巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2017年06月28日

息抜き・・・


ホーム釣り場へ見学に(笑)

 2017.6.23の土曜の午後から今日(6.28.23:00)の今まで、ほぼ機械(PCは14時間・印刷機は17時間毎日稼働)を回しっぱなしの状態で、29年間で過去最高の仕事量ですが、逆にここ30年過去最悪の釣果がこの2017年・・・。

 幸いに今期も47p迄は手にするも、尺半はこれ1枚であり何よりまともなへら鮒をこの4月〜釣っていません・・・。そんな中、久々に外に出たのでホームに立ち寄りました。

 入り口から、対岸に常連のO氏と手前は見知らぬ老人、奥の一級ポイントに、ここの「主」の二人・・・。そう、羽さんとHGさん。そして今年還暦を迎える熱い巨べら師、石岡Tさんが見学中・・・。関係無いですが、3人合わせて丁度200歳です(^^ゞ

 約30分程度、私を含め4人で丸秘釣り場についてしばし談義。

ホーム釣り場000.jpg
減水していた時のポイント・増水し7月を迎えると好機到来

 かなり複雑なので今回は割愛しますが、臭う釣り場は臭う人には臭うもの(笑) 神レベルの50pOVERは勿論、噂では5○p級も実在するし、ハマれば(へら師5人以内でバサー他プレッシャーが少ない6月後半から梅雨空けでそんな日並み限定か)1日で40上50枚、尺半10枚も不可能では無いところは、ここホーム釣り場も同じでした。5年前は50上fever(実は48〜49pと後日判明も)もありました。丸秘で去年知り合ったS町のTさんや、旧U町のYさん(事実上の開拓者)が親しい釣り仲間にでさえも「絶対禁句」のあの釣り場の話題で持ちきり・・・。

 石岡のTさんの洞察力にはいつも驚きますが、彼を本当の意味で尊敬できるのも今日の話を含めた巨べら談義の時。Tさん曰く、初めて見かけたその丸秘釣り場初登場の『巨べら師』の方が周りに知られぬように尺4寸級は取り込まないかのような仕草だったとか・・・。やっぱり・・・流石・・・。真面目に流石すぎる・・・そう思いました。意志の弱い私には出来ないかも(笑)
 また、Tさんともその方とも私的には意見、考え方含め同じであり、真の巨べら仲間は本当に良いな・・・と、そして真の巨べら師は一味も二味も違うのだと再確認でした。私はまだまだ修行が足りません。反省も足りないかも・・・・。
 彼はある湖で25年以上前に50上を掛けるも、口から2oとか3oとかそんなレベルも、釣った事にしない本物中の本物。県央地域を自ら開拓(へら釣りにおいて)し、情報は豊富もこれぞ・・・以外は一切口外せず、スレた50上の話も封印していました。

 何を書いているのかすら不明になりましたので、その他は後日・・・。
限界レベルを超えていますので、電話対応・メールも訳がわかりませんが、こんな時にコメント頂いたり電話を頂いたり、何か凄く嬉しく思ったりします。70歳まで釣りが出来るのか未知数も、今のうちしっかり働いて老後は「毎日釣りを楽しみたい気分」が更に高まりました(笑)

 で、ここホームの釣果は不明も現時点で『尺半』は出て居ないとのこと、尺4寸も喰わないとのこと・・・。アタリも少なく『全盛期』の影は微塵も無くなったようです。

 さて、23時を過ぎましたので、最後の追い込みに入ります!



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 23:11| Comment(5) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2017年06月26日

画像を追加しました。


↑クリックで記事へ・・・


 昨日も今日も昼飯3分、休憩7分(ブログ更新)、午前様と体に良くないですね(笑)
週末までに息抜きに更新するか、やけくその出勤前釣行か・・・。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 13:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 更新した過去記事

2017年06月25日

結果は惨敗も・・・


雰囲気最高もアメナマのみ

 行ってきました、あの釣り場・・・。
へら師は皆無、マナー違反・ルール違反のバサー数名、同行者も「型」見ず・・・でした。釣れたのは「チャンネルキャットフィッシュ」?のみでした。モジリの正体は、ヘラでもマブでも無くアイツっぽいですね。

 釣り仲間のT松氏に送り迎えまでしていただき、お互い成果無しでも、帰路では新たな秘密釣り場探しで楽しみました。また、釣り場のメンバーも、神的な釣果を残す本物の巨べら師、そしてためらいなく猛者と言える方と貴重な時間を過ごさせていただいたり、釣れなくても良い1日でした。セットしてくれた? Zさん(仮称)有り難う御座いました。

2017.06.24.jpg
ここで竿を出しましたがナマズのみ・・・


複雑な気持ち・・・

 土曜午後、日曜と今時点、とんでもないことになっていて、釣りどころではありません。(ブログは息抜き&ストレス発散+記録です)幸か不幸か「あり得ない」仕事が舞い込み、見積と試し印刷で既に17時間四苦八苦。このご時世、仕事があるのは嬉しいも、殺人的スケジュール確定です。暖めていた仕事の他に、先日のPとまたたきのフルセットじゃありませんが、確実にそんな仕事ですから、未回収になったりクレームになったり、それよりも納期が心配です。何よりも外資系の企業であり、カ○ダ人の担当者と通訳の方・・・。数億〜数十億規模の工事竣工図で、しかも何故か西日本の物件・・・。正直複雑というか、不安にも成ってきます・・・。

 仕事あっての釣りと言うことで、期待の地元釣り場も、最高の陽気+釣れ始まる時期なのに完璧にお預け状態でした。

2017.06.26更新 画像追加


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 21:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣行記2017年

2017年06月21日

金曜の夜に出陣!


