれと思って「余分なオブジェクトを消す作業中」、私が初歩的なミス(部分的な消し忘れで、文字が見えない部分が出てしまう結果)を犯してしまいました。それを客先の担当二人と私も気づかず校了となり、納入後に発覚・・・。一度OKになった部分まで『余計な親切心』で修正したのが原因でした。
 デザイン含め、久々の傑作?の仕上がりでしたが、ミスにより思い切り『駄作』となり、弁償する羽目に・・・。頼まれていないことはしないのが鉄則ですが良かれと思ってついつい・・・。他の部分では相手方の不備もあったものの、全て作り直しと言うことで、納得行く行かないの問題では無く、今後のためにも涙をのみました。

 と言う事で、「駄作」な冊子を作ってしまい最悪な気分になりました・・・。

 しかし、一方では「最高傑作」とは行かないものの、『趣味の葡萄つくり』では傑作の出来、そして味が表現できました。近所にも配り喜ばれましたが、先ほど仕事中に顔を出した弟にも味見してもらい、合格点をもらいました。
 実は、忙しいのであまり手を加えず、なんと農薬(殺菌剤&殺虫剤)も1回のみ。摘粒もせずジベ処理もせず放置していたのに・・・。


2017.10..jpg
−プロからしたら見た目は悪いですが「味」「香り」は良好でした。−
シャインマスカット!! 傑作かも?

 仕事での今回の失敗では、シマノの最高傑作シリーズ、普天元独歩の15尺か16尺が買えるレベルの損失・・・。欲しかったあの特作 天道でも特作 伊吹でも、どうやら竿1本分は損した気分です。
 そうは言っても、趣味・遊びの部分では傑作が仕上がりまして、来年が楽しみです。葡萄はこれから施肥して、落葉後は休眠させて『節分の頃』に剪定です。3月後半から少しずつ世話をしますが1年掛かりなので、手間が掛かります。スーパーなどで1房1,000円〜1,500円で販売されてはいますが、生産者は500円とかそんなものでしょうから大変さは解ります。女房と娘が大のシャインマスカット好きの為、シーズンで15〜20房以上消費するので、思いつき(数年前に購入した苗から既存の16年ものの黒系ブドウに接ぎ木)ではじめた青系ブドウ作りですが、手間(土作り・剪定・病害虫駆除と防除・摘粒・袋掛け)が掛かります。釣り道具・ウキと同じく、実際は買った方が安いかも・・・。また、消毒(実質収穫までに1シーズンで6回以上消毒します)も近所の目もあり中々大変なのです。よって、少しでも良いものが収穫できるとうれしさも倍増と言うことになります。
と言う事で、かなり無理矢理ですが傑作と駄作のお話でした・・・。
 ちなみに今回作業中の「玉の柄」「竿掛け」「万力」のリニューアルも私のスキルでは駄作決定ですが、自分で手がけたという意味合いにおいて、見てくれは別として楽しみます。コブラの皮や鮫皮や羽を物色中ですので、来春迄には完成させるべく気長に・・・。

 完全に自己満足の世界でありますが、自分なりの最高の竿と自前塗装の竿掛けで、最高の釣りをしたいと思っています。

リニューアルと言えば、駄作なこのブログも若干手直ししました。こうでもしないと、モチベーションが保てません・・・。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行記2017年