巨べら釣り専門ブログ
アクセスカウンター
着物買取着物買取ダイヤモンド買取ブランド買取ぜったいカラコン

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2017.00.00.jpg

◆巨べら狙い◆ big51の釣れない釣行記

2015.04.04 09:50 撮影

応援クリックを頂けますと幸いです。

励みになります。
こちらへもclickをよろしくお願いします



巨べらの超マイナーな茨城県で、「自己満足」の巨べらを楽しんでます。

釣れない釣りも釣りのうち(笑) 

 『夢の50cm神』はいつ・・・?


2018年06月18日

マブナ竿からの脱却


021 ホーム新ポイントにて!


釣行記(2018.06.17)021

 今期4度目の第1ホーム、そして何と1月ぶりの釣行なりました・・・。5月13日以来と言うことで、過去においても「この時期」、こんなに釣に行かない年は記憶にありません。
 第1ホームの主、釣り仲間の羽さんとも1ヵ月以上のご無沙汰です。
そんな中、連日の激務に加えて、W杯のサッカー観戦で深夜と言うより早朝まで起きていて、夜明けと同時釣行は現実的に無理。8時迄寝て、8時15分に釣り場に到着です。

 女房が車を使うというので、釣り場に送り届けて貰い8時30分に準備完了。


2018.06.17.000...jpg

−マブナ竿になっている15尺にて−


 当日は梅雨の谷間の曇り空。へら師は皆無です。水面はゴミが漂っていて笹濁りの様相。アオコもありませんし、水質は悪くないイメージ。珍しくこの時間でもモジリも見られます。

 15尺で2本強を底釣りにて。ウキはクルージャンの深宙用7号(CHO155)をセット、いつもの仕掛け(1.2号-0.6号・ヘラ鮒スレ9号)にいつものマッシュ系を打ち返します。しっかりと底立てをするも、底は石やゴミで思いの外凸凹で、流れもあって釣り辛いことこの上ありません。そして、何よりもここは初めて竿を出すポイント及び水域とあって、手探り状態です。



2018.06.17.001..jpg

とにかくウキが見づらい・・・

 餌打ちから1時間、やっとウキが動きます。釣り仲間のHGさんに電話を入れると、上流部に到着して釣り場を偵察中とか・・・。魚っ気は殆ど無いとのことで、こちらに来るという。丁度一人で釣っていたので心強い。個人的に意外と単独釣行は寂しいと思うほうで、一人で黙々と餌打ちするより「会話を楽しみながら」が何よりの癒やし。ハナから50上狙いの場合は『一人静かに』が鉄則なので、そういう勝負の釣りじゃ無ければ、仲間と並ぶのが楽しいですね。

 で、その頃落ち込みでサワリが出た直後に、『ズバッ』と3節入って強烈な引き込みも、顔を見る前に竿が軽くなりました・・・。へら鮒なのか、マブナなのか・・・。コイやナマズの類いでは無いことだけは感覚的に理解するも、なんとも残念。その後に40pOVERのマブナが連発。


2018.06.17.002..jpg

強烈な引き込み・・・ あっ 目がおかしい・・・ 口が違う・・・


 11時過ぎから11時30分にマブナの地合いが来ます。しかも、連続しての4枚全てデカイマブで、道糸が心配なそんな感じ・・・。竿は気持ち良く曲がりますが、いかんせん「外道」から本命に変わるイメージが湧きません。何となく「宙」に居る感じで、底はマブナばかりのイメージ。根掛かりも頻発し、13時迄の4時間で10回/20回ハリス交換。


14時過ぎから再び地合いが・・・

5時間経過の14時頃

 タナを調整し(共ズラシから深宙のイメージ)エサも作り直して仕切り直し。
で、14時06分「マブナ竿になっている愛竿」が、遂に本命をとらえます。強烈な引き込みで元気な『本命が』喰ってきます。竿掛けの下に潜り込んで最後まで抵抗したのがこの42p級・・・。

clickで拡大

2018.06.17.003..jpg

道糸が引っ掛かって「竿掛け」が曲がってしまいます。

 2枚目に38p級の美べらが来て、その後外道は全く姿を見せずに40p前後を2枚追加、4枚全てがまずまずのへら鮒と、珍しく好調な一日です。

2018.06.17.007..jpg

−38p級の美べら−


clickで拡大


マッシュ+野釣りグル+いもグルが良かったのか?
2018.06.17.005..jpg

−ヒレピンの良型ばかり−

45p玉なのでへらが尺級にしか見えませんね(笑)

 と言う事で、第1ホーム釣り場で久々に良い釣りが出来ました。
アタリは素直で、引き込みは強烈、楽しめました。ハリス切れは1度もありませんでしたから、尺半以上やコイの類いは来なかったのでしょう。


2018.06.17.006..jpg

上がりベラは16時過ぎでした。 これも美べらかも・・・。

 餌打ち点の変更など根掛かり回避、そしてもう少し集中していれば倍は釣れたイメージでした。HGさんと1時間程度世間話のあと、床休めが聞いたのか「再開3投目」で画像のへら鮒が食ってくれました。最初のデカマブ4枚以降は、5枚全てへら鮒であり、スレ無し、コイやカメ、アメナマなどの迷惑な外道無しで楽しむことが出来ました。

 上品なアタリ、上品な引き込み、そして上品な魚体に可愛らしい目元に口元。本当に久々に「へら鮒の美しさ」を堪能いたしました。6月の初釣行は「尺半じゃなくても満足に値する」釣行となり、愛竿もやっとへら鮒釣り用の竿になった気がしました(笑) 

 あまりに遅すぎる入魂でした・・・。


当日の成績

HGさん・・・オデコ/ジャミのみ?
私・・・・・40〜38p→5枚/デカマブ4枚


にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ
にほんブログ村
↑応援クリックを頂けますと幸いです。
posted by big51 at 12:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 最新釣行記-2018年-