右も左も解らない釣り場へ・・・

 相変わらず仕事が切れず、今週も多忙な毎日を過ごし、明日は既に木曜日・・・・。
昨夜は、幼なじみの親父さん(享年80歳)の通夜で、地元の旧友等と久々に顔を合わせるも、昨今はセレモニーホールもアルコールも自粛傾向なので、良くも悪くもかなり静かなイメージでした。50代前半〜後半の後輩・先輩など、久々に同じ空間を共にしましたが、人によってですが皆さん見た目が70代〜40代位の開き(あくまでも印象)があり、思うところがありました。個人的な見解として、私は良いのか悪いのかは別として若く見られがちなのですが、この年になっても若く見られるのは悪くないのかな・・・と(笑)

 通夜に出向く途中、釣り仲間のT松氏から連絡があり、未知の釣り場にてナイターのお誘い・・・。足の無い(実質自分所有の車も、8割〜9割女房の足になってしまっているため)私を気遣ってか、拾ってくれて現地まで連れて行ってくれるとのこと、かなり嬉しいお誘いだ・・・。

予定する釣り場はここ↓なのですが、いかにも『巨べら』が・・・的な。


<img src="http://blog.sakura.ne.jp/images_e/e/EFCA.gif" alt="丸秘" width="15" height="15" border="0" />釣り場.jpg
いかにも・・・の、素晴らしい景観を持つあの釣り場! 釣れれば「へら」も格好良いとのこと!
教えてくれた『巨べら師の方』の了承無しなので釣り場は非公開です。


ナイター決行予定!

 100%確定ではないものの、今時点は行く気満点でありナイター用の仕掛け含めて段取りを開始せねば成りません・・・。
楽しみです・・・。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2017年06月20日

家族サービス


閃光P/18尺と21尺のかわりに・・・

 今日も晴天です。梅雨らしくない日々が続きますが、明日はやっと雨が降るようです。今度の土日は楽しみになりました。

 さて、先週は仕事を後回しにさせてもらい、土日を利用して『年に1度か多くて2度の』家族サービス・・・。
たかが1泊2日も、宿泊費用と施設の利用料と、往復の燃料/高速代など交通費諸々でこの夏に購入予定だった巨べら用の『竿』複数本分「散財」してきました(笑) 
 宿泊費だけでウン万円×3・・・も、延べ2日間グルメを楽しんだことを含め、70分の全身マッサージ、竿を振るのと一緒で、約10時間以上楽しんだ各種温泉、プール、サウナ・・・美味しい酒、そして目の保養と、まさしく命の洗濯をしてきました。

 閃光Pなら軽く2本いや3本、頼刃またたきなら3本か4本・・・、とは言え、家族と仕事あっての『巨べら釣り』なので、変に考えを曲げては良くありません(笑)


命の洗濯.jpg
金を湯水のように使って命を洗う遊廓の客。実は左上の花魁(おいらん)に振られて恥をすすいでいる?


2017.06.18.jpg
枕が変わっても寝心地は最高でした・・・。


地酒!

こんな名称の『ウキ』もありましたね

2017.06.18.000.jpg

※花春 王道の味。会津の銘酒「花春」純米


【散財・・・?】

 稼ぎの範囲内・・・。であれば「生きたお金の使い方」ってことで、したいことがあれば、自分の財力が続く範囲内で自分に投資を・・・と。散財と言っても、竿や道具に限らず、結果何らかの利益が得られたかどうかだけの問題ですね。先月と今月は、魚は釣れませんが、車検や保険や税金やタイヤ交換、事務所の外装リフォームと重なりました。竿の新調はいずれ・・・。

で、四時ダムや高柴ダムが目と鼻の先だったので、是非とも・・・・と考えましたが、道具は無いし家族が一緒なので今回はスルーしました(笑)

 と言う事で、命の洗濯で『全身メンテナンス』も完了しました。体も軽く、頭も軽い・・・。ついでにサイフも(笑)  
来週から巨大な夏べら狙いで「本格始動」致しますよ!


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 13:33| Comment(2) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2017年06月16日

パラソルの季節


空梅雨なのか?

 東京では5月1か月間の降水量が、たったの49ミリ!とか。平年の36%しか降っておらず、統計を開始してから最も低い降水量になってしまったようです。気象庁によると、2017年5月は広く高気圧に覆われて晴れる日が多くなったことなどから、1か月の降水量は西日本の日本海側と東日本でかなり少なったそうです。
 で、今月6月も今日を含め雷雨は2回ありましたが、またまたお湿り程度・・・。
へら鮒が活性化しないはずですね。まぁ、正解かどうかは、へら鮒に聞かないと解りませんが(笑)


今度はパラソル新調

 空梅雨と言っても必需品・・・。これも消耗品の一つ、ヘラ釣り用のパラソル。日よけとしてこれから訪れる夏も、この時期(梅雨時期)雨対策にも無くては成らないアイテム。ビーチパラソルで代用するのも悪くありませんが、個人的には何か違いますから「専用の」パラソルってことで、長いことシマノ製を愛用していました。しかし、形あるものはいつかは・・・ではありませんが、経年劣化が酷く実は「梅雨入りと同時」に重い腰を上げて遂に購入に踏み切りました。


シマノ-パラソル.jpg
約5年間使用して遂に「疲れ果てた」シマノのパラソル・・・


【大型パラソル 釣宝120】×set!

