巨べら釣りを楽しむブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04.09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2012年04月30日

尺半も喜び半減

ハタキ3日目

3連休3日共に早朝からの釣り。
やっと出たが、ご覧の通り贅沢かも知れないがやや不満の魚・・・。

笠間湖(飯田ダム)005.jpg

ぴったり尺半




 【本日の仕掛け】


◆竿:シマノ 朱紋峰 競8尺
◆道糸:2.0号
◆ハリス:1.0号(30p−37p)
◆タナ:約1本半強の底(共ズラシ)
◆エサ:マッシュ(マッシュポテト+マッシュダンゴ)

※天候は曇りのち晴れ(気温はエサ打ちの時間帯で13℃〜22℃)無風→南東の微風
※朝から穏やかな陽気。
※実釣時間→5時〜11時30分の6.5時間

 今日も食いアタリが出ず、何とか1枚(やっと1回あったまともなアタリ)のみ型を見ることが出来た。かなり贅沢でワガママな感想だが、またしても雄のへら(今期は延べ3枚釣って3枚雄)であり、痩せていて形が長細い印象+尾びれが長くてサイズを稼いだ(45.0p)かたち。

笠間湖(飯田ダム)004.jpg

風もなく静かな湖面


 更には8尺竿と言うこともあって、釣り味を含め複雑であった。それに加え、手持ちのマッシュの在庫切れでマッシュダンゴ単品のエサ使い。拘りがあった純マッシュ系+〆に使う麩系エサのパターンで釣りが出来なかったのもマイナスポイント。理想的な形の巨べらが見えている点でも、何としてもそれを釣りたかったが・・・。

 エサ打ちから2時間半経過の7時30分、何度かスレたりしてハリスや仕掛けが飛ぶも、その時のアタリは3節力強く『ズンッ』と入った。しかもなじみ際の微妙な(スレのイメージ)パターンも、玉を出すとしっかり口に掛かっているのを確認。その瞬間は興奮の一瞬であった。
 その後は冒頭の感想であるが、何とかもう一枚と3回エサを作り11時過ぎまで粘ったものの、好転するどころか魚っ気が極端に少なくなって退散決定。

 心機一転、連休明けからいよいよホーム釣り場で楽しむことにしたい。
それまで我慢できるか・・・。それよりも、まずはエサを買いに出かけることにしよう。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。


posted by big51 at 22:10| Comment(0) | 笠間湖(飯田ダム)

2012年04月29日

笠間湖 ハタキ2日目

連続オデコ(スレ+バラシ)

 3時起きで2日連続の飯田ダム挑戦。
今朝も魚が入ってきていて、晴天ながらあちらこちらで中規模なハタキに入っていた。推定では今日が2日目のハタキ。

【本日の仕掛け】

◆竿:シマノ 朱紋峰 攻11尺
◆道糸:1.5号
◆ハリス:1.0号(30p−37p)
◆タナ:約1本半強の底(共ズラシ)
◆エサ:マッシュ(マッシュポテト+マッシュダンゴ)

※天候は快晴(気温はエサ打ちの時間帯で8℃〜25℃)無風→北東の微風
※朝は息が白いほど冷えて、日中は汗が出るくらいの陽気。
※実釣時間→5時〜12時の7時間

笠間湖(飯田ダム)001.jpg

同行者の羽さん


 釣り仲間の羽さんと薄暗い中「ハタキ場の隣で7時間エサ打ち」するも、悲しいことに『食いアタリは皆無』であった。
 唯一、奥の流れ込み付近の数人が型を見たようであるが、我々のポイント含め7割〜8割のへら師が12時時点で『オデコ』と言う状況。そんな中、奥の3人くらいは推定48.0p前後を頭に複数回竿を絞っていた。(情報では大多数がスレ?)

