巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2017年04月22日

ハタキに入ると釣れない


タイトル通り釣れない釣行記に・・・
 ハタキに入ると本当に釣れません。
喰いません・・・。喰わせることが出来ません。で、今期は未だ尺半1枚のみと残念な結果です。相棒の羽さんも46p級1枚のみだし、親しくお付き合いいただくT松氏も苦戦中で尺半上はお預け・・・。タイトルの通り、私も釣れない釣行記になっていてお恥ずかしい限り。

 しかし、『巨べら釣り』とはそんなものであり、全く悲観しておりません。40cm上とか44cm程度とかを何枚釣っても(喰わせても)、例え100枚釣っても納得行かないし、満足しないし、全く楽しくも無い・・・。ある意味で病気なのですが、ロマンというか何というか、現実にはあり得ないような空想や冒険の要素、夢と幻想に彩られた雰囲気、魅力的で不思議なムードなどを持つ事柄が、まじめに毎晩のように夢にまで出てきます(笑)


2016.03.29-羽さん.jpg

 2016年の3月末日(ハタキ前の羽さんの48p級)→clickで拡大

 奥にいるのは、もしかして『ケンちゃん』さんか・・・(^^ゞ
北岸でハタキ前に出た尺半上だが、流石に毎日千波湖の本当の意味での主竿を出し、エサを打ち、状況を把握する相棒には脱帽・・・。今期は1枚のみと低調も、毎年尺半を複数枚釣っていて、当然ながら『喰わせ』ています。正直、ここで尺半上だとか何だとか言っても、7割〜8割がスレなので、そういう意味においても『石岡のTさん含め』、相棒の羽さんや、その他まともな巨べら師?の発言は大きな意味があります。

 で、相変わらず今週、17日(月)〜22日(土)も忙しく(超ハードスケジュール)、週初めから毎日数十件の嬉しいはず受注も、毎晩深夜まで製版作業から印刷から材料発注に見積に請求書/納品書、製本やらCADデータから画像処理まで一人で3人分か4人分作業中です。先日少し落ち着いたと思ったら大間違いで、毎日・毎日チラシから完成図や竣工図、施工図、そして文集からポスターからチラシや総会資料と、自分でも何をしているか解らなくなります。10年〜20年前で、そして元請けならビルでも建つのでは・・・なんて、大袈裟ですが、薄利多売とデフレは本当に勘弁して欲しいですね。
 いやらしいですが、実は良く計算すれば、私の実質の時給は多くても400円〜500円くらいであり、そういう意味においては、今時点「振り返れば」結構、いやかなり頑張ってます(笑)

 最近も、超巨べら対応のシマノ朱紋峰 閃光Pと、飛天弓 頼刃またたきの数本を買おうとすれば、今月・来月は改装費用(事務所改装中)が百数十万、日々の業務の材料費等の支払いがこれから毎月数十万と、そして、昨年新規に導入した千万単位の機器(オンデマンド印刷機など)のリース料を考えたら、現実的にはちょっと躊躇でしょうか・・・。利益が少ないものの、こんなに仕事をしているのだから必要経費(リフレッシュの為に・余暇を楽しむためにそれも有り)として、近いうちに本気で再度検討しようかと・・・。

 話は変わって、2週間前に偶然に知り合った本当の意味での「プロフェッショナル」な方(エキスパートと言うよりこちらが適切かと)は、本日から明日に掛けて『東北をさまよって』おられるようで、ハタキ前の、いや直前の東北の地で楽しんでおられると思います。記憶に残るような、記録になるような魚が釣れたらこんな私にも画像を送って頂けるとのことで、自分のことでは無いですが、良い意味でかなり期待しています。で、何より道中の無事と、釣り場での幸運を心より願っております。

 明日は気が向いたら『関東屈指の難易度?+アタリすら珍しい巨べら釣り場?』今期初挑戦しようかと考案中です。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 19:16| Comment(8) | その他・雑感など

2017年04月17日

次はいつ頃?