野釣り派の方に不動の人気!とか・・・。


パラソル.jpg

首振りタイプ+王座専用フォルダー+ベルモントパラソル2WAYキーパー


【大型パラソル 釣宝120】

 2セット買ってもシマノのパラソルより断然安い・・・。で、半径が約120cmOVERで、とにかく「デカイ!」です。広げると直径が約210cmになり自分だけでなく、周りの荷物も雨や直射日光から護ってくれるようです。先週1度だけ使いましたが、フレーズの通り、一度使うとやめられないパラソルかも知れません・・・。正直持ち運びには少し重いですが(笑)

 昔懐かしい、佐々木(SASAKI)のパラソル、イソクニ・エリートジャンボ、そしてシマノと使用してきましたが、それらに比べても安定性・機能性・価格含め野釣り派には打って付けです。管理釣り場や混雑する釣り場では迷惑千万でしょうか(笑)

 今まで何故買わなかったのか、自分でも良くわかりません。
耐久性・経年劣化含め、セコいようですがこのパラソル、今後4年か5年は使えるのでしょうか?(コスパに優れているとは思いますが・・・)首振り機能/風抜き機能付きと、加えて専用フォルダー使用時の安定感、悪くないと思います。


 2017.06.16(金)18時25分更新




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 18:24| Comment(4) | TrackBack(0) | その他・雑感など

2017年06月14日

巨べら対応玉網


玉網(尺五寸)を新調

 へら鮒用の玉網・・・・。

 巨べら狙いであちらこちらに転戦(亀山湖・相模湖・印旛新川・北部手賀沼)していた時期、どの釣り場に行っても出会うへら師の多くが、管理釣り場兼用の尺玉で釣りをしていました。尺五玉はレアな商品だったのかも知れません。関西や、九州など西に行ったことがありませんから、関東だけのお話で恐縮ですが・・・。

 最近は、地元釣り場オンリーの為、そこまで気にもしませんが、地元ですら『大きいのを狙っています』というへら師(つりびと)が、平気で8寸とか9寸玉なんかを傍らに餌打ちしていると、正直申しあげ思うところがあります。これは、予算とか経済的とか、そういうことでは無いと思います。本気で巨べら・大型を釣る気があるのか、尺半UP目指し真面目に取り込む気があるのかとすら・・・。(最初から釣れれば尺でも9寸でもの方には無関係)


 またまた角が立つ様な記事ですが、『自称』大型狙い語るなら、最低でも尺2寸、いや尺3寸玉は必用で、玉の柄も2本物は用意したいですよね。欲を言えば尺四寸玉は欲しいし、尺半を、いえいえ50p上を目指すなら尺五寸玉は必用かと・・・。


玉網尺5寸.jpg

 左が新調した尺五寸玉/右が完全自作の尺四寸玉

 巨べら狙いで尺以下の玉網・・・。尺前後とは魚種が異なるほどの違いがある尺半上、まず口を使わない尺半上。そして、奇跡的にも50pに迫るようなジャンボ個体を仕留め、取り込むにはそれでは心細いし、頼りないし、個人的にはやはりあり得ない。言ってしまえば、個人の自由・人それぞれ・へら師の勝手・玉網は関係無いetc・・・あるとは思いますが、私は『必然的に』大きな玉枠・玉網に拘りを持ちます。

 網が五万も十万もするならいざ知らず、消耗品とはいえ『へら鮒釣りスタイル』の玉枠を使いたいし、磯玉(軽い・手頃・選択の幅広さ)を完全否定するつもりは毛頭ありませんが、巨べら狙いなら『できる限り』へら鮒釣りに準じた玉網が欲しいところですね。最近仲間内から聞くところ、そして以前から自分自身で感じるイメージとして、磯用を代用している時点で個人的には『へら鮒に対する愛情』が無いと・・・。そういう人に限って、メディアに感化されてか「激浅の30p程度の水域」で、ハタキ時に短竿+あり得ないような太仕掛けでスレ取り上等で磯玉に「腹パン」を詰め込みます。最悪です・・・。


で、尺五寸玉


 そんなの持っていても、掬う機会が・・・とのご指摘は多々ありますが(笑)

そうは言っても、玉枠にしても替え網にしても、なかなか売っていませんし、安いとは言えませんから難しいところではあります。

 巨べら狙い中心の、ここ20年で4回目の新調ですが、尺3寸→尺4寸(自作)→尺4寸→やっと尺5寸と、今更ながら・・・でお恥ずかしい話です。


 2017.06.16(金)更新




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 18:43| Comment(6) | 小物・仕掛け・拘り

2017年06月12日

夢を諦めず


続・地獄の釣り場

 この土日も遊びに(巨べら狙い)・仕事に忙しく、土曜はいつもの午前様で、日曜は今週も5時から出け、18時過ぎまで釣り場に・・・。20時に帰宅し、友人の仙台のおんちゃんと釣り談義、そこから22時過ぎ迄仕事。で、ブログ更新はお預けでした。

 昨日は今期8回目のとある「湖沼」の釣りで、なんと今期ここだけで9連敗・・・。8時前から餌打ち開始も、6時間ノーアタリで残り4時間は、明確なアタリ4回で1回は見逃し、2回はコイ、1回はマブ(半べら・合べら)というこの時期なのに・・・という過酷さ。ノーサワリ・ノーアタリの6時間のうち、2時間はゴミ拾いで時間をつぶしました。空き缶やペットボトルや吸い殻がありすぎて毎週掃除してもキリがありません。バサーの残したラインは星の数ほど・・・は無いにせよ、コンビニのレジ袋に収まるほど・・・。ルアーもワーム類を含めて相当数拾いました。ルール・エチケット・常識などの言葉がありますが、『つりびと』にはそうしたモノが欠落した面々が多々だと痛感します。へら師は限られた面々のみも、このままなら釣り禁止は近いと思いました。


地獄と言えば笠間湖
 昨日は雨上がりなので、飯田ダムに出陣しました。5時に出掛けたため、現地で6時前から偵察してましたが、モジリは殆どありません。と言うか、4時半とか5時頃じゃないとそもそも見られないのですが・・・。各ポイントを見て回るも、へら師は皆無。バサーも2〜3人で県外から来ているコイ師が2人のみ。水戸ナンバーの車がありません(笑)

 有望ポイントに降りて状況を見ましたが、水が澄みすぎていて、そして減水しすぎていて、生命反応が皆無に等しく断念しました。
 昨年2016年は23連敗、それ以前から計算すれば、既に30連敗しているので、いまさら何も感じませんが、釣れるとすれば今は50上らしく、夢を諦めず私もいずれは・・・と。


2017.06.1000.0001.jpg
一級ポイントにつりびと無し(減水しすぎ・・・)


本当にへら鮒なのか?

