巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2014年04月23日

開幕(ホーム釣り場)

4月12日(土)の釣果
 
この日、千波湖が大型へらぶなのハタキ(1回目)直後である為、久々に最初からホームでの釣り。
 千波湖ではコイは相変わらずハタキ中も、へらは全く気配がないので、この選択が正解かと思われたが、朝7時過ぎからのエサ打ちでもウキが動かない。

 状況は、晴天であり、相変わらず朝は寒いし濁りもないし水もない。
風が出てくれば期待できるが、強風だけは勘弁してほしい。

 竿は19尺で、道糸1.5号にハリス1号。ハリはダイスケ16号を上下に。
エサはマッシュベースで、いも系とにんにく系のグルテンを配合した。
 
 最盛期は、「マッシュ+赤へら」「マッシュ+巨べら」と「マッシュ+マッシュだんご」とグルテンは使わないが、この時期そしてここは我慢。ドボンにて黙々とエサを打つ。


2014.04.14-40.0-ホーム釣り.jpg

本日の第一号 40cmジャスト

  で、釣れたのはなんと15:20分であり、エサ打ちから7時間後ということになる・・・。
 諦めかけた頃の1枚であり、今期ここでは初めての1枚。
(2月にスレて40上は見ましたが)型は当然カタチも良くありません・・・。

 しかし贅沢は言えません。そして迎えた20分後、魚っ気が出てきてモジリも目立ち始めたそのとき、今度は重量級が竿を絞る。明らかに重いし、大きな魚体を確信。当然コイのような下品なアタリ&引きではない!

2014.04.14-41.5cm-01-ホーム.jpg

−そして腹ぱんの40cm上−


 一気に沖走りしてから止まり、顔を出せばでかい口と盛り上がる背中。ばらしてはいけないと慎重に引き寄せる。十分な余裕を持って取り込みに成功。
  尺半か・・・・と思われる上半身?も、玉に収まれば全体的にはかなり短い・・・。

 この日、結局この2枚のみで『狙う尺半』は出ませんでした。羽さん他常連さんも朝だけは釣れたとのことだが、サイズはいつものサイズに終わったとのこと。
私もこの日は夕まずめまで狙うも、結局エサを追うへらには出会うことなく納竿となった。

2014.04.14-41.5cm-02-ホーム.jpg

幅が凄いです。 clickで拡大出来ます。

翌日(13日の日曜日)はオデコ

 早朝から5人入り、ホーム釣り場は前半戦の山場の様相。来週から、いや2〜3日後にはここも状況が一変する。私の私も羽さんと3回も移動の末、渇水期最後、そしてシーズン前半の最後のチャンスにかけるも、竿の選択とポイントの選択に失敗してしまう。釣れたのはマブ(40上の巨マブ)のみ・・・。

 一方、羽さんは移動を繰り返して夕まずめにかけてなんと5枚+マブ2枚。
HGさんも1枚+マブ3枚。アタリが無いのに食っていたり、一節の押さえ込みで乗せたらしい。
  また、T松さんが千波湖にて轟沈し、こちらに来て何枚か絞ったらしい。
魚が見えるような浅いところで、風が出てきたら釣れたそうだ。
ただ、型は今ひとつとのこと。

 この日、コイに3回も道糸を切られ、ウキの回収で2時間無駄にしたり、移動も3回ということで、疲れだけがどっと出てしまった。来週土日を待たずに『1回目ハタキ』に突入確実か・・・。


posted by big51 at 07:57| Comment(4) | 釣行記2014年

2014年04月22日

2週間お休みか?