ハタキも3日目・常連皆無・・・。

 いきなり夏になってしまい、汗ばむ二日間でした。冷房が欲しいくらいの陽気で、消耗しきった体にはこたえます・・・。湖のへらも今日で3日目だし相当消耗しているのでしょうか。次回のハタキ(3回目)に期待するしかなさそうです。予想は最後に記載しますが、多分また外れますね・・・。今年も予想が付きません。そして、全くエサを追いませんし、食いません・・・。これは奇しくも予想外・想定外でした。

 さて、日中は納品及び所用で外に出たついでに「千波湖」へ寄り道。なにげに月曜なので、もしかしたら「ホボ底釣りさん」が来ているのでは・・・と。北はこの時期になると期待薄(昨日、HGさんも1時間で撤退)なので、やはり南かな・・・と。車を走らせるとへら師が2名様黙々と餌打ち中。時間は既に13時を回っていた。ポイントには、多分お初のへら師と先週の高校生(9日のブログ参照)のお師匠さんA氏の二人。どうにも調子が出ないらしい。へらは相変わらずハタキ中も、南は散発的。それでも弩級のへらが顔を出すとか・・・。やはり3日目、今日も食わないとのこと。 厳しすぎます。予測通り常連は竿を出していませんでした。(昨日尺半の絶好調の寺さんが見に来た程度とか)



昨日の訂正 1枚→オデコ(やはりマブでした)

 勢い余って?ついつい書きましたが、昨日の魚は画像判定で「マブ」と断定しました。
羽さんと移ったポイントで、11時15分頃に8尺にて掛けた魚。隣の羽さんの第一声は『ウロコが汚いなぁ〜っ』、一部始終を見ていたKMさんは「へらだよ・へら・・・」。私は、ちょっと迷うも形の悪いへら・・・?もしや、マブ・・・と画像判定で判断することに。

 仕事が一段落した先ほど、PCに画像データを送り閲覧すれば、『やはり迷ったら違う』でした。目も口も近いものがありますが、体高が低い上に幾分尾ひれの付け根が太め。ウロコもちょっと違和感。


↓clickで拡大↓


半べら いえ マブちゃんだ!.jpg

 よく見れば目も可愛くないし・・・判断に迷った1枚(1匹)

 へら鮒じゃ無いと言うことに致しました。当然サイハや側線を確認することも無く、上唇を引っ張ってみる訳でも無くリリースしましたが、恥ずかしながら画像で再確認するまでマブと断定していませんでした。下の魚よりは「へらっぽい」ものの、本物とは言えません!

のりお マブ01.JPG

昨日東北で「仙台のおんちゃん」が釣った100% ド・マブ(なんと47pとか)

当然ですが、その引きは『半端なもの』では無かったそうです。マブ・良く言われる「通称」半べらは一発目も強いですが最後まで抵抗しますね。沖走りを何とか止めても、次は横走とか・・・。こんなマブが棲息すると言うことは、へら鮒が入っていたとするなら軽く50上が・・・、それこそ200%棲息しているでしょうね。

のりお マブ02.JPG

こちらもマブ(体高が高くて一瞬・・・ですが口も目も100%マブ)−仙台のおんちゃん氏−

 と言うことで、昨日も「オデコ」で3連敗中です。
7日(金)の朝に47.0pで、8日(土)に38.0p、その後9日・15日・16日と連続でまともにアタリを見ておりません。この間、外道は鯉とマブナとミドリ亀(今年はスッポンはまだ釣れていません)とカニ・・・。幸い、ナマズとニゴイには出会っていませんが、水温が上がればアメリカナマズも暴れ出すでしょう。



次の接岸を大胆予想!

最後に、現時点での予測を。
土日とあれだけの大ハタキ(へら)でしたし、鯉やマブナはその2日前からハタキ中で、明日の雨でも流石に沖に帰るはずです。
 初回が小規模1日のみのプチハタキで4月1日(土)、潮回りは中潮。2回目、いや実際には1回目の本ハタキ(とは言っても鯉と混じっていて大ハタキにならず)が、14日・15日・16日と金土日の3日。この3日も潮回りが中潮。そして、昨日を含む土日月の3日間の大ハタキ。この3日も潮回りが『中潮』である。

 と言うことは、次の中潮が23/24日の2日になるものの、いくら何でも大ハタキから6日で、都合良く今度の日曜日にハタく事も無いだろうと。
そして何よりも「潮回り」から、中潮が3日続く28(金)・29(土)・30(日)が最有力か?
 降雨量や水温や日照にも左右されそうだし、予測時期に水を落とせば(逆なら最高・即ハタキ突入)タイミングが変わるだろう。期待を込めて今週では無く、来週末と予想しますが果たして・・・。

 いずれにしても、ダメ元釣行は致しますよ!



2017.04.17(月)21時10分更新


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 21:08| Comment(4) | その他・雑感など

2017年04月16日

本ハタキ2日目


全区域で大ハタキ中もオデコ!