 先週書いたように、ここは3K釣り場。新しい3Kとして、新3Kという言葉が使われるようになっていると書きましたが、きつい・帰れない・厳しい」で、結果はまたしてもオデコでした。唯一相棒の羽さんが9ヵ月ぶりに本命も41pの長手のへら・・・。当然うれしさは伝わってきません。私も撮影する気持ちになりません。別のポイントに入った常連さん2人は3枚とか5枚とか両目が開いた・・・と仰います。型を聞けば尺〜尺2寸・・・。私が納竿間際に釣った尺2寸級の怪しい魚を『これがへらじゃなければへら鮒は居なくなるよ!』と、心強いお言葉も、個人的にやっぱり「違う魚と結論づけました」。撮影直前に玉あみから逃げられましたが、8割へらで2割がマブって感じでしょうか。ウロコが今一、目の可愛さが今一、体高とボリューム、尾の付け根も鰭も「へら」そのもの・・・。まして、宙の釣りだったので普通にへら鮒と思ってしまう人が圧倒的かと思いました。

 さて、流れとしてはお昼まで釣りにならず、2時迄は釣り場掃除、2時過ぎから餌打ち再開です。泡づけはコイが多いも、巨ベらのそれもあって、雰囲気だけは最高・・・。先週に引き続いて21尺で底狙い・・・。14時15分を回る頃、餌打ち点周辺に魚の気配。そして、ウキから出る気配として、底付近に水流を感じます。

 そして、エサ落ち付近から目が覚めるような、力強い『ドンっ』と言うアタリ・・・。

2017.06.11.002.jpg
コイの泡づけが近づき、まもなくドスンと落としました・・・

2017.06.11.001..jpg
色付きは何故か引きが強いです!

2017.06.11.000.jpg
ハリス0.6号でも21尺なので切れません!/60pに少し足りない緋鯉・・・。

 しかし、本命ではありません・・・。
その直後、今度は70pに迫る本物の『コイ』と10分格闘・・・。この時間、2回アタリがあって2回連続コイで、この2回で15分以上の格闘なので『腕』はパンパン、道糸は伸びるし、タナは変わるしで17尺の宙に変更します。エサは朝から『マッシュベースの麩系もしくはグルテン配合』のパターン。マブナも釣れず、ブルーギルのアタリがあるレベル。参りました・・・。
 へら鮒を釣った話は聞きますが、私は見てませんから「合べら」の可能性も否定できません・・・。ですが、本人がへらと思って釣っていたのなら、それはそれで否定しませんし、競技じゃ無いし勝負しているわけでも無いので、余計なことは口を出しませんでした。私が納竿間際に釣った『ぽい魚』は、断じてへら鮒では無かったのは確か。また竿を出す機会があれば『その魚』を撮影して公開します。


県内3つの地獄釣り場

 そして日中はT松さんから連絡を頂き、完全非公開のもう一つの釣り場で遂に尺半に迫る1枚を仕留めたようで、正直こんなに早く仕留めるとは思いもよらず、聞いただけでただただ感動でした。噂レベルも55pとか57p・・・春限定でそれ以外は地元の常連、本当の意味の猛者達がこのシーズン手も足も出ない釣り場・・・。
 現地の環境からしても、地元へら師に聞いた感触も含め1回竿を出せば2度と来たくなくなる釣り場で、超巨べら師のZ氏とのコンビで夢に向かっています。笠間にしてもここにしても、有名な心霊スポットであり、へら師はほぼ皆無だし、まず釣れないので敬遠される水域。とはいえ尺半、いや50上を喰わせれば、釣った本人にとってそれは天国ですが(笑)

 来週は所用で釣りが出来そうに無いので、再来週は合流しようかと・・・。夢は諦めたら終わりですから、今後も『諦めず』に頑張ります!
と言う事で、またまた今回も完敗でしたが、明日の勝利(次回こそ尺半を釣る!)の為にはそれを認め精進します。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:23| Comment(3) | 釣行記2017年

2017年06月10日

ホーム釣り場偵察


明日の予定・・・

 明日は6月11日(日)、あっという間に10日経過ですが、気象庁から梅雨入り宣言があったものの、全く梅雨らしくないイメージですね。雨は降りましたが、水戸市内は申し訳程度の夕立でした。で、ようやく本腰を入れて釣りが出来そうな・・・。なんて、先週書きましたが、『とんでもない』ことで、全く手が空かない1週間でした。それでも明日は週に1回の楽しみな釣り。

何処へ行くかは気分次第・・・。

  昨日金曜日、納品の帰り道に『ホーム釣り場』を覗いてきましたが、へら師は皆無でした。釣れていないので誰も来ません。へら師は正直です(笑)
 この春の工事で、底が変わって付き場も変わったのか、毎年見ていた『へら玉』も無く、モジリも無く、赤潮?っぽいプランクトンの死骸を含む悪い水があちこちに・・・。一応、生命反応がある水域をチェックしてきましたが、私の好まない『短竿』しか振れそうに無いポイントでした。例年、この時期は15尺以上なのですが、どうせノーアタリが目に見えているので、明日は早朝に10尺でも振るよりダムにでも・・・と。

へら  2013.06.15.002.jpg
釣れていた頃の『アベレージサイズ』/40p以下は希でした。


へら  2013.06.15.jpg
10枚〜20枚に1枚は尺半超えも(大袈裟か・・・)

 4年前までは6月には入れは、ホームでこんなのが楽しめたのですが、今は魚も減ったし、スレたし(連日攻められすぎた為)40〜45p前後が朝に限らず、昼間に限らず複数釣れていましたので釣れないのは当然かも知れません。更に、ナイターで攻められ、大水で魚も流されて、今や悲しい釣り場になってしまいました。


ダム(湖)か沼か池へ!