出勤前釣行敢行もオデコ

 今朝も、夜明け前に起きて懲りずにまたまた地元『千波湖』へ出かける。
昨夜、T松さんから連絡をもらい、同じく出勤前に2時間竿を振るとのこと。
現地に5時20分到着で、竿を出したのが5時32分から。
  既にT松さんは到着していて、今から4投目のエサ打ちとのこと。気合いが入っています。

 竿は11尺、仕掛けはいつもの2年1組。鈎はダイスケ16号とヘラブナスレ9号。
エサはオリジナル特製配合?のマッシュ系で、やや柔らかめに仕上げた。

 タナ取りゴムで底の状態を確認中に「ニゴイ」がゴムを喰ってきた・・・。
いやな予感・・・。
  しかし、エサ打ちから30分で初アタリ。
その後1時間でまたアタリがあったが空振り。


2014.04.22.jpg

完全に葉桜となり、今度は八重桜のシーズン



 7時15分過ぎ、気分転換に東岸を目指してしばし散歩。
床休めを兼ねて、そしてハタキ場の4日目のチェック。
  巨べらは来ているもハタキの行動は微妙・・・。
接岸状態は続くので少し期待して、ポイントに戻り第一投で「食い上げ」アタリも空振り。
時間が迫り、ちょっと焦る。

 T松さんが仕事に向かった7時30分過ぎにサワリが出て、納竿が8時の予定が10分延長。
5投全てウキに変化ありも、釣れたのは『巨べら』ならぬ『巨ゴイ』で、1号のハリスをいとも簡単に千切り沖へ逃げた。
顔を見たので100%コイだが、その後も『へら』の釣れるようなイメージは湧かず、納竿した。
  8時40分には帰宅して2日連続のオデコに肩を落とした。


2014.04.21-スレ 40.0.jpg
昨日のスレ(たぶん38p級です)


  網が42pなので魚が小さく見えますが・・・。
と言うことで、今期の千波湖は終了が濃厚・・・。
うまく行けば3回目ハタキの直前か真っ最中の釣り。
  毎年3回目はかなり難易度が高く、水温が上がるために「ナマズ」や「カメ」その他の外道がうるさくなる。

 4月17日(木)/4月18日(金)/4月19日(土)/4月20日(日)/4月21日(月)/4月22日(火)と6日連続早朝の釣りを楽しんだが、釣れたのは43.5p1枚・・・。
  1/6の確率である。冷静になると、何とも効率の悪い釣りではありますね。
だからおもしろいのですが・・・。

 来週はどこに行こうか・・・。


※明日からはオーム釣り場での未公開画像や結果をupします。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。 


posted by big51 at 17:25| Comment(3) | 第2ホーム釣り場

2014年04月21日

千波湖のハタキ!

本日2回目ハタキの3日目突入!!

 去る4月5日(土)〜4月6日(日)の2日間限定で小規模なハタキがあった。
過去最速のハタキだ。しかし、霜注意報+早朝の気温は4℃と極寒時期を彷彿とさせる。その後、冷たい東風で雨も混じり気温は3℃まで下がり、ガタカダタとふるえる始末。

 その後雲が切れて晴天となり、一気に気温上昇。
しかし、アタリは無し・・・。北風を想定して北岸に入ったが(羽さん・石岡のTさん・私)マブとコイのみ・・・。最近知り合った、T松さん兄弟(兄弟でへら釣りとは羨ましすぎますね)はハタキ場で尺半と40上を1枚づつ・・・。ハタキ中でも喰うポイントは実在していた。で、我々3人は全員オデコ・・・。


2014.04.05-ハタキ2日目 北.jpg
T松さん兄弟(ここでは珍しすぎる若手の巨ベラ師)−北岸にて−


 結局この日、夕方4時近くまで粘るも、見事に『オデコ』となる・・・


もうアオコ・・・2014.04.jpg

気持ちよい位に晴れたが・・・
−北岸 巣離れポイントにて−

 晴天に恵まれ、暖かさも戻るもへらは口を使わず轟沈・・・。

 そして・・・。

2回目ハタキ2日目に43.5p1枚のみ(幸運にも日曜日)


2014.04.20-43.5cm.jpg

出ました「やや」美べら・・・(小さいので少し残念)clickで拡大できます!