 今朝は夜明けに羽さんに迎えに来ていただき、二人で南岸へ向かう。昨日の反省から、短竿持参。羽さんは昨日14尺でノーアタリ、10尺で午後から3回アタリを見た(オデコ)ので10尺勝負。私は昨日13尺→15尺→斜め打ちでアタリ数回。巨ゴイのみが食ってきた程度(オデコ)。昨日は5人入って5人がオデコ・・・。ハタキ初日にして全員惨敗という結果・・・。鯉もマブちゃんもエサを無視しています。

 今朝は、私も久々に8尺。朱紋峰 競 と言うかなり古い竿で、硬くてビンビンした好まないタイプも、数年前に『笠間湖・飯田ダム』で尺半を仕留めて以来の竿。(心底、頼刃またたきが欲しいです)日頃から、そして乗っ込み期でも短竿は好まないので、実際に2号の1号も久しぶり。ポイントは南中央で、昨日の午後のポイント。エサはマッシュにへらグルテンLLでいつものパターン。1時間で40上の腹パンがスレて来た程度で、悪い予感がよぎる厳しいスタート。


2017.04.16.jpg

夜明けから間もない南岸(泡がハタキ中を印象づけます)

 へら師は、Sさんとそのお友達(粟原の溜め池専門?)に、昨年49.5pの寺さん、途中からは遙々埼玉から来たという(寺さんが聞いたところ)初老のへら師。私と羽さんと、HGさんにKMさんで8名。釣果は12時30分時点で、私→ヘラっぽいマブが1枚(41p級)に、寺さん→本命を2枚(尺半1枚含む)で、他は全員がまともなアタリすら見ないという・・・。

 とは言えハタキの2日目。座布団べらが乱舞し、50pを軽く超えるモンスタークラスが時折中沖で45〜50p級の雄べら3〜4枚に水面に押し上げられて平を打つ・・・。
 並走する50p級の鯉より太くて幅広でデカイので、どんなに過小に見ても53〜55pはある(50〜60pの鯉と並走する場面はよく見ていますが・・・)だろうか。座布団という形容詞が大げさでも無いほどだが、流石に大人の使用する普通の座布団程は無い(笑) 巨べら釣り師の欲目とも言えようか・・・。

2017.0416.001.jpg

可憐な桜の花びらが舞う中、デカマッシュを不法投棄している気分に・・・。

 明日は本ハタキ3日目、必ず同じような(大ハタキは例外なく最低3日続いています)ハタキが見られると思うも、食わせる自信も竿を出す気力・体力も消耗してしまい、とことん疲れた土日になりました。ハタキのスイッチが入っているので、霜が降りようが雪が降ろうが3日目はあると思いますが、平日だし最終日だし・・・と「現時点では」ネガティブモードです。相変わらず、釣りをして休日の今日もこの時間まで仕事なので、いい加減ガス欠です。

2017.04.17(月)17時55分更新


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 21:45| Comment(4) | 釣行記2017年

2017年04月15日

2回目ハタキ!


へらのハタキ開始・・・本日初日!明日2日目?

 早朝夜明けと共に起き出して、下準備をしながら一人千波湖へ。相棒は仕事なので、釣り場への出勤は早くて9時以降・・・。昨夜の話では、コイがハタキに入りへらは接岸中とのこと。早速、西岸の『釣り禁止区域』から下見。で、コイが中心もへらも混じり前回に比べたら規模の大きな「大ハタキ」中・・・。こんな中、南岸もへら師は皆無。まさか2回目がこんなに早く来るとは思いもよらずか・・・。私自身、早くて来週18〜19日かと予測していたが、那珂川からの導水で水位が5p以上も上昇したため、一気に大ハタキ・・・。


2017.04.15.000.jpg

釣り禁止区域でのハタキの様子(全ての画像はclickで拡大出来ます)

 十分に下見して、入るのは今期初挑戦の「南岸」の釣り禁止区域との境界線付近。ここにもへらは群れていて、そして時折強烈な水しぶきを・・・。見たところ50p上楽々もチラホラ。小さいのから大きいのまでマブナも居るしコイも居るし・・・。まとめてハタキ開始という様相。


2017.04.15.001.jpg

◆この後、茶色く濁るほどに壮絶なハタキが・・・◆

 それは置いておき、竿13尺でやや中沖を狙う。エサはいつものマッシュ。鈎はヘラ鮒スレ10号。タナは1本弱の底で思いの外やや深い。餌打ちは5時50分過ぎであった。SさんとT松さん兄弟は北に入っているようで、お互い電話のやりとり。北もへらは入っている模様。ただし、個人的に2回目ハタキは北岸においては『スレ』が多すぎる印象で有り、食わせるのは至難の業・・・。先週の日曜日に『完全オデコ』を食ったし、皆さんの尺半は全てスレなのでスルー。
 また、釣果においても40p〜42pと小べらの部類なので、醍醐味も釣り味も何も無い。40p以下は論外で、「へら鮒」と言うだけであり、釣らなくても良い魚。尺半のみが狙いで有り、あわよくば50p上を・・・。