 夕立があった今日、恐らく県央地区のどの釣り場も活性が出るのでは・・・と勝手に期待していまして、ダメ元でマッシュを打ちに行きます。先ほど、相棒の羽さんと連絡を取り合うと、ホームで初ベラも尺2寸とのことで、足が向かないとのこと。私も昨日ホーム釣り場を偵察に行きましたが、良くないイメージしかありませんでした。よって、夜明けと共に・・・とは行きそうもありませんが、明日はダム湖に6時前には着きたいところ。朝のモジリで判断したいと思っています。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。

posted by big51 at 20:45| Comment(4) | 過去の釣行【pickup】

2017年06月09日

50上はやはり神?


尺半/鈎が口に入るのは僅かか・・・

 本物の巨べら釣り師・・・と言うと語弊がありますが、以前にも書きました通り『巨べらブーム』が必然的に訪れ(何処もここも大型化が進む昨今)るも、野釣りでは尺半以上を仕留めるのは至難の業。本物は尺半が如何にエサを口にしないかを知っています。専門書籍など発行部数・売り上げは良くわかりませんが、若い人を中心に書籍などの文字情報では無く、SNSにて良くも悪くも色々な情報が拡散しているようです。超極太の仕掛けで、岸から超浅場に張り付き、スレても計測して撮影して弄りまわしたり・・・。

 昨夜の『巨べら釣りの番組』を見て思うところは、尺半超えのへら鮒釣りの醍醐味と難しさ・・・。あれだけの釣り場ですら、そして、あの名手とも名人とも言われるプロでも、しかも地元サポートがあっても簡単では無い現実。昨夜のブログ記事のコメント欄で、裏方さんからコメントを頂きましたが、尺半はスレばかり(萩野さんの桧原湖とは別です)で、喰わなかったようです。

 冒頭のような状況下、巨べら釣りの掲載される書籍や釣り番組をもっと多くの人に見てもらいたいと・・・。何処か軽い感じのSNS情報(誇張・誤報・単なる自慢)より絶対ためになります。基本、メディア嫌いの私でも、今更ながら改めてこの釣りの楽しさ・醍醐味・難しさを感じました。



日本最大のへら鮒?



公式サイト(←Clickでjumpします。)


釣り百景002.jpg

まさしくロマン・・・。【clickで拡大できます!】

 で、今回は姉沼の64pのホルマリン漬けとか、伊藤さんの転戦・連戦を含め、萩野さんの寒そうな秘境/桧原湖の釣りなど、「見る側にとって」は内容が濃く、楽しく興味深い1時間でした。で、裏方の皆さんのご尽力も番組中で垣間見えました。

 後の機会に触れたいと思いますが、番組後半で紹介された『64p』のフナですが、先人の識者の認定書があったりすれば、なかなか発言には難しいものが・・・。でしょうか。個人的には、夢が無い話で恐縮ですが、64pのへら鮒?の新聞記事のコピーが映った瞬間より前に、「目」と「鼻の穴」と「上唇」を見た感想として正直『?』がよぎりました。実物は見ていないし、側線の鱗も調べたようなので、私一個人の戯言と言うことで(笑)
 聞き伝わる情報では、へら竿に掛かったわけでも無いので、まぁそれはどうでも良いのですが・・・。


へら鮒の扱い方 流石でした!

 と言う事で、一通り記憶をたどってみて上記のような印象を持ちましたが、本当の意味で感動したのは、メインのお二人の『へら鮒』との接し方が強烈でした。特に、伊藤さんの魚の持ち方や扱いは(YouTubeの別番組でもそうでしたが)優しく丁寧で、まさしくへら鮒を愛している・・・って感じでしょうか。計るにしても丁寧だし、正確だし、釣り方や餌打ちと言う事では無く、その他の何気ない仕草・行動・言葉と見習うところは多々でした。
 地元や遠征時に、現地で見る「血だらけの悲惨」な巨べら、扱いが荒くウロコが落ちたへら、ヌルが取れてしまう位に「弄りまわされたへら」を見ると本当に心が痛みます。必要以上に外気と触れるのは、へら鮒にとって苦痛以上に無いですし、まして抱卵していたらなおさら・・・です。
 全国的にへら鮒自体が「巨べら化している」とは言え、実は『巨べら』と言われる42p以上、もっと言えば45p以上の個体は減少傾向でしょう。そもそも45pに成長する環境があっても、それに到達するには並の生命力と警戒心では無理だと思っています。なので、なおさら手にした『へら』を大切にしないと・・・と常々思っています。今回の番組では、そういう部分を特に感じた次第です。


 私の地元の某巨べら釣り場など、ここ4〜5年(実際は3年程度か?)で見かけるようになった釣り師(あえてへら師とは書きません)が、SNSの影響含め凄い釣りをしているようです。釣り仲間のTさん(現地に四半世紀以上、春に登場されているベテラン)が、見慣れないその彼の行動に唖然としたそうです。なんと磯ダモに『腹パンの抱卵べら』を3枚入れてキープしていたと聞きます。いやいや、こんなの小さいうちですから・・・等と言い放つも、やたらと写真を撮り、計測のために弄りまわし、挙げ句に磯ダモで水深30pあるかないかの場所に放置とは呆れてものが言えません。
 ここはもっともっと大きいのが居ますから・・・なんて、その大ベテランに向かって・・・。そもそも口に出さずとも、Tさんは25年以上前にここで50上(2〜3o口からズレて喰っていなかったので人に言いません)をもう少しで手にした実力者。見た目は別として、その人柄も言葉遣いも丁寧・大袈裟なことも言わないタイプなので、ただのその辺に居るオッサンと勘違いするのも無理はありませんが・・・。

 魚は(野で40pになるのに何年かかるとお思いか!)大切にせねば成りません。



脱線しましたが、50pを釣ってやる!



