巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2013年03月10日

この土日で今季初釣行

41.0p頭に4枚と大満足

 今季初は2日共に「水戸千波湖」へ。
結果は、土曜日9時過ぎから11時過ぎまでにコイ1匹のみでオデコ。気温も高く良い感じだが、アタリが2回だけと厳しい状況。16尺で1本の底釣りも、2時間で特にへらの気配も感じず午後からは仕事のため納竿。いずれにしても、まだここは早い感じがした。

2013.03.09.jpg


2013.03.09-02.jpg

雰囲気はよいのですが・・・。


 例年、3月15日以降からマブナが出始め、お彼岸からへらも顔を出すのがパターン。それでもこの3日間の異常な暖かさに、ついつい・・・・。

そして、本日3月10日も千波湖でスタート。
同じく16尺で北岸のマイポイントで8時過ぎから11時まで3時間竿を振る。
 そしてアタリなし・・・。風が極端に強くなった11時には断念となった。竿を振れるような状態になく、粘っても釣れる気がしない。

3.10.jpg

ここも良い感じなのだが・・・。

 そして、11時過ぎには今季初の『ホーム釣り場』へ移動。
釣り仲間の羽さんが一昨日に5枚、昨日が2枚と40p級中心に楽しんだらしい。常連のTさんも早速40p弱を仕留めていた。久々にTRさんも登場し、KMさんやHGさん含め総勢6人が並ぶ。

 この頃は、とんでもない強風に見舞われ、12時を過ぎると寒さも感じるほど。気温は高いものの、南風から風が強くて北西の強風に変わる。12時時点ではTさん以外誰も釣らない。

13時となり、この時点でHGさん1枚、羽さんが2枚。そして14時を過ぎた頃は一段と風が強まるも、羽さんが3連続で良型を釣り、隣のTRさんも2連発。型は尺前後と尺2寸弱もすばらしい魚体。
 
 14時10分、さすがに風が強すぎる上に釣れない私はギブアップ。KMさんもオデコで納竿。その時TRさんが2枚目を仕留める。納竿準備のの私に対しTRさんがもう一回エサを作り直すことを勧められ、やる気「0」の私だったが、皆さんと同じにドボンで再挑戦。エサも、いもグル+新べらで持ちを良くして作り直し、0.5号の外通しに変更した1投目、よそ見(隣のTRさんが絞っていたので)をしていたそのときにウキが消えていた。今季初のへらは尺2寸級。形は今ひとつも何とか型を見た安心感。

 そして、ここから15分間に間髪入れずに一気に4連チャンで、40p級2枚と尺3寸を追加。
最後の41pは体高が今ひとつも、すばらしいファイトで楽しませてくれた。14時30分にこの最後1枚を得た後は、雨もぱらついてきたので全員納竿となる。

  風がここまで強くなければ、イメージ的に10枚は釣れたような、そんな状況であった。帽子は飛ばされるし、仕掛けは凧揚げ状態、春の嵐にとてもへら鮒釣りが成立する環境では無かったが、とにかく「結果として4連チャン」で40.0p級2枚と大満足の釣りだった。


3.10-4枚目41.0.jpg
今季初のホームでのMAX41.0p

 
  羽さんも4枚、TRさんとHGさんが2枚、Tさんは1枚でKMさんが残念ながらオデコ。いよいよ巣離れして活性が上がってきたようだ。来週も楽しみである。


おわり


posted by big51 at 22:12| Comment(2) | 釣行記2013年

2013年03月08日

巣離れ時期ですね


昨年の秋冬含む近況

久々の更新である。実に7月末から7ヶ月・・・。
ホーム釣り場では8月に多少巨べらを楽しむも、猛暑と水質悪化でまともに釣りが出来ず、何枚かの40上を釣ったもののアップせずにそのまま9月になってしまい、減水期のシーズンIN。
そうなると、やる気も失せるし残暑で体力も限界。
恒例の亀山湖遠征は、20年以上欠かさず出かけていたが、資金不足含めて断念。釣れていなかった情報もあり、断念した。

そうこうしているうちに、10月となり、持病の「上腕神経痛」で指先から腕・肩・首が地獄の痛み。
痛み止めを飲んで釣りをしていたが、10月はへらの顔すら見ることなく過ぎ去った。
激痛は寝るまで続き、痛みに加えて痺れもあり『手術』以外には回復見込みがないということ。
頸椎が悪く、25年前の3回の大事故(自爆2回・廃車2回・廃車寸前1回)が四半世紀を過ぎ今頃出てきた格好である。まさに夜も眠れぬ痛さ・・・。医者に掛かっても手術以外の治療では気休めにしかならないらしい。