 そんな気持ちにならずして、この時期の『巨べら釣り』は成り立ちません。


2017.04.15.002..jpg

−ひいき目に見なくても尺半とわかる巨べらが目の前で!−

 高ぶる気持ちを抑えて餌打ちするも、左右の巨べらと手前の(竿掛けの真下)の尺半上の乱舞に集中が切れる・・・。あっという間に2時間経過。勿論スレアタリのみ。食いアタリなど皆無・・・。そんな中、北に入ったSさんが様子を見に来たが、スレのみで誰も食わせていないとのこと。T松氏からの電話でも、5人程度入っているという情報とヘラがハタいているとのことのみ。

2017.04.15.003..jpg

◆ウキは沈黙したまま/静止したまま・・・◆

 で、9時15分過ぎに初アタリ・・・。と言うか、初の「食いアタリ」で竿を立てれば竿が限界に曲がり、穂先が抜けるような強烈な引き。止まれば・・・。
 止まるには止まったが、何か重すぎるし強すぎるし大ゴイを予感。5分以上粘って取り込めば80p級の巨鯉・・・。道糸1.5号でハリス0.8号の仕掛けが良くも持ちました。
 根掛かり5連発で意気消沈していたので、とりあえずは的に気持ちを入れ替える。 


2017.04.15.004.jpg

やっとのアタリも招かざる客が竿を曲げる・・・。

 そして遂に羽さん登場。隣に入って14尺を振るもノーアタリ。斜めうちしてもスレアタリのみ。私6回目・7回目の根掛かりでギブアップ。で、11時過ぎに南中央に移動を決意。
 結局3時過ぎの雷雨まで粘るも、移動先でも『まともなアタリ』無しで納竿。先週の日曜日に続いて「予想外・想定外」のオデコと・・・。

 明日は再び挑戦する予定も、2日目とあって相当に厳しそう。唯一、雷雨の増水と濁りで条件が変わることに期待です。月曜まではハタキがあると予想できますが、今回が実質最初のまともな「へらのハタキ」と思いたい。そうすれば再び4月下旬の接岸に期待できるかも・・・。いずれにしても、ハタキ中はエサには見向きもせずと言う状況なので、食わせる(尺半なり50上なり超大型は)のは非常に難易度が高いかも知れません。

 35〜40p程度で満足なら、それなりの仕掛けでそれなりのエサでそれなりに釣れると思われます。多分・・・。




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 22:31| Comment(2) | 釣行記2017年

2017年04月14日

湖がハタキ中!


西岸のハタキ2日目! 明日3日目か?

 今、千波湖の主である「相棒」の羽さんと連絡を取り合い、なんと西岸が昨日からハタキに入ったとの朗報?
 西岸は『釣り禁止区域』であり、時折マナー違反のバサーを見かける程度で、へら師は皆無。勿論一般の雑魚釣りも「釣り禁止」区域では竿は出しませんし、我々へら師も例えナイターでも立ち入りません。いずれにしても、禁止区域で50上を食わせても何の意味も無く、不名誉な記録になります・・・。


西岸 ハタキ中4.14.jpg


 それは置いておき、羽さんが毎日の日課である「一周3q」の散歩コースは、約半分が釣り禁止であり、例年東と北がハタキ終わると7日以内に西に移ります。その後3日程度で(北がハタキ終わり10日後くらい)南岸に魚が入るパターン。今年のように、ダラダラの年はその傾向が強いです。

 仕事は今晩で概ね一段落なので(昨日までは毎日午前様+睡眠不足)、早めに寝て早起きが出来たなら、日の出から『南岸』にて竿を出す予定です。前回の5日〜9日の5日間の東と北のハタキは散発的大ハタキにならず、巨べらがアタリを出しても9割以上それ以上がスレばかりなので、今度のハタキは少しだけ期待してしまいます。

 いよいよ今期初の『南岸』挑戦になりますが、竿は一体どれを使うのか・・・。仕掛けは・・・。ウキは・・・エサは・・・と、ワクワクしてすぐには寝付けそうにありません。南はスレが少ないし、夢の50上も負けず劣らずウヨウヨしていますから・・・。

 まぁ、毎度の事ながら期待を大きく外して『轟沈・・・』ってのは覚悟の上であり、想定内なのですが(笑) 過去のデータやら感触やら野生の勘?、トータル的に考察すれば、ほぼ確実に本格的に来週かと思っています。飯田ダムもハタキ前だし本当にこの時期は釣り場の選定に苦しみます。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 22:36| Comment(2) | その他・雑感など