なんて、そうとう意気込んでますが、未だに48p級との縁も無く、もっともっと精進せねば・・・と感じました。このブログに書き込み頂いている「ケンちゃん」氏がいつもつぶやく通り『42p位までしかエサを喰わない』とのコメントは、まるっきりそのままでは無いでしょうか。尺半など、やはりそうそう釣れません(口を使いません)から価値があって、50pなんて言えば夢ですね。

 しかし、今後もそれを追い求めたいと思います。



 今夜も、こんなことを書いているうちに午前様確定です。仕事の合間に気分転換で書いていますから、誤字脱字はお許しを・・・。
 恐らく明日も休めず、釣りは気が向けば早朝の出勤前か・・・。いや、今週は2時・3時なんて日も有ったので大事を取るか・・・。正直迷ってます。

−2017.06.09(金) 22:55 再更新−


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 22:42| Comment(15) | その他・雑感など

2017年06月08日

楽しみな今夜!


産卵を控えた大型(巨べら)は・・・

公式サイトにも(←Clickでjumpします。)あるように、そして皆さんが知っている通り、産卵を控えた個体の警戒心は半端なものではなく、更に大型となると一日に数回アタリが取れるかという忍耐のいる釣り・・・。
 場荒れの酷くない、そして関東ほど「スレ」ていない『東北の地』ですら、そうそう簡単に50上はでません。しかも、プロ中のプロでも『50神』はまず微笑みませんから、毎年毎年、何年も続けて夢の50上を釣る人は、本当の意味において『神がかっている』か、ちょっと過激ですが本物の『大嘘つき』のいずれか・・・(笑) 
 今夜のこの放送を見たら、これはこれでもの凄く勉強になるように思います。SNSの世界を彷徨うよりも、ずっとずっと価値が高いかと・・・。



釣り百景 へら.jpg

仰る通りです・・・。【clickで拡大できます!】

 けして深い意味はありませんが、個人的に本当に久々に『視聴予定』のへら鮒釣り番組。私は業界にはもの凄く疎く、お恥ずかしいですが、それなりの年月とその思いで『巨べら釣り』を楽しんでいるのにもかかわらず、こんな番組があったとは全く知りませんでした。知った理由は過去ログ(この4月〜6月)の通りです。特に6月はじめ等・・・。

 今回登場されるお二人には、色んな意味で感じるものがあって、仕事を早めに切り上げても『録画』じゃなく『リアルタイム』で放送を視聴したいと思っています。あと、2時間後・・・ですが、相変わらず先週から土日も祭日も関係無く2時〜3時に寝床に付くような生活で、流石に『心身共にボロボロ』なので、心を洗う思いで視聴したいと考えています。
 本当は、リアルタイムで視聴するのでは無く、リアルにその場に・・・って気分なのですが、いかんせんそうそう世の中は甘くなく、そしてそういう都合の良い事例は、まずありませんね。


アルコールを控えて(笑)

 と言う事で、あと2時間後ですが、それまでに作業(仕事・本業)に目処を付け、酩酊状態で見るのでは無く『平常心』で見たいと思います。釣り仲間や友人知人含め、へら鮒釣り関連での情報も含めて言えば、私個人的な感想はありますが、今回登場されるお二人は人間的な魅力もあって、しかもあり得ないぐらいにタフであって、釣りも桁外れに上手いし・・・と。

あれ・・・。もう既に酔っています(笑)

 今回はいつもよりテンションが高く、そして勝手な「独り言」と言うことで、どうかご勘弁下さい。で、今度の土日は、陽気に一切関係無く、多分相当に「熱くなりそう」です(笑)

2017.06.08(木) 20:12 更新


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:00| Comment(9) | その他・雑感など

2017年06月05日

連敗止まらず!


天国釣り場改め地獄釣り場

 昨日は遊びに(へら鮒釣り・巨べら狙い)・仕事に忙しく、土曜も午前様で日曜は5時から出掛けるも、18時過ぎまで釣り場におり帰宅は20時過ぎ。そこから24時迄仕事でブログ更新もままならず・・・。

 今期7回目のとある「湖沼」の釣り。昨年10月は8連敗であり、あれから通算で15連敗の釣り場。釣れるのは「良くてマブナ」、外道は何処の釣り場も一緒で「ブルーギルとコイ」がほんの時折・・・。その他は4時間ノーサワリ、6時間ノーアタリ当たり前という過酷さ。

 3K等という言葉を思い出しますが、3Kといえば汚い、きつい、危険)昨年の一時期を除いて、まさしく3K釣り場に成り下がりました。と言う事で、以前ブログにも書いてしまった『夢の釣り場』・『天国釣り場』は、たまたま運良く釣れただけで取り下げます(笑)

 いずれにしても、完全非公開であり、親しい釣り仲間でさえもお知らせしていない内緒の釣り場・・・。釣行も毎度例外なく相棒の羽さんとのみ。ほか、羽さんの友人の石岡のTさん位しか釣り場に来ませんし、また釣れません。で、今後も100%公開しませんし(釣れないし、4人入ればパンク、そもそも釣り人自体が嫌われる場所)、不要な場荒れを心配しています。


2017.06.04.002.jpg
飛天弓 閃光G21尺(折れたり壊したりで3本目の21尺)


新3Kという言葉・・・


 3K釣り場と言っても、私個人は釣れない時間に空き缶拾い、ゴミ拾い、釣り糸や倒木を焼くなどして、ちょっとボランティア的なことをしているので気が紛れるのも事実。まぁ巨べらに限らず、地合いがあるので、それまではのんびり・・・。
 昔ほどガツガツとはやりません。