笠間湖(飯田ダム)003.jpg

巨べらが帯状に・・・

笠間湖(飯田ダム)002.jpg


と言うことで今回も『食いアタリ』を全く見ることなく、疲れ果てて帰路についた。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。

posted by big51 at 15:01| Comment(4) | 笠間湖(飯田ダム)

2012年04月28日

飯田ダム(笠間湖)釣行

小規模ハタキそして巨べらが・・・

 久々の飯田ダム(笠間湖)挑戦。思い起こせば昨年7月31日以来である。そして今期初挑戦!
昨夜、知り合いのへら師S氏と連絡を取ると、「ワンド内にへらが入ってきている」とのこと、ご本人は仕事(田植え?)の為に竿は出さないとのことだった。
 
 そして、今朝4時起きで概ね片道21キロの道のりを期待をこめて・・・。
30分程度で現地に到着すると、その時点でハタキは確認できないが、夜明けとともにワンド内で小規模なハタキが見られた。

笠間湖(飯田ダム).jpg

画像中央の出っ張り付近で竿を出した


 【本日の仕掛け】

◆竿:シマノ 朱紋峰 先ぬけ13尺→攻11尺→先ぬけ13尺
◆道糸:1.5号
◆ハリス:1.0号(30p−37p)
◆タナ:約2本強の底(共ズラシ)
◆エサ:マッシュ(マッシュポテト+マッシュダンゴ)

※天候は曇り(気温はエサ打ちの時間帯で13℃〜14℃)無風→東の微風
 
 5時半から期待を込めて13尺を出し、2本強の底釣りとした。
それにしても昨日の大雨(大雨洪水警報発令)にもかかわらず、相変わらずの透明度だ。マッシュが途中までよく見える。当然ながらほかの釣り場に比べ非常に透明度が高すぎる。

 30分経過でノーサワリ、1時間経過もノーアタリといつもの展開。竿の先では宙に50cm級が数匹群れていて、竿掛けの真下ではやはり40〜45p級が頻繁に通る。

 1時間経過後、11尺に変更して再びエサ打ちするも、ノーサワリで1時間後に再度13尺を継いでエサ打ち。釣り場には私を含め11人のへら師が入ったが、9時30分時点で誰一人釣っていない。
マブナなどの外道すら釣れていないという状況で、一人・二人と納竿を始めた。

 結局私も4時間の釣りで、1度のアタリを見ることもなく、厳しい笠間湖を後にした。明日は今朝よりも水温が上がると思われ、恐らく本ハタキ(相当数が接岸していたため)に入りそうに思い、早めに寝て再び挑戦したい。

実釣時間→AM5:30〜AM9:30の4時間(サワリ・アタリは全く無し)



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。

posted by big51 at 11:37| Comment(2) | 笠間湖(飯田ダム)

2012年04月27日

ハタキ3日目(雨)

引き続き同じポイントで



 外は雨、寒くないし3日目なので雨天決行。
万力が壊れていたり、仕掛けの準備が悪かったり、玉を忘れてきたりと雨の降りしきる中、散々なスタートとなった。

 竿、仕掛け、エサ共に結局昨日と同様。15尺で少し沖を・・・と思っていたが、雨に濡れずに縮こまって釣りをするには13尺かと、結局仕掛けを作り直すのが面倒なため、17尺用を切って13尺の穂先に付けることにした。
 エサ打ちは6時少し前。いつもより30分遅い。
5分か10分で早くもサワリがあって、アタリが出て「小鯉」が食ってくる。ハタキは終盤と言うことも有ってか、3日目では流石に大人しいし数も大幅に減っている印象。
 1時間経過して大粒の雨となり、しばらくして連続でアタリが出るも、空振りばかりで乗らない。
そうこうしているうちに、7時を迎え連発して鯉の洗礼を受ける羽目に・・・。

 打てども打てども『鯉』ばっかり。流石にエサ追加は断念し、ハリス切れ後に潔く納竿とした。


◆実釣時間→午前6時〜7時30分◆


 オデコである。


 明日からのゴールデンウイークも、どこもかしこもハタキ後の一服と予想。
霞ヶ浦水系も代掻き水で食いは立たないだろうし、笠間もハタキ後と想像(本日時点で情報の未確認)され、ホーム釣り場も1回目ハタキ終了からそんなに時間が経過していない。
 
 ゴールデンウイーク中に良い思いはほとんど皆無。2〜3回目のハタキに遭遇できる釣り場が有れば・・・と、寂しい気分である。濁りの入ったホーム釣り場(1週間前の今日ハタキ開始で2日で終了)で土日は遊ぶしかなさそうか?