2017年04月12日

2年前の今頃


思い出の魚・・・

 今期もこの時期、夢の50上を狙って試行錯誤のBig51ですが、相変わらず仕事が忙しすぎて息抜きが必要な時間帯になりました。
 画像は、既に今年の年賀状掲載の公開済み47p級ですが、思い出の『巨べら』なので再度掲載致しました。この魚もこの時期の1枚で、ハタキ前の『腹パン』でした。防寒着を纏っていることからも寒かったのだと記憶します。


水戸千波湖2015.04.jpg

背景からも桜は満開でした。【clickで拡大できます!】

 けして美形ではないものの、ヒレピンの野の巨べら・・・。やっぱり、尺半上は迫力が違います。今期はまだ1枚しか釣っていませんが(尺半OVER)、多忙で釣行回数も少ないし、まだ4月も中旬に差し掛かってきた程度なので、前向きに・・・。
 とはいえ、今の感じだと「気がついたらGW突入」とか、あっという間に過ぎ去りそうで怖いです。


ポイントとエサ

 野は何よりポイント第一。
魚が回ってこなければ、エサも竿もへったくれも無く、場所選びが重要。当たり前のことを書いていますが、再度自分への戒めのためということで。また、エサにしても、食ってくれる『エサ』が重要かと。私の場合は「マッシュ」主体のため、一見して幅は狭いですが、締めの麩系の配合やら、配合するグルテンの種類とか研究の余地がありそうです。

 画像のへらは「マッシュポテト」で釣りました。もちろん大好きなパターンの、徳用マッシュにへらグルテンLLの配合。大きめのエサ付け・・・。回りは(同行者含め左右に入ったへら師は)スレが多くて、口に掛かったのはこのへらのみ・・・。(尺半以上限定で)
 グルテンエサ(両グルテンで強めのグルテン)で、小鈎に小エサは高確率で『スレ』です。食い渋りで・・・等で、上記のパターンだと食っても、40p以下の小べらが関の山。尺半が回遊するポイントに入れて、竿の長さもぴったりとしても、スレ・・・。私の場合は以前からそれが多かったと記憶しているため、大鈎(軸太のヘラ鮒スレ)・大エサ(マッシュ系)に落ち着いています。また、昨年・一昨年も書いている通り、配合するグルテンにへらグルテンLLを入れたエサが好きな理由は、たっぷり入っていて安いと言うだけではありません。グルテン繊維が太くて、持ちが良い反面、マッシュ抜けも良いと感じます。で、マッシュとの相性は抜群と勝手に感じているからです。
 ちなみに、北岸での釣果でした。4月上旬から中旬は圧倒的に北岸に巨べらが目立ち、中旬以降は南というパターンなので、週末は『南』狙いで楽しみます。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 22:08| Comment(0) | その他・雑感など

2017年04月11日

花満開!


今日の千波湖

 今期もこの時期、必然的に千波湖ストーカーになったBig51ですが、仕事の合間に見てまいりました。へら師は皆無、へらも皆無、モジリも皆無で午前11時時点で無い無い尽くし・・・。昨日までは気配があったとかですが、今日は何もありません。

2017.04.11.002.jpg

桜は満開でした。

2017.04.11.0001JPG.jpg

今後の本命ポイントも閑散としています。

2017.04.11002.jpg

次は桜が散る頃か・・・

 まぁ、ゆっくり休んでもらい、次回に期待でしょうか。
今期は実質4月1日(土)に小規模ハタキがあり、翌日は何も無し・・・。辛うじて型を見ましたが(後日UP予定)へら師自体が私と羽さんとT松さんの3名のみ。お二人は残念・・・でしたが、私は何とか型だけ見た程度。間髪入れず3日の5日(水)から再びハタキに突入も、昨日と一昨日の記事の通りの結果でした。


そして高い壁・・・

 今期は、尺半OVERの口火を切ったのが、ここの主の羽さん。3月下旬に45p上を皮切りに、40p級なら1日12枚の記録も・・・。同時期に、最長老のSさん親子(80代と50代後半のコンビ)が最大46pで、次に石岡のTさんが45p以上1枚含む複数枚・・・。あとは、常連含めて殆どがMAXで42〜43p止まりであり、38〜41pがアベレージサイズ。スレ(全くの無意味も)なら48.5〜47.5pが既に10枚以上というイメージでしょうか。

 いずれにしても、毎年のことですがどの釣り場も同じように平日組みが圧倒的に釣っていますし、尺半上は平日以外だと皆無に等しいです。(4月11日時点)

 また、今期は私自身50上を確認しておりません(目視・黙認・遭遇無し)ので、どうしても期待してしまいます。47p迄は食わせても、それ以上が無く、たった3p。されど3p、どうしても3pの高い壁を超えられません・・・。毎年花満開から散る頃に掛けて、ひいき目に見なくとも50〜55p級が溢れんばかりに接岸しますが、今期は現時点で全くそれがありませんでした・・・。今晩もまじめに夢に出てきそうです(^^)

 ではまた!