 そういえば、現代では新しい3Kとして、新3Kという言葉が使われるようになっているようです。きつい、帰れない、厳しい」や、「きつい、給料が安い、帰れない」等、いくつかバリエーションが有るとか無いとか・・・。


2017.06.jpg
朝から日の入り近くまでやってマブ1枚/ブルーギル+コイが数回

 ここは、釣り場に行くのがキツイ(自宅から遠いし、道路も酷い)、釣果が望めない、釣れるまで帰りたくない・・・。そんなのがぴったりなのです。オオスズメバチやマムシ、ヤマカガシ・・・。イノシシにカエルに、ダニやらケムシやらブヨ・・・。不気味だし藪も多いし駐車スペースも限られ、どおりで我々と常連さん2人以外は誰も居ないのが今更ながらに理解できます。

 さて、釣りの方はのんびりと7時〜でした。先釣者のYさんと2週間ぶりに会って、状況を聞くも思わしい結果は無し。Yさんの友人と我々2人(羽さんの車に同乗)の4人。4人程入ると何故か『釣れず』で、このメンバーでかれこれ15回以上誰も釣りません。
 マッシュポテトベースでのエサは、私が徳用マッシュにグルテン配合(へらグルテンLL)で、羽さんは尺上に巨べらで麩系で仕上げる。麩系だと『ブルーギル』も『コイ』も賑やかに・・・。私はコイも来ないしギルも来ない。二人とも大鈎+大エサなのでコイ以外は鈎を咥えてくることはないものの、『タラ』『レバ』の釣りはなんとも厳しい・・・。

 照り返しが暑いし、長竿なのでキツイし、でも50上を釣りたいので帰れない(笑) 
そんなこんなで、日の入り直後の19時近くまで粘り、オデコで15連敗という記録をお土産に帰路につきました。

 まさしく地獄のような釣り場・・・。そして連敗も止まりません。ここ、とある湖沼は止めにして、来週は「川」か「湖」かあの「沼」にでも行こうかと考えています。大雨ならあの『ダム』と言う選択肢もありますが・・・。

 50上を早く釣りたいです!



 前回更新の記事・・・。
2017.06.05(月) 21:03分 再更新


 くだらない内容にもかかわらず、コメント頂いた「岩手の佐々木さん」や、毎度おなじみの「ケン」さん、ありがとうございました。今からコメント入れます(^^ゞ

 今夜も残業です・・・。日付が変わる前に仕上げます。





にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 20:12| Comment(6) | 釣行記2017年

2017年06月03日

梅雨入り前!


長靴の季節

 あと90分でまた日付が変わります。そして6月4日(日)と・・・・。急な仕事?で釣りの予定はキャンセル。現在は流石に疲れ果てまして、何も思い浮かびません。ストレス発散が出来ず、これでは良い仕事ができませんね(笑)

 さて、午前中は納品先の隣が上州屋だったので、ふらりと立ち寄り『へら鮒』コーナーを見るも、閑散としていて『土曜日なのに客がいない・・・』状況。余計なお世話ですが業界の先行きが心配です。へら竿はケースのみ展示。小物もエサもあまり充実していません。(以前に比べ)茨城が発祥の地である上州屋さん。全盛期は、へら鮒館・水戸駅南店・東原店・ほか、25万人の地方都市にも関わらず水戸だけで「全部で3〜4カ所」あったと記憶します。ネットが無い時代、通販も全盛では無い時代、竿など朱紋峰シリーズや飛天弓シリーズでお世話になりましたが、今はそこそこのレインウエアを買ったり、釣用の長靴を買う程度・・・。

 たまには買い物も『ストレス発散』にはなります(笑)

ブーツ.jpg


 現品限りでした。何故か長靴に限らずアウターにしてもフットウエアにしても、最初に売れてしまうLLサイズが8,600円(税込み9,288円)。今時お得感が少ない2割引の6,880円(7,430円)でしたが、ここは迷わず購入。安いか高いかと言うより、私の場合無用に図体がでかいので『サイズ』重視なのでLLとか3Lがあったら儲けもの・・・的です。先月はシマノの帽子とレインウエアを新調ましたが、実物を見て買えるし送料が掛からないなら、店舗で買うのも悪くないかな・・・っと。


Shimanoブーツ.jpg

スパイク付きでこれならダムも急斜面も安心かも・・・


 来週から梅雨入りっぽいので、
    
             備えあれば・・・と言う事です。


 たかが長靴ですが、ホームセンターの2,980円とかだと、1年持つかどうかであり機能性は乏しいし、履き心地以前に見た目も・・・。安物を買って1〜2年しか使わないなら、そこそこのもので4年使った方が良いかも・・・が私の持論。

 ちょっと貧乏くさいですが(笑)

 まぁ、道具で釣果が変わったり、身につけるものでアタリが出るわけじゃ無いのですが、自分の考えで、人それぞれで良いと思っています。どうせ釣るなら気に入った竿で、相性の良い竿で・・・ってところですね。
 初心者がフラッグシップランクの竿を使っても、ベテランが入門者向けの安価な竿を使っても良いと思います。人によって他人の旧モデルや廉価品を無闇にバカにするきらいがありますが、正直に真面目に釣りに向き合えば良いと思っています。とは言っても、巨べら狙い専門の私は、そろそろ飛天弓 閃光Pと飛天弓 またたき(いずれも巨べら対応の)を使いたいと思っていたりします。忙しいなんて言っていられません・・・。

 梅雨入りへカウントダウンです。明日は、必ず竿を出します。何処行こうか・・・?