ホーム釣り場.jpg

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。


−ホーム釣り場画
posted by big51 at 09:46| Comment(0) | 第2ホーム釣り場

2012年04月26日

ハタキ2日目40p巨べら!

水戸千波湖 南岸にて再び!


 ナイター決行の翌朝にあたる今朝5時30分より午前8時15分まで2時間45分、何とか型を見たく気持だけは一心不乱にエサ打ちをした。
 大規模なハタキではないが、隣で巨べらがハタいていて正直気が散る。散りっぱなしである。なんせ、時折楽々50p級が雄に押し上げられるようにして水面に巨体を曝すのだから・・・。

 とは言っても、開始30分経過もアタリが皆無。そして1時間経過してもノーアタリ。30分休んで、散歩したりハタキ場の様子を見に行ったり。


千波湖010.jpg

※※これは小さめ(40p前後)のへら※※


 釣り座に戻り、再び30分経過もたった1度のアタリどころか『サワリ』すらない。厳しすぎる現実に昨夜に引き続き戦意喪失。


 【本日の仕掛け】

◆竿:シマノ 朱紋峰 先ぬけ13尺
◆道糸:1.5号
◆ハリス:1.0号(20p−33p)
◆タナ:約1本弱の底(ハリスオモリ)
◆エサ:マッシュ(マッシュポテト+マッシュダンゴ)

※天候は曇り(気温はエサ打ちの時間帯で14℃〜15℃)東の微風

千波湖011.jpg

釣り禁止区域ギリギリのポイントにて


 ハタキも2日目、何としてでも1枚見たいが2時間近くウキのまわりに気配もなく、エサも残り2〜3投分だし、納竿予定時間の7時30分を迎えたため上がりの準備をしようと考えていたその時。
続きを読む
posted by big51 at 11:48| Comment(0) | 第2ホーム釣り場

ナイター決行!

鯉・鯉・鯉のイレパク地獄

 昨夜、今季初のナイターを決行。
19時25分〜22時迄の2時間半、朝入ったポイントにて、同じ竿同じ仕掛け同じエサで攻めてみた。
ウキは、松岡釣具店のオリジナルパーツ。初めてゆえに使い方が解らず、暗闇の中で悪戦苦闘した。

ナイター用 ウキ 巨べら.jpg


 エサ打ち3投目からアタリ切りで朝と同様20本以上のハリス・ハリのロス。
60p級の鯉が20匹以上掛かり、とにかく腕が痛いしへらが来る気配もなく、約1時間で戦意喪失。その後1時間、アタリは全て鯉の食いアタリで、納竿間際に子鯉が来てアタリが遠くなった。

 結果、朝夜ともにオデコになり、22時半にはあまりの疲れに自宅になだれ込んだ。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。

posted by big51 at 10:05| Comment(6) | 第2ホーム釣り場

2012年04月25日

ハタキ中 お祭り騒ぎ

千波湖で今期1回目ハタキ

 昨日は異常に暖かく、水戸地方もこの春一番の気温をマーク。夜でも15度近く先週の寒さが嘘のようであった。今朝の気温は14度もあった。そんな中、本日4/25日(水)待ちに待った1回目のハタキが始まった。いくら何でも遅すぎるハタキ。通い始まった「ここ18年間」でこんなにも遅かったのは初めてであり、例年よりも概ね10日〜2週間近くも遅れた。

千波湖006.jpg

◆見た目に鯉8割/へら2割か?◆


  
 鯉が主体ながら、巨べら(50p楽々overも多数)も少し混じっていた。初日は、鯉ばかりが目立つものの、鯉のハタキが一段落すればへら主体となりそうな予感。ここ1〜2日で水位も若干上がっていて、条件が整ったのだろう。とにかく鯉がお祭り騒ぎで竿を出したポイント付近は、水しぶきとゴミと濁りで「ぐちゃぐちゃ」「メチャクチャ」であった。

千波湖008.jpg

巨べらが・・・


 さて、釣りの方は5時05分〜8時05分の3時間。(北の微風・曇り・気温14度)
釣り仲間の羽さん(昨日は夕方まで3箇所で竿を出すもノーアタリとのこと)も、定休日とのことで朝から並んで竿を振った。


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。


 続きを読む
posted by big51 at 09:29| Comment(0) | 第2ホーム釣り場

2012年04月24日

連敗脱出! 44p!!