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 22:28| Comment(0) | 第2ホーム釣り場

2017年04月10日

千波湖ハタキ終了


昨日の続き(水戸千波湖釣行記)

 4月7日(金)・8日(土)・9日(日)と3日間、千波湖にて竿を出し「乗っ込み期の釣り」を楽しんだわけですが、ハタキ初日は5日(水)でした。例年なら例えば水・木・金と3日で終わって、土日は魚が居ないというパータン。今期は、天候がおかしいのか何がおかしいのか、連続して5日もハタキがあり、ここ3日は雨模様でそんなに冷えない・・・。なので5日もダラダラとしたのかと思っています。また、今後の記録のために書き残しますが、接岸初日(ハタキ)が小潮で、翌日が長潮で、3日目の金曜は若潮。

 そしてこの土日は中潮でした。で、逆に大潮は今日からと(今時点で外は満月が煌々としています)言うことですが、ハタキは終了している模様です。パターンからして、今日を含め10日後で、その時は再び小潮・小潮・長潮・若潮で2回目が始まるのかな・・・・と。

 さて、昨日の詳細。

昨日4月9日(日)は、朝からしとしと雨。前夜に、甥っ子の高校入学と娘の中学入学祝いで弟の自宅で宴・・・。親父と3人でボトル2本+日本酒+ハイボールで深酒。女房の運転で自宅にたどり着くも、寝室に入れず1Fの事務所(職場)の床で熟睡。板の上で5時間も寝たら体はコチコチです。激務に耐えた体も頭も限界で、釣りも2日連チャン・・・。それでも7時に起きて8時には千波湖へ出撃。秘密の駐車場(一応平日も含め一般には駐車禁止)に車を止めると、見かけない水戸ナンバーと足立ナンバーに加え、羽さん・T松さん・Sさんの車を確認・・・。今日は流石に日曜日、入ってます・・・。

 相棒の羽さん(千波湖・桜川の主)含め、T松氏(不動谷津ダムのエース)とS氏(飯田ダムの準スペシャリスト)が雨の中一級ポイントに陣取る。

羽さん・Sさん・T松さん.jpg
水の動きがあるポイント・魚が止まる障害物が存在するポイントが鍵だ!(clickで拡大)

  そして、浅瀬の東岸には総勢6名様ご一行・・・。
手前では見知らぬ方々が竿を振る。奥は3人も遠いので中央の二人に声を掛けると、前日土曜に出会った高校生兄弟。短竿で一心不乱に餌打ちをしていたのです。一人はカッパでノーパラソル。一人はピーチパラソルで並んでいます。

A氏と高校生兄弟二人組.jpg

 で、東中央は昨日私が入ったポイントにて(尺半のスレ+38pの小べらのみ)シマノの赤いパラソル(私愛用のシマノシャイニングレッドのパラソルより2ランク上のパラソル)のオーラを纏っていたベテラン。この時は誰だか解らず後ろを素通り・・・。

業界トップクラスの名人.jpg
羨ましくも普天元独歩の竿掛けに、最新の飛天弓 頼刃またたき?


へら専科の大御所さん.jpg
それはそうと、桜が満開直前で美しいです・・・。 

 そしてジャンボパラソルの下でちょっと業界の人っぼい完全装備のお二人。その後、明らかに一般の人が持たない『一眼レフ』で・・・。後に青パラソルの方にお声がけすれば、今期2回目で先週か先々週南岸で竿を出したとか・・・。私が来た時は丁度『巨大アメナマ』を掛けていた時でした。取り込み中なのでお声がけせず、そのまま北岸へ向かいました。

 T松さんは夜明けから、Sさんも6時前からとのことで、羽さんに至っては30分前からとのこと。そして誰も『竿』を絞ること無く、へらの接岸も少ない上に、雨+風・・・。更には最初のハタキから5日目の朝・・・。最悪の日曜日だ。

 午前8時20分からの餌打ち開始。
竿はシマノ朱紋峰攻の15尺。道糸1.2号でハリス0.8号、鈎はヘラ鮒スレ9号。エサはマルキューの徳用マッシュで、もじりと赤へらで締める。グルテンを加える時はお気に入りのへらグルテンLL。しかし、打てども打てども気配無く、打ち始め1時間目から『悪い予感』・・・。