11月、相変わらず「神経痛」が酷く、仕事にもならない。当然釣りはお預けだが、ストレスはMAX状態。11月3日(日)は痛み止めを3包持参で3時間粘るも、コイが掛かる程度で『へら』の気配は皆無。
しかし、この時期になると水も澄み切り、へらの群れも肉眼で見える。相当数の数であり、30枚前後の巨べらの群れも5グループ程度確認。当然見えるへらはえさに見向きもせず・・・。

2012.11.03-ポイント02.jpg


2012.11.03-ポイント.jpg


11月3日はオデコに終わり、4連続の空振りが続く。
そして、11月18日。雨上がりで濁りが入り、今期最終チャンスとばかり9時過ぎに現地に。痛み止め持参で強行だ。羽さんとHGさんKさんなど常連がすでにエサ打ちしていた。流れが強くて仕掛け事態が持たずに、そして誰も釣れないようだ。

2012.11.18-ポイント01.jpg

移動したポイント(ゴミが凄い)


【47.0p頭に43.0p級中心になんと5枚!!】


最初のポイントで羽さんと10時からエサ打ちするも、アタリはなく流れも強すぎるという判断で移動し12時過ぎに上記の初挑戦ポイントへ。
初めてのポイントは、水流が超浅瀬にぶつかり、部分的に流れが逆流するポイント。中央より手前はは酷く流れるも、中沖は緩くてウキも持ちそうだ。

竿は朱紋峰 攻17尺、道糸1.5号、ハリス0.8号でハリはへら鮒スレ7号。ウキは超デブトップの新調したもの。ドボン仕掛けでのスタート。
エサはワンパターンの『マッシュ』で、さすがに流れ川+増水できついので「グルテンα21」配合。
12時50分過ぎ、微妙なアタリにまずは久々の1枚。

巨ベラ 20121118 12.51 44.jpg
画像はclickで拡大できます
腹パンの44.0p


いきなり44.0pが強烈に絞ってくれる。腕の痛みは一瞬和らぐ・・・。撮影後、再びエサ打ちし2枚目がきたのは13時38分のこと。38.5pと小降りも早くも両目があいて久々に楽しめる。

2012.11.18 13.38  38.5p.jpg


その後40.0p級を追加して、アタリも頻繁、バラシも頻繁で14時55分にまたまた43.0p上がお目見え。

巨ベラ 20121118 14.55 43.jpg
でっぷりとした良型(43.0p)


15時で納竿予定も、アタリが続くのでついつい延長。
誰も釣れない中で4枚は悪くない(笑)
ポイントが良かったのか、アタリは10回以上有りバラシ5回、取り込み成功が4回と十分すぎる。
腕の痛みもピークだが、こんな釣りは滅多にないので我慢。

 そして15時25分、ガツンと竿を止めたのが『当日最大』の47.0pの巨べら!

巨ベラ 20121118 15.25 47.jpg
痩せているものの強烈な引きを堪能


 これが上がりべらで、延べ5枚の釣果。
38.5p〜47.0pで、44.0p中心と、この釣り場にしてこの時期としては自己最高記録。
水温も低めであり、水深も70p程度で、いろんな意味で趣は無いが、手賀沼でも記録できない釣果に大満足の1日であった。ちなみにほかのメンバーはアタリを見た程度だそうで、何か申し訳ない気分でもあった。

 で、次週も狙ったが、日並みも悪くオデコ。腕の痛みは倍増して12月を迎えた。
さて、12月は仕事もそこそこ忙しく、この病気の最大の『敵』であるPCでの作業は、まさに地獄。
メールを打つのも辛く、食事ですら困難。当然竿など握れるわけもなく、字を書くのすら苦痛になる。
年末を迎え、正月も痛みから解放されずに1月も終盤。

 ここで、医者通いは断念して、整体? リンパマッサージ? で生計を立てている親戚に相談。
たった2回通って嘘のように痛みが取れ、多少の痺れはあるものの8割方改善した。いよいよ明日は3月2週目の土日。巣離れも確実だろうし、今季初の『へら鮒釣り』を楽しもうと思う。さてさて、仕掛け作りなど準備を・・・・。




−おわり−
.
posted by big51 at 20:46| Comment(0) | 釣行記2013年