水戸千波湖 南岸にて

 
15連敗を目前とした午前7時33分、アタリ未確認での1枚という情けない結果も、しっかり食っており『胸のつっかえ』が取れた。明確なアタリを取っての1枚ではなく、納得は行かないがとにかく連敗阻止に加え、記憶を辿れば概ね4年〜5年ぶりとなる『千波湖』のヘラブナとなった。

 【本日の仕掛け】

◆竿:シマノ 朱紋峰 攻11尺
◆道糸:1.5号
◆ハリス:1.0号(30p−37p)
◆タナ:約1本の底(バランス)
◆エサ:マッシュ(マッシュポテト+巨べら少々)


※天候は曇り→晴れ(気温はエサ打ちの時間帯で15℃〜17℃)





千波湖005.jpg


 久々の晴天、そして何より気温が全く違う。今朝は14度以上の暖かな朝で、昨夜まで降っていた雨も上がって、予報では今年一番の暖かさとなる見込み。そんな中、いつもより早起きして夜明け前(5時前)からエサ打ち開始となった。本気で、そして気持ちを高め『今日こそは!』と気合いが入る。昨日、釣り仲間の羽さんから情報を頂くと、午前10時過ぎの時点であちこちの水の動きがある場所(流れ込み)にて、50p級を含む巨べらが大挙しているという。ハタキには至っていないが、接岸は確実とのこと。

 しかし、今朝はモジリが見られる程度で、浅瀬に巨べら・・・という状況ではなかった。



千波湖004.jpg


 エサ打ち5分で巨鯉の入れパクになり、おおよそ10分間で5〜6本の鯉。毎回なじむ前に消し込み、ハリスがハイペースで切れる。鯉のオンパレードに移動を考えたが、5時半過ぎからは北西の強風でどこもかしこも釣りにならない程波だった。幸い寒くもなく、そして鯉が去ったのかウキが落ち着いたため粘る。

 6時過ぎ〜7時頃までギャラリーが張り付いて、大声で世間話を始められ、釣りに本気で集中できない。ハッキリ言って、迷惑(へら師ではない人なので)ながら、黙々とエサ打ち継続。しかし、波でウキが持たずアタリは解らないし、それ以前に釣れる気もしない・・・。

 7時を迎え、風も落ち着きギャラリーも去った。
しかし、一向にウキの変化無く魚の気配がない。今期15連敗確定か・・・。昨年一昨年、いやもっと前から数えたら、既に50連敗近いのではないか? 記憶にない位釣っていない。スレたりバレたりで、毎年尺半overを見ているのに食わせていない。

 そんな事を考えていると、7時20分頃に何とウキの右横で「へら」がモジった!
これは珍しいことであり、まずエサ打ち点付近のモジリなどは見られないし若干期待する。その2〜3分後に今度は久々に『サワリ』→『アタリ』と、いよいよその時が近づく。そして、合わせると「ゴツン」と乗った感触が有るも、バラシてしまい意気消沈。やってしまった〜。折角回遊してきたというのに・・・。

 迎えた7時33分、上下するウキが動いたか動かないか? 正直、アタリとは思わず竿を煽ると『ガッン』と手応え。そのまま、一旦は沖に伸されるも鯉とは違う感触であり、やっと顔を見せると『巨べら』が下鈎を咥えていることを確認!

 バレないように慎重に玉を差し出し、何とも言い難い今季初の千波べら!
計測すると『44.0p』の雄のへら。いやはや納得できない釣りではあるが、尺半に一歩及ばないものの型を見ることが出来て一安心である。


4.24-千波湖-44.0-01.jpg

clickで拡大できます!
鱗一つ剥がれていない綺麗な魚体◆

4.24-千波湖-44.0-02.jpg

本音は「腹パンの巨べら」が釣りたかった・・・
clickで拡大できます!