 今から約6時間前に、釣り仲間のT松さんから連絡があり、あの『難攻不落の』の秘密釣り場(情報が少なすぎ+釣れないので滅多に行かない+仲間内での釣果0)で、先日知り合った巨べらハンターのZ氏(仮称)と並んで竿を出しているとのこと。顔を出したいところですが、この時間まで仕事だし・・・。で、そのZ氏は日の入り前にしっかり『へら鮒』を釣ったとかで、お世辞抜きに流石です。近いうち間違いなく尺半獲っちゃうかも知れません。T松さんも「型」を見るまでは通い詰めると気合いが入っていて、来週は私もリベンジ戦を予定しています。

 実は、雨が大好きですから・・・(笑)

2017.06.05(月) 21:03分 再更新


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 23:13| Comment(7) | その他・雑感など

2017年06月02日

明日の予定


明日の予定は・・・

 明日は6月3日。殺人的スケジュールも今日から明日一杯で落ち着くイメージです。日曜に作業をすれば、ほぼ片付く感じで、ようやく本腰を入れて釣りが出来そうな・・・。
 仕事を持っている誰もが一緒(平日も土日も無い年金生活者様以外)ですが、まずは遊びよりも「仕事」ですし、色んな意味で『背に腹はかえられぬ』と言う事でしょうか。

 今年に入って5ヵ月以上、正月休み以外は突っ走ってきまして、同業者など仕事仲間には、そんなに稼いでどうするの・・・とか、景気が良いね・・・とか、色々言われますが、薄利多売の極み(意図せずともそんな感じの昨今です)ですし、そう言って頂けるほど旨みはありません。正直、借金返済及び生活するだけで一杯です。昨年の今ごろから主要な設備を2台とも最新のものに入れ替えたため、リースが残り4年と事務所の土地建物が残り3年、よくよく考えたら2022年に成らないと安心できません。来年の話をすれば鬼が笑うと言いますが、先行きは全く解りませんから、無理して(本当は凄く欲しいのですが)普天元「独歩」や、飛天弓 頼刃またたき、閃光Pのいずれかをフルセット買えたとしても躊躇してしまいます。
 その前に、女房にバレたらそれこそ大変なことに(笑)
この四半世紀、5年に1度小規模なら家が建つ位の設備投資・・・。家4軒は建てられる投資をしましたが(投資と言うよりも必用な機器だから仕方なく・・・)、残るのは実質借金だけ(笑) しかし、そうは言ってもお客様(お得意様)の信用だったり、金融機関からの信用だったり、悪いことばかりはありませんので前向きに考えたいです。いずれ、本当に欲しいものを手に入れて、そして有意義に使用して、明るく、楽しく激しい』、『王道プロレス』、三沢光晴がエースだったジャイアント馬場の全日本プロじゃありませんが、そういう釣りをしたいですね。

さて、



2012.06.02-40.jpg
2012.06.02-40.1.jpg

体高も形もまずまず・・・、5年後の今年は?


 小さいですが、それなりに釣っていました。
5年経ってこれらのへらは尺半近い良型に成長しているはずで、明日はその立派に成長したはずの「尺半級」を狙って釣行予定です。
 当初、秘密のあの『沼』に行く予定でしたが、午後から家族が車を使うため11時には納竿せねば成りません。早朝5時から6時間か5時間竿を出せれば、それはそれで良いのですが、巨べらキチガイは10時間〜12時間釣り場に居ないと気が済みませんから(笑)

 と言う事で、今晩と明日の晩はラストスパート(仕事・本業のお話)です。そして、明日・明後日を乗り越えれば、この時期一番楽しみな出勤前釣行(日の出が早いですし、早朝の2時間を楽しめますから)となります。で、明日は、日の出からホーム釣り場にてオデコ覚悟の『巨べら狙い』と決めました。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。

posted by big51 at 20:12| Comment(2) | その他・雑感など

2017年06月01日

先月の釣果


今日から6月/心機一転

 今年も既に7ヵ月を残すのみ。あっという間の6月突入です。先月の総括と行きたいところですが、なんせ『へら』を釣っていませんから何もありません・・・。
 心機一転、盛期に向かって巨べらを追いたいと思います。皆さんも知る通り、梅雨がこれまた『遅いハタキ』・『接岸』やらとノーチャンスでは無いですし、ハタキ後の一服も終わって活性も出て食い出すことでしょう。
 また、河川においても湖沼においても、一雨毎に農薬や肥料の希釈も進み、食欲を出してくる『へら』も増えると期待します。まぁ、毎年の事なのですが・・・。

 さて、包み隠さず公表しますと、先月の釣りは下記のような『まぶ』ちゃんのみです。

釣果はです!

 40p前後のマブは20枚以上釣りましたが、へら鮒は1枚も釣れませんでした。勿論、尺前後とかそれ以下も・・・。延べ7日間で概ね35時間〜、ホーム釣り場含め近隣の湖沼や河川・・・。アタリも少なかったのですが、元々が『巨べら狙い』とあって、仕掛けもエサも尺前後のへら狙いでは無いので必然的か・・・。

 負け惜しみです(笑)


まぶ.jpg

マッシュを食ってくるマブ(100%のギン鮒)は大きめかも・・・。

時に、こんな怪しい魚体が『ドキッと』させてくれましたが、腹パンパンの「合べら」のようです。迷ったらヘラじゃ無い!は、先月も再び・・・。見た感じ、実物は一瞬へらに感じますが、こうして画像で見れば『ちょっと違います』ね。見た目受け口っぽいですが、上唇がへら鮒のそれとは異なりますし、尻鰭の付け根もやや太め。鱗も綺麗ではありません。

半べら.jpg

これをついつい「へら鮒扱い」してしまうつりびとも・・・。

 まぁ、釣れないよりは良いと言っても、個人的には全く納得の行かない釣果です。思えば4月からまともなへら鮒(釣れないよりはマシというレベルの41p前後5枚か6枚のみ)を釣っておらず、狙いの尺半上は1枚のみと全く振るいませんでした。1枚出たからヨシとしますが、最近思うにこの「釣れない釣行記」が本当に釣れないままでいつまで続くのか・・・。週末からは心機一転でチャレンジします。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 21:02| Comment(6) | その他・雑感など