この時期のレギュラーサイズですが、T松さんに撮影していただきました。(東岸の無名ポイント)

 2回目ハタキは4月19日(土)・20(日)・21(月)の3日間。
このへらは20日(日曜日)に出た、唯一のへらぶな。総勢5人での唯一なので、尺半だの50上だのとも言っていられない? ラッキーにも1枚拾ったが、本音は複雑・・・。竿は11尺と今期初の単竿使用。最初から狙ったポイントでの釣果で、自分的にはその点は納得。前日はノーアタリ、その前もノーアタリ。まるで飯田ダムの釣りのように・・・・。

 
 
 実は今朝も仕事前に2時間竿を出すも、スレ(バックオーライ)で40p前後を引っかけて終了。
で、今朝は意外な出会いがあり、好んで拝見していたとある「ブログ」の運営者さんとご一緒。

 
 お昼休みに様子を見に行くと、グラマーなへらをしっかりとget。長い時間(50分前後も)おじゃましてしまったが、その間2回アタリがあり2回ともに乗せ(1回目は私のせいでバラシ)、さすがにベテラン&実力者と言ったところ。厳寒期のナイターや、難攻不落の釣り場に行かれているだけの猛者さんと納得。

 底釣りさん、本日は大変失礼いたしました・・・。
あの時間に一人真剣にウキを見ていたら、あと1枚か2枚は出ていたかもしれません・・・。どうかお許しを・・・。

 さぁ、明日2回目ハタキの4日目。
出るか出ないかは『運』次第も、現時点で雨も降っていて、南の暖かい風も吹いていて、霜も降りそうもなく2回目ハタキのラストチャンスに賭けたい。
 丁度、この記事を書いている途中で、若手有望巨べら師のT松さんから連絡が入り、出勤前釣行の確認を・・・。いやはや「上には上がいる」もので、彼はナイターも早朝も連日の釣りも何のその・・・と、良くも悪くも私以上だ(笑)
  
 さて、起きられるかどうか・・・。
木・金・土・日・月と5日連続の早起き+仕事+釣りであったりする。年に1回か2回の大きなイベントなので無理が利くうちは無理します。


4月20日(日)8時22分の2回目のアタリで


2014.04.20.43.5-001.jpg

尻尾が短くて丸いのが残念(魚体は尺半級なのですが・・・)
 clickで拡大できます!
 
 ところで、ホーム釣り場もハタキは終了。
4月16日(水)・17日(木)の2日のみのハタキで、いずれも天候は不順。特に17日は雨風ともに強く、気温も3月並で凍える寒さ。17日は、Nさんが48p級を仕留めたらしいが、他は鳴かず飛ばずの最悪状態。16日は羽さんが4〜5枚釣ったが尺半は混じらず。勿論私は17日(木)の出勤前釣行ではオデコ。しかもノーアタリ。(若手巨べら師Tさん同行も同じ結果)

 心身ともにボロボロも、明日の朝がんばります!!




にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。 


posted by big51 at 21:32| Comment(0) | 第2ホーム釣り場

画像追加しました。

 4月上旬の釣行記画像追加(追記)

 しばらく忙しくて(仕事も釣りもクワガタ飼育も)、更新できませんでした。
3月の大雪で、住宅メーカーや建設現場(建築現場も)納期が遅れていて、それでいて増税需要があった訳でもないのに、久々に忙しくなりてんやわんや・・・。釣りも勿論出かけてはおりましたが・・・・。

 さて、千波湖においては、過去20年(平成6年からの記録)で一番早い「ハタキ」が始まりました。
4月5日(土)のことです。20年前は3月末にマブナとコイがハタキはじめ、その後4月10日以降に本命がハタキに入るパターンが一般的であり、間違っても4月5日などと言う桜の開花時期に接岸することは無かったのです。


 
2014.04.05-ハタキ初日 南岸.jpg
50pに迫るへらも確認・・・

 早朝何も無かった水域で、気温の上昇+水温の上昇及び昨夜の雨の増水で8時過ぎから『ハタキ』に入った。(画像は8時30分過ぎ)