 その後8時10分迄粘ったが、アタリやサワリなどへらの感触が全く無く断念。気温が上がってくれば釣れそうにも思い、後ろ髪を引かれる思いで納竿した。



にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。


 
posted by big51 at 09:57| Comment(0) | 第2ホーム釣り場

2012年04月23日

遂に14連敗

アタリ1回

 釣り仲間の羽さんと早朝より5時間竿を振った。
結果は、表題の通り散々なもので、私が17尺でアタリ1回(鯉かマブナ?)で、羽さんは13尺で何とアタリオデコという状況。
 
 4日連続して朝の気温が低く、日中も3月中旬並みであり、当日は最低気温が5℃台とここ2週間で2回目の霜注意報が出ている始末。ここでのハタキ(鯉のハタキ)や、隣の桜川でのハタキも1〜2日で止めてしまうほど。(千波湖は1日のみで、しかも10時頃までのみ)


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。
続きを読む
posted by big51 at 09:26| Comment(0) | 第2ホーム釣り場

2012年04月21日

3時間半アタリたった1回

千波湖・完敗/アタリ1回のみ

 今日も寒い寒い1日であった。東よりの風(冷風)が4日連続で冷たく突き刺さる。
朝の気温こそ9℃も、日中でも11℃と3月中旬並み。隣の川のハタキも無くなり(たった1日のみ)、魚はいるものの産卵行動には至っていない。

 夜明けとともに出かけ、5時半からのエサ打ちは、「いつものポイント」に「いつもの仕掛け」に「いつものエサ」を継続。


千波湖03.jpg

寒々しい釣り座(いつものポイント)
続きを読む
posted by big51 at 16:54| Comment(0) | 第2ホーム釣り場

2012年04月20日

ホーム釣り場でハタキ!

絶不調・へらは何処へ



 懲りずに今朝も竿を出した。

気温は10℃と予報より2℃高かった。そして天候は曇り、風は東北東で相変わらず冷たい。逆に、水温はここ1週間確実に上昇&安定化している印象。早朝のエサ作りや手洗いで冷たいと感じることは皆無。それだけ気温が低いという裏返しでもある。計測していないが、どんなに低くとも12℃〜13℃はあろうか。

 さて、釣りのほうはと言うと、竿が13尺(シマノ:朱紋峰先ぬけ)に、道糸1.5号/ハリス1.0号で、ハリはがまかつの「ヘラ鮒スレ9号」、短ス約30p/長ス約37pと今週は一貫してこのパターン。ポイントも同じなので、タナは概ね1本強である。エサは毎度の通り『マッシュ主体』、今朝は少なめに作った。

 エサ打ちは6時30分と、いつもより1時間遅かった。

寝坊したことと、起きてから外を見ると風が強かったため、釣行を躊躇していた為だ。
しかし、釣り場に着くと昨年『笠間湖』で何度か「隣で釣らせていただいている」S氏が様子を見に来ておられた。S氏は最近5〜6年は、4月から5月にかけて飯田ダム(笠間湖)へ専門似通うへら師であり、15年以上前にここ千波湖で知り合った方である。
 
 約1年ぶりお会いし、情報交換が出来て躊躇せずに釣り場に出かけた甲斐があった。
S氏は笠間でのMAXが48pということで、それ以来ここ5年ぐらい型物(尺半)は見ておられないようで、今期こそはと期待されているようだ。ここ、千波湖でも尺半は複数釣っておられるが、最近は釣れなくなったため姿を見かけない。明日は息子さんと二人でここに来るとのこと。楽しみである。



千波湖02.jpg


桜も散り始めた(例年、桜が散った頃が最高なのだが・・・)



 釣りのほうは結局「またもや」オデコであり、45〜55p級の鯉が2匹(いずれも取り込んだ)のみで、フナ類は針掛かりしなかった。一体何時になれば釣れるのか・・・・。



続き↓








続きを読む
posted by big51 at 15:04| Comment(0) | 釣行記2012年まで

2012年04月19日

今朝もオデコ!