 そんな中、総勢9人で一番最初に釣ったのが『高校生コンビ』で、本当に恐れ入りましたという感じ。サイズこそ尺半に及ばずも・・・。そのうちSさん撤退(所用のため)、羽さんも大粒の雨と強い風で一度断念して納竿。北岸はT松さんと私のみ・・・。Sさんは尺半複数枚をバラすも40上1枚。T松さんも1枚釣った模様。11時頃までに風雨とノーアタリに苦しみ、昨日の酒も残っていたり、日頃の疲れから『ウキ』が見えず、釣れる気がしない。更に、一昨日・昨日と13尺で釣っていたので、80pの水深で15尺は『風雨の中』だと余計に見えない・・・・。言い訳はこれぐらいにしますが、なんと言っても2日前に47pを仕留めた安堵感(5回の釣行で延べ5枚+今期初の尺半)から、モチベーションが今ひとつ。

 合計5回目も初回に43〜40pを3枚、オデコの次に34p、そして41p、オデコを挟んで47p、翌日38pで7枚見ているものの今日50上がでるかと言えば難しそう・・・。
 そんな中、羽さん復活で早上がりしたSさんポイントで2投目に『49p級・・・』12時頃だと記憶するが、口を開いて49p前後、閉じて厳しく計って48.5p・・・。更に正確にスケールを合わせたら48.3p・・・。それが『スレ』たそうです。現物を見たらあまりの厚みに感動。羽さんも流石にスレなので手持ち画像無しですが、悔しさ爆発・・・。

 結局いつの間にか『高校生コンビ』も納竿して、残ったのが南東突端の超浅場のA氏(ここ3年で目にする例の高校生コンビの師匠さん)、遠征されてきたお三方。私と羽さんとT松さんの7人・・・。結果誰も尺半にお目にかかれずの一日でした。あまりに口を使わない一日でも有り、5日目という厳しい状況も、日の入りまで竿を振り続けられた方々には敬服致しました。

 さて、去年は・・・と言えば。私自身、ブログを未更新で非公開画像が多々ありますが、今頃釣ったのは46.8p頭に7枚程度と・・・。TRさんに49.5pを釣られ(先を越され)良い意味で落胆していました。ー昨日入った桜の横が昨年の私のレコード46.8cm、今期の現時点のレコード(47.0p・現時点千波湖今期最長寸)、2016年4月上旬の49.5p(TRさん)も、この桜並木の横でした。


2016年のMAX.jpg

去年もこの時期散髪に行けずだらしないヘアスタイルの私・・・(Clickで拡大)


2016年のMAX46.8.jpg

美形とは言えませんがグラマラスな46.8pでした・・・。(撮影・現認は羽さん)


 と言うことで、まだまだハタキも1回目が終わった直後。明日は10℃と2月並であり、寒くて冷たい雨も、確実に春になりました。本日において桜は満開宣言だし、今度は散る頃狙い(例年散る頃が一番有望)で頑張ります。
 3日間のまとまった雨で道具も高湿度の為、手入れ手入れ・・・ということで、仕事+釣り道具の整理、そして再来週の本番目差して楽しみたいと思います。

 最後に、その凄い方が振っていた、生で初めて見た『飛天弓頼刃またたき』は見た目も竿の曲がりも一発で気に入りました。ちょっとだけご説明を頂きましたが、やはりこだわりの大型対応モデルに違いありません。超大型に対応すべく、そして穂先抜けの防止策で『タフリリアン』を直付けした穂先を穂持ちからの振出(穂持ち以降は並継らしいです)のようです。言葉は悪いですが、短いコイ竿(振り出し)に3年2組とかで50上を釣っても個人的には納得できません。へらは「へら竿」で釣らないと・・・と言うのが私の本音です。そして、へらはへら鮒の餌(生き餌配合とかコイミーとかじゃなく)で、出来ればマッシュで・・・。

 また、マッシュにへらグルテンLLはやはり王道だったと再確認できたこと、デカマッシュでエサをアンカーにトップをなじませ気味にする釣り・・・。間違っていないと確信できたそんな一日でした。夜は夜で、旧友の仙台のおんチャンと以前から話していた、「マッシュポテトのミキサー掛け」含め勉強になります。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 23:24| Comment(4) | 第2ホーム釣り場

2017年04月09日

2017 水戸千波湖釣行記


3日で2枚/47.0p+38p・・・。 015

 久々の更新です。
相変わらず仕事が忙しく、精神異常をきたしそうなそんな中、ハタキ3日目・4日目・5日目の今日、17時過ぎまで楽しんできました。

 3日連続の風雨で悪条件も、金曜日に47.0pと今期初の尺半上を記録・・・。昨日は尺半3枚前後をスレて、やっと食った1枚をバラシて、挙げ句は38p止まりと不満の釣り。今日は完全なる「オデコ」に終わり反省中です。