 尺半を狙うべく夜明け前に南岸に入ったが、アタリも少なくへらの気配もなく9時過ぎに『大風』により釣りを断念・・・。丁度、仲間の羽ねさんが配達(八百屋さんで取引先に配達業務)から戻り、北岸がハタキ中とのことで移動。

 しかし、結果は見事に「オ・デ・コ」であり、喰う魚どころかスレも無かった。粘って夕方まで竿を振るも、翌日に備え潔く撤退。今期初の尺半はお預け・・・。

 ちなみに、この増水で『笠間湖』も魚がワンドに入ってきたようで、翌日のハタキは確実と思われる。
尺半に届かないものの、複数枚は出ていたと釣り仲間の『Sさん』から連絡も入り、千波湖か飯田ダムか迷うところである。しかし、地元優先ということで・・・。

 





posted by big51 at 20:30| Comment(0) | 第2ホーム釣り場

2014年04月03日

今から行ってきます。

釣れるかどうかは運次第(千波湖にて)です。
 夜明け前にエサ打ち予定。あとは、8時までに回遊があるかどうかです。
後日更新予定・・・。では行ってきます。

−4月21日追記−

 夜明け前に到着して13尺を継ぐ。
エサはマッシュベースで、大鈎・大エサ・太仕掛けで1本弱をバランスにて。
4月3日木曜日、羽さんは仕事が入っていないのでということで、7時前に到着した。二人で並んで竿を振る。ポイントは南岸の一級ポイント(実績があるポイント)だ。

 午前7時、小雨の天候から一気に雨が強くなる。
風がないのが救いである。雨は大歓迎も、風だけは避けたい・・・。幸い南よりの風であり寒さも感じず、大好きな雨天。(ここは晴天だと余計な気遣いが必要)


2014.04.03-あめ・・・.jpg
ウキはこんな感じで見やすいです


 そして、7時23分のこと。ボート屋(毎日7時15分〜7時45分頃に来る水鳥のエサやり舟)のオヤジさんが沖を通過し、湖面が波に揺られる・・・。と、同時に鋭く2節『ズンっ』と入る。

 アワセると「ガツン」と竿が止まり、一気に沖へ走る・・・・。
浅い釣り場の宿命だが、ここで止まれば『コイ』の類ではない。緊張する一瞬だ。マブナのような下品な?アタリや引きではない(笑)
 首を左右に振りなから、ノッシ・ノッシと・・・。
しっかり食ってきたのは、「小べらの部類」で残念無念も久々の1枚。ヨシとしよう。


2014.04.03-41.5cm.jpg
なかなかの美形ですね(玉網は42p枠です)


2014.04.03-41.5cm-02.jpg
41.5cmとここのレギュラーサイズ(ちょっと不満の型)


 仕事のため、この後30分で納竿。唯一の1枚は尺半に届かず、悔しい思いも8時に片付けて帰宅した。
結局この日は羽さんがお昼まで竿を振って、40cm〜43cmを2枚拾って、結局二人で3枚。
 尺半に迫る巨べらのスレやバラシがあったそうで、ハタキ前の荒喰いに期待したい・・・。

ということで、雨に恵まれました。




posted by big51 at 05:01| Comment(4) | 第2ホーム釣り場

2014年04月02日

連続オデコ・・・

早朝2時間アタリ無し

 釣り仲間の羽さんと二人で南岸に入った。
前日と同じ仕掛け(2年1組の50上バージョン)で13尺を継ぐ。


2014.04.02-羽さん.jpg
釣り仲間の羽さん



1本弱の底釣りでバランスにて。エサ打ちは、5時50分。羽さんは遅れて6時30分頃から12尺ドボン。気温は、早朝で4℃前後と冬に逆戻りも、水温自体は高めで12℃もあった。風もなくなかなか良い感じ・・・。


もうアオコ・・・2014.04.jpg
もうアオコが・・・・


エサはマッシュ+巨べら+新べらグルテン少々
2時間のエサ打ちで、サワリが1回のみと『魚が』居ない・・・・。仕事の為、結局8時10分前には納竿して、8時12分に自宅に到着して8時30分から今まで(21時10分時点で)仕事中。なんてこった・・・。