【マブナ1枚】

 早朝5時半過ぎから、水戸千波湖にて不名誉な連敗を止めるべく竿を出した。
気温は10℃とそれ程寒くはないが、曇っていて風もあり水のほうが温かい。予測していた「ハタキ」には至らず、更に早朝のモジリも昨日よりも少ない感じ。

 桜も散り始め、ここではいよいよ本格的な乗っ込みシーズンなのだが、魚っ気が殆ど感じられない中、13尺で1本強の水深があるお気に入りポイントにて、いつものマッシュ主体のエサで打ち始めた。

千波湖.jpg

雰囲気は良いのだが・・・


 エサ打ちから30分程度で、見事な『食い上げ』で尺2寸Overのマブナが乗ってきた。
さあ、これからか・・・と期待を持つ。
 未だに抱卵していて、マブナすらもハタキに入っていない状態。ところが、その後が続かずアタリが2回程度(空振り)あったのみ。
 
 明日で4月も20日と言うことで、今期は過去にない遅いハタキとなりそうだ。
それにしても風が吹くと寒い・・・。釣果はもっと寒い(笑)


 そして釣りのほうは、7時45分で納竿とし11連敗で帰路についた。釣れない釣りも釣りのうち。





−今月11連敗中−

4/ 1(日)終 日/15尺バランス・マブナのみ

4/ 7(土)午前中/15尺バランス・マブナのみ

4/ 8(日)終 日/15尺バランス・マブナのみ ※同行の羽さん40p

4/10(火)朝のみ/15尺バランス・ノーアタリ 日中食いが立ったとのこと

4/11(水)朝のみ/15尺バランス・マブナのみ

4/12(木)朝のみ/15尺バランス・マブナのみ 日中食いが立ったとのこと

4/13(金)朝のみ/13尺バランス・へら(スレ)

4/15(日)終 日/17尺バランス・マブナと鯉 ※O氏38.5p H氏40p

4/17(火)朝のみ/13尺ドボン・マブナと鯉

4/18(水)朝のみ/13尺ドボン・マブナのみ 羽さん日中43.5p1枚

4/19(木)朝のみ/13尺バランス・マブナのみ


4/18(水)にすぐ隣の桜川が満水となった。水門が開いていて、水位が千波湖より上がると逆流状態になり(以前は大雨で何度か逆流しへらが大挙)、千波湖の水位も上昇するが、満水から2日経過の本日時点でいつもの低水位のままであった。水位が上昇すれば一気にハタキに入ることは確実か。とりあえず明日、また挑戦だ!


posted by big51 at 13:19| Comment(0) | 第2ホーム釣り場

2012年04月18日

近況 −その2−


◆今朝も出勤前に◆

 今季初釣行が3.18(日)で、その後は毎週水戸千波湖にて竿を出しているが、未だにへら鮒に出会えないで居る。悲しいことにオデコ連発で、かれこれ5年はここでへらを釣っていない。今朝も5時半から8時まで竿を振ったが、情けないことにマブナと鯉ばかりであった。何度かバラシがあったが、へら鮒の気配というか臭いがなかった。

桜は満開であり見頃を過ぎようとしているのに・・・

【桜のつぼみも堅い4月初旬の画像】

3.25-千波湖.jpg


 4月8日(日)に、釣り仲間の羽さんが40pジャストを釣り、平日である10日に3枚、12日に4枚と水戸千波湖の美べらを8枚も堪能している。
その羽さんすら昨年は「1枚のへら」をも見ていない厳しさ。今期は上々の滑り出し?だと思うが、私自身は今月は10連敗中である。今朝で丁度10回目の挑戦であった。

 近況として4.12日(木)は、未確認情報も45p〜49pが2枚、40〜43p級は全体で10枚近く出たようだが、ハタキは一切無し。本日18日時点で私自身ほぼ毎日釣り場チェックするも未確認。
 過去18年間で一番遅いであろうか。こんなにハタキが遅れていた年は記憶になく、隣の桜川が満水になったのもやっと今日の朝。川が満水になり、直後にハタキに入るのが通年パターンの為、明日19日に1回目があると推測。そうは言っても、毎朝気温が低いし先週よりも日中の気温が上がらないばかりか、東よりの冷たい風が毎日強めに吹いている。