2017.04.07.47.0.000..jpg

今期初の尺半上(45pしかない?)【クリックで拡大】



2017.04.07.47.0.001.jpg

 下の尾ひれが長いので実測47pあります・・・【クリックで拡大】



悪戦苦闘の3日間
 詳細は後日として、今日はハタキ5日目と通年ではあり得ないロングバージョン。毎年きっちり3日で終わるも今期は魚も少なく、巨べらも異常に少ない・・・。50上がウヨウヨのはずが尺半止まり・・・。ダラダラになる予想です。次回は10日後の19〜20日が有望ですが、その頃には毎年の恒例、出勤前釣行と行きましょうか・・・。

 さて、今日は相棒の羽さんが2日連続で尺以下のへら・・・。スレなら尺半7枚以上。もう一人のT松さんも尺半連発もスレもしくはバラシで41p級のみ・・・・。通称農協さん、飯田ダムの猛者「Sさん」も47.5pのスレ・・・。血だらけとか・・・。で、口は42p級とか。

 と言うことで、今期はなかなか口を使ってくれません。


羽さんスレ001.jpg
羽さんの48.3p【参考画像】/素晴らしいですが・・・。


羽さんスレ002..jpg

掛かるへらは良型も、いかんせん口には鈎掛かりしません・・・

 で、結果は奇しくも? 私のみオデコ・・・。
先週は厳しい中私のみ40上2枚・・・と花を持たせて頂いたので、こんな日もある・・・的に納得してます。で、へら師は昨日知り合った高校生兄弟2人組みと、最近お見かけするようになった地元のA氏、東京方面から遙々遠征の超Big方々が3名、私と羽さんとSさんと夜明けから気合いの入るT松さんで、最悪の悪天候下にて延べ9名。

−結果−

 T松氏・・・2枚42p級(尺半ならず)尺半バラシ
 A氏・・・2枚?/40p級(喰ったかは未確認)
 S氏・・・1枚/尺半上のスレ
 高校生兄弟・・・1枚41p級(未確認)
 羽さん・・・48pOVER〜スレ+尺半のスレ多発・・・。
 尺以下小ベラ1枚のみ
 私・・・オデコ(情けなさ過ぎます・・・)

Bigな方々の最終釣果は不明
(日の入りまで頑張っておられました) 


 さて、3連釣でまともなアタリを見ずに不満の釣りではありましたが、あり得ないような出来事にも遭遇したり、あり得ない方々とお会いしたりと、まじめに凄い一日ではありました。近年野釣りオンリーで、業界に非常に疎い私は、大変な無礼を噛ましてしまいましたが、お許し下さい・・・。

 日頃より連絡を取り合っている幼なじみの「仙台のおんちゃん氏」も、相馬の池で通常ではあり得ない方と竿を並べ興奮気味・・・。勢いで40上8枚も釣っちゃったそうです。(厳しい状況も結果が出たようです)おんちゃんスゴ過ぎます・・・。


▼東側のハタキ場・・・。 Bigな方々ですがけして盗み取りでは御座いません。

2017.04.09.000.jpg

桜はほぼ8分咲き・・・ ある意味最高なのですが(T_T)


 夜は夜で来週遠征予定の高橋君と連絡を取り合い、再来週に変更するよう促しましたが、彼の10年来の先生である小山圭造さんと並んで竿を振っていた様子。教室でもある清遊湖は、この時期と言うこともあって「ガラガラ」とか・・・。当たり前と言えば当たり前・・・。この時期はなんと言っても『野』です!

 ちなみに、この高橋君がここ千波湖では48.3pを97年に仕留め、実質近年までは最高記録でした。とはいえ、もはや50pを何時誰が超えても不思議では無く、夢の先にある55pも視野に入る釣り場ですが、浅いし薄いし食わないし・・・で、本当に難しい釣り場になってしまいました。

 いずれにしても、エサはマルキューオンリー。竿はシマノオンリー、ownerはウキゴム以外は最近使いませんが(グランなど昔愛用・現在も保有)、東レ 将鱗へら等は好きな糸で(最近はブラックハリスの東洋ナイロン?)あり益々の御発展を・・・と切に思っています。何より次世代を担う2001年生まれのヤングへら師との出会いもびっくりでした。我が家の目と鼻の先に住んでいたりと、改めて思うに「世の中は狭い」ものです・・・。


 続きは明日。

さあ、仕事仕事・・・(T_T)





にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
posted by big51 at 23:13| Comment(6) | 第2ホーム釣り場