 で、先ほど羽さんに状況を聞くと、9時過ぎからスレで40p上が来て、12時迄に2枚+スレ取り3枚、アタリは15回以上とのこと。
回遊して来たのでしょうか。あまりにウキが動かず、最後の1投と決めた9時過ぎに、それまでのノーピク地獄から一気に好転した模様です。

 喰ってきたへらはいずれも42p級も雄ばかりで『腹パン』は皆無とのこと。スレも同様に雄だが、全て美形のへらで「肩の張り出した」良型とか・・・。

 また、石岡のTさんも2枚拾って(北岸で前日のポイントとのこと)いずれも40上だそうだ。何とも羨ましいですね・・・。

 この土・日は低温注意報で、花冷え確定らしい。そして、最低気温2℃の最悪の予報。
頼むからハズレてほしいが、その意味で明日と明後日の『恵みの雨』に期待して出勤前2時間釣行を敢行予定です。この時期に釣らないと「千波湖」は長〜い・長〜ぃシーズンoffになりますから・・・。

画像は後日・・・。

 
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。









posted by big51 at 21:31| Comment(2) | 第2ホーム釣り場

2014年04月01日

ナイターは無理か?

千波湖畔の桜ライトアップ

 本日、平成26年4月1日(火)〜4月15日(火)まで水戸の桜まつりが開催される。期間中は、ぼんぼり装飾、千波湖畔やお堀の桜のライトアップなどが行われるほか、偕楽園において野点茶会が開催。巨ベラ狙いのナイターはこの時期こそチャンスも、観光地の宿命で画像のように千波湖畔(巨べらポイントの南岸)の桜ライトアップが始まる。

sakuramatsuri.jpg

幻想的で実に美しいですが・・・


 我々きわめて少数派であり、その中でも特に巨べらファンには、いやナイター好きには厳しい現実。

 さて、水戸の桜も3分咲きを迎え明日には5分咲き以上となりそうです。今度の土日は満開確定でしょう。そして、その桜が散る頃に「巨べら釣り」のピークを迎えます。今年は、釣り場のイメージや実釣経験から含め、ハタキは早い予感。現実にコイは3月30日で1回目のハタキに入りました。へらも、15日頃からハタキになりそうで、ハタく前に(当然ですがハタキ中はスレばかりで釣り辛いし尺半上がなかなかエサを喰いません)何とか釣り込んでおきたい。平日のナイターか休日前にナイター決行と行きたいが、18:00〜22:00までライトアップ+花見客が大挙・・・では。
 
 ちなみに、ほんの2日前は↓こんな感じで桜は1分咲きでした。


 
2014.03.30羽さん.jpg
先月3/30日の桜の状態(釣り人は友人の羽さん)


 ところで、今朝は予報に反して最低気温7℃。
『たら、れば』はだめだが、今朝も条件反射で夜明け前に起きてしまい、出勤前に・・・などと思ったが、前夜に飲み過ぎていて断念。予報で、霜注意報も出ていたし・・・ということで朝になって後悔。
 明日は、5分咲き以上の桜の下で早朝から竿を振りたいと思っていますが、既に水割りを4杯やっつけてしまいましたので起きられるだろうか・・・。

−追記−

 本日4月1日、昨日の出勤前釣行にて、ご一緒したTさんが「北岸」に入って、なんと腹パンの40上ばかり3枚釣ったとの情報。

 また、昨日は散々な思いをした私とTさんを尻目に、強風の中で羽さんが、ホーム釣り場で40p程度の浅瀬ポイントにて13尺ドボンで短時間に腹パンの40上ばかり7枚釣ったとの情報・・・。風に強いポイントではあるものの、前日の雨で増水したのが幸いしたようだ。
 さぁ、のんきに飲んでばかりいられない。明日は、霜が降りようが風が吹こうが、早寝早起きで『出勤前2時間』の勝負をします!!




 
にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。



posted by big51 at 21:17| Comment(2) | 第2ホーム釣り場