 いずれにしても、ここ2〜3日中に必ずハタキに入ると予想している。なんせ、年に1度の一大イベントなので眠い目を擦ってでも・・・とやる気は満々だ。


 4.13(金)の出勤前釣行でスレた
         


あいべら43.5.jpg


  てっきりへらと思ったが、撮影後よくよく見ると「らしくない」魚・・・。しかし、これは目も口元も鱗も全てへらである。撮影していないが、半べら・合いべらと呼ばれる「へらモドキ」がまじり、一瞬だが脅かされる。竿を伝わる引きが「へら」のそれとは微妙に異なるので止まって取り込む寸前にはわかるのであるが・・・。

 先週も今週も5枚出たとか10枚出たと耳にするも、釣っている人・見た人(いずれも地元の釣り師)がこの厄介な『へら鮒モドキ』をカウントしていると容易に想像できる。
 私は巨べらの保護という観点からも、また1発大型のみが目的なのでフラシは滅多に使用しないが、この手の魚をフラシに入れておくと、必ず変色する(やや黒くなる)ので、へらを釣ったと言う方(地元釣り師)に、いやらしくも?フラシを見せていただくと、9割以上の確率でへら鮒と異なる魚が入っていたりする。

 一方、通称「名物男」のO氏が釣ったのは紛れもない「へら鮒」で、誰が見ても『文句なく美しい』へらだった。これが釣りたい・・・。



4.15 大槻氏.jpg

甘く見て38.5p程度の抱卵べら(4.15午前10時撮影)


 この日(4.15)、何年かぶりに釣り仲間のT氏が遠征し、同じく釣り仲間の羽さんと3人で夕方まで粘ったが全員オデコ。当日釣り人は延べ12人〜13人来ていたが、そのうち我々を含む「へら師5人」のうち、羽さんの同級生H氏が1枚と、名物男のO氏を含め2人だけ型を見たのみ。

※釣り師→へら鮒でもマブナでも釣果にカウントされているへら鮒釣りスタイルの釣り人の意味



 明日は曇りで、最低気温が8度程度。風は北北東で2メートルとの予報。
さてさて、釣果の方は如何に? 毎朝2時間の釣りを楽しんでいるが、そろそろ結果が欲しいところである。


 

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします。

続きを読む
posted by big51 at 20:54| Comment(0) | 第2ホーム釣り場

8ヶ月ぶりの更新(近況)

◆3.18 初釣行◆
 
 仕事の件、その他諸々でへら鮒釣りのブログ、そしてもう一つの趣味「オオクワガタ」のブログの更新が完全停止していた。所詮は遊びのブログであり、継続は色んな意味で疎かになりがち・・・。
 
 そんな中、メールを頂いたりコメントを頂きモチベーションが維持できそうなので復活することにした。こちらのブログはあくまでも個人の日記・記録という位置づけのため、これまで通りですマス調ではなく、偉そうに聞こえる(読める)と思うが、「〜である。〜だ。〜だろう。」と言ったかたちで再スタートする。

【当日の仕掛け】

◆竿:シマノ 朱紋峰 先ぬけ 15尺
◆道糸:1.5号
◆ハリス:1.0号(30p−40p)
◆タナ:1本の底(ハリスオモリ)
◆エサ:マッシュ系(マッシュ+いもグルテン少々)

※天候は曇り(気温は7度〜8度)で風は東で弱め。

 2012年初の釣行となる。
地元千波湖で約1年ぶりに、午前8時前から午前中一杯竿を振ったがノーアタリの洗礼を・・・・。
マブナすらも釣れず、午後からも期待できそうにないためホーム釣り場へ移動することにした。

真冬も日並み次第で釣れていたようだが、最近寒さも苦痛になり防寒着を着込んでまで巨べら釣りをする気にもなれず(それ以前に真冬に尺半上が出るような釣り場ではない為)、半年ぶりのホーム釣り場。

今期初釣行で10枚!(40p級中心)

※最小35p〜最大は43.0p 



続きを読む
posted by big51 at 19:34| Comment(2) | 釣行記2012年まで